2018年 04月 06日

トラフシジミとツマキチョウ初見(2018/3/29.31)

3月29日はコツバメの公園にその後の蝶の発生状況を確認に行く。

この日は気温も24℃位と高く、蝶は活発に飛んでなかなか撮影が出来ない。
今年初めてのツマキチョウを撮影する。

f0031682_17052810.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17052826.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17052988.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


飛び立つところもうまく収まっていた。
f0031682_17052936.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ホソオチョウは発生の初期で、この日は2オス、1メスを確認する。
オスは全く止まらず、かろうじて飛んでいるところを撮影した。

f0031682_17052866.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


もうメスもいた。
f0031682_17052386.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


食草のウマノスズクサに止まったので、産卵かなと思って期待するけど、どうもただ止まっただけみたいだった。
f0031682_17052341.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オスも少なかったから、まだ未交尾だったのかもしれない。

発生しているというトラフシジミは見つからなかった。


31日は気温は20℃位と前回に比べると少し落ち着いた感じ。
この日はトラフシジミの撮影をメインに出かける。

トラフシジミが現れるポイントには浅間の煙さん、Cactussさん、maximiechanさんがお見えになっていた。

そこにはトラフは現れなかったので少し移動して、そこにいらした里山の蝶便りさんと少し話をしていたらトラフシジミが現れた。

f0031682_17052371.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


cactussさんに連絡し、撮影していたら皆さん駆けつけて、結局十人くらいで1頭のトラフを囲んで撮影会。

f0031682_17051709.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


少し高い所に止まるけど、ある程度みんなが撮影した後でそっと枝を引き寄せたりして撮影する。

f0031682_17051719.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんとか目的のトラフを撮影することができた。

みんながワイワイやっている間に、家内は少し離れた場所でミヤマセセリを撮影していた。

f0031682_17051748.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_17050323.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


maximiechanさんが、当日産卵されたというコツバメの卵を教えてくれた。
f0031682_19440985.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


コツバメの卵は初めて見たので、それ用の機材を持っていなかったけど、手持ちの機材で何とか頑張って撮影した。
ありがとうございました。

時間も14時を過ぎると、あれほど活発だったミヤマセセリも落ち着いてきて、地面に止まる回数が増えてきた。
f0031682_17050375.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


メスも出てきた。

f0031682_17051729.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスは今季初確認なので少しじっくりと撮影した。

最後には飛び立ちも撮影するけど、枯れ葉の間の茶色のミヤマセセリにはカメラのフォーカスも迷いがち。

f0031682_17050316.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_17050293.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


きっちりピントの合った飛翔というわけにはいかなかったけど、とりあえず押さえることができて満足して帰宅することができた。



by dandara2 | 2018-04-06 17:32 | 初見日 | Comments(12)
Commented by cactuss at 2018-04-06 19:29
連絡を頂き、ありがとうございました。
お陰様で念願のトラフシジミのユキヤナギ吸蜜を撮影することができました。
ユキヤナギは蝶を撮影するには非常にいい花ですね。
Commented by ダンダラ at 2018-04-07 06:48 x
cactussさん、お互い無事撮影できて良かったですね。
とりあえず春の課題の一つがクリアということでしょうか。
ユキヤナギはおっしゃるように蝶が浮き立って絵になりますね。
Commented by banyan10 at 2018-04-07 09:37
これが良いモデルと話していたツマキですね。
近場でも雌が複数観察できたので、あっという間にピークのようで今年も交尾の観察は難しそうです。(^^;
トラフは僕が見つけたときは留守電だったようですが、再挑戦で自力で発見したのはさすがです。逆光の青い縁毛とユキヤナギ吸蜜はいいですね。
Commented by 里山の蝶便り at 2018-04-07 10:02 x
今期'ショカツサイ'が少なく、ツマキを目にすることが少ないように感じます。 トラフは連日の空振りで難儀しておりましたが、やっと撮影出来てホットしています。 ミヤマセセリ♀、綺麗な個体ですね。 撮影場所のロケーションも素晴らしく、飛翔も見事です。
Commented by ダンダラ at 2018-04-07 19:26 x
banyanさん、ツマキ出てきましたね。
ここ数日は新潟方面が天気悪いし、我が家の前のツマキが良いモデルになってくれています。
トラフの時は携帯をうっかり数日間バッグの中に入れっぱなしてしてしまい、バッテリー切れになっていました。
もっとも所用があったので引き返せませんでしたけど。
お気遣いいただきありがとうございました。
Commented by ダンダラ at 2018-04-07 19:29 x
里山の蝶便りさん、あの場所ではショカッサイが今年は少ないですね。
お会いしてすぐにトラフが出てきてくれてよかったです。
お別れした後ミヤマセセリがモデルになってくれましたが、今年はミヤマセセリをちゃんと撮りたいと思っていたので良かったです。
Commented by 22wn3288 at 2018-04-08 09:06
白い花とトラフシジミが綺麗ですね。
引き立って見えますね。
ミヤマセセリの閉翅は中々見れないので、喜んで拝見いたしました。
Commented by twoguitar at 2018-04-08 13:07 x
ツマキチョウ、トラフシジミ、ミヤマセセリなどの撮影を存分に楽しんでいますね。
トラフシジミの毎年現れるポイントというのがこちらではなくいつも偶然の産物です。
Commented by himeoo27 at 2018-04-08 13:55
この時期のツマキチョウは、スイスイ飛ぶばかりなので
撮影に苦労しています。良いモデルさんを見つけて良か
ったですね!
最後のミヤマセセリの飛び立ち素晴らしいです。どの位
のシャッター速度で撮影されたのでしょうか?
Commented by ダンダラ at 2018-04-08 19:05 x
旅友さん、ありがとうございます。
トラフシジミのような茶系でコントラストのはっきりした蝶には白い花がよく似合いますね。
ミヤマセセリ閉翅確かにそうですね。
Commented by ダンダラ at 2018-04-08 19:09 x
twoguitorさん、春になるとこういった蝶たちが比較的身近にいるので、撮影も楽しいです。
トラフシジミ、確かにそうですね。
偶然の出会いを楽しむのも蝶撮影の楽しみではありますけど、狙った蝶は確実に撮れればそれに越したことはありませんね。
Commented by ダンダラ at 2018-04-08 21:10 x
ヒメオオさん、ツマキチョウは確かに飛んでばかりでなかなか止まりませんね。
時間と気温にかなり左右されるみたいなので、そんなことに注意してみているとチャンスがあるかもしれません。
ミヤマセセリの飛び立ち撮影のシャッタースピードは1/4000になります。
私の場合、飛翔は大体この値が多いです。


<< 小畔川便り(ツマキチョウ:20...      今年の初ギフ(2018/3/28) >>