「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ヤマキマダラヒカゲ ( 4 ) タグの人気記事


2015年 09月 18日

サトキマダラヒカゲとヤマキマダラヒカゲ(2015/9/18)

明日から22日まで、息子夫婦と一緒に八重山の方に行ってきます。
この前の台風でかなりの被害が出て、蝶も少ないようですが、夏休み中は仕事の関係で長期休暇が取れなかった息子夫婦と、小3の孫のお楽しみの意味もありますから仕方ありません。

旅行の荷物を作っているときに、孫が自分用のカメラ(私のお古)を持っていくと言って、両親に反対されていました。
確かに、プールやビーチに持っていったらすぐに壊れそうなので、それは仕方ないのですが、せっかく興味を持っているのにそれをつぶすのはかわいそうなので、孫用のカメラを買うことにしました。

水深10m対応のクールピックスS33。
値段も通販で一万ちょっと。
f0031682_924355.jpg


これなら海辺やプールで遊んで水につけたり、砂浜に落としても、水道の水で洗ってタオルで拭けば壊れる心配はありません。
カメラの色は孫が好きなブルーにしました。

ジジバカと笑われそうですが、私が今カメラ好きなのも、3歳の時に亡くなった父の影響があると思っているので、まあいいでしょう。
どんな写真を撮ってくるのか、好きなようにやらせてみようと思っています。



それはそれとして、手元のストックがないので、話題提供の意味もあってヤマキマとサトキマの区別点についてのお話です。

図鑑やブログ仲間がこれについてはすでに述べているので、いまさらと言う感じがしないのでもないのですが、区別点の多くが例外が多くてはっきりとした決め手に欠けたり、面倒くさかったりします。

それで自分なりの区別点を探して、これは使えるかなと言う点を見つけましたので、拙ブログをご覧の方に検証していただこうかと思います。

図で、赤矢印で示した、後翅外縁の縁取りの線が、
サトキマダラヒカゲでは平行になっているか、黒くてよく見分けることができません。
f0031682_9263014.jpg


これがヤマキマダラヒカゲでは山形に乱れるようになります。
f0031682_9265169.jpg


これを見つけるきっかけになったのは、下の写真が、サトキマダラなのかヤマキマダラなのか迷ったことにあります。
たぶんヤマキマダラだと思うのですが、決定的な決め手に自信がありませんでした。
f0031682_930777.jpg


それでいろいろ見ていて、矢印の線の乱れに気が付いたというわけです。

ただ、残念ながらこれも決定的な区別点ではなくて、例外もあります。
下の写真はサトキマダラヒカゲですが、今の区別点が平行ではなく山形になっています。
手元のサトキマダラヒカゲの写真の中で、これだけが例外でした。
f0031682_9303954.jpg


ここに出すのに先立って、蝶仲間のおひとりに検証してもらいましたが、多少の例外があるものの、おおむね使えるのではないかとのお返事もいただきました。
(この記事は急に思いついたために、この方から了解をとっていないのでお名前を出すのは差し控えさせていただきます)

これと、他の区別点を併用すると、サトキマ、ヤマキマの区別もかなり楽になると思いますが、皆さんのご意見はいかがでしょうか。

by dandara2 | 2015-09-18 09:32 | 近似種との区別 | Comments(12)
2014年 07月 09日

ヤマキマダラヒカゲは音が聞こえる(2014/7/6)

草津白根山は2003年の8月下旬に一度行ったことがあるけど、その時は何気なく行ってみただけだった。
たくさんのコマクサがまだ咲き残っていてびっくりした記憶がある。
登山道周辺にはクロマメノキがたくさんあって、もしかしたらミヤマモンキチョウがいるんではないかと思ったものだった。(当時はそんな程度の知識しかなかった)

その後調べたら確かにミヤマモンキチョウが発生するようだけど、遠いし(インターを降りてから一般道を70Kmも走る)、他にめぼしい蝶がいないので、ミヤマモンキ以外の蝶が撮影できる他の場所に行っていた。

ここにきて自由な時間が持てるようになったので、草津白根のミヤマモンキをこの目で確認したくなった。
蝶友からポイント情報もいただいたので、7月6日に出かけてみた。

前の日に草津白根の情報を少し調べたら、白根山の火山噴火警戒レベルが1から2に上がったと出ていた

さっと読んだけど、ポイントが火口からどれだけ離れているのか詳しく調べもしないで翌日出かけてみたら、駐車場はすべて封鎖されていてそのままむなしく山を下った。
草津温泉あたりで、もう少し詳しい情報を出しておいてくれたらよかったのに(泣)

仕方ないので、別のミヤマモンキの場所まで移動。
近いうちここにも来る予定なのでその下見のつもり。

結果は、雲も多かったけど、花の状況などからまだ発生していない雰囲気だった。

牛の糞にヤマキマダラヒカゲが来ていたので、せっかくだからこれでも撮影しておこうとカメラを向ける。

f0031682_16042165.jpg
家内撮影

家内が望遠で撮影していたので、私は魚露目で撮影することにする。

慎重に近づいて撮影したら、ぱっと飛び出して逃げた。

f0031682_16042287.jpg
f0031682_16042289.jpg
0.4秒後(上の写真から2枚後)

まるでカメラのシャッター音が聞こえているようだった。

もう一組がいたので、今度もそっとカメラを向けてみる。
f0031682_16042249.jpg

シャッターを押したら、これもパッと逃げ出した。

f0031682_16042286.jpg
0.2秒後

これで確信、"ヤマキマダラヒカゲは音が聞こえる"

秒5コマの撮影なので、音がしてどのくらいで反応するかもよくわかった。

しばらく様子を見たけど、天気が好転する気配もないので、これも2003年の8月中旬に一度来ただけの場所にミヤマモンキの様子を見に行く。

1頭だけそれらしい姿を遠くに見ただけでこれも収穫なし。

久しぶりに花などを撮影。

f0031682_16044076.jpg

ミヤマハンショウヅル

f0031682_16044094.jpg
ハクサンチドリ  家内撮影

f0031682_16044082.jpg

アマドコロ 家内撮影

植物撮影の人が、あったあったと喜んで撮影していたので、横から撮影。
アマドコロって珍しいのかな。それとも違う種類だろうか。


蝶のほうは、家内がアヤメで吸蜜するキタキチョウを撮影。
吸蜜を終えて飛び立つところでは、翅表がきれいに写っていた。

f0031682_16123024.jpg
家内撮影

この時期らしくていいかな。

それに、翅の痛んだクジャク蝶もいた。

f0031682_16044098.jpg

久しぶりにこれと言った収穫のない遠征だったけど、ヤマキマダラヒカゲが音が聞こえるというはっきりとした確信が持てたので、それはそれで面白かった。



by dandara2 | 2014-07-09 16:21 | 吸汁 | Comments(10)
2014年 06月 04日

北のクモマツマキチョウ2(2014/5/28)

5月28日はmidoriさんchochoensisさんと3人でクモマツマキチョウを撮影に行く。
今度は北アルプスのクモマツマキチョウ。

24日にも虫林さんと来ているけど、休日で人が多く、足がつったりして大変だった。
今回は平日なので、少しはゆっくりと撮れるだろうか。

前回、最後に雄の吸蜜を撮ったハタザオのポイントに最初に行ってみると、雌が吸蜜していた。

f0031682_16194437.jpg
心臓が悪く、あまり山を歩けないchochoensisさんをそこにおいて、もう少し上の様子を見に行く。
雌が一頭いただけで写真は撮れず、下のスミレのポイントで粘ることにして移動する。

ここでスミレに吸蜜に来た雄を撮影することができた。
f0031682_16194464.jpg
f0031682_16194494.jpg

少し場所を変えると、先日ほどではないにしても何人かの方が集まっておられた。
今回は望遠で吸蜜を撮影する方ばかりだったので、少し離れた位置で、林道を飛んでくるクモツキを驚かさないようにしながら、山を背景の飛翔写真を狙うことにする。

ピンボケばかりだったけど、一応雌雄の飛翔を撮影することはできた。

f0031682_16194486.jpg
f0031682_16194468.jpg

目の前を通り過ぎるクモツキを目で追っていると、皆さんが待機しているスミレの方に飛んで行っては、すとんと降りて吸蜜していた。

あまり飛んでこなくなったので、また移動して朝のハタザオの場所に行く。
車の所に行く途中で、ヤマキマダラヒカゲが樹幹にとまった。

f0031682_16194475.jpg
いつも他の蝶に気をとられて撮影しないことが多いので、今回はちゃんとカメラを向けた。

ハタザオの場所に着くとすぐに雄が現れて、ハタザオの周りを飛び回る。
止まりそうでなかなか止まらず、痺れを切らして飛翔を望遠で撮影。

f0031682_16194492.jpg
f0031682_16194459.jpg
そのうちようやく吸蜜を始めてくれた。(翅が傷んだ個体だったので、レタッチして傷を隠してあります)
f0031682_16194476.jpg

今回は心臓の悪いchochoensisさんにもクモツキを撮影していただくことができて良い一日だった。



by dandara2 | 2014-06-04 16:26 | Comments(14)
2007年 06月 03日

春のなごり探し・軽井沢

季節が移り変わって、そろそろゼフィルスやクモマツマキのシーズンになってきた。
この春撮影した蝶を見てみると随分取り残しがあるような気がする。
何しろミヤマカラスの気に入った写真が1枚も撮れていない。と言うことで春のなごりを探しに2週間前に行った軽井沢に出かける。
最初に出迎えてくれたのがミヤマセセリ、この蝶に最初に会ったのが3月7日だから実に3ヶ月間もの長い間お目にかかってきたことになる。
f0031682_21335365.jpg

ウスバシロチョウも結構飛び回っていたが、雌にちょっかいを出している♂は結構新鮮な感じだった。
f0031682_21341622.jpg
お目当てのミヤマカラスアゲハは数が少なく、気温が低く風もあって、吸水個体はこの1頭しかいなかった。翅がかなり破損していたので、ここでは飛翔写真しか掲載出来ない。
f0031682_21343763.jpg

実はこの後気温が少し上がり何頭かのミヤマカラスが湿地に降りてきたのだが、そこに地元のこどもと犬連れの人が来て、遊びはじめてしまった。泣く泣く退散。
林道ではヤマキマダラヒカゲのシーズンのようでいくつもの個体を見かけるが、いつもまじめに撮影しないので写真のストックが少ない。目的の蝶が現れないのでこんな時こそと思ってかなりまじめに撮影した。
f0031682_21351368.jpg

飛び方は不規則で飛翔写真はかなり難しいが、吸汁場所を探している所を狙って何枚かシャッターを押す。全くヒット感がなかったが、家で見ると何とかそれらしく見えるのが1枚だけあった。
f0031682_2140449.jpg

林道を往復していて、突然足元から蝶が飛び立った。飛んでいる所を見るとスミナガシのように見える。軽井沢でスミナガシは全く期待していなかったので驚くが、春型は撮影していないのでラッキーと思って見守っているとやがて吸汁に降りてきた。
f0031682_21422397.jpg

最初は落ち着かないがやがて近づいても全く気にしなくなったので家内のコンデジで超クローズアップに挑戦。結構良い感じの写真が撮れた。
f0031682_21424130.jpg
ここではオナガアゲハを何回かみかけ、吸蜜シーンも撮影出来たが、暗かったのでかなり苦しい写真になってしまった。
f0031682_2143764.jpg

一番悔しかったのは目の前で交尾したカラスアゲハの写真が撮れなかったこと。交尾したからと安心して良いアングルを探して移動したらそれに驚いたのか飛び立ってしまった。
案外飛翔力があって10m位飛んで崖の途中のウツギに止まった。どうにも近づけなくて、こんな写真しか撮れなかった。すごく悔しい。
f0031682_21435060.jpg

何となく消化不良だが、だんだん雲も増えてきてこれ以上の成果は望めそうもないので帰ることにする。
家に帰って車を降りるとシジミが目の前を飛んでいる。ヤマトシジミだろうと思ってみるが何となく紫色が濃いような気がする。
そのうち止まったので見るとムラサキシジミだった。
f0031682_21442047.jpg

昨冬一生懸命越冬シーンなどを撮影したムラサキシジミが自宅の車の後ろで撮影出来るとは思わなかった。
f0031682_21444012.jpg

何となく最後に慰められたような気がした。

by dandara2 | 2007-06-03 21:46 | 吸水 | Comments(19)