2006年 06月 08日

今年もウラナミアカシジミ

例によって15時からフィールドに出る。
今日は曇天で今にも雨が降りそうに薄暗いが、少しでも平地性ゼフィルスの写真が撮れれば万歳だ。
自宅から車で10分ほどの公園について歩き始めるとすぐにミズイロオナガシジミが眼について、近づくと逃げられてしまった。
何となくいやな予感がする。
それでもミズイロオナガシジミはいくつか見る事が出来て、写真も撮る事か出来た。
f0031682_23103523.jpg
アカシジミかウラナミアカシジミと思って歩き回るが全く見る事が出来ない。時間も16時30分をまわり、だんだん薄暗くなってきたので諦めて帰る事にする。
車を止めた近くまで来て、それでもと思い比較的明るい雑木林の縁を最後に見てみる事にする。
そこで目にとまったのがミズイロオナガシジミ。飛び立って明るい場所の下草に止まったので、広角で写真を撮ってふと顔を上げるとオレンジ色が舞っている。
f0031682_23113022.jpg
ハッと思って目で追うと、木の上に上がってしまった。その行方を追ってみているとチラチラと木の梢をオレンジ色が飛び始めた。多い時には10頭くらいが飛び回っているが全く降りてくる気配がない。
この時間ではもう無理かなと思いながら、それでもと思ってみていると、家内の「降りてきた」の声。そちらを見ると地面に降りたウラナミアカシジミがいた。
f0031682_23123356.jpg

近づいてみると♀が地面から吸水していた。やれやれこれで今日も何とか格好がついたと思って安堵する。
その後この♀は飛び立って近くの桑の木に止まったので、広角で周囲の雰囲気を出す事にした。
f0031682_23132034.jpg

たくさん飛んでいた赤いシジミも色合いから全てウラナミアカシジミのようだ。

by dandara2 | 2006-06-08 23:15 | Comments(14)
Commented by maeda at 2006-06-09 06:39 x
公園と思われる場所でのウラナミが良い感じですね。
♀の吸水は初めて見ました。
すべての蝶を広角で撮り直そうと思っているのですが、なかなか進みません。
Commented by kenken at 2006-06-09 12:28 x
ウラナミアカは近場に結構いるんですね。
近年、こちらでは、人の手が入らなくなった荒廃した雑木林では激減していますが、なるほど、公園のようなところであれば、それなりに人の手が入るので安定的に発生しますね。
Commented by chochoensis at 2006-06-09 13:12 x
ダンダラさん、「ミズイロオナガシジミ」「ウラナミアカシジミ」綺麗に撮影できましたね。ウラナミ、雌の吸水珍しいのではないでしょうか・・・あまり、無かったような気がしますが・・・。夕方は、チラチラばかりで、首が痛くなってしまいますもの・・・相変わらず、少しの時間でも色々ゲットしていますね・・・すばらしい。
Commented by ダンダラ at 2006-06-09 14:49 x
maedaさん、そう言われてみると、♀の吸水例は少ないのでしょうか。
最近そう言ったことに気が回らなくなって、このときも全く思いつきませんでした。
fisheyeで全てを取り直しですか、遠大な計画ですね。
今年の春、17mmで撮り始めた頃、その能率の悪さに愕然としました。
マクロで撮る1/10も撮れませんでした。最近はそうでもなくなりましたが、なかなか大変ですね。
Commented by ダンダラ at 2006-06-09 14:53 x
kenkenさん、最近の雑木林はどこでも手入れが悪くて、笹ばかりが茂って蝶の姿は少ないですね。
あまり整備されていない一角のある公園は、トイレ等の設備もあって、普通種を探してぶらりと散策するには適していると思います。
Commented by ダンダラ at 2006-06-09 15:01 x
chochoensisさん、やっと降りてきてくれた貴重な1個体を撮影するのに夢中で、♀の吸水は珍しいというのをすっかり失念していました。
時間がないとこういった悪条件でも出かける気になりますが、だいたいのポイントは頭に入った場所ですから、出かけさえすればこの時期何らかの収穫はあるようです。
Commented by nomusan at 2006-06-09 22:03 x
家から10分の公園でウラナミアカとは何ともエエ所にお住まいなんですね(笑)。学生時代は関西だったので、比較的容易に見れましたが、この蝶も九州にはいません。ミズイロオナガは初めて採ったゼフでした。図鑑で確認して凄く嬉しかったのを憶えてますが、なんでこの蝶が水色なんだろうって思ったことも思い出しました(笑)。
Commented by ダンダラ at 2006-06-09 22:50 x
nomusanさん、そうですね考えてみると田舎ですね。
この公園、春にはコツバメ、ミヤマセセリ、トラフシジミ、この時期にはアカ、ウラナミアカ、ウラゴマダラ、ミズイロオナガ、見た事はないけどオオミドリまでいると言う事です。
一日ある時は別の場所に行ってしまうのでじっくり探した事はありませんが、短時間に写真を撮るには良い所です。
ミズイロオナガシジミはほんとにそうですね、なんでなんでしょう。
Commented by 愛野緑 at 2006-06-09 23:06 x
全てウラナミですか、今年はアカシジミは少ないのでしょうか?狭山丘陵ではまだウラナミアカだけしか見ていません。
Commented by banyan10 at 2006-06-10 01:21
ウラナミアカの吸水、いいですね。
ミズイロオナガは数日前に探したのですが、見れませんでした。
アカシジミが昨年から少ないですよね。
貴重なはずのウラナミアカの方が何ケ所かで見ることができて不思議です。
Commented by ピヨムシ at 2006-06-10 11:33 x
ダンダラさん、初めてコメントさせて頂きます。
自宅から車で10分のところに里山のゼフがいるなんて、羨ましいです。曇天の中でのウラナミアカは、青天の下でよりも赤色がくっきりしていてとて鮮やかに見えますよね。
写真もとても上手なんですね。これからも更新楽しみにしています。
(今朝JR藤沢駅で電車を待っていると、例によってアカボシゴマダラが、線路の上、足下の高さを、東京方面に向かって通過していきました・・・。)
Commented by ダンダラ at 2006-06-10 22:34 x
愛野緑さん、この日はウラナミアカしかいませんでした。
何しろこの日初めての平地性ゼフの撮影でしたから良くわかりませんが、アカシジミが少ないのかどうか、もう一度調べてみる事にします。
Commented by ダンダラ at 2006-06-10 22:37 x
banyanさん、やはりアカシジミは少ないですか。
そういえば昨年はアカもウラナミも地元ではほとんど撮影しなくて、アカシジミにいたってはチョウセンアカの撮影の時にはじめてみたような状況でした。
今年はなんとか地元で撮影しようと思っています。
Commented by ダンダラ at 2006-06-10 22:39 x
ピヨムシさん、こんにちは
貴ブログも拝見していますよ。ここにいらっしゃる皆さんにも訪問してもらえるように今度はアドレスを入れてくださいね。
アカボシゴマダラを通勤中に見かけるとは、なんだかキタテハ並みですね。
またレポートを楽しみにしています。


<< クモツキ撮影行(その3)      クモツキ撮影行(その2) >>