2018年 04月 22日

小畔川便り(ツマキチョウの産卵とギンイチ初見:2018/4/9.10)

4月9日は天気も良く、気温も平年並みの感じ。

ツマキチョウの産卵を撮影するために再度自宅前の川原に出かける。

歩き始めたら、ギンイチの姿が見えた。
もう数日後かなと思っていたので少しびっくり。

例によって全く止まらないので、とりあえず証拠写真を撮ろうと思っていると、2頭が一瞬目の前で絡んだ。

f0031682_18025614.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ピントが甘いけど、なんとかその様子をとることができた。

f0031682_18025606.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_18025799.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


止まる気配がないので、ツマキチョウの様子を見に行く。

ツマキチョウの多い対岸に渡ろうとして、傾斜のある土手の護岸を降りて飛び石に降りようとしたら、何かにつまずいたのか滑ったのか、足首がぐきっときて体のバランスが崩れた。

そのままだと川に落ちるし、落ちたら川の中の石で足が滑って、カメラが水につかったり、怪我をしそうなので、必死でバランスをとりながら、飛び石を走ってわたって、対岸の土手に体ごとぶつかって体を止めた。

ぶつかった時にひざを打ったし、足首をねじったようでしばらく動けなかったけど、やれやれ無事渡れたと一安心。


びっこを引きながら様子を見ると、メスが飛んでカラシナの花に関心を示したりしている。

f0031682_18024362.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


そっと近づくと、蕾に止まってお腹を曲げた。

f0031682_18025731.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18025670.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただきっちりと尾端を撮ることができない。

f0031682_18024997.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後で写真を見てみたら、小さな卵のようなものが見える。
拡大してみたら、つぼみに産卵された卵が写っていた。

f0031682_18024991.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後は吸蜜などを撮影する。

カラシナやセリバヒエンソウ、カラスノエンドウなどで吸蜜している様子を撮影することができた。

f0031682_18025028.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_18024924.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18024968.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18024328.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18024387.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


足が痛いので早めに自宅に帰りかけると、近くの植え込みの周りをツマキチョウが飛んでいた。

f0031682_18024358.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_18024258.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


夜寝る前に足を見ると、ひざから内出血し、足首がかなり腫れていたけど、なんとかなりそうだ。


一晩寝て、足首の腫れもだいぶ引いたようなので、昨日撮れなかったギンイチモンジセセリをきちんと撮ろうと思ってまた川原に行く。

ただ階段を降りると足首に響くので、この日は川を渡らずに撮影することにする。

川原を探すとメスが1頭いて、良いモデルになってくれた。

f0031682_18023729.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18023714.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18023701.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_18023624.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


広角でも撮ってみたけど、草の中なのでごちゃごちゃしてしまった。
f0031682_18023709.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ミヤマチャバネセセリも出ているかなと思って探すけど、まだ発生していないようだった。





by dandara2 | 2018-04-22 18:22 | 産卵 | Comments(14)
Commented by himeoo27 at 2018-04-22 18:35
最初のギンイチモンジセセリ2頭が舞う
3コマ良い感じですね!
昨日は比企丘陵の河川敷で発生している
とのことで探し廻りましたが1頭も見つけ
られませんでした(涙)。
Commented by ダンダラ at 2018-04-22 21:43 x
ヒメオオさん、ありがとうございます。
ギンイチ、そちらでは見つかりませんでしたか。
こちらではそろそろ発生も終わりのようですので、そちらでもそんな感じなのかもしれないですね。
とにかく今年は蝶の発生が早くて、自宅前の川原は、今はヒメウラナミがピークになりかけていて、他の蝶は端境期に向かっている感じです。
Commented by mikiosu at 2018-04-23 02:04
こんにちは。
いつもながらギンイチモンジセセリ&ツマキチョウ、どちらもとても丁寧に撮られていて素晴らしいです。
ギンイチは早いですね。自分は20日に狙いましたが空振りに終わり、22日にやっと撮れました。
ミヤマチャバネセセリのほうは20日に首尾良く新鮮個体が撮れました♪
Commented by yurinBD at 2018-04-23 06:48
ツマキチョウの産卵の様子を卵を含めて確り捉えられ、素晴らしいですね!
でも無理しないでくださいね。
ツマキチョウが全開翅で吸蜜するシーンも綺麗ですね~♪
ギンイチモンジセセリ2頭の飛翔も凄いですね。
Commented by 22wn3288 at 2018-04-23 08:32
ツマキチョウの産卵シーンが見事に捉えられていますね。
何時もながら感心して拝見しています。
当地でもイチモンジセセリが発生しました。
今年は早いのですね。
Commented by Farfalla65 at 2018-04-23 09:13
ギンイチモンジセセリの飛翔写真
素晴らしいですね。2頭がばっちり
よくこんな写真が!と堪能させて頂
きました。
お怪我大事にならなくてよかったで
す。お大事になさって下さい。
Commented by ダンダラ at 2018-04-23 19:36 x
みき♂さん、ありがとうございます。
ギンイチは例年より10日くらい早い感じですね。
そちらでもギンイチにミヤマチャバネが撮影できたんですね。
おめでとうございます。
こちらのミヤマチャバネは数日後には出ましたが、すでに少し傷んでいました。
Commented by ダンダラ at 2018-04-23 19:48 x
悠凜さん、ありがとうございます。
ツマキチョウは蕾の中に産むので、卵まで撮影するのは難しいですね。
たまたま写っていてくれたのでラッキーでした。
Commented by ダンダラ at 2018-04-23 19:51 x
旅友さん、ありがとうございます。
この日は産卵を撮るのが目的でしたが、撮影中ははっきりとして手ごたえがなくて、自宅で写真を見てなんとか撮れているのがわかりました。
今年は蝶の発生か早いですね。
予定を合わせるのが大変ですね。
Commented by ダンダラ at 2018-04-23 19:55 x
Farfallaさん、ありがとうございます。
ギンイチは単独で探雌飛翔しているときは、スピードも速くて撮影は大変ですけど、2頭だとちょっとだけその場にとどまってくれるし、スピードも落ちるので撮影のチャンスだと思います。
ただ、時間が短いので、たいていは離れたところから眺めるだけのことが多いです。
Commented by fushiginomori at 2018-04-23 21:18
ツマキチョウの卵、上手く隠れるように産み付けるのですね。
今年はツマキチョウが多いと思ったのですが、あっという間に季節が過ぎてしまったようです。
今年は蝶の時期が難しそうですが、まずは脚のお怪我を大事にしてください。
Commented by ダンダラ at 2018-04-24 09:08 x
fushiginomoriさん、ご心配いただきありがとうございます。
ツマキチョウの卵ははっきりきれいに撮るのは難しいですね。
おっしゃるように今年はツマキチョウが多かったように思いますが、もう次の主役に交代の時期ですね。
いよいよ自宅前ではこれといった蝶がいなくなってしまって、また遠征の日が続きそうです。
Commented by naoggio at 2018-04-24 15:11 x
ギンイチのスクランブル、咄嗟のことなのによくこれだけ撮れましたねえ。
ニコン1の被写界深度の深さもこういう時には強い味方ですね。
お怪我の方は大丈夫でしょうか?いちおうレントゲン撮っておいた方がよいような気もしますが。
くれぐれもお大事になさって下さい。
Commented by ダンダラ at 2018-04-24 21:55 x
naoggioさん、ありがとうございます。
ギンイチが全く止まらなかったので、これは飛翔を押さえるしかないなと準備をしていたので、このチャンスに対応できました。
足の方は数日は違和感がありましたが、今はかなり良くなっています。
もともと医者嫌いなので、一晩寝て足の腫れが少し引いた時点で、やったー医者に行かずに済むと安心してしまいました。


<< 新潟ギフ(イエローテール ? ...      小畔川便り(ツマキチョウの交尾... >>