2015年 06月 30日

北海道旅行(2015/6/26-28)

6月26日から28日まで北海道に行ってきた。
例によって孫の世話があるので、これがぎりぎりひねり出すことができた日数。

この時期、昆虫写真家の海野さんも来ていらしたようだけど、小諸日記でもわかるように天気が悪く、気温も低い最悪の天気。
5月に来た時も天気には恵まれず、今年の北海道は相性が悪かったようだ。

その中でもなにがしかの撮影ができたのは、撮影ポイントの情報をいただいた、maedaさん、さっちゃん♪さんのお二人のおかげだ。
ありがとうございました。

今回の最大の目的は、昨年撮りそこねたリンゴシジミの撮影。
数も減っているようだし、無事撮影できるかどうかわからないけど、とにかくチャレンジしなくてはどうにもならない。

初日の26日は天気も良く、気温も高い。
12時位に空港を出て、ポイントまで1時間。
そこから宿までは3時間位かかる予定なので、手持ちの時間は2時間くらい。

最初に出迎えてくれたのは、クマゲラだった。
f0031682_22185474.jpg


肝心のリンゴシジミは見当たらない。
1時間探しても他の蝶も含めてほとんどいない。

ようやく出てきてくれたリンゴシジミはかなり傷んだ個体だった。
f0031682_22194779.jpg

家内撮影

今回は、とにかく撮影できればよいという感じなので、これでも十分嬉しい。

葉の上でストローを伸ばしている。
f0031682_22201849.jpg


家内は別の所でカラスアゲハも撮影していた。
f0031682_22204346.jpg
家内撮影

自分が見た時にはそうでもなかったけど、光線の加減なのかきれいな色が出ていた。
f0031682_2221297.jpg
家内撮影

宿に着くころには雨が降っていて、翌日は嘘のように寒い。
カラフトヒョウモンなどを狙っていた場所の気温は12℃位。
我々より一日前に北海道に来ていらしたnaoggioさんご夫妻と合流する。

我々が到着する前に、ウラジャノメを見つけておられた。
北海道産のウラジャノメは白帯が発達していてきれいなので大喜びで撮影する。
f0031682_222140100.jpg


気温が低いので、それ以外に飛び出したのはヒメウラナミジャノメ位。
もっとも北海道のヒメウラナミジャノメは本州のものとは違って、白くてきれいなのでこれもきちんと撮影しておく。
f0031682_22222653.jpg

この個体は眼状紋の数がやや多かった。

翅表は特に変わってはいないようだ。
f0031682_22224738.jpg


翌28日は、午後には空港に向かって移動しないといけないので、13時がタイムリミット。
ところが、前日と同じく、曇りで、気温が低い。
それでも15度位にはなるというので、昼近くのワンチャンスにかけて、前日と同じ場所に行く。

12時になってようやく薄日が出てくれたけど、残り1時間で何が撮れるか。

出てきたのは、やっぱりヒメウラナミジャノメ。
さすがにうれしくない。

それでもこの個体は、カメラを向けた時に、一瞬なんのチョウだっけと思うくらいのインパクトがあった。
f0031682_22233018.jpg


裏面も確認したかったけど、翅を閉じることなく飛んで行ってしまった。
f0031682_22235691.jpg

家内撮影

北海道のフタスジチョウは白帯が広くきれいなので、撮れた時にはうれしかった。
f0031682_22241993.jpg


時間切れでやむなく帰りかけた時に、前方にゆったり飛ぶウスバシロチョウがみえた。

たぶんヒメウスバシロチョウだと思うけど、木の上の方を飛んでいて止まらない。
それでも、ようやく止まった。

遠くて肉眼ではよく見えないけど、それらしい場所をとりあえず撮影したら、何とか確認できるくらいには写っていた。
f0031682_22291139.jpg


体毛が白いので、ヒメウスバシロチョウの雄だろうか。
f0031682_22253567.jpg

ようやく北海道特産の蝶を、証拠写真ながら追加できてうれしい。

日が射してきたのでもう少し粘りたかったけど、レンタカーを返す時間もあるので予定通り13時で撤収。

何とも消化不良の撮影行だったけど、少なくともポイントの様子だけはわかったので、来年以降につなげることはできそうだ。

by dandara2 | 2015-06-30 22:31 | Comments(18)
Commented by さっちゃん♪ at 2015-06-30 23:52 x
こんばんは
撮影おめでとうございます
やっぱりダンダラさんご夫妻でしたか^^♪
私たちも今週末に行くので様子が知りたくて電話をしたところ
「先ほど埼玉からのご夫妻が撮影されて行かれましたよ」
とおっしゃっていましたからもしかして・・・と思いました^^
今年は例年より2週間も前に桜が咲きGWには散ってしまい
そのあとは雨天が多く
住んでいても予想がつかぬ年とおっしゃっていました。
ウラジャノメ・ヒメウラナミジャノメ
両者とも白い部分が多くて綺麗ですね
知らなかった〜〜〜
いい情報をありがとうございます
教えてもらわなければスルーしてしまったかもしれません^^;
今年の北の大地は みなさん悪戦苦闘しているようですね
リンゴシジミももっと北上すればまだいるかもしれないと
アドバイスをもらいましたがポイント知らないから
見れそうにありません(涙
行く前から来年に期待することを考えている私です(笑)
Commented by mikiosu at 2015-07-01 02:46
こんにちは。
クマゲラもちょっと興味あります(笑)。
今週後半に北海道旅行に出かける予定なので興味深く拝見しました。
天気は何とかなりそうなので、とにかく何か一種くらいは北海道特産種を撮りたいものです。
Commented by kazenohane at 2015-07-01 09:50
おはようございます。
北海道に行かれていたんですね。
気温も低く、天気も悪いとのこと、
遠征の難しいところですね。
白帯の発達したウラジャノメや、
白いヒメウラナミジャノメなど、
見て見たいと思わせる蝶たちです。
表翅の眼状紋のまわりの不思議な模様は、
とても興味深いです。
Commented by ダンダラ at 2015-07-01 19:42 x
さっちゃん♪さん、いろいろお世話になりました。
今年は天気が悪く、3日間のうち後半2日間は気温が12度前後までしか上がらず苦戦しました。
現地に住んでいる方も予想がつかない変な年なのですね。
今年も宿題が残ってしまいましたので、来年も再度挑戦するつもりでいます。
今週末、良い写真が撮れるといいですね。
Commented by ダンダラ at 2015-07-01 19:46 x
みき♂さん、今週北海道に行かれるのですね。
天気がいいと良いですね。
こちらと違って、気温が下がると寒いくらいですから、こちらでギフ撮影のころの用意を一枚加えておかれると良いと思います。
Commented by ダンダラ at 2015-07-01 19:50 x
kazenohaneさん、費用のことを考えると数か月前に飛行機を予約してしまいますから、天気はどうにもなりませんね。
北海道の蝶は、本州と同じ種類でも、大陸から侵入した経路が全く違うので、微妙に違うところが面白いですね。
ヒメウラナミジャノメの翅表は、初めてみるタイプで、手元の図鑑にも載っていませんでした。
Commented by maeda at 2015-07-01 20:15 x
この夏の北海道は天気が悪いですね。同じ時期に海野さんにもポイントを尋ねられていたのですが、やはり天気に恵まれなかったようです。
懲りずに来年また挑戦してください。
Commented by ダンダラ at 2015-07-01 22:33 x
maedaさん、いろいろありがとうございました。
天気が悪くて蝶の撮影は思うようにいきませんでしたが、良い環境の場所を歩いただけでも、いろいろな想像が膨らんで楽しいひと時でした。
今度は良い天気の時にじっくり楽しみたいと思います。
Commented by dragonbutter at 2015-07-01 22:53
天候は遠征の宿命ですね。
ヒメウラナミジャノメの裏面の白さにはびっくりです。
カラスアゲハも驚くほどきれいですね。
実は私も下旬に北海道に遠征予定です。
参考にさせていただきます。
Commented by ダンダラ at 2015-07-02 19:04 x
dragonbutterさん、今年はどこでも雨が多くて、なかなか思うようにいきませんね。
ヒメウラナミジャノメは、意識すると結構白い個体を見かけます。
ここでしか撮れないし、数も多いので、撮影の合間にカメラを向けるといいと思います。
成果があるといいですね。
Commented by clossiana at 2015-07-03 15:36
北海道遠征、お疲れ様でした。リンゴシジミは思い出の多い蝶です。場所にもよるのでしょうが普通は6月20日頃から飛び始めて7月に入るとスレばかりというのが子供の頃の記憶です。ダンダラさんの行かれた日が遅すぎるとも思われず、今年は発生が早かったのかもしれませんね。因みに私は子供の頃の虐殺の祟りで、その後は未だ見れないままです。ですからダンダラさんが羨ましいです。
Commented by ダンダラ at 2015-07-03 18:32 x
clossianaさん、北海道の最近の気候は読みにくいですね。
昨年は、同じような時期にはリンゴシジミは全て終わっていました。
今回は、鮮度はともかく、カメラに収めるのが目的だったので、とりあえずシャッターが押せてよかったです。
clossianaさんの子供のころはリンゴシジミもたくさんいたんですね。
いつかはきれいなリンゴシジミを撮影したいものです。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2015-07-04 08:32
おはようございます。北海道遠征お疲れ様でした。
天気がいまいちのようでしたが、リンゴをおさえるあたり、流石でございます。
フタスジも別種のようで、素敵です。
Commented by 霧島緑 at 2015-07-04 09:33 x
北海道遠征、お疲れ様でした。
限られた期間で成果を出すのは、私も身をもって経験しています。そんな中でも、次回に繋げる足がかりを得たことや、奥様が同行したことで楽しかったのでないかと思います。
私もまた、北の大地を目指したいと思っています。
Commented by ダンダラ at 2015-07-05 10:20 x
ノゾピーさん、今年は天気が悪いですね。
北海道から帰っても全然晴れた日がなくて、カメラがカビが生えそうです。
リンゴは今回の旅行で何とか撮影したい種類の蝶だったので、撮れてよかったですが、あわよくばと狙っていた他の蝶は惨敗でした。
フタスジは、リンゴのところでは元気良く飛び回っていてまったく止まらず手も足も出なかったので、帰るまでには押さえたいと思っていたのでこれもよかったです。
他の蝶も同じように"撮りたいー"と念じればよかったのかもしれませんが、気温が低くあきらめ気味で、念力パワーが足りませんでした。
Commented by ダンダラ at 2015-07-05 10:25 x
霧島緑さん、もう一日あれば天気も好転し、ポイントの様子もわかったので、何とか結果が出せたように思うのですが、まっ、しゃあないですね。
きっと来年以降は良いことがあるでしょう。
北の未撮影種も残りわずかになったので、これからはゆっくり楽しみながらクリアしたいです。
霧島緑さんもこれから再チャレンジですね。
Commented by himeoo27 at 2015-07-05 19:19
本州産と比べると白帯の立派な
ウラジャノメとフタスジチョウ
何れも出逢いたい北海道産蝶の
両横綱です。
Commented by ダンダラ at 2015-07-05 22:21 x
ヒメオオさん、北海道特産種はもちろんですが、おっしゃる様にこの両種は本州のものとは際立って違うので、北海道に行ったら押さえておきたいですね。
天気が良ければ、多分他の種に気を取られていたと思いますが、今回は出てきてくれただけでもありがとうと言う感じでした。


<< 小畔川便り(雨の合間の撮影:2...      山梨、二つのクロ(2015/6... >>