「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ミヤマウスバ ( 2 ) タグの人気記事


2009年 12月 14日

ヨーロッパ撮影記(4:トリフトヒュッテ)

今日は嵐山町で「第4回蝶類保全シンポジウム オオムラサキ」が開かれたので、午前中の講演を聴いてきた。
講演も面白かったけど、久しぶりにたくさんの蝶仲間に会えて楽しかった。
12月14日から20日までは修学旅行でハワイ、準備が完全には出来ていなかったので早めに講演会を失礼した。
個人的な旅行なら良いけれど、修学旅行となるとそれなりに準備をしてもなにか不安だ。
私は担任ではないので、何も問題なければ気楽な旅行になるのだけど、一人でも病人が出たりするとそれに付き添って病院に行ったりして、旅行を楽しむ気分ではなくなってしまう。
今年はインフルエンザが流行っているので、きっと誰か具合が悪くなるのが出るだろうな。今から気が重い。
(日本から一人、現地で一人看護士がつくので多分大丈夫とは思うけど)

今日も曇天で、講演会場でも写真は撮れなかったのでヨーロッパ旅行の続き。
------------
7月25日は、翌26日から息子夫婦がスイスに来るので、自由に動ける今日のうちにスモールアポロ(ミヤマウスバ)を撮影しようとトリフト方向へ行くことにする。
f0031682_23485576.jpg

近くの日本語案内所で様子を聞くと、ロープウェイや登山電車を利用した何ちゃってハイキングと違ってかなり本格的な登山になるらしい。 図の①、②と蝶の写真の①、②が対応してます。
f0031682_9321553.jpg

下から見上げると、最初の休憩地点のエーデルワィスヒュッテが山の稜線に小さく見える。
f0031682_23282929.jpg

あそこまで標高差300m、さらにそれから400m登ることになる。
日本を出発する直前に、トムラウシ山の遭難事故があって、夏山の意外な怖さを知ったのでちょっと緊張する。
もっともスモールアポロが撮影できれば、上まで行かずにすぐに降りてくるつもりだけど。
ツェルマットの街中から狭い道を入ってトリフトヒュッテ方向に上り始める。
登り初めてすぐに、ちょうど写真の白い壁の家の前あたりをアポロが飛んでいる。どうもその下にある小さな空き地が発生地のようだ。
この登山路はいきなり急な登りだけど、程なく広い牧草地になり斜面をアポロが飛んでいるのでここでしばらく粘って撮影することにする。
その時には気がつかなかったけど、アポロの飛んでいるすぐのところに咲いている黄色い花が、食草のベンケイソウの仲間の花のようだ。
f0031682_23302545.jpg
Parnassius apollo ①

また、ここにはmelanargia galathea(シロジャノメ)もたくさんいた。
f0031682_23313959.jpg
melanargia galathea ①

私は表ばかり撮影していたが、家内は裏面も撮影していて、裏面の美しさにビックリ。翌日以降は意識して撮影するようになった。
f0031682_2332851.jpg
melanargia galathea ①

また、このシロジャノメにアポロがアタックしている珍しい写真もとれた。
f0031682_23323249.jpg
 ①
アポロは交尾拒否をするシロジャノメの背中に飛び移って交尾を迫ろうとしたが、間違いに気がついたのかすぐに飛び立った。
f0031682_2333358.jpg
 ①
タテハでは、melitaea didymaが吸蜜していた。
f0031682_0101286.jpg
melitaea didyma♂ ①

この♀は一見全く違う模様で、家内が撮ったこの写真を見た時には、変な模様の蛾みたいな蝶がいると思って次からはこれを撮ろうと思って探したくらいだ。
それほど珍しい種類ではないようだ。
f0031682_23343876.jpg
melitaea didyma♀ ①

ヒカゲチョウの仲間では、maniola jurtinaもいたが、アポロが飛び回る斜面ではなかなかカメラが向かなかった。
f0031682_2336297.jpg
maniola jurtina ①

ある程度の写真が撮れたので今日の目的であるスモールアポロの生息地である高所を目指す。
ようやくエーデルワイスヒュッテについて一息入れると、眼下にツェルマットの町並みとドム(4545m)が見えてすばらしい眺めだ。
f0031682_23424238.jpg
そこからまたしばらく登りがつづく。道が狭く片側は谷になっているのでゆっくり撮影はできないけど、lasiommata petropolitana が現れた。前に見たmaeraに比べると派手さはないが、日本のお仲間(ツマジロウラジャノメ)にはまるで似ていない。
f0031682_23432182.jpg
lasiommata petropolitana  ②

また、黄色のニガナ風の花にはerebia euryaleも来ていた。
f0031682_23443243.jpg
erebia euryale ②

こちらはerebia montana だろうか。
f0031682_23445852.jpg
erebia montana  ②

ようやく緩やかな登山道に出た。このあたりがスモールアポロのポイントだという。
しばらく待ってみるが、数頭のアポロが遙か上の方の斜面を飛んでいるのが見えるが、とても近づこうと思えるような距離ではない。
まだ発生の初期なのか、数頭のアポロしか見えないので、あきらめて下山を始める。
途中の道では多数のヒメシジミが吸水していたが、中には spialia orbifer とヒメヒカゲの仲間 coenonympha darwiniana も混じっていた。
f0031682_23453770.jpg
 ②
spialia orbifer は一見するとチャマダラセセリの仲間(pyrgus)に良く似ているけど、調べると微妙に違っている。日本には近似種はいないようだ。
f0031682_2346372.jpg
spialia orbifer  ②

家内が遅れたのでふと振り返ると地面にしゃがみ込んで何か撮影している。
後ろから来た子連れの登山者が親切にも待ってくれている。そのうち「アポロ」と叫ぶ声に大慌てで駆けつけるとスモールアポロが黄色い花で吸蜜していた。
アポロにはない前翅の赤紋が、アポロよりも高山に生息するミヤマウスバの誇りを表しているようだ。
大喜びで撮影。これで急な登山路を上ってきた甲斐があった。(待たされた登山者は迷惑そうな顔をしていたけど)
f0031682_2346454.jpg
Parnassius phoebus ②

その後最初にアポロを撮影した場所に戻り、午後の生態を観察しながら撮影する。
午前中は♂はあまり止まらず探雌飛翔を繰り返していたが、14時を過ぎるとアザミで吸蜜する個体が多くなるのは、ウスバシロチョウなどと同様だ。
きれいな個体がゆっくりと吸蜜してくれたので、パスト連射にもチャレンジしたが、吸蜜に夢中でなかなか飛び立たず、カメラを構える手が痛くなったが、奇跡的に背景のドムもいい感じでちゃんと写っていた。
f0031682_23472279.jpg
Parnassius apollo ①

このEX-FH20というカシオのカメラは、いつもは作ったような不自然な感じの多い写真しか撮れないのだけど、今回は被写体が大きいので少し引き気味で撮影し、背景も遠くの山だったのがよかったようだ。
下に降りると土曜日と言うことですごい人出。いつものcoopで果物やハム、ワインを買って帰る。

by dandara2 | 2009-12-14 00:12 | 海外 | Comments(18)
2009年 08月 04日

ヨーロッパ撮影行(1:スイス)

7月22日から8月1日までスイスのツェルマットに滞在しました。
勤め先の学校の終業式を待ってから出かけたので、アポロにはやや遅いかなと心配していましたが、今年は雪が多くちょうどベストシーズンだったようで、滞在中は好天にも恵まれ数多くのアポロに会うことが出来ました。
f0031682_0544897.jpg

また、フィールドノートのtheclaさんからは出発前に詳細な情報をいただいていたので、現地についても迷うことなく撮影を始めることが出来ました。
最初にお礼申し上げます。
ここでは、速報版と言うことで、RAW画像の確認用にしているjpeg画像を、何も処理せずそのまま張っておきます。多少見苦しいかもしれませんが、旅行中と言うことで・・

現地をいろいろ歩いた結果、アポロが生息するのはツェルマット市街の、マッターホルンに向かって右側の崖の下の草原(牧草地)に広く生息していることがわかりました。
f0031682_058822.jpg

驚いたのは、ツェルマットの駅の裏の草原にも生息していたことです。
ここではマッターホルンを背景に撮影することは出来ませんが、それを除けば駅を降りて5分でアポロを撮影することが出来ます。(写真の右側のコンクリートの建物が駅の一部)
f0031682_226494.jpg

アポロの多い崖の下の草原は、ツェルマットに近いところではマッターホルン(4478m)は見えなくて、ちょうど反対側のドム(左:4545m)やタッシュホーン(右:4490m)を背景にして撮影することになりますが、この山もアルプスらしくてなかなかいいと思います。
f0031682_2294717.jpg

雄はなかなか止まらず撮影は大変でしたが、雌は一度吸蜜を始めると一つの花でゆっくり吸蜜してくれるので撮影は楽です。
それに吸蜜時間は12時過ぎ、ピークは14時過ぎになるので、10時過ぎに宿を出ても十分間に合うので朝は楽です。
f0031682_17262375.jpg

ただし、崖の草原に行くにはかなりの急斜面を上らなければならず、ポイントについても撮影のために斜面をかけずり回るので、一通りポイントをめぐった最初の4日間ほどは、尿が真っ赤になって体力的にはかなりきついものがありました。
マッターホルンを背景にアポロを撮る一番近い場所は、ツェルマットから山の斜面をヘルブリッジ方向に300m位に登った場所で、今までは山の影で見ることの出来なかったマッターホルンが突然目の前に現れて思わず歓声を上げました。
アポロの数はそれほど多くはありませんが、斜面にアザミやマツムシソウが咲いていて、すばらしい環境です。
(この写真は家内が撮影したものです)
f0031682_2345566.jpg

振り返れば、現地特有の山小屋(放牧用なのか、人は住んでいないのが多い)を全景にドムの山も見えます。
f0031682_313509.jpg

また、アポロより高標高地に生息するスモールアポロは前翅先端に赤い紋が出てアポロよりもいっそうすばらしい感じですが、theclaさんの情報からトリフトヒュッテ方面に400mほど上ったところで撮影しましたが、まだ発生初期のようでこのとき見かけたのはこの個体のほかに3頭ほどでした。
ただ、かなり離れた斜面の高いところを飛んでいたので近づく気にもなりませんでした。
f0031682_383357.jpg

アポロ以外にもたくさんの蝶の写真を撮影できましたが、それは帰国してから折を見てブログに載せていきたいと思います。
f0031682_3285895.jpg

それと、現地では「日本語案内所」(写真の奥にお店がある)の方に、ロープウェイの切符の買い方から、花の写真集や地図の情報、山の名前など色々教えていただき大変助かりました。ありがとうございました。
f0031682_17273812.jpg

また、この文章はファーブルさんの自宅から入れていますが、今日も撮影のために大変お世話になり`、予想もしていなかったフランスのアポロを撮影できました、本当にありがとうございました`。

by dandara2 | 2009-08-04 03:39 | 海外 | Comments(37)