2018年 02月 20日

12月の八重山-7(石垣島中部:2017/12/26)

八重山旅行の最終日は前日同様石垣島中部のヒマワリヒヨドリのポイントに行く。

マダラチョウの集団越冬シーンを撮りたいと思ったけれど、案内の熊谷さんが10頭くらいの集団を見つけて呼んでくれたけれども、駆け付けた時には、ばらけてしまって1画面には3頭入れるのが精いっぱいだった。

f0031682_10335404.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


この日は天気の関係か、見られるマダラチョウはヒメアサギマダラとリュウキュウアサギマダラだけ。

ヒメアサギマダラ

f0031682_10334896.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_10335506.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


リュウキュウアサギマダラ
f0031682_10334862.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


f0031682_10335553.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


この日は、飛翔に重点を置いて撮影することにするけど、前日以上に天気が悪く、空を見上げても晴れ間が見えそうな確率はゼロ。

曇りで、木立に囲まれた道沿いで、飛翔には厳しい条件だったけど無理やり撮影した。

f0031682_10335484.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ヒメアサギマダラ
f0031682_10334811.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


リュウキュウアサギマダラ
f0031682_10334868.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


ルリウラナミシジミも出てきてくれた。

f0031682_10334158.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


暗いけど無理やり飛翔を撮影。

f0031682_10334154.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


帰りの便に間に合うように昼過ぎには移動する。

途中、パンナ公園につくころに日が射してきたので少し時間を作ることにする。

最初に出てきてくれたのは、ヤエヤマムラサキ。
胸の高さ位の位置でテリハリをしたので、真上から撮影する。

f0031682_10334207.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


近くでは幼虫を見つけることができた。

f0031682_10334110.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ツマベニチョウも一瞬だけ現れてくれた。

f0031682_10334277.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


これも幼虫を撮影することができた。
熊谷さんが幼虫を軽くたたくと体を持ち上げて威嚇するような仕草をする。

f0031682_10461783.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


きれいなオレンジの蝶が飛んできたと思ったらカバマダラだった。

f0031682_10333296.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


止まっているカバマダラにスジグロカバマダラが絡んできた。

f0031682_10333226.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


オオゴマダラが飛んできたと思ったら産卵行動を始めた。

f0031682_10482523.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_10333342.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


時間を見ると14時近く。
空港で奥さんの楽しみの買い物もしないといけないので、名残惜しいけど移動することにした。


そうそう、初日に撮影したリュウキュウヒメジャノメの写真も載せておきます。

f0031682_10335459.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


ヒメジャノメに似ているからついつい軽く扱ってしまうけど、やっぱりここに来ないと撮れない蝶ですよね。

その意味ではタイワンキチョウも同じかな。

f0031682_10334790.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


5日間、熊谷さんには大変お世話になりました。
ありがとうございました。




# by dandara2 | 2018-02-20 10:51 | 産卵 | Comments(4)
2018年 02月 17日

小畔川便り(モンキチョウを使って撮影の確認:2018/2/8/11)

2月8日は晴れ、気温は8℃位と11時過ぎに家を出るときは寒い。

それでも南向きの土手に来るとホッとするくらい暖かい。

この日は、モンキの数も増えてきた感じなので、久しぶりに飛翔撮影に備えて1V2を持ち出した。
すぐに撮影できるようにストラップに少し工夫をしたので、その使い勝手を試してみるのが目的。

歩き始めてすぐにキタテハが足元から飛び出した。

f0031682_10494113.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


気にはしていたけど、今年はキタテハの数が少ない。

ようやく撮影できてちょっとうれしい。

せっかくだから飛び出すところも撮影。

f0031682_10494226.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


モンキチョウも飛び出して、少し数が増えてきたオオイヌノフグリで吸蜜する。

f0031682_10494242.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び出しを撮影するときは自然に飛び出すまで辛抱が続かず、つい手を軽く振ったりして飛び出させるのだけど、これをやると飛び出す時の姿勢が不自然なのでできればやりたくない。
吸蜜しているモンキが飛び出すまでじっと待つ。

飛び出す時には触覚が細かに動いたり、前脚が動いたりする。

辛抱が切れる前に吸蜜が終わって飛び出してくれたので、自然な感じの飛び出しシーンが撮れた。

f0031682_10494250.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_10494148.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_10493643.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


いつもこう行くといいのだけれど、なかなかうまくはできない。

飛翔用の1V2は、結局出番がなかった。
気温が低くて、飛んでもすぐ止まってしまうし、出てきたモンキチョウはモデルになってくれた1頭のみだった。



9日も晴れだけど気温は同じくらいの8℃前後。

この日は飛び出し撮影用に、1V3に10-30㎜のレンズをつけたものと、1J5に6.7-13㎜のレンズをつけたものを持ち出す。

1V3は40枚分のバッファがあるけど、1J5は20枚分のバッファしかない。

秒60コマで撮ると、1J5ではシャッターを押す前の0.33秒分しか映らないから、うっかりしていると飛んだあとしか映らないことがある。

1V3は0.7秒分あるから、飛んだのを確認してからシャッターを押しても撮りそこなうことは少ない。

ただ、いずれのカメラもデータを書き込むまでに1分以上かかるから、すぐ次のチャンスに対応できない。

それでこの日は2台を持ち出して一方が書き込んでいる間にはもう1台を使うことにして、使い勝手を試すことにする。

データを書き込んでいるカメラを腰のポシェットにしまって、もう一台を取り出し、落とさないようにハンドストラップを手首に通したり、低位置での撮影用にチルト液晶を繰り出し、ターゲットマークをその時の状況に応じて移動したりと細かな作業がある。

シーズン初めは撮影対象はモンキチョウだから、こういった作業に慣れておく気持ちのゆとりもある。

歩き始めたらモンキチョウがオオイヌノフグリで吸蜜している。

f0031682_10493610.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜を終えて飛び出したので、そっと追いかけると何かに絡んでいる。


メスにしてはおかしいので様子を見ると、飴の入っていた小さな袋だった。
f0031682_10493678.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


こういうものを投げ捨てるマナーの悪い人がいて困るけど、モンキチョウはその袋をメスと勘違いしたのかしきりと絡んでいた。
f0031682_10493668.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10493644.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_10493165.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


1J5を使った飛び立ちは、タイミングが遅れて撮影しそこなうことはなかったけど、レンズが6.7㎜(35㎜換算18mm)とかなりの広角なので、かなり近づいたつもりでもチョウが小さく写ってしまう。

f0031682_10492570.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


その次に1V3の10-30を使うと、同じ距離感で近づくと蝶がかなり大きくなってしまう。

f0031682_10493144.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_10493058.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_10492628.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_10492604.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


後でモニターを見て、これではいかんと少し距離を置くようにして撮影。

f0031682_10491998.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_10491981.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


こんなことにも慣れておくのがこの時期の大切な仕事だ。

11日は気温が上がるというので期待していたけど、午前中は曇り。

13時近くなって晴れてきたので、家にいるのももったいないと川原に出かける。

着くとすぐにモンキチョウが出てきた。

f0031682_10491808.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


撮影してふと見ると、霧島緑さんと、dragonbutterさんのお二人の姿が見えた。

ご挨拶をして一緒に撮影するけど、活発に飛んでなかなか難しい。

一区切りしたところで、テングチョウの場所にご案内する。

f0031682_10491801.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


テングチョウはまだ無事に越冬中だった。




# by dandara2 | 2018-02-17 11:22 | 飛翔 | Comments(2)
2018年 02月 14日

12月の八重山-6(石垣島中部:2017/12/25

石垣島の4日目は島の中部に出かける。


ここにも北部同様ヒマワリヒヨドリの咲く場所があるという。

ただ、前日とは違ってやや雲が多く、気温も20℃程度とあまり暖かくない。

ヒマワリヒヨドリの規模はそれほど大きくはなく、来ている蝶の数も多くはない。

まあ気温が低いのと雲が多いのが関係しているのかもしれない。

それでもヒメアサギマダラ

f0031682_17402024.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_17402079.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


リュウキュウアサギマダラ

f0031682_17400692.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_17400662.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


スジグロカバマダラ

f0031682_17395974.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_17395972.jpg

ニコンD500 シグマアポマクロ150


ツマムラサキマダラ

f0031682_17395963.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


などの姿を見ることができた。

ここでは、北部ではあまり撮影できなかったマルバネルリマダラを見ることができた。

ただかなり遠い距離でしか撮影できない。

f0031682_17401336.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


曇っていて動きがないので、空を眺めながら晴れて飛び立つ瞬間をひたすら待つ。
f0031682_17400602.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


やっと晴れてきて、動くかなと蝶の様子を見ようとファインダーから目を離した瞬間にジャコウアゲハが絡んで飛び立ってしまった。

今まで我慢して粘ったのはなんだったんだ~
ま、よくあることですけどね。

ヤエヤマムラサキの裏面はマルバネルリマダラによく似ていて、一瞬ドキリとする。

f0031682_17395828.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ジャコウアゲハはやたら多かった。

f0031682_17402086.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_17402123.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


クロテンシロチョウもここには多かった。
いつも飛んでばかりでなかなか止まらないけど、この日は気温が低い関係か、あまり活発には飛ばずに吸蜜なども良くしてくれた。

f0031682_17401320.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_17401495.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


メスにオスが絡むシーンも撮影できた。

f0031682_17402006.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


家内も、花に吸蜜に訪れたシーンをうまく撮影していた。

f0031682_17401304.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_17401319.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


リュウキュウミスジが数頭いたので、コミスジとの違いがよくわかる裏面を撮影。

f0031682_17400663.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


2頭のリュウキュウミスジが仲良く並んでいた。

f0031682_17395821.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


家内はコウトウシロシタセセリも撮影していた。
f0031682_18125678.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


移動した先の草原ではルリウラナミシジミがいた。

f0031682_17400642.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


期待したウスアオオナガウラナミシジミは残念ながら姿がなかった。



# by dandara2 | 2018-02-14 18:01 | 吸蜜 | Comments(4)
2018年 02月 11日

小畔川便り(モンキチョウ:2018/2/5-7)

2月5日は4日と同じように晴れで、気温は7℃くらいで少し風がある。
11時半に家を出るときには寒くて、ポケットに手を入れて歩くけど、モンキチョウのポイントは南向きなのでかなり暖かくてほっとする。

昨日見たモンキチョウと多分同じ個体が同じ場所にいた。

撮影していたら、オオイヌノフグリで吸蜜を始めた。

f0031682_09334946.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オオイヌノフグリはまだところどころにしか咲いていなくて、吸蜜源としてははなはだ心もとないけれど、一生懸命吸蜜していた。
f0031682_09334956.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この日は久しぶりに1V3のBMC(ベストモーメントキャプチャー)で、飛び立つシーンを撮影する。

f0031682_09335010.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


設定をよく確認しないまま撮影したので、絞り値がf3.5でピントがやや甘い。

f0031682_09334912.jpg

ニコン1V3 1ニッコール10-30


川原を一通り歩いてみるけど、この個体以外は見つからなかった。


6日も晴れで気温も同じくらい。
やはり11時半過ぎに出かける。

同じような場所で、たぶん同じ個体が日光浴をしていた。

f0031682_09334967.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日は吸蜜シーンは見かけなかった。

昨日の反省から、絞りをf8にして飛び出しを撮影。

f0031682_09334275.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


多少は良いと思うけど、この日は川原の探索に重点を置いたので、あまり撮影チャンスはなかった。

f0031682_09334238.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この日も見かけたのはこの1頭のみ。


2月7日 この日も晴れで、気温もほぼ同じ。
少し風が弱いようだ。

歩き始めてすぐにモンキチョウが止まっている。

地面に止まっているだけでは面白くないので、またまたBMC機能を使って飛び立ちを撮影。

f0031682_09334279.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


少し歩くと、もう1頭が飛び出した。

こちらの個体の方が動きが活発。
場所の関係からも、この個体は最初に発生した個体のようだ。

こちらも飛び立ちを撮影。

f0031682_09334296.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


今年は寒いから、川原の草はいつもより茶色が多い。
f0031682_09334154.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


そのうちオオイヌノフグリで吸蜜を始めた。

f0031682_09333541.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オオイヌノフグリの草丈は短いので、手前に草が入ったりしてなかなか思うような撮影が出来ない。

f0031682_09333579.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


気温が低いので、長くは飛ばずにすぐに地面で日光浴を始める。

それで、飛び立ちを撮影しては、小飛して止まった先を確認してはまた飛び立ちを撮影するということを繰り返した。

f0031682_09333553.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09333537.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09333448.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


飛び立ちを撮影するカメラは1V3が1台だけなので、一度撮影するとメモリーに書き込む時間がかかって、その間待たされる。

待っている間はD500で静止シーンや吸蜜シーンを撮影する。

f0031682_09332788.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


書き込みが終わればまた飛翔シーンを撮影する。

f0031682_09332771.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09332739.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09332725.jpg

ニコン1V3 1ニッコール10-30

f0031682_09332686.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


たった2個体だけど、結構たくさんの飛び立ちシーンを撮影することができた。




# by dandara2 | 2018-02-11 09:54 | 飛翔 | Comments(13)
2018年 02月 08日

12月の八重山-5(西表:2017/12/24)

石垣島に来て3日目は西表に出かけた。
この日は晴れで、気温も25℃位に上がるというので、期待をもって8時の船に乗る。

最初にリュウキュウウラボシシジミを求めて林道を歩くけど、リュウキュウウラボシシジミどころか蝶の姿が全くない。

あきらめて帰り始めると、少し先の木の枝にヤエヤマイチモンジがいた。

f0031682_09312401.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


撮影して後で写真を見るとストローを伸ばしている。

ストローの先が割れているようにも見えるけど、どうも前脚を伸ばしているようだ。

車に乗って移動を始めてすぐにヤエヤマムラサキがいた。

車を止めて撮影する。

f0031682_09312416.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


オスなので、翅表は地味。
f0031682_09312471.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


光線の角度によっては前翅の外縁が少し紫色になっている。

f0031682_09312406.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


その後タイワンキマダラのいる場所に移動するけど、途中でツマムラサキマダラが花に来ている場所があったので車を止めて撮影。

f0031682_09311734.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


花に蜜が少ないのか、少し止まってはすぐに飛び立つ。

f0031682_09311294.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


f0031682_09312475.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


吸蜜している個体がいると、それに絡むように飛んでくる個体もいる。

f0031682_09311762.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


動きがゆっくりなので、D500の秒10コマでもかなり翅表を写すことができた。
f0031682_09311765.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


タイワンキマダラは数日前にはたくさんの個体がいたということだったけど、この日はそれほど個体数は多くはなかった。

f0031682_09310496.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


少し奥の位置で吸蜜するので、手前に枝が入ったりしてなかなか思うようには撮影できない。

f0031682_09311277.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


1V3につけた70-300の望遠端(35㎜換算810mm)近くでかろうじて枝の隙間から撮影する感じ。
f0031682_09311183.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

飛び立つところも撮れたけど、この個体に限って翅が…
f0031682_09310448.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

少し奥の方にもいるというので、そちらに移動することにするが、家内はこの場所でブーゲンビリアの花に止まっていたリュウキュウムラサキを撮影。
f0031682_09311872.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

私も気が付いていたけど、少し遠いので簡単に証拠写真を撮っただけだった。
私が移動して撮影している間に少し下に降りてきて、翅表をとることができていた。
f0031682_09311760.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

翅が痛んでいなければよかったけど、この時期では仕方ないのかな。
f0031682_09311187.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


移動した先でもタイワンキマダラの吸蜜を撮影することができた。
f0031682_09310451.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

ただ、この時点で雲がかなり出てきて暗くなってきた。
f0031682_09310417.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


13時過ぎにはかなりの雨が降り始めてしまったので、その時点で撮影をあきらめて港に戻り、15時半の船で帰ることにした。

西表ではいくつか撮影したい種類もあったけど残念…まあ自然相手だから仕方ない。



# by dandara2 | 2018-02-08 09:57 | Comments(2)