2019年 02月 15日

モンキチョウの飛翔と吸蜜(2019/2/13)

2月12日は晴れで気温は10℃前後。
北風が強く寒い。

11時頃から2時間近く自宅前の川原を歩くけど何もいない。

結局一枚もシャッターを押さなかった。

モンキチョウはここではまだ発生していないようだし、越冬タテハ類が飛び出すには風が強すぎたようだ。

13日は朝のうちは雲が多い。
12時少し前に少し明るくなってきたので、モンキチョウの発生している川原へ行く。

この日は13時には自宅に戻らないといけないので、撮影できるのは移動時間も含めて1時間だけ。

着いた時には日が射していて、すぐにモンキチョウのメスが菜の花で吸蜜しているのを見つけるけど、近づく前に飛んでしまった。

何頭かが吸蜜したり地面に止まったりしているけど、なぜか敏感で近づくと飛んでしまう。

ようやく地面に止まっているオスを撮影。

f0031682_09451715.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


このオスをそっと追いかけて、飛び出すところを撮影。

f0031682_09452249.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_09452264.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_09452286.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_09451730.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


広角でも飛び立ちを撮影する。

f0031682_09451726.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09451786.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


着いて10分もすると雲が出てきて、どこに隠れたのかパタッと姿がなくなってしまった。

しばらくして例の後翅の破損した個体がタンポポで吸蜜しているのを発見。

f0031682_09450930.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


隣のタンポポに移動したけど、日の光を受けるためか体を傾けて吸蜜している。

f0031682_09451012.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


破損した側を太陽側に傾けて吸蜜するので、なんとか破損していない側からも撮影したいなと思って、指先で蝶の羽をそっと押して体を起こして反対側からも撮影した。

f0031682_09450950.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


吸蜜に夢中になっていたのか、気温が低かったからか、指で押しても逃げもせず、おとなしく撮影させてくれた。

撮影時間は探す時間も含めて20分足らずだったけど、なんとかシャッターが押せたし、空も明るくなる気配がないので帰宅することにする。
予定の13時よりは少しゆとりを持って帰ることができた。




# by dandara2 | 2019-02-15 10:02 | 飛翔 | Comments(3)
2019年 02月 12日

雪の後のモンキチョウ(2019/2/7-10)

2月7日は13℃位、晴れだけど薄い雲がかかってすっきりしない天気。

川原を2往復するけど蝶の姿は何もない。
ようやくホトケノザや菜の花がほんの少しだけど咲き始めた。

f0031682_09442989.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


8日は曇りで、気温も6℃位。
自宅前の川原では7日に何もいなかったのでこの天気では出かけても無駄な感じ。

もしかしたらと淡い希望をもってモンキチョウが発生している方の川原に行く。

車を降りて空を見ると、予報通り翌日は雪になりそうな、どんよりとした雲が広がっている。

f0031682_09442906.jpg

当然何もいない。

でもここではモンキチョウが発生しているから、もしかしたら草の間に止まってるかもしれないと、ゆっくり歩きながら土手の斜面を探してみる。

それでも何も見つからない。

やっぱりダメかなと思いながら、車に戻りかけると地面に止まっているモンキチョウを見つけた。

ヤッター、私の探索能力も捨てたものではないなと喜んで、まずは証拠写真。

f0031682_09442952.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


動かないのをいいことに、少し手前の枯れ草を整理して広角でも撮影。

f0031682_09442990.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ダメもとで出かけてきた甲斐があった。


9日は一日どんよりした天気で、積もるほどではないけれど細かな雪が舞っている。


10日の朝に外を見ると川原にうっすらと雪が積もっている。
融けないうちに外に出て、遠目に富士山を入れて撮影する。

f0031682_09442909.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


雪が融けた11時過ぎに川原を歩くけど、薄い雲が広がって、北風が強くて寒い。
蝶の姿はない。

11日はまた天気が悪い予報なので、家に戻る道すがらどうしようかなと考えて、この日は行くつもりがなかった8日の川原に再度行くことにする。

薄い雲があって陽射しが弱く、車を降りて歩き始めるとここも風が強い。
来ても無駄だったかなという気がしてくる。

発生場所に行っても何もいない。

また地面に止まっているモンキを探すしかないか、でもそうそううまく見つかるかなと思いながら歩いているとそれらしい黄色が。

よく見るとなんと交尾中だった。

f0031682_09441676.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず証拠写真を撮り、広角でも撮ろうかと思って、カメラを持って近くに跪いたらぱっと飛び立って分かれてしまった。
交尾中だからと安心して油断してしまった。


時間は12時半過ぎだから、かなり早い時間に交尾が成立したんだろう。

もう少し遅れたら交尾シーンにもお目にかかれなかったかもしれない。


今年初めてのメスなので、メスを追いかけて撮影。

f0031682_09441645.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翅の縁取りがピンクの春らしい個体だ。

f0031682_09441617.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


気温が低く飛んでもすぐに止まるので、飛び立つところを撮影することにする。

f0031682_09441644.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_09441615.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_09440709.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


オスがオオイヌノフグリに吸蜜に来た。

後翅が大きく壊れている個体だった。

f0031682_09440862.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体は1月27日にも撮影しているので、もう2週間くらい生きていることになる。

反対側から撮影したら、交尾していたオスと同一個体だった。

f0031682_09440168.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


このオスはよくオオイヌノフグリに来てくれるので、花から飛び立つシーンを撮影する。

f0031682_09440765.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_09440194.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_09440279.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_09440249.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


結局この日見た個体はこの2頭のみだった。

どうして自宅前の川原ではまだ姿がなくて、ここの川原では早く発生しているんだろう。
いつもだとそう大きな違いはないはずなのに。

川原の規模は違うけど、土手の向きも、斜面の傾斜もそう大きな違いはない。
どうも草刈り時期の違いによる草の状態によるのかなという気がしたので、その写真も撮っておくことにした。

この写真は、モンキチョウが交尾していた土手の上の部分。

f0031682_10091358.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30 (2019/2/10)


かなり草丈が伸びて、食草であるカラスノエンドウもたくさんある。

こちらは自宅前の土手の、例年モンキチョウの産卵が見られる場所。
f0031682_10090815.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30 (2019/2/10)


草丈が低く、カラスノエンドウも写真の下に少しだけ見える程度。

蛹にしてみれば、交尾していた場所は羽毛布団にくるまっている感じなのに、我が家の前は薄い肌掛けがかかっているだけといったところだろうか。

センダングサがないのはありがたいけど、いつになったら発生するのかな。
ここ数年の平均だと、2月10日前後なんだけど。








# by dandara2 | 2019-02-12 10:31 | 交尾 | Comments(6)
2019年 02月 09日

小畔川便り(キタテハ初見:2019/2/3.4)

2月3日は晴れで風もなく気温も14℃くらい。

まず越冬中のムラツ、ムラシの様子を見に公園へ。

両種ともそのまま越冬場所にいた。
ムラサキツバメは尻尾しかよく見えない。

f0031682_10585622.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ムラサキシジミは同じ場所に止まっている。
f0031682_10585650.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


川原の様子はどうかなと思って歩くけど蝶の姿はなかった。

今日もまだモンキは出ていないかと少しがっかりしていると、足元からキタテハが飛び出した。

この川原で今年に入って初めて見る蝶の姿だ。

逃げられないように慎重に撮影。

f0031682_10585643.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


次に飛び立つところを撮影する。

f0031682_10585789.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_10585675.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_10584878.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


枯れ草の中のキタテハなのでピントがうまく合ってくれない。
ターゲットマークがもう少し小さいとピントが合わせやすいけど、小型のミラーレスってターゲットマークがちょっと大きい。

少しピンボケだけどそれでも何とか撮影。

この日はこのキタテハ1頭しか出てこなかった。

2月4日、立春。
晴れて気温も18度以上あるけど北風が非常に強い、これが南風なら春一番になったのに。
北陸の方では春一番になったようだ。

公園のムラツ、ムラシは共に姿が見えなくなっていた。
5日にも様子を見に行くけど戻っていなかった。

両種とも越冬を完了してどこかに移動したんだろう。

これで公園の観察は終了することにする。

川原はどうかなと思って歩くけど、風が強い。

それでもキタテハは前日に続いて姿を見せてくれた。

f0031682_10584820.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


風が強くて落ち着かず、止まってもすぐに飛び立つ。

f0031682_10584826.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


望遠ズームで飛翔を撮るけど、背景が土手だと飛んだというだけの感じ。

f0031682_10584936.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_10584852.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


広角でも狙ってみるけど、ファインダーを見るのと違って、カメラを地面につけて液晶画面を斜め上から見ると、鏡と同じで色々なものが写りこんで、キタテハがどこにいるのか、ピントが合っているのかどうかよくわからない。

f0031682_10583987.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_10583898.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この場合は手前の交差した枯れ草にピントが合ってしまったようだ。

この日キタテハは3頭見掛けたけど、モンキチョウはこの日も姿を見せなかった。



# by dandara2 | 2019-02-09 11:14 | 初見日 | Comments(8)
2019年 02月 06日

モンキチョウの飛び立ち(2019/2/2)

2月2日は晴れて風も無く、気温も14℃位の暖かい一日だった。

どこに行こうか迷ったけど、自宅前の川原はまだモンキチョウが出ていそうもないし、翌3日の方がより条件は良さそうなので、11時30分過ぎに1月27日にモンキを観察した入間川の川原に行く。

この日の目的は飛び立ちシーンの撮影。

川原に着くと思ったよりモンキチョウの数は少ない。
暖かな日だったので、吸蜜などの活動はもっと早い時間に行われたのかなと思う。

それでも何とかオオイヌノフグリでの吸蜜、菜の花での吸蜜を撮影した。

f0031682_07440802.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07440857.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


オオイヌノフグリに吸蜜に来る個体は、27日にも撮影した後翅が破損した個体のようだ。

当初の目的通り飛び立つところを狙ってみる。

f0031682_07441400.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_07441418.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_07441580.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_07441559.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


吸蜜する時間は1,2秒しかないので、カメラを向けてピントがあったと思ったら姿がないことがしばしば。

それでもなんとかそれらしい写真を撮影することができた。

菜の花から飛び立つシーンも狙うけど、逆にこちらは時間が長くて、待ちきれずに指がぴくっと動いてしまったり。

f0031682_07440826.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


吸蜜する位置を変えるのに翅を開閉しただけなのに、シャッターを押してしまったり…RAWでの撮影なのでファイルサイズが大きく、一度に撮影した40枚を書き込むのに時間がかかって、その後1分以上撮影できない。少し古いカメラだから仕方ないけど、これがこのカメラの欠点だ。

f0031682_07440821.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


やっと撮影できてもうーんという写真しか撮れなかった。

f0031682_07440728.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


まあシーズン最初だし、久しぶりの飛び出しの撮影だしと勝手に納得して帰ってきた。



# by dandara2 | 2019-02-06 07:52 | 飛翔 | Comments(4)
2019年 02月 03日

小畔川便り(ウラギンシジミの死:2019/1/27-2/1)

1月27日はモンキチョウの撮影をした後、いつもの川原に戻って、こちらでもモンキチョウが発生していないかと見てみるけどまだだった。

公園に戻ると、足元にウラギンシジミが落ちて(止まって)いた。

f0031682_10003009.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


やはり越冬中に限界に達したような感じ。

f0031682_10002976.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


翅を開いたところを見るとオスだった。

f0031682_10003064.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


霧島緑さんが見つけたウラギンシジミを探してみるけど見つからなかった。
翅の傷み方が違うので別個体かもしれないけど、同一個体の可能性もないとは言えない。


落ちていたのは黄色の矢印あたり。
そのままだと散歩の人に踏まれそうなので、赤い矢印の植え込みの中に避難させた。

f0031682_10002234.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


28日にはそのウラギンシジミの様子を見に行く。

植え込みの中にそのままいたけど、触覚を開いているので生きてはいるようだ。

f0031682_10003005.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そのうち翅を開いた。

f0031682_10002973.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


30日に様子を見に行くと、植え込みから少し出たところで横たわって死んでいた。

f0031682_10002219.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_10002320.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


これで越冬中の個体は、クヌギの枯れ葉に戻ってきたムラサキツバメ。

f0031682_10002351.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


アラカシに引っかかった枯れ葉で越冬中のムラサキシジミだけになってしまった。

f0031682_10002221.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


31日の夜はようやく雨が降って、2月1日の朝に自宅の窓から見ると、富士山方向の奥多摩の山。
f0031682_10001271.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


秩父の武甲山と手前の奥武蔵の山がうっすらと雪化粧をしていた。

f0031682_10001270.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これで少しは川原も緑が増えると嬉しい。



# by dandara2 | 2019-02-03 10:10 | 越冬 | Comments(8)