「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ルリウラナミシジミ ( 2 ) タグの人気記事


2014年 01月 13日

八重山撮影行(5日目:シジミチョウ類:2013/11/22)

西表から帰った翌日は、また蝶館カビラの入野さんにお願いして石垣島の蝶を撮影することにする。
ただ、朝から今にも降りそうな生憎の天気。
入野さんと会って最初のポイントに行ったら降り始めてしまった。

天気が悪かったにもかかわらず、入野さんの案内のおかげで、それなりの数の写真が撮れたので、最初にシジミチョウの写真を載せていきます。

車を降りてすぐの草むらにはヤマトシジミがいる。
f0031682_16052087.jpg
ヤマトシジミ

ここまで、ヤマトシジミとわかっていてカメラを向けることはなかったけど、沖縄以南に特有のアワユキセンダングサで吸蜜していたので、ここでしか撮れないヤマトシジミの写真だなと思ってカメラを向ける。

少し離れたところにはホリイコシジミもいた。
f0031682_16052011.jpg

ホリイコシジミ

雨が本降りになってきたので、雨宿りしながらどこに行こうかと相談する。
何か撮影したいものがありますかと言うことだったので、今回はウラナミシジミ系の蝶をきちんと撮影したいと話をしたら、ちょうど良い場所があって、雨も降っていないようだということでその場所に移動した。

今までウラナミシジミ系の蝶は、行き当たりばったりに撮影していて、区別もよくわからない。
一つ一つ入野さんに確認しながらの撮影になった。
多かったのはルリウラナミシジミ。

f0031682_16052177.jpg
ルリウラナミシジミ

尾状突起も長くて、裏面の模様も素晴らしい。
f0031682_16052132.jpg
この後移動した場所では、翅表も撮影することができたけど、本当にきれいな瑠璃色に輝いている。
f0031682_16052121.jpg
ルリウラナミシジミ♀

追飛している写真では、雌雄の色の違いも分る写真になった。
f0031682_16052036.jpg
雌の色が淡いし、もう少しピントが来て、センダングサの花もきれいだったら最高なんだけど、まあ仕方ないか。

アマミウラナミシジミも多かった。

f0031682_16051181.jpg
アマミウラナミシジミ

翅表はルリウラナミシジミに比べると、それほどの輝きはないけど、それでも撮影できるとうれしい。

f0031682_17264737.jpg
アマミウラナミシジミ♀

ヒメウラナミシジミも見られた。
今まで、この3種が野外ではよく見分けられなくて、撮影に偏りが出ていたけど、今回ようやくきちんと区別がつくようになったので、ヒメウラナミシジミもそれなりの写真が撮れた。
これは雄。

f0031682_16051114.jpg
ヒメウラナミシジミ♂

翅表は渋いブルーだ。
f0031682_16051127.jpg
ヒメウラナミシジミ♂

地味なオスに比べて、雌の裏面は個体によってはきれいな金色で、他のウラナミシジミとはまた一味違っている。(最初のプロローグに出したものだけど、比較のために再掲します)
f0031682_16051198.jpg
ヒメウラナミシジミ♀(家内撮影)

よく見ると、花の下の方にハナグモがいるけど、この個体は無事に飛んで行った。

ここにはオジロシジミもいた。

f0031682_16052081.jpg
オジロシジミ

他の場所では海岸の近くで見る印象だったけど、そうでもないらしい。
個体数は多くはなかった。

帰りがけに、ヤクシマルリシジミも姿を見せてくれた。
翅を開きそうだったので、チャンスを待っていたら飛んでしまった。
これは家内の撮影してくれたもの。

f0031682_16052179.jpg
ヤクシマルリシジミ(家内撮影)

ちょっと悔しかった。

最初の場所に戻ってみると、ホリイコシジミがいて、求愛をしていた。
f0031682_16051156.jpg
f0031682_17005103.jpg
ホリイコシジミ(2枚とも家内撮影)

この時私は少し離れたところで、イワサキタテハモドキなどを探していて、一連の求愛行動は家内が撮影した。

ホリイコが交尾しているとの声に大急ぎで駆けつけて、私も無事に交尾シーンを撮影することができた。
f0031682_17051970.jpg
このペアの所には別の雄も飛来して、翅表のブルーを撮影できた。
f0031682_17121342.jpg
すぐ横で撮影していた家内の写真の方が、ピントはともかく、雄の翅表の輝きがより美しく撮影されていた。
f0031682_16051183.jpg
家内撮影

絡んでいる雄にピントが合っているのが、考えてみればすごい。



by dandara2 | 2014-01-13 17:06 | 交尾 | Comments(18)
2009年 12月 29日

久しぶりの八重山(1:石垣島)

12月23日から28日まで、八重山に行って来た。
1972年に沖縄が日本に返還された2年後の1974年に出かけて以来のことになる。
カメラがデジタルになってからは、九州にちょっと出かけた以外は中部地方がメインフィールドなので、撮影できるチョウもそろそろ頭打ちになってきた。
北海道と八重山は出来ればベストシーズンに行きたいけど、勤めの関係でその時期は休みが取れず、もう少しして時間が自由になるようになったら出かけたいと思っていた。
何の気なしに石垣島についてネットで調べてみたら、12月でも多少のチョウは撮影できるようなので、今後の下調べのつもりで出かけてみることにした。
何も知識がないので、石垣島でチョウのガイドなどをしている「蝶館カビラ」の入野さんにお願いして、24.25の両日に石垣島と西表の案内をしてもらうことにする。
23日の13時30分過ぎに石垣空港に着き、宿に荷物を置いてすぐに近くのバンナ岳にタクシーを飛ばして、そこから歩いて下りながら撮影することにする。
昔はたくさんのチョウがいたように思うのだけど、きれいに整備されてあまり蝶の姿はない。
それでもハイビスカスにはツマベニチョウやヤエヤマカラスアゲハが時々吸蜜に来ている。
ヤエヤマカラスアゲハはボロの個体が多かったけど、ツマベニチョウは新鮮だった。
ただ、吸蜜に来ても2秒程度ですぐに飛び立ってしまいなかなか写真が撮れない。
困っていたら、家内が「止まっている」と言うので駆けつけると、低いハイビスカスに頭をつっこんで吸蜜している。
結構落ち着いて吸蜜しているようなので、とりあえず撮影してアングルを変えようと移動したら飛ばれてしまった。
(この写真は家内のものです)
f0031682_21295786.jpg

ハイビスカスにはシロオビアゲハも吸蜜に来ていた。
昔来た時には、シロオビアゲハとベニモンアゲハは数が多くて飽きる位だったけど、今回はそれほどでもなかった。
時期的なものもあるのだろうけど、やはり数が減ってきているのだろうか。
f0031682_21302311.jpg

道を下っていると、足元からシジミの交尾個体が飛び出した。きれいなブルーが見える。
止まった所を見ると、裏面は縞模様だ。
八重山のチョウはあまり興味がなかったので、ほとんど種類が分からない。
でもきれいなブルーだったからルリウラナミシジミかなと思いながら撮影する。
葉の影が翅に落ちてしまっているので、何とか良いアングルがないかなと思って体を動かしたら飛ばれてしまった。
意外と敏感だ。
f0031682_21305276.jpg

周囲を注意してみると、あちこちにルリウラナミが飛んだり、吸蜜したりしている。
f0031682_21312940.jpg

吸蜜を撮影したあとは、飛翔にもチャレンジしてみるが、そろそろ夕方で日差しが弱くなってきたのかちょっとぶれてしまった。
f0031682_21314854.jpg

近くにはコミスジが飛んでいるけど、たしかこちらにいるのはリュウキュウミスジ。
コミスジとほとんど変わらないので、テンションは上がらないけどそれでもきちんと撮影しておく。
f0031682_21321064.jpg
ちょっと暗い林道があったので入ってみると、ヒメジャノメによく似てるけど白線がくっきりしたリュウキュウヒメジャノメがいた。
f0031682_21323349.jpg
この日はこれ以外にナミエシロチョウも撮影できたけど、ちょっと遠目で残念。
帰る途中食事をすることにして、お店を見ていたらヤシガニを食べさせるお店があったのでそこで夕食を食べた。
ヤシガニは同じヤドカリの仲間のタラバに似た味で結構おいしかった。
ただ最近数が減っているそうで、ちょっと反省。
f0031682_21325971.jpg

宿に帰ろうとしたら道に迷ってしまい、あちこちを歩き回った末ギブアップ。
道を聞いた仕事帰りの女性は親切にも宿まで送ってくれた。
明日からはいよいよ本番の撮影開始、週間天気予報では八重山はあまり天気が良くないようだけどどうなるか。不安と楽しみと半々だ。

by dandara2 | 2009-12-29 21:35 | 吸蜜 | Comments(24)