タグ:マサキウラナミジャノメ ( 1 ) タグの人気記事


2014年 01月 04日

八重山撮影行(四日目:タイワンヒメシジミ:2013/11/21)

シロウラナミシジミとテツイロビロウドセセリを撮影した日は西表に一泊した。
西表に泊まるのは40年ぶり近くなるけど、今回泊まるのはこぎれいなコテージタイプの宿だった。
f0031682_23075148.jpg
ただ一緒なのは、40年前も今回も、室内の壁にはヤモリが止まっていて我々を歓迎してくれた。ヤモリを撮影しようとしたら、気配を察したのかささっとベッドの間に隠れた。
夜中にペロッと顔をなめられるかなと楽しい創造をしたけど、そんなこともなくそれっきり姿を現さなかった。

翌朝、宿の横が海だったので、何かいるかなと思ってそちらに行ってみた。
残念なことに、海岸は砂浜ではなくて、転んだら大けがをしそうなサンゴの岩場。
f0031682_23075050.jpg
ふと見ると、マサキウラナミジャノメが飛んできた。
こんな海岸べりの岩場にいるのは意外だったので、かなり傷んではいたけど、何とか海を入れて撮影。
f0031682_23075130.jpg
マサキウラナミジャノメ

近くの花でも吸蜜を始めたけど、なんという花かわからないのが残念。
→イソマツだとyoda-1さんに教えていただきました。
2007年にはレッドデータブック入りした植物のようです。
f0031682_23075143.jpg
その後宿を離れ、タイワンヒメシジミのポイントに移動。
タイワンヒメシジミは、これまでは通りすがりの証拠写真的なものしか撮れていないので、できれば今日はその生態を現すような写真を撮りたいと思う。

ポイントに着いたけど、風が強く曇り。
タイワンヒメシジミは、イネ科の草に止まっている。
f0031682_23080056.jpg
タイワンヒメシジミ

これはこれでいいのだけど、今日はもう一味違った写真が撮りたい。

そのうち雲が切れて日が射してきた。
タイワンヒメシジミは、草の間から這い出てきて日光浴を始めた。
f0031682_23080013.jpg
家内撮影

そのうちセンダングサに止まって吸蜜をする個体も出始めた。
f0031682_23075240.jpg
家内撮影

センダングサに止まっているタイワンヒメの所にミツバチが吸蜜に来た。
f0031682_23080026.jpg
タイワンヒメの小ささがよくわかる写真が撮れた。

少し離れたところにいた家内が呼んでいる。
タイワンヒメシジミが産卵しているという。
f0031682_23075263.jpg
家内撮影

大急ぎで駆けつけると、確かに食草のタヌキノコマツナギに止まっている。
f0031682_23080076.jpg
大喜びで撮影するけど、小さくてきちんと撮影できたかよくわからない。

食草の前に寝転んで、産卵体制をとるたびにとにかく撮影。
f0031682_23075239.jpg
何枚かは手ごたえを感じる写真を撮ることができた。
f0031682_23080079.jpg
タヌキノコマツナギに止まったから産卵するかと待っていると、吸蜜を始めたりする。。
f0031682_23075246.jpg
それはそれで喜んでシャッターを押すけど、窮屈な姿勢で待っているので、早く産卵してくれと言いたくなる
f0031682_23080033.jpg
家内撮影

それてもこの個体はこの一角の食草から離れず、かれこれ30分近くもモデルになってくれた。

時間を見ると、そろそろ13時。
船の時間を見ると14時過ぎの便があって、その次は16時過ぎになる。
シロオビヒカゲも気になるけど、タイワンヒメである程度の写真が撮れたので、せっかくここまで来たのだから、早めに石垣に帰って、お土産とか、アクセサリーとか、家内のために買い物の時間をとることにした。

車に戻る途中で、少し違うウラナミシジミ系がいる。
よく見るとオジロシジミだった。
f0031682_23075184.jpg
オジロシジミ

以前一度しか撮影のチャンスがなかったので、今回密かに狙っていた蝶だった。
撮影できたのは道路の上と言う色気のないところだったけど、思わぬところでの出会いに喜んで撮影。

石垣では、ホテルに荷物を置いて、お気に入りのお店に行って買い物を楽しむことができた。
f0031682_23075063.jpg


by dandara2 | 2014-01-04 23:24 | 産卵 | Comments(14)