2018年 06月 04日

小畔川便り(近くのゼフィルス-3:2018/05/27 06/01)

5月27日はオオミドリシジミの確認とミドリシジミの発生の確認に25日と同じ場所に出かける。

ミドリシジミの姿はまだなかった。
ただ、あちこち見ながら歩いて、現場に着いたのが8時20分過ぎだったので、その後の観察で分かったことを考えると少し時間が遅かったのかもしれない。


家内が比較的新鮮なウラゴマダラシジミを見つけた。

f0031682_13445000.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_13444974.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


しばらく探すけどミドリシジミの姿が見えないので、オオミドリシジミの場所に移動する。

途中にはミズイロオナガシジミの姿が見えた。

f0031682_13445098.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


オオミドリシジミの場所に着くと、木の上でスクランブルを繰り返すオオミドリシジミが見えた。

f0031682_13422264.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


いるのはわかったけど、これもやはり時間が少し遅かったのか、テリハリ位置が2m以上と、撮影にはやや高い。

f0031682_13423010.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_13422956.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


その後周辺を歩くと、アカシジミの姿が見えた。

f0031682_13422262.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


偶然飛び立つところも撮れたけど、残念ながらピントが甘い。

f0031682_13422220.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ウラナミアカシジミの姿も見えた。

f0031682_13422236.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立つところも撮れたけど、左後翅がやや擦れているようだ。

f0031682_13422116.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


6月1日は久しぶりの晴天。
27日の反省から、孫がまだ食事をしている間に出かけることにする。

7時半前にミドリシジミのポイントに着くと、期待通りミドリシジミの姿が見えた。

f0031682_13421176.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


7時半を過ぎると、木の上からパラパラとミドリシジミが降りてきて下草の上で翅を開く。

f0031682_13421188.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただ、この日は陽射しが強く、気温も高めだったので、全開翅してくれる個体はいなかった。

f0031682_13421057.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後オオミドリシジミのポイントに移動。

こちらでは期待通り、低い位置でテリハリをしていた。

f0031682_13421055.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_13420172.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


陽射しが強いので、翅がぎらぎら光っている。

f0031682_13421141.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_13420293.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_13420213.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なかなか翅の全面が輝くようには撮れなかったけど、昨年、ここでオオミドリシジミがスクランブルしているのを見つけた時から、今年は適期に観察したいと思っていたのでようやく願いがかなった。


時間とともに日の当たる場所が移っていくと、一番明るい場所でテリハリをする様子も観察できて面白かった。

例によって飛び立つところも撮影する。

f0031682_13420202.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


f0031682_13420256.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


背景が暗く、成功した写真は少なかったけど、これから何回か様子を見に来ることにする。




by dandara2 | 2018-06-04 13:57 | 初見日 | Comments(16)
Commented by naoggio at 2018-06-04 14:41 x
ミズイロオナガ、止まっている場所も面白く綺麗ですね。
私は今年ミズイロ1度もちゃんと見ていません。
木漏れ日の玉ボケの中を飛ぶオオミドリもロマンチックでいいですね。
ミドリシジミは場所と条件によってはけっこう早く上に上がってしまうようで、
先日7時過ぎくらいにポイントに着いたら知り合いに10分遅かったねえと言われてしまいました(笑)。
Commented by mikiosu at 2018-06-04 21:21
こんにちは。
ゼフィルスたちの飛翔シーン、いずれも綺麗に撮られていて流石ですね。
オオミドリシジミの金緑色が素晴らしいですね。
オオミドリは自分も今季はかなり力を入れて挑んでいますがなかなか難しいです。
取りあえずたくさん撮っちゃって、整理が大変で当分載せられません(笑)。
Commented by ダンダラ at 2018-06-04 22:27 x
naoggioさん、ミズイロオナガは駐車場のネムノキに止まっていました。
今年はミズイロオナガは少ない感じですね。
ミドリシジミはそうなんですか、確かにそんな感じですね。
それに、その日の気候によってもずいぶん違う感じですね。
朝、雲が多かった日には、ウラナミアカやミドリシジミがぽろぽろ降りてきたのに、ピーカンの翌日には同じ時間でも全く姿が見えませんでした。
Commented by ダンダラ at 2018-06-04 22:30 x
みき♂さん、平地性ゼフのシーズン真っただ中ですね。
オオミドリシジミに集中されているんですね。
私もここ4日間ほどはオオミドリにかかりきりですが、納得いく写真が撮れたような撮れないような微妙な感じです。
ブログ楽しみにしています。
Commented by Akakokko at 2018-06-04 22:40 x
オオミドリの輝きが素晴らしいですね。
私も近場のポイントでオオミドリを撮りましたが、後ろ向きで止まることが多く難儀しました。
1枚目のウラゴマの輝きも綺麗ですね。
Commented by banyan10 at 2018-06-05 12:45
ミドリシジミはさいたま市以外は発生が1週間は違いますね。
昨年の記事をヒントに27日にオオミドリ探しに行きましたが、見つかりませんでした。ダンダラさんにも会えていないので、場所が違っていたのでしょうかね。
数が増えると低い位置でテリ張りするケースが多いですね。
低い位置で観察できるのはいいですね。
Commented by ダンダラ at 2018-06-05 17:36 x
Akakokkoさん、ありがとうございます。
背景が暗いので、ぎらぎら光る翅の輝きは難しいですね。
おっしゃるように、後ろ向きで止まるとなかなか色が出ませんね。
テリハリ位置が低いので、止まったのを確認したら撮影しながら位置を変えるのですが、肝心な時に飛んでしまってずいぶん悔しい思いをしました。
Commented by ダンダラ at 2018-06-05 17:39 x
banyanさん、さいたま市のポイントは発生が早いんですね。
それほど環境が違っているようには見えませんが不思議ですね。
この場所はたぶん同じ場所だと思いますが、広いですし、あちこち移動しながら撮影しているので、すれ違ったのかもしれませんね。
Commented by fushiginomori at 2018-06-05 19:10
平地産のゼフィルス勢ぞろいですね。
オオミドリシジミのまるで銀紙を張ったような輝きが素晴らしいです。
今年はアカシジミには出遅れ、ウラゴマダラシジミは撮れませんでした。
ゼフィルスもこのまま5月の蝶になってしまうのでしょうか?
Commented by photobikers at 2018-06-05 20:07
流石の飛翔映像見事です。 ますます深みにはまります。(笑い) 両ミドリの輝きに圧倒されます。 此方でもオオミドリシジミ出現したのですが、メス個体が多く見られます。 玉ボケ背景の高所飛翔憧れです。
Commented by Farfalla65 at 2018-06-06 08:09
オオミドリの翅の輝きがすばらしいですね。
うっとりします。なかなかこういう色が出な
いのでいつも苦労します。工夫と努力に欠け
ているのかなと、いつも反省です。
Commented by ダンダラ at 2018-06-06 14:34 x
不思議の森さん、ありがとうございます。
オオミドリは身近な場所にポイントがあるのがわかったので今年はたくさん写真が撮れました。
いつもよりは少し早くにゼフィルスのシーズンが来ましたね。
あまり早く季節が進むのもちょっと困りますね。
Commented by ダンダラ at 2018-06-06 14:36 x
photobikersさん、ありがとうございます。
動きのある写真は撮っても見ても楽しいですよね。
そちらでもオオミドリが出たんですね。
こちらの観察では、メスの出現場所とオスのテリハリ場所は必ずしも同じでないようなので、どこかにテリハリ場所があるんでしょうね。
Commented by ダンダラ at 2018-06-06 14:38 x
Farfallaさん、ありがとうございます。
ゼフ類の翅の輝きを出すのは難しいですね。
撮影アングルに左右されますけど、自由な位置に動けないので難しいですね。
Commented by yurinBD at 2018-06-06 14:58
白、赤、緑と平地性ゼフィルスの魅力をタップリ味合わせていただきました!
ウラナミアカシジミの飛翔は、相当に近接して撮影されているのでしょうね、流石ですね~♪
オオミドリシジミの表翅の輝きは凄いですね!
飛び立ちの際の輝きが一層鮮烈ですね!
Commented by ダンダラ at 2018-06-06 16:03 x
悠凜さん、ありがとうございます。
ウラナミアカの飛翔は、レンズ前面10㎝位で撮影していますが、ゼフ類は止まるとなかなか飛んでくれなかったりするので、飛び立ち撮影は結構難しいですね。
オオミドリは昔撮影した時はこんなに翅が輝かなかったんですが、ここは木漏れ日の当たるところで開翅するので、結構強烈に光ってしまいます。
もう少し落ち着いた翅表の輝きも撮りたい気もするんですが、難しいですね。


<< 小畔川便り(近くのゼフィルス-...      小畔川便り(近くのゼフィルス-... >>