「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ミスジチョウ ( 2 ) タグの人気記事


2016年 06月 04日

今年のフジミドリは不作(2016/5/29.31)

5月29日と31日はフジミドリシジミ狙いでで東京郊外の山に行ってきた。

ブログなどを見ると今年のフジミドリはあまり芳しくないようだけど、時期的にはちょうどよいはずだし、まあ撮影できるだろうと出かけてみた。

8時40分くらいにポイントにつくと、いかにも手持ち無沙汰な感じのカメラを持った人たちが数人いる。
あっ、こりゃ出ていないなと思いながら仲間に加わる。


ブナの梢を見ていると、ミスジチョウが飛んできた。

f0031682_06381269.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

ミスジチョウにはあまり縁がなく、よい写真はあまりないので、この日はフジミドリと同じくらいの重要度。

f0031682_06381748.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


喜んで撮影する。

f0031682_06381797.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


やったね、これで目標の一つはクリアと喜ぶ。

f0031682_06381788.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


このミスジチョウは、少し離れた枝先で、何やら吸汁している気配。

距離がかなりあったし、シルエットになっているので、何を吸汁しているかわからなかったけどとりあえず撮影。


家内はかなりしつこく撮影したようで、その写真を見ると毛虫の死体から吸汁していたようだ。

f0031682_06381762.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300 以下同じ

f0031682_06381254.jpg
f0031682_06381799.jpg

この日は、13時に人と会う約束があったので、11時半には撤収して、名物のそばを食べて帰った。


フジミドリが撮れなかったのはやはりくやしいので、31日に再挑戦。

この日も結局大した写真は撮れなかった。

何でも地元の人の観察ではフジミドリは年によって数の増減を繰り返しているとかで、今年から何年かは不作の年に当たるらしい。

それでもこの日は少しだけ姿を見せてくれて、カメラにも収まってくれた。

f0031682_06381262.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

f0031682_06381239.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

フジミドリは午前中がダメなら、14時過ぎから粘ればチャンスがあるようだけど、孫が学校から帰るまでには帰宅しないといけないので、この日も14時半には撤収しないといけない。

結局その時間までにはチャンスはなかった。

ミスジチョウは飛んでは来るものの、この日は全く止まらず、カメラには収まってくれなかった。

アカシジミが時々現れるけど、よいポーズはとってくれない。

f0031682_06381294.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ただよく見ると、葉の上の水滴を吸っているようだ。



by dandara2 | 2016-06-04 06:48 | 吸汁 | Comments(18)
2012年 06月 26日

オオヒカゲ・キマルリチャレンジ(2012/6/24)

24日の日曜日はオオヒカゲとキマダラルリツバメを撮影に栃木、福島と出かけてきた。
結論を先に言うと、オオヒカゲは撮影できたが、キマルリは撮影できなかった。
2009年にも同じルートで撮影に行っていて、そのときには無事に両種とも撮影できたのに残念だ。
キマルリについては後日話しをするとして、今回はオオヒカゲの撮影記。
キマルリは夕方テリ張りをするので、その前にオオヒカゲを撮影しようと、少しゆっくり目の朝7時少し過ぎに家を出発。
9時半前にポイントに着いて探し始めるけど姿が見えない。
ちょっと早かったかな、そういえば周囲のクリの花の様子なども3年前に来たときよりは少し遅れているような感じがするなと思いながら、なおも探すとようやく1頭のオオヒカゲが林の中を飛んでいるのを見つけることが出来た。
少し離れた場所で翅を開いたようなので、取りあえず1V1で撮影。逃げないのでじりじりと近づいて3m位の距離で目一杯拡大して撮影し、カメラを変えようとしたら、その動きに反応したのか飛ばれてしまった。
f0031682_939078.jpg
ニコン1V1 タムロン70-300(300) 1/100 f10 ISO 800

35mm換算で810mmの超望遠で、手持ちでシャッタースピード1/100と言う無謀な撮影だったけど、慎重に撮影したので何とか止まってくれた。

その後この個体は少し離れた木漏れ日の当たる場所で開翅してくれた。
そろそろと慎重に近づいて、まず1V1の超望遠、その後D800の150マクロで撮影する。
f0031682_9391642.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150 1/500 f8 ISO800

結果をみると、やはりマクロレンズの方が全然画質が良かった。
可能な限りマクロで撮るべきだと実感した。
さらに近づくと飛ばれてしまって、その後はかなり探しても2個体目の姿はなかった。

うろうろ歩いていると、コミスジより大きめの蝶が飛び出しカエデに絡んでいる。
ミスジチョウだ。
ミスジチョウはあまり縁がなくて写真のストックもそれほど多くない。
カエデに絡んでいるのなら、産卵か雌の蛹を探しているのかなと思って見ていると、やがて地面に止まった。
雄か雌か判然としないけど、たぶん雄かな。
手前の草が邪魔になるけど、取りあえず1V1で500mm相当で撮影。これもカメラをD800に変えて近づこうとしたら飛ばれてしまった。
f0031682_9401644.jpg
ニコン1V1 タムロン70-300(190) 1/1000 f10 ISO 800

今回は1V1の設定は最終的な設定にして、その試しのつもりだったけど、結果を見る限りは十分使えそうだ。

その後は何も出ない。
福島への移動も考えて、車に帰りかけながら雑木林の中を歩いているとちらっと動く影、オオヒカゲだ。
なかなか止まらないし、止まっても撮影距離に近づく寸前に飛ばれてなかなか撮影できない。
それでもこの個体しかいないみたいなのでとにかくしつこく追いかける。
幸いあまり遠くには行かずに、小飛しては木の幹に止まってくれるので何とか撮影。
ただ、暗い。
絞りをかなり開けても、シャッタースピードは1/10とかそんな値。
これでは仕方ないので、逃げるリスクが高くなるのを覚悟でLEDライトを使用する。(結果はライトを当てても飛び立つようなことはなかった)
f0031682_9404885.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150 1/25 f4.5 LEDライト使用 ISO800

そのうち飛びつかれたのか、こちらに慣れたのか少しこけの生えた幹で落ち着いて止まってくれた。
少し撮影するが、シャッタースピードは相変わらず上がらない。
そこでふと気が付いた。どうしてこんなにシャッタースピードが遅いんだろう、確か最低シャッタースピードを設定してあって、そのシャッターが暗くて切れないときは感度が自動的に上がるんじゃなかったっけ・・・
オオヒカゲが落ち着いているので、確認すると設定がOFFになっている。
このせいか (-_-;)
設定し直して、今度は何とか手ぶれの心配なく撮影。ISOは4000まで上がったけど、ノイズはそれほどでもなかった。
f0031682_9413312.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150 1/250 f5.6 LEDライト使用 ISO 4000

時刻を見ると11時半、次の目的地の福島までは250Kmある。
おにぎりをほおばって移動開始だ。

by dandara2 | 2012-06-26 09:49 | 開翅 | Comments(28)