タグ:ヤエヤマカラスアゲハ ( 2 ) タグの人気記事


2016年 05月 29日

石垣島撮影記-2(2016/5/21.22)

石垣の撮影では、20日の撮影で、目的とする3種が撮影できたので、翌日の21日は今発生している種類をのんびりと撮影したいと熊谷さんにリクエストした。

こんなリクエストはかえって的が絞りにくく、案内する方としてはやりにくかったかもしれない。
申し訳ありませんでした。


最初に行ったのはヤエヤマウラナミジャノメのいる林道。

発生から1か月近くたっているのでもういないかなと思ったら、傷んではいるけどまだいるというので、場所の確認の意味もあって出かけてみた。

薄暗い林道をちらちらと数頭のヤエヤマウラナミジャノメが飛んでいる。

f0031682_22205148.jpg

なかなか止まらないけど、ようやく止まったところも撮影できた。

f0031682_22205052.jpg

昨秋はこれを目的で来て、やっと1頭を撮影できたわけだけど、次には新鮮な個体をじっくり撮影しよう。

次に移動したのはアゲハ類が多い林道。

そういえばこのところシロオビアゲハとかベニモンアゲハをあまり撮影した記憶がないので、ゆとりのある今回にきちんと撮影しておこうと思った。

自分の写真を見ると、シロオビアゲハも、ベニモンアゲハもは2011年に撮影したきりだった。
決していなかったわけではないけど、他の種に気をとられてカメラを向けなかったようだ。

ところが、今回は新鮮な個体がいなくて、あまり良い写真が撮れなかった。

シロオビアゲハのベニモン型を見つけたので喜んだけど、傷んでいたのが残念。

f0031682_22205013.jpg

ベニモンアゲハは食草を探しているような感じだった。

f0031682_22204593.jpg

写真のストックもそれほど多くないので、次に来た時にはこれらの種もきちんと撮影しておこうと思う。

代わりに多かったのがヤエヤマカラスアゲハ。

f0031682_22205167.jpg

今年は自宅の方でも黒系アゲハをたくさん撮影できたので、そんな年回りなのかもしれない。

f0031682_22205152.jpg

オスでも後翅に青色がきれいに出るので、それがうまく写るようにやたらシャッターを押した。

f0031682_22205112.jpg

メスも撮れたけど、傷んだ個体が多く、翌日きれいなメスが撮れたので今回はカット。

最後にアサヒナ狙いで向かった林道では、ヤエヤマムラサキのメスがきれいな翅を開いてくれた。

f0031682_22204648.jpg

アサヒナキマダラセセリはオスが出てきてくれた。

f0031682_22204556.jpg

前日はメスを撮影したので、雌雄が撮れてよかった。


最終日の22日は15時に石垣空港を発つので、今まで石垣では見たことがなかったイワカワシジミを探してみることにした。

その場所に行く途中、オオゴマダラを上から見下ろせるポイントがあった。

f0031682_22204501.jpg

下をオオゴマが飛んでいるので、望遠での飛翔に挑戦する。

先日モンシロチョウで試したことの応用で、最初にフォーカスポイントに蝶を入れることが出来れば、後は多少外れてもD500はピントを合わせ続けてくれるかもしれない。

f0031682_22203781.jpg

飛び回る蝶をフォーカスポイントに入れるというのが難しかったけど、一応期待通りの写真が撮れた。

f0031682_22203759.jpg

カメラに慣れれば、もっとダイナミックな写真が撮れるかもしれない。

イワカワシジミは、成虫はいなかったけど、幼虫のいるクチナシの実を見つけることが出来た。

f0031682_22203792.jpg

熊谷さんが、いくつかの実をとってくれた。

標本にする気はなかったけど、せっかく親切でとってくれた実をお断りするのも失礼なような気がしたので、ありがたく持って帰った。
この実からは、先日雌雄の個体が羽化して撮影することが出来た。
それについては、オフシーズンの時にでも紹介しようかと思う。

後はサンダンカの花に来る蝶を撮影して楽しんだ。

後翅の赤紋の豪華なクロアゲハが飛んでいた。

f0031682_22203764.jpg

今までで撮影した中では一番豪華だった。
f0031682_22203778.jpg
f0031682_22203647.jpg

それにベニモンアゲハも吸蜜に来た。

f0031682_22201867.jpg
家内撮影

ただベニモンアゲハはサンダンカではなくセンダングサに吸蜜に来た。

f0031682_22201891.jpg

ヤエヤマカラスアゲハも吸蜜にきていた。

f0031682_22201879.jpg


ここではメスのあまり傷んでいない個体を撮影することが出来た。

f0031682_22201831.jpg

雌雄とも後翅のブルーがきれいだ。
f0031682_22201881.jpg

そろそろ撮影を切り上げようかと思っていた時に、家内がコウトウシロシタセセリを見つけてくれた。

見ていると、産卵しそうな気配で、食草のヤマイモ(細かな種名はよくわかりません)のつるのまわりを飛び回っている。

f0031682_22201006.jpg

そのうち止まって産卵を始めた。

f0031682_22200932.jpg

最後の最後になって素敵なプレゼントをもらって気分良く帰宅の途に就くことが出来た。

3日間お世話になった熊谷さん、本当にありがとうございました。



by dandara2 | 2016-05-29 22:40 | 吸蜜 | Comments(10)
2010年 01月 03日

久しぶりの八重山(3:石垣・マダラチョウ以外の蝶・他)

遅れましたが、明けましておめでとうございます。
1月1日は自宅近くの小さな神社、2日は深大寺に行って来た。
深大寺は結婚当初この近くに住んでいて、息子もここで産まれたので、それ以来引っ越した後も毎年お詣りに行っている。
f0031682_10185859.jpg

今年4月からのNHKの朝の連続ドラマで、この深大寺界隈がドラマの場所として設定されるとか。
昨年は今住んでいる川越がドラマの場所に設定されていたけど、まさか続けて関係のある場所がドラマで取り上げられるとは思わなかった。
今放映されている「ウェルカメ」も写真の友人の地域と言うことだし・・なかなか朝のドラマは見ることが出来ないけど、たまに休みの日に見たりすると特別な思いがすることが多い。
ドラマ化の影響か今日は結構な人出だった。
この漫画の作者が関係するらしい。
f0031682_10192851.jpg


さて、石垣島のフジバカマのポイントの続きだけど、簡単に写真を載せておくことにします。
ここでうれしかったのは、ヤエヤマカラスアゲハが撮影できたこと。
昨年はカラスアゲハとミヤマカラスアゲハを撮影したいと思いながら良い写真が撮れなかったのでなおさらだ。
ヤエヤマカラスは♂でもこの美しさなので、ファインダーを覗いていても「ヤッター」と言う感じだ。
f0031682_1020784.jpg
ヤエヤマカラスアゲハ

ベニモンアゲハは昔は随分撮影したような気がするけど、今回の旅行で撮影できたのはこの個体だけだった。
f0031682_10203270.jpg
ベニモンアゲハ

クロテンシロチョウはなかなか止まらず苦戦したけど、ちょっと離れた別の場所でうまく撮影することが出来た。
f0031682_10205731.jpg
クロテンシロチョウ

ナミエシロチョウはシックできれいな蝶だ。前日の23日には遠目からしか撮影できなかったけど、今回は雌雄ともきちんと撮影できた。これは♀。
f0031682_1022123.jpg
ナミエシロチョウ

ヤエヤマムラサキは、ルリマダラの仲間かと思って入野さんに聞いたらヤエヤマムラサキだと教えてくれた。
こちらに来る際にも図鑑類は一切見てこなかったので(忙しかったし・・言い訳)、実物を見てから聞いたり、図鑑を調べて種類を確認するという泥縄方式(いつものことだけど)。
でもそれが一番頭にはいる。次に行った時には全て見ただけでわかるだろう。
f0031682_10223531.jpg
ヤエヤマムラサキ

イシガケチョウはあちこちで見かけることが出来たが、新鮮な個体が多かった。相変わらず良い姿勢だ。
f0031682_10231116.jpg
イシガケチョウ

キミスジはこの時期に撮影できたのはラッキーと言うことだった。新鮮な個体も撮影できたが、この写真が一番迫力があるので載せることにした。
f0031682_10233682.jpg
キミスジ

アオタテハモドキは、前回は撮影できなかったので見かけた時はうれしかった。羽化不全みたいで翅が傷んでいるのが残念。
f0031682_1024478.jpg
アオタテハモドキ

シジミではタイワンクロボシシジミが色々な場所で撮影することが出来た。
f0031682_10243552.jpg
タイワンクロボシシジミ

アマミウラナミシジミは、前に来た時には多かったのに、今回はこの1頭のみだった。
時期的なものだろうか。
f0031682_10251693.jpg
アマミウラナミシジミ

オキナワビロウドセセリはちょっと暗い林の中で吸蜜していた。
f0031682_10254261.jpg
オキナワビロウドセセリ

タイワンアオバセセリは明るい所に出てきて吸蜜していた。
f0031682_1026279.jpg
タイワンアオバセセリ

ネッタイアカセセリはいきなり70-300のレンズに止まった。思わず顔がほころんでしまう。
f0031682_10262031.jpg
ネッタイアカセセリ

チョウ以外では、ミヤコキンカメムシ
f0031682_10263934.jpg
ミヤコキンカメムシ

アカギカメムシの集団は、沖縄の写真などを見ると良くでているけど、なかなかユーモラスで楽しいカメムシだ。
f0031682_10294778.jpg
アカギカメムシ

それに、入野さん自身3頭目だという絶滅危惧Ⅰ類のヤエヤマミツギリゾウムシなどが撮影できた。
f0031682_10301150.jpg
ヤエヤマミツギリゾウムシ

こういったチョウ以外にも詳しい人と一緒に歩けると色々勉強になる。

by dandara2 | 2010-01-03 12:11 | 静止 | Comments(40)