タグ:ヒメチャマダラセセリ ( 1 ) タグの人気記事


2015年 05月 20日

ヒメチャマダラセセリ(2015/5/16)

5月15日から17日に北海道に行ってきた。

勤めがあったころは休みは日曜日のみだったので、この時期の北海道は行ったことがない。
狙いはもちろん、ヒメチャマダラセセリ。
それ以外にもいくつかの蝶が撮影できればいうことはない。

本当はもう一週間くらい遅い方がいいのかもしれないけど、次の週はどうしても外せない所用があるので、フライング覚悟で出かけることにした。

ところが、出かける1週間くらい前の天気予報では、アポイに登る予定の16日は傘マーク。
それでなくても曇ったり霧が出たりと気難しい山らしいので、これはだめかな、登れたとしてもお花畑の花の写真でも撮るしかないかなと言う感じで出かけた。

飛行機に乗ってしばらくすると機長のアナウンスがあり、千歳方面は曇りで、気温は8℃だという。
最初は聞き違いかと思った。
8℃ってこちらでは真冬の気温じゃないか。
雲ってその気温なら、初日の撮影はほぼ絶望的。
出来ればアカマダラとかを撮影しておきたいと思ったけど、この時点であきらめる。
一応土地勘を得ておこうと、気になっていた場所を歩くには歩いたけど、ハエ一匹飛んでいない。

アポイの麓の山荘に泊まり翌日はいよいよアポイ岳登山。
朝はかなり濃い霧で、霧雨も降っているけど、周辺は午後には晴れるという予報なので、とにかく登り始める。

f0031682_06000697.jpg


途中こんな物騒なものがぶら下がっている。

f0031682_06000619.jpg

うっかりクマ除けの鈴を忘れた我々は、しっかり鳴らしてみた。
すごく大きい音でびっくり。

目指すポイントまでは結構厳しい登りもあったけど、岳沢よりは楽かなと言う感じだった。

ポイントに着くけど霧の中。

それでも予報を信じてじっと待つ。

11時過ぎになると、霧が薄くなり青空が見え始めた。

山頂まで行ってきたと言う子連れの親子が下りてきたので挨拶をする。横を通り過ぎた子供が、"これってシジミかな"と聞き捨てならないことを話している。

見ると、自分の足元30㎝位の所に、目指すヒメチャマダラセセリがサマニユキワリの花に止まっているではないか。
全く気が付かなかった。
子供は視点が低いから気が付いたのかな。

いつもだと、軽く挨拶してから、邪魔をしないように少し待ってからカメラを向けたりするんだけど、さすがに今回はすぐにカメラを向ける。

f0031682_06000659.jpg

アングルがどうのとか言っていられない、まずは証拠写真。
やったー、撮れた~ と言う安堵感がわいてくる。

小飛して近くの地面に止まったので、離れたところにいる家内を呼び、同じように撮影に来たと思われる方(Hさん)に手を振って合図をした。

f0031682_05595955.jpg

それからは、とにかく三人でシャッターを押す。

f0031682_06000609.jpg
家内撮影

f0031682_06060961.jpg
家内撮影

サマニユキワリの上でストローを伸ばしているけど、吸蜜ではなく、花についた水滴を吸っているのではないかと思わせる写真もあった。(上の写真もそうかもしれない)
f0031682_06000062.jpg

地面に降りた時には明らかに吸水していた。

f0031682_06000066.jpg
家内撮影

アポイアズマギクでも吸蜜をしてくれた。

f0031682_06000606.jpg


花の周りには水滴がたくさんついて、この日の天気を表している。

f0031682_06000635.jpg

私は翅表をとることに夢中だったけど、家内はしっかり裏面にも気を配って撮影していた。

f0031682_06000098.jpg
家内撮影

その後曇って、少しくぼんだ地面に静止し、ピクリとも動かなくなった。

f0031682_05595972.jpg


少し明るくなると小飛して近くの地面に止まった。

f0031682_05595963.jpg

前翅や腹部の様子から雌のようだ。
それでこんなにゆっくりしてくれたのだろうか。


この日晴れたのは15分から20分位。
それでも、天気は良いほうに動いてくれた…
ちょうど良いタイミングであの親子が下りてきて、私の足元のヒメチャマダラセセリに気が付いてくれなかったら…
あるいは雄で人が来たことに驚いて飛び立っていたら…
などと考えると、今度もいろいろな偶然に助けられた撮影だったなと思わずにはいられない。




by dandara2 | 2015-05-20 06:23 | 吸水 | Comments(16)