2006年 07月 09日

法事の合間に・・キバネセセリとホソオチョウ

法事で甲府に行く途中でちょっと寄り道をしてみる。
特に目的はなくて、何か撮れたらいいなと言うくらいの感じ。
ただ、この時期の低山地はチョウの姿が少ない。ぶらぶら歩いてもたいした成果はなく、帰りかけると道ばたにミスジチョウが止まっていた。
今年はミスジチョウを撮りたいと思いつつ、そのために出かける事も出来なかったので、これはラッキーと思ってそっと近づくが、撮影距離までもう少しという所でツッと飛び立つ。
f0031682_21125886.jpg
それを繰り返しながらとうとう逃げられてしまった。
そんなときに、つんと鼻をつく発酵した樹液の匂いがしたので、これは何かいるだろうと期待して覗くとキバネセセリが吸汁していた。
f0031682_2114310.jpg
こちらも今年撮りたいと思っていたチョウなのでうれしい。
撮影していると、甲府の家から今どこにいるのかとの電話。少し遊びすぎたようだ。

翌日の朝、寺へ出かけるまでの間に庭を眺めていると、何頭ものホソオチョウが飛んでいる。そこでカメラを取り出して飛翔写真に挑戦。
f0031682_21154713.jpg
狭い庭なので背景も何もないがなんとか撮れた。
一周忌の日に義父の大好きだったホソオチョウが周りを飛び交っていて、少し不思議な感じがした。
f0031682_21164964.jpg


by dandara2 | 2006-07-09 21:17 | Comments(14)
Commented by 愛野緑 at 2006-07-11 23:49 x
ホソオチョウは未だに会ったことがないので羨ましいです。発生地には沢山いるのでしょうけど、見当も付きません。
ジャコウアゲハみたいにゆったり飛ぶのですか?
Commented by maeda at 2006-07-12 06:51 x
人工物背景のホソオはたまりませんね。
最近、こんな風景にワクワクしてしまいます。
Commented by chochoensis at 2006-07-12 07:01 x
ダンダラさん、お義父さまの一回忌法要無事済まされたようでお疲れ様でした。優しそうな笑顔が偲ばれます。ところで、キバネセセリも吸蜜するんですね、初めて拝見しました、獣糞などで吸い戻し行動を撮影したことはありますが蜜が好きだったとは・・・知らないことが多すぎて、勉強になります。
Commented by miyagi at 2006-07-12 12:12 x
ダンダラさん 地を離れた瞬間のミスジチョウ、このポーズはなかなか見られないです。これをUPで撮ってみたい。ホソオチョウ、ふわ~っと飛んでる様子がいいですね。気持ちが和みます。
2頭が寄りそうように飛翔してますね。近くに食草でもあるんでしょうか。
Commented by nomuan at 2006-07-12 20:40 x
ホソオチョウ、お庭に飛んでるんですかぁ? 「一周忌の日に義父の大好きだったホソオチョウ・・・・」、供養に来てくれたのでしょうか?ふわふわ感がでている飛翔画像、エエですね~・・・。
Commented by ダンダラ at 2006-07-12 21:19 x
愛野緑さん、ホソオチョウは甲府の家の庭でもう20数年発生を繰り返しています。
甲府市内でも何ヶ所かで発生しているので、機会があればご案内します。
飛び方はウスバシロチョウをさらにゆっくりした感じです。
飛翔撮影の練習には良いと思いますよ。
Commented by ダンダラ at 2006-07-12 21:21 x
maedaさん、狭いものでごちゃごちゃしていますが、3枚目はピントがもう少しシャープならばなかなか良かったのにと思っています。
たしかに人工物の入った写真は新しい視点かも知れないですね。
Commented by ダンダラ at 2006-07-12 21:23 x
chochoensisさん、ありがとうございます。
キバネセセリは福島のキマルリの撮影の時に、ヒメジョオンに吸蜜に来ているのを撮影しましたが、やや小さかったので掲載はしませんでした。
樹液に来るのは結構見た事あります。
Commented by ダンダラ at 2006-07-12 21:26 x
miyagiさん、ほんとにもう少しUPで撮影したい所ですが、思うようにはいかないものですね。
ホソオチョウの食草のウマノスズクサは、甲府の家に生け垣になっていまして、たくさんの幼虫がたかっています。ここではジャコウアゲハも発生しているのですが、ウマノスズクサの茎を途中から食べて枯らしてしまうので、義母が見つけるたびに駆除してます。
Commented by ダンダラ at 2006-07-12 21:32 x
nomusanさん、ホソオチョウは多い時には10頭前後が庭を飛んでいますが、朝から撮影に出かける事が多いので、ゆっくり撮影した事はほとんどありませんでした。
そんなわけで、ゆっくり眺めたのは久しぶりなので、おっしゃるように義父の化身のような気がしました。
以前職場が一緒だった沖縄出身の女性は沖縄ではお墓にチョウが多いので、死んだ人の魂がチョウになって飛んでいるというような事を言っていました。
Commented by fanseab at 2006-07-12 22:40
7月中旬頃、甲府から韮崎近辺をよく探索したもんですが、キバネセセリとは一度も遭遇できませんでした。その意味で2枚目は羨ましいですね。樹液に来る性質があるので、オオムラサキ狙いで発見できれば・・・と思ってしつこく探索しましたが駄目でした。出現時間帯は早朝・夕方に限定されるのでしょうか?
Commented by thecla at 2006-07-12 23:32 x
お義父様の一周忌法要お疲れ様でした。
こうして見ると、ホソオチョウの細い尾、翅の色合い、ふわふわとした飛び方といい、本当に魂の化身のような感じがしますね。
素敵な雰囲気の飛翔写真だと思います。
Commented by ダンダラ at 2006-07-13 00:28 x
fanseabさん、私もキバネセセリは今までそれほど見かけませんでした。
昔は日野春にクロヒカゲモドキと共に結構いましたが、最近は両種ともほとんど見かけなくなりました。
非常に数が減ってきているようですが、今年はキバネセセリの当たり年なのか、よく見かけるように思います。
Commented by ダンダラ at 2006-07-13 00:31 x
theclaさん、ありがとうございます。
ホソオチョウの飛び方は本当に優雅な感じで、この庭の写真はおっしゃるように雰囲気が出ているように思います。(もっときれいな庭だとさらに良いんですが仕方ないです)


<< 小雨の週末、ミヤマカラス・ゴマ...      キマダラルリツバメ >>