2018年 10月 18日

秋の川原の蝶-3(2018/10/3)

10月3日は"naogio写真日記"のnaoggioさん、新潟のtomatsuさんと9月23日と同じ場所にシルビアシジミ、ツマグロキチョウなどの秋の蝶を見に行った。

最初にシルビアを撮影した場所に行くけど、端境期なのか何も見られなかった。

次の場所に行くけど、ここでも2頭(私は1頭のみ)を見かけ、遠目から証拠写真を撮っただけだった。

ただ、その証拠写真を拡大してみたら、シルビアのすぐ下に孵化殻が写っていた。

f0031682_09420296.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この場所は最近あまり状態が良くないのだけど、発生が継続しているという確認ができたので良かった。

ここではウラギンヒョウモンが芝生で産卵していた。

f0031682_09420385.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


シルビアシジミはあきらめてツマグロキチョウとミヤマシジミの場所に移動する。

ここではツマグロキチョウがセンダングサで吸蜜をしていた。

f0031682_09414328.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


個体数もほどほどで一安心する。

探し始めてすぐに家内がツマグロキチョウが交尾していると教えてくれた。

見るとクズの葉の陰で秋型が交尾していた。
f0031682_09413470.jpg

ニコン1J5 1ニッコール6.7-13



後で手元の写真を調べてみると、秋型の交尾は初めての撮影だった。

あまり止まらないので、例によって飛翔を撮影する。

f0031682_09414378.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_09420320.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_09491475.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_09491311.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ミヤマシジミは飛び回ってばかりだし、止まっても新鮮な個体は見当たらない。

f0031682_09414306.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


うろうろ探していたら、新鮮なメスが止まっているのが目に入った。

f0031682_09415081.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後で写真を見て気が付いたけど、後翅の表面に青い鱗粉が載っている。
いわゆる青メスかな。ここでは初めて見るのでもう少し翅を開いてくれればよかったのに。

翅を開く前にオスがこのメスを見つけて飛んできた。

f0031682_09415001.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスの後ろに止まろうとするけどうまく止まれない。

f0031682_09415052.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスは驚いたのか態勢を崩した。

f0031682_09415105.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


写真を拡大すると、メスの交尾器が開いている。

f0031682_09415016.jpg


シジミチョウの交尾拒否とかは勉強不足でよくわからない。
これって交尾を受け入れる態勢ではないだろうか。


残念ながらこの後雌雄とも飛び立って見失ってしまった。

歩いていたら足元でバタバタする蝶がいる。

見るとツマグロキチョウ。

近づいても動かないので、羽化直かと思った。

f0031682_09414375.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


反対側からも撮影。

f0031682_09413304.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


写真をよく見ると、左の前翅が折れ曲がって右の前翅の表面が見えているようなので、羽化不全個体かな。
撮影している時にはよくわからなかった。

動きが不活発なので、近くに咲いていたカワラノギクに止めてみる。

f0031682_09414462.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そしたらストローを伸ばして吸蜜を始めた。

羽化直だったら吸蜜はしないので、「アレー、羽化直じゃないのかな」と言うと、naoggioさんが「羽化不全かな」とおっしゃった。

なるほどそれでかと納得するけど、見た目は翅もちゃんと伸びているようなので、ちょっと不思議な感じだった。

この個体にとっても、花につけてもらってよかったのかもしれない。

交尾個体はどうなったかなと様子を見に行くとまだそのまま。

クズの葉が被って撮影しにくいので、葉の向きを変えようとしたりしていると飛び立って少し離れた葉の上に止まった。

f0031682_09413481.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

この方が撮影しやすいのでラッキー。

ペアの方は脅かされたので敏感になっていてちょっとの刺激ですぐに飛び立つ。

f0031682_09413388.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


家内はその間にツバメシジミの産卵を撮影していた。

f0031682_09413406.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


時間を見ると14時近く。
孫が学校から帰る16時までに家に帰らないといけないので、皆さんに挨拶をしてお別れした。

途中のSAでちょっと寄り道をしたりして、孫が帰る5分前に帰宅することができた。

naoggioさん、tomatsuさん ありがとうございました。



# by dandara2 | 2018-10-18 10:07 | 交尾 | Comments(0)
2018年 10月 15日

小畔川便り(台風の後-2日目:2018/10/2)

10月2日も10時から川原へ。

川の水量は昨日よりも少し減って、飛び石が見えるようになってきた。

f0031682_16063670.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


コスモスは、昨日手入れをしてくれたおかげか、かなり良い状態になっていた。

この日は新鮮なキアゲハも吸蜜に来ていた。

f0031682_16070662.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16070659.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


キバナコスモスの黄色にコスモスのピンクが大分混じるようになってきた。

f0031682_16065828.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16063664.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16065832.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16065007.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_16064912.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ツマグロヒョウモンのメスにはオスが求愛に来ていたが、メスにはその気はないみたい。
f0031682_16070636.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16070656.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16070652.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスが飛び立つとオスがその後を追いかけて求愛する。

f0031682_16143282.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


背景が少々煩わしいけど、選んで撮影するゆとりはない。
f0031682_16065878.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_16065871.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


このメスはオスがあきらめるとコスモスで吸蜜していた。

f0031682_16065092.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_16065044.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日は昨日飛び立ちを撮影した時に、書き込み時間のロスがあったので、すぐに同じ条件で撮影できるように、1J5には6.7-13ではなくて、10-30をつけてみた。
10㎜(35㎜換算27㎜)でも広角の感じはまあ良い感じに出ていた。
f0031682_16064967.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


6.7-13よりも最短撮影距離が短い(6.7-13は25㎝、10-30は20㎝)ので、蝶にもゆとりを持って近づける。
目的次第で使い分ければいいかな。
(10-30は小さいので、ポケットにも入れられるし、こういった細かな使い勝手が気軽に試せるのは自宅前という利点かな。)
f0031682_16063649.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ヒメアカタテハも少ないながら吸蜜に来ていた。

f0031682_16063615.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



# by dandara2 | 2018-10-15 16:33 | 吸蜜 | Comments(2)
2018年 10月 13日

小畔川便り(台風の後:2018/10/1)

台風24号が通り過ぎた10月1日、自宅前の川原の様子を見に10時過ぎに出かけてみる。

f0031682_11104345.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


雨はそれほどでもなかったけど、風が強くコスモスがかなり倒れている。

f0031682_11104331.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


キバナコスモスも、花弁が風のためかかなり傷んでしまっていた。

f0031682_11104279.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日はアゲハ類よりも、ツマグロヒョウモンとかヒメアカタテハが目に付いた。

花弁が痛んでしまっているので、吸蜜写真はあまり絵にならない。

それで飛び立つところをメインに撮ることにした。

f0031682_11102190.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_11102209.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


コスモスが風でなぎ倒されて、背景がきれいではなくなってしまっている。
花も傷んでるし…台風後の記録写真ということかな。

f0031682_11102265.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_11103546.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_11103648.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ヒメアカタテハの飛び立つところを狙っていたら、ツマグロヒョウモンのオスが飛んできた。

f0031682_11103638.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


それでシャッターを押したら、オスがヒメアカタテハに絡む一連のシーンが撮れていた。

f0031682_11103561.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


枚数が多いですが順に並べてみます。

f0031682_11102808.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_11102822.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


まさかここにツマグロヒョウモンが飛んでくるとは思わなかったので、ヒメアカタテハを画面の真ん中近くに置いてしまった。
f0031682_11102801.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_11102897.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ヒメアカタテハをメスと勘違いしているのだろうか。
f0031682_11102891.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_11102181.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_11102227.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ツマグロヒョウモンのメスとヒメアカタテハを並べてみると似ていなくもない。

ヒメアカタテハ

f0031682_11104294.jpg

ツマグロヒョウモン・メス
f0031682_11104278.jpg
2015/10/30 ニコン1V2 ニッコール10.5


この日はかなり傷んだミドリヒョウモンのメスもいた。

f0031682_11103599.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


このところメスを見かける頻度がかなり高いので、単なる通りすがりではなくて、近くで産卵行動でもしてここに吸蜜に来ているような気がする。

近くには小さいけど雑木林もあるので、その可能性は高いかもしれない。

撮影が一段落したころ、ここでコスモスの面倒を見ている人がやってきてひとしきり雑談。
倒れたコスモスを一本一本直しているので、手伝おうとしたら、好きでやっているんだからいい、それより写真を撮っていてくださいと言うのでお言葉に甘えて撮影を続けた。



# by dandara2 | 2018-10-13 11:28 | 配偶行動 | Comments(14)
2018年 10月 11日

タテハチョウの産卵(2018/9/28)

9月25日からずっと天気が悪かったけど、28日はようやく晴れ。
大型で強い台風24号が30日頃に関東を直撃しそうなので、その前にヒガンバナが遅く咲く場所の様子を見に出かける。

車に乗って走り始めると家内が用事を思い出した。
その用事をこなすためには、現地にいられる時間は1時間半くらい。
あわただしいけど仕方ない。

現地ついて歩き始めると、芝生の中でツマグロヒョウモンがスミレの近くに産卵をしていた。

f0031682_11424456.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵を終えた直後の写真では、赤矢印の先端にピンボケだけど卵が写っている。

f0031682_11424493.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒガンバナの場所に行く途中、メスグロヒョウモンのメスが飛んできて、木の根元のミズゴケに止まった。

少し距離があったので、脅かさないようにそっと近づいて撮影。

この写真ではただ止まっているようだけど、もしかしたら近づく前に産卵行動をしたのかなと思う。

f0031682_11424444.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影後は飛んで行ってしまった。

ヒガンバナの場所に行くと、予想通りまだ咲いていてくれた。

f0031682_11423732.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ただ蝶は何も来ていない。

周囲の様子を見ていると、家内がゴマダラチョウが産卵しているという。

駆け付けた時にはもう飛んでしまったけど、家内はかろうじてその様子を撮影していた。

f0031682_11423758.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ヒガンバナの場所をうろうろ探していると、家内が呼んでいる。

急いで近づくと、ミヤマカラスアゲハがいるという。

木の陰で見えないのでそっと近づくと、かなり傷んだミヤマカラスアゲハが吸蜜していた。

f0031682_11423798.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


残念だけど、この場所は花の鮮度と蝶の鮮度が一致しないことが多いので、撮れただけでも良しと割り切って撮影する。

f0031682_11423762.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず撮れたので少し移動すると、畑の縁にヒガンバナが咲いていてアゲハやキアゲハが来ていた。

f0031682_11422822.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_11422830.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮っていると家内が、ヒガンバナがたくさん咲いている場所が見えるというのでそちらに歩いていくと、誰かが蝶を探しているのが見える。

近づくとこちらに向かって手を振っている。

どうもphotobikersさんのようだ。

挨拶をして一緒に探すけど、蝶の姿がない。

帰らないといけない時間が近づいてきたので、photobikersさんに挨拶をすると、目の前を指さしてヒメウラナミジャノメが交尾してますよと教えてくれた。

f0031682_11471725.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


車に戻る途中で、ヒョウモンが飛んできて足元に止まった。

見るとミドリヒョウモンのメス。

しかも産卵行動をしている。

f0031682_11422804.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


咄嗟に撮影するけどすぐに飛んでしまった。

写真を確認しながら、ミドリヒョウモンって木の幹に産卵するんじゃなかったっけ。
この個体は下草の間に産卵したけど、これって珍しいのかな、それともよく知らないだけで普通にあることなのかなと言う疑問がわいてきた。

ネットや生態図鑑などで調べてみると、こういった産卵例も多くはないけどあるようだった。




# by dandara2 | 2018-10-11 11:53 | 産卵 | Comments(4)
2018年 10月 09日

秋の川原へ-2(ツマグロキチョウ、ミヤマシジミ:2018/9/23)

9月23日、シルビアシジミのポイントから移動してツマグロキチョウとミヤマシジミのポイントに着く。

チラチラとツマグロキチョウが飛んでいるのが見える。

メドハギで吸蜜する個体がいた。

f0031682_07484327.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマシジミも見つかった。

f0031682_07484381.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


こちらもメドハギで吸蜜している。

f0031682_07484394.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これで目的の3種がとりあえず撮影できたので一安心。

飛び回る個体が多いので、飛翔を撮影することにした。

f0031682_07484370.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_07484375.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


裏面が撮れたので、表も撮影。

f0031682_07482868.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ミヤマシジミは、草の周りを飛び回るときには少しスピードが落ちるので、何とか撮影できたけど背景が雑然としてしまう。

f0031682_07483657.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_07483712.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5

f0031682_07483734.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


多少背景が抜けているものもあった。

f0031682_07483692.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


オスが食草の周りを飛んでいた。

f0031682_07483683.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


メスを探しているようだ。

背景に青空が来るようにして飛翔を撮影したら結構よい感じに写った。

f0031682_07482887.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


カメラが気になったのか方向転換をした。

f0031682_07482862.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


向きを変えるときに飛ぶ方向を見ている。
f0031682_07482983.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


向きを変えて飛び去った。

f0031682_07482989.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


この日は3連休の中日なので、高速が混まないうちに帰ることにして土手に上がると、一面に咲いているツルボに吸蜜に来る個体がいた。

f0031682_07482074.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツルボにはあまり吸蜜に来ないので、やったねと言う感じ。

f0031682_07482009.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


この個体は、他のツマグロキチョウと花の嗜好が違うようなので、脅かさないようにそっと様子を見ていると、ツリガネニンジンでも吸蜜してくれた。

f0031682_07482008.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


最後に素敵な吸蜜写真が撮れて、気分良く帰路に着くことができた。



# by dandara2 | 2018-10-09 07:57 | 飛翔 | Comments(8)