2018年 05月 20日

北アルプスのクモマツマキチョウ(2018/5/12)

5月12日は里山便りphotobikersさんと北アルプスのクモマツマキチョウを撮影に行く。


現地に着くとハタザオが極端に少ない。

いろいろ気になる話もあるし、今後の発生に影響がなければいいけど。

現地では新潟のギフ撮影の時にお会いした蝶と自然のNAGUさんがお見えになっていたので、いろいろお話をする。


しばらくするとようやくクモマツマキチョウが現れてくれた。

f0031682_17450534.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ところがこの個体を撮影した後ぱったりと姿が見えなくなってしまった。

それで、photobikersさんと相談して二手に分かれることにして別の場所に移動。

移動途中でまたNAGUさんとお会いしたので一緒に歩く。

途中の林道に入ったらクモマツマキはいなかったけど、キベリタテハが飛んできた。

f0031682_17450580.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


越冬個体だからキベリの部分が色あせているけど、あまり傷もなくきれいな個体だった。

別のポイントにも蝶山人さんを始めとして、何人かの知り合いの方たちがいたので話を聞くと、どうもあまり芳しくないらしい。

しばらくその場で待っているけど一向に飛んでくる気配がない。

そのうちNAGUさんの奥様から連絡が入って、最初の場所でクモツキが出たらしいというのでそちらに移動された。

しばらくしたらphotobikersさんからも連絡があって、最初の場所で3頭ほどが現れて無事撮影されたとのこと。

やれやれこれで案内役もお役御免だなと安心して、その場にいらした皆さんにも声をかけてそちらに戻ることにした。

しばらくその場で待っているとクモマツマキチョウが現れてスミレで吸蜜してくれた。

f0031682_17445680.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体は少しずつ移動しながら吸蜜を繰り返してくれたので、その場にいた人達みんなで一緒に撮影する。

f0031682_17445617.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17445603.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17445695.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やたらシャッターを押しているから、吸蜜後飛び立つところも撮れていた。
f0031682_17450547.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17450610.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17450541.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し日が陰ったら、ニリンソウの花に止まって静止した。

f0031682_17565860.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜ではないようだけど、ニリンソウの花と一緒なんて、願ってもないシーンなので大喜びで撮影。

そのうち少しずつ明るくなってきたら、それにつれて翅を開き始めた。

f0031682_17444639.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17444630.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この後も何回か吸蜜のチャンスがあった。

f0031682_17443670.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17444643.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


皆さんはまだ撮影していたけど、ある程度撮影できたので、次のオオルリシジミの方に移動することにした。

ポイントに着くとすでに撮影されている方がいたので声をかけて一緒に撮影する。

新鮮な個体が開翅しているところだった。

f0031682_17443622.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17443669.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


贅沢なもので、オオルリらしい裏面も撮りたいななんて考えていたら、小飛してハルジオンに止まってくれた。

f0031682_17443624.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


一通り撮影できたので、満足して帰宅の途に就くことができた。

現地でお会いした皆さん、いろいろありがとうございました。





by dandara2 | 2018-05-20 08:00 | 吸蜜 | Comments(20)
Commented by 22wn3288 at 2018-05-20 08:19
綺麗なクモマツマキチョウ♂ですね。
ニリンソウとの組み合わせ 素敵です。
オオルリシジミの開翅も撮れて良かったですね。
午前中クモツキ、午後オオルリのパターンの方が良かったでしょうか。
本来、クモマツマキチョウの方が本命でしょうから。
Commented by tomatsu at 2018-05-20 12:45 x
クモマツマキチョウとニリンソウ、とても綺麗ですね。
キべりタテハも撮影できたんですね。
なんとも羨ましいです♪
Commented by yurinBD at 2018-05-20 14:56
スミレで吸蜜するクモマツマキチョウ、オレンジが眩しく感じます。色鮮やかですね~♪
飛び出しの姿、お見事です。
そして、ニリンソウとクモマツマキチョウのコラボ、貴重なシーンを撮影されましたね!
オオルリシジミの裏翅、美しいですね!
気が早いですが、3年後に是非ご一緒お願いします(笑)
Commented by mikiosu at 2018-05-20 19:49
こんにちは。
キベリタテハ&オオルリシジミも良いですが、色鮮やかなクモマツマキチョウのさまざまなシーンを撮られていて羨ましい限りです。
いやあ、ホントに綺麗な蝶ですね、しみじみ…。
Commented by banyan10 at 2018-05-20 19:50
やはりクモツキのオレンジはいいですね。
ニリンソウの上での半開翅はうっとりです。
こんなシーンは一生ものですね。
Commented by photobikers at 2018-05-20 20:32
皆様のコメントを拝見していると、ニリンソウとクモマツマキチョウのコラボはそうそうあることではないのですね。 感激しました。 私は下からだったのですが、大満足でしたが、流石上からの開翅は見事ですね。
Commented by ダンダラ at 2018-05-21 08:01 x
旅友さん、ありがとうございます。
あの場所でクモツキ、オオルリの探索パターンですが、それぞれの方の事情で違ってくるとは思いますが、クモツキ→オオルリのパターンが多いようですね。
多くの方は車なので、朝早めについて、まだクモツキの動きが活発でない時間に静止、吸蜜を撮って、あと午後の吸蜜を撮ってからオオルリに移動される方が多いようです。
朝の時間に着くのが難しい場合は、オオルリ→クモツキ もありかなと思います。
この日もクモツキを撮影したのは13時過ぎでした。
Commented by ダンダラ at 2018-05-21 08:06 x
tomatsuさん、当日はいろいろお世話になりました。
クモマツマキチョウとニリンソウの組み合わせはほんとに偶然でした。
普通は止まりませんよね。
キベリはたまたま寄り道した林道にいましたが、その時点ではクモツキの写真があまり撮れていなかったのでラッキーと思いました。
Commented by ダンダラ at 2018-05-21 08:10 x
悠凜さん、ありがとうございます。
この時期は、クモツキが撮れると嬉しいですね。
ニリンソウにクモマツマキチョウが止まった時は、えっこの花で吸蜜!!とびっくりしましたが、たまたま曇ったので近くに止まっただけのようでしたが、その分動きが鈍く皆さんの良いモデルになっていました。
3年後、楽しみですね。
もちろん撮影のお手伝いはさせていただきます。
Commented by ダンダラ at 2018-05-21 08:15 x
みき♂さん、ありがとうございます。
この時は、ハタザオの場所にハタザオはないし、クモツキの姿もないしと、着いてから1時間くらいはかなり焦りました。
夫婦で行ったなら、まあ仕方ないかということになりますが、人を案内していったときはそうはいきませんものね。
撮れてよかったです。
Commented by ダンダラ at 2018-05-21 08:17 x
banyanさん、ありがとうございます。
ニリンソウでの開翅は、おっしゃるように次にチャンスがあるかどうかはわかりませんので、そんな偶然に巡り合えてよかったです。
Commented by ダンダラ at 2018-05-21 08:23 x
photobikersさん、もともとニリンソウは、蝶たちにとっては吸蜜源としては人気がないので、蝶が止まること自体が珍しいです。
なので、たとえミヤマセセリやコツバメでも、止まってくれたらラッキーという感じなんですが、クモマツマキチョウとなると、止まってくれてしかもその現場に立ち会えるというのは奇跡的だと思います。
上にポジションがとれたのは、これまたラッキーでした。
Commented by naoggio at 2018-05-21 21:01 x
色々な花で吸蜜するクモマツマキチョウが撮影できて良かったですね。
特にニリンソウでの吸蜜は素晴らしいです !
私も一瞬止まるところは何度か見ていますがピントを合わせる暇もなく飛び去ってしまいました。
キランソウでもけっこう吸蜜するものなのですね。

キベリタテハは越冬とは思えないような綺麗さですね。

オオルリシジミも長いこと見ていないのでとっても魅力的に感じました。
Commented by ダンダラ at 2018-05-21 22:27 x
naoggioさん、ありがとうございます。
今回吸蜜を確認できたのは、スミレとカキドオシですけど、ニリンソウにも止まってくれてめったにない写真が撮れたのはラッキーでした。
オオルリシジミは発生の初期で、この日は3頭いたという話でした。
自然状態のものではないですけど、今回は案内役なので、色々な蝶を撮ってもらえてよかったです。
Commented by 霧島緑 at 2018-05-21 22:32 x
クモツキ撮影、お見事です。
今年は余りにも早い発生で驚きます。そのそろ行こうかななんて思っていましたが、すっかり時期を逸しました。
クモツキには毎年のように会いたい魅力がありますね。新緑と残雪が映える北アルプスも魅力的です。
ニリンソウとクモツキも画になりますね。開翅具合がちょうどいいです。
オオルリシジミもほんとに美しい。なんとも羨ましい限りです。
Commented by ダンダラ at 2018-05-21 22:58 x
霧島緑さん、ありがとうございます。
今年のクモツキの発生は本当に早いですね。
いつもだと今頃からですものね。
残雪もあるので、まだいるとは思いますけど、そろそろメスの産卵の時期でしょうか。
ニリンソウは本当に偶然でしたけど、ちょうど薄日が射してきて、翅を開いてくれたので良い写真が撮れました。
オオルリもちょうど発生を始めたばかりだったようです。
Commented by emu_nijuuhachi at 2018-05-22 20:52
実は私もこの日、クモツキと、オオルリシジミのポイントにおりましたが、あまり数が多くなかった中、ダンダラさんがここまでいろいろなシーンを撮影されているのは、私には感動ものです。
私はあまり上手く撮れなかったもので。とはいえ、私もニリンソウでの吸密は、捉えることができたのは救いでした。
Commented by himeoo27 at 2018-05-22 21:26
初々しい「クモマツモキチョウ雄」の
吸蜜シーン、飛翔シーンを上手く撮り
こんでいて素晴らしいです。

さらに「オオルリシジミ」まで写され
ているところが凄いですね!
Commented by ダンダラ at 2018-05-22 22:41 x
emu_nijuuhachiさん、ありがとうございます。
同じ場所で撮影されていたんですね。
あの日は個体数が少なくて(特に午前中)、せっかくここまで来たのに~という感じでしたね。
最後にニリンソウに来てくれた個体がいなかったら悲惨でしたよね。
今年はなかなか満足して撮影を終えるということは少ない気がしますが、やはりこの異常な気候の関係でしょうか。
Commented by ダンダラ at 2018-05-22 22:45 x
ヒメオオさん、ありがとうございます。
何回も気軽に足を向けるということはできませんが、それだけに虎の子の一回で何とか成果を上げたいものですよね。
この日はなかなか良いチャンスに恵まれずやきもきしましたが、最後になってよく吸蜜してくれる個体が出てきてくれて助かりました。
いつもこんなどきどきと一緒ですけど、それがまた撮れた時の醍醐味でもあるんでしょうね。
オオルリはいつもは寄らずに帰ることも多いんですが(人工的なものなので)、この日は案内役でもあるので寄ってみました。


<< 小畔川便り(自宅近くのゼフ達-...      黒系アゲハの撮影(2018/5/5) >>