タグ:ヒカゲチョウ ( 5 ) タグの人気記事


2015年 06月 18日

小畔川便り(周辺の蝶:2015/6/6.7)

6月6日、7日は自宅近くでオオミドリシジミのテリハリ場所はないかと思って探してみたけど見つからなかった。

成果もあまりなかったので、没扱いにしていたけど、急に仕事が入って平日は思うように撮影に行けなくなったので、取りあえず記録として残しておくことにします。

6日は、先日関西からお見えになった蝶友を案内した場所で、オオミドリを探してみたけど、まったく見つからず。

まだ、アカシジミ、ウラナミアカシジミの姿が見れた。
f0031682_1813319.jpg

家内撮影

f0031682_18135023.jpg


ミズイロオナガシジミが2mくらいの高さで翅を開いていた。
f0031682_18141097.jpg


久しぶりに開翅を見たので何とかならないかとがんばったけど、一脚も持っていなくてこれが精一杯。

この時期はヒカゲチョウが多く、樹液の出ている場所にはたくさん来ていた。
f0031682_18143258.jpg


翌7日は、過去にオオミドリシジミの産卵を撮影したことのある場所に行ってみたけど、ここでも姿が見えず。

テリ張りを期待した場所では、ウラナミアカシジミが、木陰に隠れるようにしていた。
f0031682_1815430.jpg


ここには桑の木が多く、この時期は実がたくさん落ちていて、それにサトキマダラヒカゲが来ていた。
f0031682_18152840.jpg

家内撮影

自分はそれに気が付かずに飛ばしてしまったけど、家内がちゃんと撮影してくれていた。

ヒカゲチョウは葉の表面から何か吸汁しているようだ。
f0031682_18155078.jpg


by dandara2 | 2015-06-18 18:19 | 吸汁 | Comments(6)
2014年 09月 20日

小畔川便り(ツバメシジミ産卵:2014/9/18)

9月18日はニコンD800にニコンの85mmマクロ×ケンコー1.4テレコンを付けてみて、自宅前で撮影してみた。

85mm×1.4のテレコンの組み合わせを、海野さんが18日の小諸日記で褒めておられたので、自分でも試してみようと思った。

85mmは購入してからフルサイズカメラには使ったことはないけど、このところシグマの150mmマクロの大きさと重さがやや負担になってきたので、軽くてシャープに写るならD800の常用マクロにしてもいいかなと思っての試し撮り。

ところが、肝心の蝶の姿が少ない。
ようやくヒメジャノメがモデルになってくれた。

f0031682_18294636.jpg
肝心の描写の方は…少し甘いかなと言う感じ。
f0031682_18294603.jpg
体毛や鱗粉の一つ一つの解像が、シグマの方がシャープなように思う。
個人の好みもあるだろうけど。
後は重さとの兼ね合いかな。

それにヒカゲチョウもいた。
ただ痛んでいたので、同じ場所で9月2日に撮影した新鮮な個体の写真を載せておきます。

f0031682_18294672.jpg
ピントが甘くて没扱いだったけど、眼状紋の周りの薄紫色がきれいなので、没にしてしまうのは少しかわいそうな気がした。

足元からツバメシジミが飛び出したので見ると産卵したそうなメスだ。
マルバヤハズソウに産卵し始めたところを85mmで撮影。

f0031682_18293622.jpg
もう少し全体をシャープに写したかった。
それで、魚露目で撮影。
f0031682_18293653.jpg

今回は卵も撮影する。
小さくて、老眼の目には卵があるのかないのかよくわからない。
何となく卵と思われるところを撮影したら、ピントが甘いけどなんとか写っていた。

f0031682_18294607.jpg

やれやれと思って付近を見ると、土手の縁に咲いているキバナコスモスにツマグロヒョウモンが来ている。

f0031682_18293612.jpg

周囲の雰囲気が良いので、それを表現するために魚露目で撮影。

f0031682_18293695.jpg
土手の斜面で足が滑りそうになったり、風が強く、花が大きく前後左右、上下にも揺れて難しかったけど、何とか狙った雰囲気を映しとめることはできた。
f0031682_18293680.jpg



by dandara2 | 2014-09-20 18:37 | 産卵 | Comments(8)
2010年 06月 27日

小畦川便り(2010/6/26:オオムラサキ)

6月26日の土曜日は、自然保護関係の団体をやっている知人に誘われて、勤務から帰った15時過ぎに、オオムラサキの飼育ゲージを見に行く。
f0031682_2124316.jpg

その知人が関係するNPO関連でやっているらしい。
学童保育の子供達が幼虫の世話をしたとか。
f0031682_2124443.jpg

オオムラサキの累代飼育を熱心にやっている人から持ちかけられた話のようだけど、オオムラサキの放蝶とかには賛成しかねる面もあって、最初に相談を受けた時にはそう言ったことの問題点なども話したつもりだけど、飼育を初めて3年位になるようだ。
一度様子を見ておこうと思った。
ちょうど羽化が始まったようで、ゲージ内には4.5頭のオオムラサキが飛んでいた。
春先に150頭ほどの幼虫を飼育している人からもらって放したらしい。
f0031682_21251892.jpg

放蝶をしても定着はしていないようで、周囲の環境の面からもそれはうなずける。
知人と別れた後、周囲の様子を少し見てみた。
何年か前にはたくさんのアカシジミがいたようだが、今年の観察会ではミズイロオナガが1頭いただけらしい。
木が生長して薄暗くなってきているし、コナラやクヌギなどの木も少ない。
オオムラサキが定着するにはまず何が必要なのか、どのくらいの規模の林がどのくらいの範囲にどの程度必要なのか、そう言ったことから学習する必要があるような気がした。
先日嵐山町で行われた、蝶類保全協会のオオムラサキシンポジウムなどの講演を一度聴いておくと随分勉強になったと思う。
たしかに、それほど離れていない場所(それでも距離にして10Km位はあるかな)で野生のオオムラサキも観察したことはあるので、まったく無意味かどうかは微妙だけど。
薄暗い林の下ではヒカゲチョウが産卵行動をしていた。
f0031682_21264041.jpg

見ているとかなりラフな感じで産卵をしているようで、こちらの個体はヤマイモの葉に産卵していた。
f0031682_21265814.jpg


by dandara2 | 2010-06-27 21:29 | 産卵 | Comments(18)
2009年 06月 05日

小畦川日記(2009/5/25・6/1)

川からは少し離れているけど、いちいち別のテーマで書くのも面倒くさいので、これからは近くの場所での撮影はすべて小畦川日記とすることにした。
本当は「撮影日記」というこのブログの名前も小畦川の流域に住んでいる人間の撮影日記と言う意味で「小畦川日記」と変えてもいいのだけど、こちらは当初HPの中の単なる1ページという扱いだったので、タイトルもそんな感じのままで来ている。
5月25日の月曜日は勤務後ウラゴマダラシジミの様子を見に行った。
さすがに花も終わりに近く、擦れている個体が多かったけどオスは盛んにイボタの周囲を飛びまわっている。
一通り発生地を見て回るがこれといった写真も撮れず、それなら最後に飛翔写真でも撮るかと撮影しやすいポイントに行ったら、イボタの間から飛び出した個体がすぐに葉の間の影になるようなところに止まった。
見ると♀のようだ。かなり痛んではいるが、証拠写真にはなりそうなのでじっくり撮影することにする。
f0031682_9283895.jpg

その後この個体は歩いて花のところまで行ってそこで吸蜜をはじめた。
周りには♂がしょっちゅう飛んでくるので、そのうち絡まないかと思ってしばらく様子を見ているけど意外と見つけられないものだ。
こちらが痺れを切らして撮影はそこまでにして引き上げた。
ここでのウラゴマダラの撮影は中途半端なまま今年は終了ということになってしまった。
f0031682_9291457.jpg

次の週の6月1日(月)は、同様に午前中で勤務を終えた後、15時過ぎに近くの公園に赤系ゼフとウラゴマダラシジミの様子を見に行く。
実はこの公園ではウラゴは見たことないのだけれど、霧島緑さんが新鮮な個体を撮影されているのでその確認。
いろいろ歩き回ったが、時間帯が中途半端なのか、何も見つからなかった。
ふと下草を見るとヒカゲチョウが止まっていた。
いつもだと通り過ぎてしまうことが多いのだけど、今年はこのチョウも撮影しないといけないことになっているのでカメラを向ける。
敏感なチョウなので、十分な体制が取れないうちに、とりあえず1枚と思ってシャッターをおすと、ストロボの光に驚いて飛び立ち3m位の高さに飛び上がってしまった。
f0031682_9294491.jpg
アララと思って見上げていると、そのうち翅を開き始めた。開翅は撮りたいシーンだったけど、下から見上げるシーンでは課題の消化にならない。
それでも取り合えずと思って撮影する。
家に帰ってみてみると思わぬ迫力があってびっくり。下草に止まっている写真と見比べると、とても同じ個体とは思えない。
ヒカゲチョウに迫力のある写真は期待したことなかったけど、この角度と光線のあたり具合から今までのヒカゲチョウの写真の中では一番のお気に入りになった。(^・^)
f0031682_930131.jpg

その後も歩き回るけど何もいなくて、所用もあるので帰ろうと思って車のところに戻ると家内がミズイロといって指差す。
そこにはちょこんとミズイロオナガシジミが止まっていた。
昨年まではいくつも見ることが出来たのだけど、今年は下草などを刈ったりして環境が変わったのか全く姿がなかったので少し安心。
f0031682_9304936.jpg
いろいろ撮影していたら、飛び立って頭上の葉に止まった。
マクロだとあきらめる距離だけど、このところ持ち歩いている70-300のテレ端で撮影。
ヒカゲチョウの写真もそうだけど、画質もまあまあですっかりこのレンズが気に入ってきてしまった。
f0031682_9311011.jpg


by dandara2 | 2009-06-05 09:37 | 静止 | Comments(24)
2006年 06月 25日

オオチャバネセセリの吸い戻し

今日の日曜日も雨こそ降らないが曇天、家でゆっくり起きるが来週は所用でフィールドに出られないので、クロミドリの様子を見てこようと思い秩父に出かける。
ポイントについて探すが、クロミドリはおろか、アカシジミも見つからない。チラッとウラナミアカシジミの姿を見かけ、ミズイロオナガシジミの写真が撮れただけだった。
f0031682_21321429.jpg

その代わりにクロヒカゲの姿が多い。下草から飛び出してはドキッとさせられる。
f0031682_2133616.jpg

家内が萩の葉か何かに産卵体制をとるものを見かけ撮影する。卵までは確認しなかったようなので、疑似産卵かも知れない。
f0031682_21332297.jpg

かなりしつこくクロミドリを探したが見つからないので、別の場所に移動するがここでも見つからない。その代わりに2頭で吸い戻しをするオオチャバネセセリを見つける。
f0031682_2135341.jpg

セセリといえば吸い戻し行動が有名だが、きれいな吸い戻しの写真を撮影していなかったし、2頭が揃って吸い戻しをしているシーンはこの先2度と撮影出来ないだろうと思うと、クロミドリが撮影出来なかった悔しさをかなり慰めてくれた。
そういえば、この1週間は風邪で1Kg痩せた。咳をしたので腹筋も鍛えられて、胴回りがベルト1穴分だけ細くなった。
この冬に3Kg太ってしまい、春から夕食時に食べ過ぎないように気をつけ、通勤時にはエスカレータを利用しないで階段を200段上ったりして、少しずつ体重を減らして2Kg戻った所だったけど(3回のクモツキ遠征もかなり効いたかな)、ダイエットには風邪を引くのも良いかも知れない。

by dandara2 | 2006-06-25 21:37 | 産卵 | Comments(22)