タグ:フタオチョウ ( 1 ) タグの人気記事


2011年 07月 24日

沖縄遠征:2(フタオチョウ:2011/7/17)

17日、起きてみると風は少しあるものの、青空が見えて心配した台風の影響は少ないようだ。
今日はフタオに絞って撮影の予定。
朝miyagiさんがホテルまで迎えに来てくれる。
フタオのポイントつく前にナガサキアゲハのポイントがあるので見てみると、♀が吸蜜に来ている。
早速車を降りて撮影、きれいな♀だ。
f0031682_8431679.jpg
(家内撮影)

♂も吸蜜に来ていたけど、ハイビスカスの花粉だろうか後翅についている。
ハイビスカスの雄しべや雌しべの長さから、丁度このあたりに花粉がつくことが多いようだ。
f0031682_8434174.jpg

また、昨日シロオビアゲハが群れていたヒギリの花には今日もシロオビアゲハが来ていた。
この花はどこでもアゲハが多い。
撮影していたら、突然ナガサキアゲハが割り込んできてすごい豪華な感じの写真が撮れた。(少しくどいかな)
f0031682_844480.jpg

フタオのポイントにトラップを仕掛けていくが、アオタテハモドキの多い場所がある。
トラップにくるのを待つ間にそのアオタテハモドキを撮影する。
f0031682_8445058.jpg
(miyagiさん撮影)

雄の後翅のブルーは、普段生活している場所では見られないのでとても魅力的だ。
f0031682_8453251.jpg

♀もたくさんいて開翅してくれるので、こちらも喜んで撮影。
f0031682_8455332.jpg

撮影しながら、メスの腹部が何となく下がっているのに気がついた。
注意してみていると、確かに上下しているようだ。
f0031682_8461587.jpg

これは産卵しているのかと思って横から覗こうとするとツッと飛び立ってしまう。

家内にどうもメスが産卵しているようだと話すが、トラップの様子も気になって産卵の撮影はそのままになってしまった。
その後家内は熱心に♀を追いかけていたようだ。
f0031682_8464181.jpg
(miyagiさん撮影)

後で写真を確認したら見事に尾端を曲げた様子が写っていた。
f0031682_8465794.jpg
(家内撮影)

フタオのポイントに戻ってしばらく様子を見るがフタオは現れない。
台風の影響で雲の流れが速いが、ここは木に囲まれた空間なので風はあまりない。
miyagiさんは別の場所にトラップの様子を見に行き、こちらはその場所で様子を見ているが、シロオビアゲハのⅡ型のメスが吸蜜に来ている。
このタイプも随分増えて、♂の求愛の様子を見ていてもこちらの♀にアタックする回数が多いような気がする。
f0031682_8474320.jpg

その時、白っぽい大型の蝶がトラップの所に降りてきた。
フタオの♀だ。
f0031682_8484074.jpg

大急ぎで撮影して、miyagiさんにフタオが来たと電話をする。
かなり新鮮な個体だけど、右後翅の尾錠突起の一本が欠けてしまっているのが残念だ。
f0031682_849613.jpg
(家内撮影)

反対側から撮影すると、ほぼ完全な個体だ。
この♀はその後しばらく吸汁してくれたので、かなりの量の写真を撮影することが出来た。
f0031682_8493772.jpg

広角でも撮影することが出来た。
f0031682_850333.jpg

ふと思いついて、魚露目でも撮影してみることにする。
f0031682_850358.jpg

写した結果は、背景が雑木林の関係か広角とあまり変わりがなかった。
別の背景の写真もあるのだけど、それは差し障りがありそうなのでここでは没。
f0031682_8511361.jpg

アオタテハモドキを撮影した場所では♂がテリ張りをしているという。
大急ぎで駆けつけると3m位の高さに止まっていた。
f0031682_851341.jpg

風が吹いて枝がしなると翅表が見えることがあるというので、そのチャンスを待って撮影。
うまく撮影することが出来た。
f0031682_8515627.jpg

目的のシーンをほぼ撮影できたので、早めに切り上げることにして宿に戻った。

miyagiさん、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

by dandara2 | 2011-07-24 08:55 | 吸汁 | Comments(18)