2013年 06月 04日

クモマツマキチョウ(2013/6/2)

6月2日の日曜日はクモマツマキチョウの撮影に行ってきた。
日曜日の天気予報はずっと芳しくなくて、土曜日の朝までは遠出をする気がなかったのだけど、勤め先でネットで予報を調べると、長野県では昼間は晴れるらしい。
それで夜になって家内に「クモツキの撮影に行こうと思うんだけど・・」と言ったら、あまり体調のよくない家内は「エー」と悲鳴を上げていた。

そういえぱ、一昨年はクモツキの撮影の後ベニモン撮影に出かけると言う強行軍をしたら、その後家内が風邪をこじらせて寝込んだりして大変だった。
この時期は疲れがたまってあまり無理は出来ないのかな。

幸い朝になったら家内の体調も戻ったので、多少ゆっくり目の6時ちょっとに家を出る。
途中のSAで朝食をとりながら、ポイントに着いたのは10時位。
一昨年のポイント付近には何台もの車が止まって、かなりの人数が撮影に来られているようだ。
今日は新しいポイントを探したかったので、少し歩くのを覚悟で別の所に車を止める。

天気は曇り。
予報では昼近くには晴れるようなので、それまでに撮影ポイントの様子を探ることにする。

林道を歩いていると、前の方に足が見える。遭難者かと思ったらスミレ群落の前で寝ているカメラマンだった。
天気が回復してクモツキが飛んでくるのを待っているのだろう。
周辺を歩いてみるけど、少し上には雪があったりして撮影できそうなポイントはここだけ。
あきらめて別の場所を探す。

11時近くなって明るくなり、気温も上がってきたように感じたらいろいろな蝶が飛び始めた。
前方に1頭、黄色っぽい蝶が飛んでいる。モンキチョウかなと思ったけど何となく飛び方が違う。
近くに来たので見たらクモマツマキの雄だった。

慌てて追いかけると、道ばたのフキノトウに止まった。
1V1に望遠レンズをつけておいたのだけど、背景に引っ張られたのかあまり良い出来ではない。
家内が撮影した写真もあまり出来は良くないけど、私のものよりはましだった。
f0031682_913740.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

この雄はその後スミレでも吸蜜してくれたので、後を追いかけながら何回か撮影することが出来た。
f0031682_92185.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

f0031682_922371.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

一度は多少ゆっくり吸蜜してくれたので、正面から全開翅を撮影することが出来た。
f0031682_9431.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

その後もう1頭の雄が飛んできたけど、止まらずに、撮影した飛翔写真も全滅。

周辺を歩くと雌が飛んできて、ハタザオで吸蜜を始めた。
f0031682_942314.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

f0031682_953015.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

この雌は産卵もし始めたので、喜んで撮影するけど、産卵時間は短く、なかなかよいポジションが取れない。
尾端がきっちり写っているかどうか確証がないままシャッターを押す。
f0031682_963338.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

f0031682_964389.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

f0031682_916713.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

この雌はやがて近くの黄色の花(ミツバツチグリ?・イワキンバイ?)でも吸蜜を始めた。
f0031682_983277.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

ハタザオを見ると、産卵された日時の違う卵がいくつも見つかった。
f0031682_9264081.jpg
家内撮影 panasonic

株はそれほど多くないけど、産卵場所になっているんだろう。

この時は魚露目でも卵を撮影したけど、オートではうまく撮影できず、マニュアルフォーカスで撮影。
それも失敗。
ところがこの後、産卵シーンを魚露目で撮影できる絶好のチャンスが訪れた。
喜んで撮影し、モニターで確認するとすべてピンボケ。
マニュアルフォーカスのままだった。(大泣)
ファインダーを見ないでレンズの先端だけを見ているので気が付かなかった。

13時近くなると雲が低くおり始めたので、あきらめて帰宅することにした。
結局一度も日が差すことはなかったけど、薄曇りで気温が上がったときにちょっとだけ出てきてくれた。
個体数が少なくて、何となく不満も残ったけど、産卵場所がわかったのが収穫だろうか。

by dandara2 | 2013-06-04 09:17 | 産卵 | Comments(31)
Commented by kmkurobe at 2013-06-04 09:30 x
あまり良い天気では無かったので、私は違う場所で時間待ちをしていました。
柔らかい光線で条件としてはかえってよかったのではないでしょうか。
体にもやさしいし。
クリーム色がとても綺麗に日揚言されていますね。
Commented at 2013-06-04 09:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hemlenk at 2013-06-04 12:46
綺麗ですね(=^・^=)
こちらのは、花の黄色に持っていかれて、白が飛び気味になってしまったので、とても美しく見えます。
産卵、ナイスです。(=^・^=)
先日行った折、小生が帰ってじきに同じ場所で産卵が見られたようで、ちょっと残念に思えました(^_^;)
次々と蝶が出て来るこの時期、ペース配分も考えてお身体には気をつけてください(=^・^=)
Commented by 22wn3288 at 2013-06-04 14:23 x
綺麗な雌雄を撮影されて素晴らしいですね。
オレンジも美しい。開翅も素敵。
雌もいいですね。
産卵シーンも撮れて、新しいポイントでしょうか。
探さないといけませんね。
Commented by ダンダラ at 2013-06-04 15:18 x
kmkurobeさん、午後になってからお見えになったのですね。
私が帰る頃には山に雲がかかってきて、雨が降るのではないかと心配になりました。
その後天気が良くなったのでしょうか。
日射しが強くなかった分、撮影には楽でしたが、もう少し個体数が多いとよかったです。
Commented by ダンダラ at 2013-06-04 15:18 x
鍵コメさん、おおむねその通りです。
Commented by ダンダラ at 2013-06-04 15:28 x
ヘムレンさん、天気が良いときは白い蝶は露出が難しいですね。
この時は薄曇りだったので、撮影には最適でした。
気温も高くはなかったので、ゆっくり吸蜜してくれたので撮影はしやすかったです。
産卵は残念でしたね。
この時は何度もチャンスがあったのですが、微妙な距離でなかなか近づけずその意味では苦戦しました。
体調の件、ありがとうございます。
皆さんのブログを見るとついつい触発されてしまいますが、年を考えないといけないですね。
Commented by ダンダラ at 2013-06-04 15:29 x
旅友さん、ありがとうございます。
この時は比較的ゆっくり吸蜜してくれたので、たった1頭の雄でしたが良いチャンスに恵まれました。
雌もこの時はオレンジのないのを忘れさせてくれる位産卵とか吸蜜とかチャンスをくれて楽しめました。
Commented by banyan10 at 2013-06-04 16:14
少ないチャンスをしっかりものにしていますね。
オレンジは何度でも撮影したいですが、今年も見送りです。
やはり魅力的ですね。
産卵も未撮影なので羨ましいです。
Commented by HOUNOKI at 2013-06-04 19:26 x
開翅してスミレの花に吸蜜するシーンは、
とてもいい感じで撮れていますね。
もっとたくさん飛んでいると、撮影も楽でいいと思いますが、
簡単に撮れない難易度の高さが、
この蝶の撮影を目指すカメラマンたちの
憧れと目標になっているようですね。
Commented by 霧島緑 at 2013-06-04 19:55 x
クモツキ撮影おめでとうございます。
日差しが無かった分、オレンジが鮮やかですね。素晴らしいです。
ギョロメでの撮影は残念でしたが、そんなチャンスが訪れただけでも当日の様子が分かります。
私も先週チャレンジしましたが、日差しがたっぷり降り注いでいた分、広角撮影も出来ない状況でした。チャンスがあれば、接写でじっくり撮影してみたい蝶ですね。
Commented by さっちゃん♪ at 2013-06-04 20:59 x
こんばんは〜
奥様センスいいですね^^♪
こんなに素敵な♂♀両方の写真が撮れて行った甲斐がありましたね。
卵まで・・・恐れ入りました。
一度見たら毎年見たくなる蝶ですね☆
Commented by otto-N at 2013-06-04 21:10 x
オスのオレンジがとても綺麗です。そして、オスもメスもとても柔らかく写っていて、なんともいえない美しさが出ています。背景のボケもすばらしいと思います。日差しのせいだけとは思われないのですが・・・
Commented by at 2013-06-05 09:00 x
毎年行こう行こうと思いながら、遠いので踏み込めないでいます。まだ会ったこともありません。素晴らしいお写真を拝見させていただきまして、行く気が沸いてきました。
Commented by ダンダラ at 2013-06-05 09:54 x
banyanさん、雄を撮影していた時は"やった~撮影できた"と喜びましたが、終わってみればこのワンチャンスのみでした。
雌の場合も、さかんに飛んできて産卵、吸蜜を繰り返したのは10分か15分位で、その後は曇ってしまい姿を見せなくなってしまったので、全体としてはほんの一瞬のことと言うことですかね。
ついつい雄に目を奪われてしまいますが、産卵に絞って雌を追いかければ何とかなりそうな気もします。
でもオレンジの誘惑にはなかなか勝てませんね。
Commented by ダンダラ at 2013-06-05 09:55 x
HOUNOKIさん、ハタザオやスミレでの吸蜜は思いの外短いので、思い通りのアングルをとるのは難しいですね。
この時は曇りで、活動し始めた時間だったのでこの個体は夢中で吸蜜してくれたので、時間はそれほど長くはありませんでしたがチャンスは何回かありました。
この場所は撮影が楽な場所ですが、本来の生息地ではもっとチャンスが少ないです。
でも雄大な雪山背景の写真が撮れれば最高です。(ブログには載せられないかな)
Commented by ダンダラ at 2013-06-05 09:56 x
霧島綠さん、ありがとうございます。
途中のSAでは明るい薄曇りだったので、家内にこんな天気が写真には一番良いんだよと話していたら本当にその通りになってしまいました。
そのときに天気だけでなく"たくさんいて・・"と言う一言を付け加えておけばよかったです。
魚露目の写真は本当に残念でした。
設定を変えたら、その撮影が終わったら元に戻しておけば良いんですが、こんな失敗を繰り返すあたりが、アマチュアの甘いところですね。
Commented by ダンダラ at 2013-06-05 09:56 x
さっちゃん♪さん、家内の写真ほめていただいてありがとうございます。
何とか写っていてくれましたが、最近は絞りを開けるように言っていて、この時の一連の写真はかなり甘い感じになってしまいました。
レタッチでかなりシャープネスをかけて見られる写真にすることが出来たのですが、次からはもう少し絞って撮影しようという話しをしています。
家内の撮影の様子を見ていると、結構自分なりに考えながら撮影していて、さっちゃん♪さんには及びもつきませんが、向いているのかななんて思ったりしています。
Commented by ダンダラ at 2013-06-05 09:57 x
otto-Nさん、クモツキの雄の白って、kmkurobeさんもおっしゃっていますが淡いクリーム色なんですね。
今回撮影した写真を見て、改めて実感しました。
薄曇りの天気が幸いしたみたいです。
背景のボケって微妙ですね。今回はアカシジミの時とは違って、生態を確実に写すために一絞り絞りましたけど、それでも今までよりは一絞り開けてみました。
もっともフィルム時代の値に戻っただけのことですが。
Commented by ダンダラ at 2013-06-05 09:58 x
春さん、なかなか一人では出かける気にならないことも多いですよね。
撮影仲間と出かけられればそれが一番ですし、いろいろポイント情報も得られていいと思います。
こんな形でまずはブログで仲間になっていくのが一番かな。
クモツキはまだこれからでも撮影はできると思います。
Commented by Sippo5655 at 2013-06-05 21:29
本当に美しい蝶ですね!
出会えて、、
そして、こんなにもいろんなシーンに巡り合えて
本当に良かったですね!
卵も可愛いです^^
このオレンジ色は独特、、太陽みたい!
Commented by ダンダラ at 2013-06-05 22:17 x
Sippoさん、おっしゃる通りこのオレンジはきれいだと思いますし、その生息する環境が素晴らしいですよね。
この日は天気があまり良くなくて、出会った個体数もそれほど多くはなかったのですが、予想以上にいろいろな生態が撮影できて、その意味では充実した時間でした。
Commented by midori at 2013-06-06 06:38 x
少ないチャンスをものにされるとは流石です。素敵なシーンずらりですね。いつ見てもオレンジは美しいです(*^^*)。メスの吸蜜シーンもかわいいですね。
Commented by ダンダラ at 2013-06-06 12:13 x
midoriさん、ありがとうございます。
最初に雄を撮影できたときには、さあ活動が始まったぞと張り切ったのですが、後が続きませんでした。思ったより天気の回復が遅かったようです。
遠いところを出かけてきて、クモツキのオレンジをファインダーに捉えられると、うれしさに心が躍りますよね。
こんな趣味をやっていて良かったと思う瞬間です。
Commented by otsuka at 2013-06-06 21:09 x
クモツキ、雄も雌も綺麗ですね。
産卵も卵も撮られて、素晴らしいです。
クモツキはいつかはと思いながら、まだ見たことはありません。
おそらく、生息環境もすばらしいのでしょうね。
今年は蝶は多いようですし、6月に入っても天気も安定しているようなので、この調子いって欲しいです。
Commented by ダンダラ at 2013-06-07 08:30 x
otsukaさん、ありがとうございます。
関西方面からだとクモツキは行きにくいかも知れないですね。
クモツキは、南北アルプスを見ながらのアプローチ、撮影になるので、すがすがしい気分いっぱいで撮影していても気持ちが良いです。
ただこの場所は結構お手軽ポイントなので、皆さんたくさん撮影に来られます。
今年の梅雨は雨が少ないですね。
週末が動けるのはうれしいですが、ちょっと心配ですね。
Commented by clossiana at 2013-06-07 18:04 x
素晴らしいの一言です。特に産卵シーンはこれ以上は望めないくらいだと思いました。私はこういう決定的な場面では何かしらちょんぼをしでかすのが恒例化しています。ダンダラさんも今回はピンボケだったりしたようですが、でも一枚一枚に何か余裕が感じられます。この蝶は共食いが激しいと聞いております。一つの株に産卵を集中させないで、もっとばらつかせたら個体数が増えるだろうにと、未だこの蝶を見たこともない私は、この蝶にぶつぶつと言いたくなります。
Commented by ダンダラ at 2013-06-07 22:23 x
clossianaさん、ありがとうございます。
私も肝心なところではチョンボをしてしまうのですが、今回は魚露目で産卵シーンを撮りそこなったことでしょうか。
魚露目で撮れるくらいですから、普通のマクロで撮っていればばっちりだったと思うのですが…
でもそういった悔しさが次へのステップになるんですよね。(慰め)
共食いの件はおっしゃる通りですが、株そのものの数が少ないので、共倒れにならないための戦略なんでしょうか。
Commented by naoggio at 2013-06-09 21:48 x
亀コメですみません。
開翅したクモツキのオス美しいですね。
そして産卵シーン、素晴らしいです。私はクモツキの産卵は見た事がありません。
卵の大きさと比べてみてこのハタザオはかなり小さいのがわかります。
伸び始めたとしてもけっこう食糧難に陥りそうですね。
Commented by ダンダラ at 2013-06-10 09:54 x
naoggioさん、いえいえ。
撮影して1週間経つので、なんだかもう夢のような感じがしてきましたが、満足できない撮影の割にはよい写真が撮れていました。
雌の産卵は南北両タイプで撮影していますけど、雄に気をとられてついつい雌はおろそかになりますよね(自分だけかな)。
ここのハタザオは小さくて数も少ないので、無事発生できるのか気になります。
近くにもっと良い場所があるんだと思いますが。
Commented at 2013-06-17 23:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 小畦川便り(端境期終了:201...      ウラゴマダラシジミ(2013/... >>