2017年 01月 08日

小畔川便り(2016年暮れの色どり:2016/12/21)

話は少し前に戻って昨年の12月21日
晴れて気温も15度くらいに上がったけど、朝は川霧が出ていた。

11時過ぎに公園に行く。

着くとムラサキツバメがアブラムシのいた枝の先に止まってストローを伸ばしている。

f0031682_10332521.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


アブラムシはもういないので、まだ吸汁するのかと少しびっくり。
川に近いので、朝霧の露がついて少しは吸汁できるようになっていたのかなと勝手に想像する。

枯れ枝に寄り添って越冬中のムラサキツバメはこの日もその場所にいた。

f0031682_10332647.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


しばらくすると、ムラサキシジミが出てきて翅を開いてくれた。

オスは相変わらずきれいだ。

f0031682_10332633.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


見ている時もきれいだけど、撮った写真をPC画面で大きくすると、本当にほれぼれする。

メスも開いてくれた。

f0031682_10332535.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ムラサキツバメのメスも開いたけど、この個体は前翅の先にちょっとだけ青い鱗粉を散らしたお洒落さんだ。

f0031682_10332644.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この個体は、前翅の斑紋がちょっと白っぽい個体。
時々姿を見せてくれる。

f0031682_10331886.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日はやけに色が濃く見えるなと思いながら撮影。

翅を少し閉じたら、その色合いが変わって、ファインダーを見ながらオーと思ってしまう。

f0031682_10331968.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


少し解りにくいけど、前翅の後縁付近の斑紋が虹色に輝いていた。

f0031682_10331862.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日、ムラサキシジミが吸蜜してくれたけど、もう終わりの花。

f0031682_10331929.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


少し翅を開いて彩りを添えてくれた。

12時半近くなると、ねぐらを探して飛び回る個体が出てきた。

f0031682_10331847.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

周辺を飛び回るから飛翔を狙うけど、スピードは結構早くとらえるのはむずかしい。

背景が暗いから、色飛びもしてしまう。

f0031682_10415941.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


飛んでいる場面が撮れた気がしなかったので、この個体が葉にとまった時にBMCを使って飛び立つところを狙う。
普通に止まっていたら、いつ飛び立つかわからないからとても待っていられない。
この個体はねぐらを探してすぐに飛び立つので狙ってみる気になった。

f0031682_10331258.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ピントが合っているけど裏面。

f0031682_10331204.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


翅表が写っているものはピントが甘い。

f0031682_10331114.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


なかなか思った通りには行かないものだ。




by dandara2 | 2017-01-08 10:50 | 飛翔 | Comments(16)
Commented by himeoo27 at 2017-01-08 16:21
前翅の斑紋がちょっと白っぽいムラサキツバメの表翅
興味深く拝見しました。
飛び立つ直前ムラサキシジミの翅が虹色に輝くのも面
白いですね!
Commented by yurinBD at 2017-01-08 18:43
ムラサキシジミの濃いブルー、美しいですね♪
端の方が紫がかっているのも綺麗です。
ムラサキツバメの前翅の先に鱗粉がある個体はお洒落ですね、こうした個体を見ると、得した気分になります(笑)
ムラサキシジミの飛翔は撮影したことがありませんが、相当に難易度は高そうですね。
Commented by ダンダラ at 2017-01-08 20:38 x
ヒメオオさん、ムラサキツバメのメスはオスに比べて変化に乏しい感じですが、この個体は個性豊かな感じでした。
角度による翅の色の変化も豊かでしたが、目で見たよりもカメラで撮ったものはそのあたりがうまくとらえられませんでした。
何度も撮影した個体なんですが、最後に良いものを見せてくれました。
Commented by ダンダラ at 2017-01-08 20:42 x
悠凜さん、ムラサキシジミのオスはほんとにきれいですね。
こんな蝶が身近なところで見られるなんてすばらしいです。
ムラサキツバメのメスも、おっしゃる通りおしゃれで、撮影できて得した感じです。
ムラサキシジミもムラサキツバメもそうですが、飛翔はコースが読みにくく、撮影は難しいと思います。
その中でもねぐらを探して飛ぶ時が撮影しやすいと言えば撮影しやすいですが、今度は露出とかが難しいですね。
機会があればこの秋にでも挑戦してみてください。
Commented by naoggio at 2017-01-08 23:37 x
昨日はお世話になりました。ありがとうございました。
クリスマスシーズンにこんなに紫で楽しめるというのは素晴らしいですね。
しかもこのムラシのオスは本当に美形。
ムラツのメスは例の個体ですね。
つまの所はこんな輝きを見せるのですか。きれいですねえ。
Commented by field24k at 2017-01-09 06:27 x
初めまして、field24kと申します。
ムラサキシジミ、この時期になると、見かけるだけで嬉しくなって、つい撮影してしまいます。シーズン中は、ほとんど無視してしまうのに・・・。
こんな私は、正真正銘のミーハー的ド素人です。

いろいろな美しい蝶画像、うらやましく拝見してます。
Commented by tamayam2 at 2017-01-09 08:33
新年おめでとうございます!今年もお宅さまの
美しいチョウの写真を拝見するのが楽しみです。
私、1月5日に近くの井の頭公園でムラサキツバメ
を見つけ、とても嬉しくなりました。尾状突起が
見えていました。幸先のよい予感がしました!
Commented by ダンダラ at 2017-01-09 11:09 x
naoggioさん、いえこちらこそ遠いところをおいでいただきありがとうございました。
今から考えると、この時期はまだ暖かかったですね。
まだ2週間ちょっとしか経っていないのにうそみたいです。
ムラツのメスはご指摘いただいた個体です。
似たような個体がいくつかいると思っていたのですが、どうもこの1個体が何度もモデルになってくれていたようです。
とっても個性的な蝶で、最後にこんな写真が撮れてよかったです。
Commented by ダンダラ at 2017-01-09 11:09 x
field24kさん、初めまして。
ムラサキシジミは、この時期に見られるとうれしいですね。
開翅でもしてくれれば最高ですが、寒に入るとそれも難しくなりますね。
ホームページ拝見しました。
素敵な写真が並んでいますね。
これからもよろしくお願いします。
Commented by ダンダラ at 2017-01-09 11:10 x
tamayamさん、ご挨拶が遅れましたが、今年もよろしくお願いします。
1月5日にムラサキツバメですか、それは素晴らしいですね。
この日はこちらでは北風が結構強くて、あまりいいコンディションではありませんでしたが、そんな日でも観察できるなんてラッキーでしたね。
今年はきっと素晴らしい年になるのではないでしょうか。
Commented at 2017-01-09 11:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 霧島緑 at 2017-01-09 22:28 x
年末になっても美しい個体が見られ撮影意欲を掻き立ててくれますね。それにしてもブルーが美しく見事です。
前記事に、貴殿が確認されている越冬個体の数が記されていましたが、これからの寒さを1頭でも多く乗り切ってくれるのを願うばかりです。
また状況を確認にお邪魔させていただきます。
Commented by kazenohane at 2017-01-10 10:16
こんにちは。
ムラサキシジミの青色が特に美しく感じました。
このシーンは何度見ても飽きない魅力がありますね。
ムラサキツバメの青色も微妙に変化していて興味深いです。
冬場にこんな素敵な被写体があったら撮影も楽しいですね。
Commented by ダンダラ at 2017-01-10 21:07 x
鍵コメさん、了解しました。
そちらにメールを入れさせていただきました。
Commented by ダンダラ at 2017-01-10 21:09 x
霧島緑さん、今年はムラサキシジミとムラサキツバメが遅くまで被写体になってくれたので、撮影が楽しめましたね。
越冬個体の数は、ここにきて少しずつ減ってきていますが、無事冬を越すのを観察できるのか、楽しみです。
またご都合の良い時においでください。
Commented by ダンダラ at 2017-01-10 21:13 x
kazenohaneさん、ムラサキシジミはきれいな蝶ですよね。
珍しさから、他の種類が騒がれますが、純粋に蝶の美しさという点ではムラサキシジミのオスが一番だと思います。
この時期に自宅近くに良い観察場所があるのは幸せだと思います。


<< 小畔川便り(寒に入った蝶たちの...      小畔川便り(正月三が日の蝶たち... >>