2018年 09月 20日

小畔川便り(タテハとキアゲハ:2018/9/10)

下の2枚は8日に撮影したツマグロヒョウモン。
キアゲハの撮影枚数が多くてすっかり忘れていた。

10日分も写真が多いけど、キアゲハの写真を少し削って載せておくことにします。

オスはなかなか絵になりにくいけど、この個体は良いモデルになってくれた。

f0031682_15095989.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスは新鮮な個体で、翅表のブルーがきれいに輝いてくれた。

f0031682_15084723.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


自宅前の川原ばかりでは飽きるので、9月9日はいつも彼岸花に来るアゲハを撮る場所に行ってみた。
まだ早いだろうと思っていたけど、花芽がたくさん出ていて少々びっくり。
f0031682_15084733.jpg
ただこの花の状態では、当然ながらアゲハ類の姿はなかった。

9月10日、彼岸花はもう少し後のようなので、また自宅前の川原でキアゲハ以外にも目を向けながら撮影。


イチモンジセセリは非常に数が多いけど、少し黒ずんだ個体が多く、なかなかカメラが向かない。

f0031682_15083447.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


キタテハも多いけど、まだ夏型で黒っぽい個体が多い。

f0031682_15082965.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでもこの個体は絵になる所に止まってくれた。


ヒメアカタテハはキタテハに比べると少ない。

f0031682_15082286.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


それでもきれいだから、いればカメラを向けてしまう。

f0031682_15083466.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツマグロヒョウモンはヒメアカタテハよりも多い。
オスが多く、メスはあまり見ないのでいればカメラを向ける。

f0031682_15084799.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体は少しすれているのが残念。

f0031682_15083050.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15083065.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キアゲハが相変わらず良いモデルになってくれる。

今回は設定が完了しているので、ただ蝶の姿に集中して撮影したけど、キバナコスモスの中ではほんとにきれいに写ってよいモデルだ。

f0031682_15084721.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15084122.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15084119.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び回るキアゲハを撮影していると気分がいい。

f0031682_15083409.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15083490.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


数が多いからあまり感激はしないけど、それでもこんなシーンがファインダーの中に見えるとやったねと言う気がしてくる。
f0031682_15083410.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立って横に移動したので、ピントもきっちりあった写真が撮れた。

f0031682_15084156.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


設定の見直しのおかげかな。


吸蜜していたメスの所にオスが飛んできた。

f0031682_15084133.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスは嫌がって逃げ出した。

f0031682_15084109.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



# by dandara2 | 2018-09-20 15:29 | 吸蜜 | Comments(9)
2018年 09月 18日

小畔川便り(設定の見直し、ダイナミックAF153点:2018/9/8)

9月8日は6日同様AF機能のチェック。

2年も前に発売されたカメラで今更こんなチェックをするのもおかしいけど、もともといい加減な性格なので、自分の撮影スタイルにどの機能が一番合っているのかきちんと試したことはなかった。

この日はAF-C機能の中で、フォーカスポイントが153点のチェックをしてみる。
シャッタースピードは1/2000にした。


今までは25点と72点は使ってきたけど、153点はほとんど使ったことがない。

雑誌などを調べてみると、被写体が静止している場合はAF-S。
被写体が動いていて、動きが予測しにくく、動きが早い場合はAF-Cの25,72,153点を使い、動きが比較的遅い場合はAF-Cの3D-トラッキングを使うと良いと書いてある。

動物の撮影をする人は25点、フォーミュラカーの撮影をする人は153点を使ったりしているようだ。
この記事を読んだときに、蝶も動物だからと単純に考えて25点や72点を使ってきたけど、飛び上がるときの動きの速さはフォーミュラカーよりは速くて、カメラを動かしては追いきれないから、フォーカスポイントが全面にあるこちらが良いかなという気がしてきた。

今までもAF-Cの25点や72点は使ってきたので、撮影の仕方そのものは今までと同じだけど、ピントの食いつきは153点では違っているだろうか。

吸蜜しているキアゲハが飛びあがった。

f0031682_17484412.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17484494.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


フォーカスポイントは横はほぼ全面、縦は画面の中央2/4をカバーしているけど、上と下それぞれ1/4はカバーしていない。

上の写真だと、ちょうどポイントを外れた感じになるのかな、他の部分を見るとフォーカスは追いかけているようだけど複眼にピントがきていない(動体ブレかもしれない)。


この写真だとカバー範囲内ということだろうか。

f0031682_17484402.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17484442.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


こちらもカバー範囲内だろう。

f0031682_17482688.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17482660.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この写真でははっきりしないけど、オリジナルを拡大すると、両方とも複眼にピントは来ていた。

f0031682_17472392.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_17472200.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


先日の3D-トラッキングと違って、ピントを合わせた後にカメラを横に振ると、フォーカスポイントは動かないから、フォーカスポイントがある位置にピントが合ってしまう。
その場合はフォーカスポイントの位置を変えて撮影する必要がある。

これはカメラを構えながら親指で操作できるのでそう難しくはないけど、画面中央でピントを合わせる頻度はかなり多くなる。


機能のチェック以外にも撮影を楽しんだ。

吸蜜するアゲハの所にモンキチョウが飛んできた。

f0031682_17482659.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


背景にたくさんキバナコスモスが咲いているけど、このレンズはボケもきれいなので、こんな時にはうれしい。

f0031682_17482678.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影していたら、アゲハがピンクのコスモスに吸蜜に来た。
キバナコスモスが良く咲いているこの時期には珍しいので喜んで撮影する。

f0031682_17482661.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


フォーカスポイントを動かしてアングルを変えながら撮影。

f0031682_17472231.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少しアップで、背景の黄色いボケも入れてみる。

f0031682_17472304.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アゲハが飛んだあと、同じ花にキアゲハもやってきた。

f0031682_17472303.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


他にも花はたくさんあるのに、矢張り目立つ花とかあるのだろうか。

ヒメアカタテハも来てくれた。

f0031682_17484488.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日の感じでは、25点よりは食いつきが良いけど、72点との違いはよく分からなかった。
でも、153点だからダメという点はないので、しばらくはこのモードで使ってみることにする。


一通り撮影できたので、カメラを替えて広角で撮影。

f0031682_17472946.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_17471584.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13

f0031682_17471400.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


飛翔も撮影してみたらきっちりピントが来てくれた。

f0031682_17471596.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_17471541.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5






# by dandara2 | 2018-09-18 18:01 | 機材 | Comments(2)
2018年 09月 15日

小畔川便り(AF設定の見直し:2018/9/6)

9月6日、朝起きたら、北海道で大きな地震があったとニュースで報道されていた。

北海道全体で停電になるブラックアウトも起きたらしい。

それから1週間以上たつけど、まだまだ大変な状況のようだ、お見舞い申し上げます。


D500の露出関係の調整はほぼ納得できたので、この日はAFの機能の確認をしてみることにした。


河原にはキアゲハが多いし、天気さえよければしばらくは同じ状況だろうから、安心していろいろ試すことができる。

f0031682_12001713.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


今までは一度ピントを合わせると、多少体が前後に動いたり、蝶が飛び立ったり、花が風で揺れたりしてもピントを合わせ続けてくれるようにAF-Cと言うモードを使っていた。

そして、風で蝶がフォーカスポイントを外れても、その周辺のフォーカスポイントを利用してピントを合わせ続けてくれるように、フォーカスポイントを72点にしていた。

前は25点にしていたけど、最近は72点で特に不都合は感じていない。

ただせっかくキアゲハがキバナコスモスで吸蜜していて、結構せわしなく移動したりもしているので、花から飛びあがった時にフォーカスがついていくのはどのモードが一番いいかをきちんと検証しておきたいと思った。

撮影中に細かにモードを変えると、どのモードで写したかわからなくなるので、この日は3D-トラッキングというモード一本に絞って撮影。

D500を購入して2年になるけど、このモードで撮影したことはなかった。


マニュアル本によると、このモードの特徴は、被写体が動いても全てのフォーカスポイントを使ってピントを合わせ続けてくれるのと、ピントを合わせながらでも構図を変えられるという特徴があるという。

早速川原に出てみて撮影する。

f0031682_12005647.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜していたキアゲハが飛び立ったけど、なんとかピントが来ている。(拡大するとちょっと複眼からはピントがずれている)

f0031682_12005664.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


次のアゲハも同様。
f0031682_12005694.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12005675.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この場合は複眼のピントは外していない。

キバナコスモスでキアゲハが吸蜜しているけど、背景のピンクのコスモスがきれい。

まず画面中心に蝶の複眼を入れてピントを合わせて撮影。

f0031682_12010329.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのままシャッターを半押ししながらカメラを少し横に振ってみた。

右側のコスモスがきちんと画面に入ったところで撮影。(いずれもノートり)

f0031682_12003020.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カメラを動かすと、フォーカスポイントがちかちかと少し動くのが気になったけど、ピントは大丈夫だった。

この機能はかなり便利。

その後も飛び立つときのピントを確認してみると、かなりの確率でピントはあっていた。

f0031682_12003044.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12003079.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12002585.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12002481.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キャプチャーモードのように、蝶が飛び立ってからシャッターを押しても、飛び立つ前から写っているというわけにはいかないけど、撮影中に蝶が飛び立つということはよくあるので、その時にきちんと写っていると嬉しい。
もちろんそのためにはシャッタースピードなどの問題もあるけど、それは今回とは別の問題
今回はすべて1/1600で撮影したけど、もう少し速いシャッタースピードの方が良かったみたいだ。

下の写真では翅がぶれている。(他の写真の複眼のピンボケもこれが入っているかもしれない。)

f0031682_12001605.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_12001738.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



アゲハ以外には、タテハ類も撮影。

ヒメアカタテハ

f0031682_12003061.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キタテハは地味でついついカメラが向かないけど、この時は気を引き締めなおして撮影。

f0031682_12001791.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オオスカシバが同じ花に来た時にはちょっとビビったようだ。
f0031682_12002598.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この写真ではオオスカシバの方にピントが勝手に行っている。

f0031682_12002524.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツマグロヒョウモンのメスもいた。

f0031682_12001651.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


自宅に帰って写真を見ると、ほぼピントはあっているけどそうでないものもいくつか見られた。
この中にはブレの問題もいくつかはありそうだ。

撮影中に画面を振ると、フォーカスポイントが細かに動いて、ときには他の場所に行ってしまうこともあって多少気になる。

別のマニュアル本を調べると、3D-トラッキングはピントを合わせた位置の色情報を記憶してピントを合わせ続ける機能のようだ。

これって、スポーツなどでユニフォームなどにピントを合わせ続けるには良いけど、今回のような花がたくさんある中で、蝶の複眼にピントを合わせ続けるにはどうかなという気がしないでもない。

それでフォーカスポイントが細かに動いたりしたのかな。

次には別のモードで試すことにする。





# by dandara2 | 2018-09-15 12:22 | 機材 | Comments(8)
2018年 09月 12日

小畔川便り(台風21号の後:2018/9/5)

9月5日はたまには下流のムラサキシジミの公園の様子でも見ておこうかとそちらに出かける。

前日の台風21号は雨はそうでもなかったけど、風が強く林の中には小枝が折れて散乱している。

f0031682_14420789.jpg

びっくりしたことには10m位のクヌギの木が根元から折れていた。

f0031682_14420778.jpg

昨年の秋にはルリタテハなんかが良く止まっていて良いモデルになってくれたのに。

期待したムラサキシジミやムラサキツバメは見られないので、帰りかけたら川原に降りる道の手すりにウチワヤンマが止まっていた。

f0031682_14420861.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


止水性のトンボなので、近くの雨水池で発生しているんだろうけど、こんな形のトンボが止まっていると、うれしくなってカメラを向けてしまう。

いつものコスモスの場所に行くと、期待通りキアゲハが吸蜜している。

f0031682_14414070.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14414020.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


動きが活発で、きれいな蝶だから何度撮影しても飽きずにシャッターを押してしまう。
f0031682_14414011.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14414087.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスが吸蜜しているところにオスが絡んできた。

f0031682_14420802.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14420709.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14420052.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14420177.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14420118.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14420132.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


咄嗟のことだったけど、なんとかシャッターを押すことができた。

偶然飛んでいるところも写っていた。

f0031682_14420062.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14414925.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アゲハも吸蜜に来ていた。

f0031682_14414992.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14414867.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜しているアゲハにはツマグロヒョウモンが絡みに来た。

f0031682_14414983.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_14414904.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ギンイチモンジセセリがまだいてキツネノマゴで吸蜜していた。

f0031682_14414034.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


3化の発生を確認(8月10日)してからすでに3週間以上が過ぎている。
実は今日(9月12日)にも雌雄を確認した。これにはかなりびっくり。



# by dandara2 | 2018-09-12 14:57 | 配偶行動 | Comments(10)
2018年 09月 10日

晩夏の高原(2018/8/31)

8月31日は遅ればせながらキベリタテハとヤマキチョウを探しに出かけてきた。

撮影仲間のブログだと個体数は少ないし、時期的にも遅い感じだったので、シルビアの方に行こうかと迷ったけど、同時に撮影できるツマグロキチョウはまだ夏型だろうし、これから何回か出かけることもあるだろう。

キベリとヤマキはもう最後だろうから、撮影できなくても、行っておけば良かったと後で思うよりはいいかなと出かけてみた。

結果的には両種とも撮影できなくて、やっぱり今年の夏はもう終わりだなということを実感してきた。

キベリを探して歩いた林道では、シータテハが吸水していた。

f0031682_09264606.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_09264670.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


いくら待ってもキベリは出てこないので、もう少し先の方へ歩くと、少し開けたところで飛び回るギンボシヒョウモンを見つける。

f0031682_09264678.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そういえば昨年もギンボシヒョウモンの産卵を撮影したなと見ていると、スミレの周囲を探るように歩いている。

f0031682_09264713.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのうち腹端を曲げた。

f0031682_09263726.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


何回かそんな仕草を撮影できた。

f0031682_09263707.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ギンボシヒョウモンの産卵は他の場所では撮影できていないので良かったけど、キベリが気になってじっくりとは撮影できなかった。

キベリが出てこないとわかっていればもう少しじっくり撮影すればよかった。

花もほとんど終わっていて何も咲いていないけど、1か所だけ咲いていたアザミ(ヤツガタケアザミかな)にミドリヒョウモンと、ウラナミシジミが来ていた。

f0031682_09263766.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09263780.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_09263782.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここでウラナミシジミを見るとは思わなかった。

ヒメキマダラヒカゲもいた。

f0031682_09264628.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


クジャクチョウが出てきてくれたけど、花が何もないので地面に止まっている所だけしか撮影できない。

f0031682_09261531.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_09261520.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヤマキチョウのポイントに移動すると、ここも花はほとんど終わっていた。

アサマフウロがたくさん咲いているけど蝶にはあまり人気がない。

f0031682_09261555.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


イチモンジセセリが来ていただけだった。
f0031682_09261503.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近くにはメスグロヒョウモンもいた。

f0031682_09261556.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


家内はミドリシジミを撮影していた。
f0031682_11272109.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ヤマハンノキが食樹の関係で、山地のゼフの中では一番発生が遅い。

タムラソウが咲き残っていて、ミドリヒョウモンが来ている。

f0031682_09254289.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


傷んだ個体が多い。

f0031682_09254325.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オスがこちら向きで翅を全開してくれた。

f0031682_09254337.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後で写真を見直すと、後翅の同じ位置に擦れたような跡が見える。

f0031682_09254244.jpg

よく見ると前翅の一番下の性標(画面では一番上)と白いラインの入った性標の間の黒い斑紋にも同じように左右対称の白い点が見える。

どうやってついた傷だろう。
左右対称だからちょっと印象に残っていた。

tefteffさんの「秩父の蝶」を見ていたら、左右の翅に同じような傷がついている個体がいて、夏眠中についた傷だろうという記事があった。

傷の形状が違うから、同じ原因かどうかはわからないけど、そんなこともあるんだと興味深く拝見した。





# by dandara2 | 2018-09-10 11:38 | 夏眠 | Comments(10)