「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ヒオドシチョウ ( 16 ) タグの人気記事


2016年 04月 16日

新潟のギフ(2016/4/9)

4月9日は新潟へ。

今年は異常に雪が少ないのでもしかしたら発生しているかなと、いつもだと下旬が適期の場所に行ってみる。

あまり転戦とかはしない主義(昔の車がなかった時代の習慣から抜けきれない)なので、外れたらむなしく帰るだけ。

途中の道は桜などが咲いているので、これなら大丈夫だろうとポイントに入る。

ギフがビュンビュン飛んでいる。
数が多いのはいいのだけど全く止まらない。

杉の木の周囲をくるくる回ってメスが止まっているのを探しているようだ。

その様子を撮影しようと思うけど、スピードも速いし、近づくとすっとコースを変えてなかなか写真が撮れない。

f0031682_22371758.jpg

一日粘って何とか抑えることができた。
f0031682_22371767.jpg

家内が「交尾~」と叫ぶ。
駆けつけてみると、杉の木のてっぺんから落ちてきたそうだ。

メスがバタバタ暴れて落ち着かない。

f0031682_22371715.jpg
家内撮影

ギフの交尾では、メスがよく飛翔するケースと、そのまま落ち着いているケースとがある。
f0031682_22371862.jpg
家内撮影

この時は異常に落ち着かないので、オスの把握器でメスの腹部が不自然につかまれて、メスが痛がって暴れるのかなと思った。
f0031682_22371732.jpg
家内撮影

ようやく交尾シーンがきちんと撮れたかと思ったら、また暴れだしてやがて向こうの谷間まで飛んで行ってしまった。

f0031682_22371785.jpg

メスも出ているのかと思って注意深く見ると、枯草の間を飛ぶメスがいた。

f0031682_22371070.jpg

ただ、カンアオイの新芽がまだ出ていなくて、メスは産卵場所を探して飛び回るが産卵できない。
f0031682_22371160.jpg
f0031682_22365930.jpg
f0031682_22365970.jpg

カタクリには全く止まらず写真が撮れない。
気温が高すぎるのか。

これは午前中のワンチャンス。

f0031682_22371061.jpg

家内はギフ以外の蝶のカタクリ吸蜜を撮影していた。

コツバメ

f0031682_22365969.jpg
家内撮影

ルリシジミ

f0031682_22365925.jpg
家内撮影

縁毛がブルーに光っていた。

ヒオドシチョウのカタクリ吸蜜はかなりうれしい。

f0031682_22365991.jpg
家内撮影


近くの別の場所も見てみるけど、すでに日陰になってしまっていた。
一度は車に乗って帰ろうとしたけど、あきらめきれずにもう一度同じ場所に戻る。

太陽が山に沈みそうな16時頃になってようやく何度か吸蜜のチャンスがあった。

f0031682_22371073.jpg
f0031682_22371059.jpg

吸蜜を終えて枯葉にとまったオスは、夕日を浴びて金色に輝いてものすごくきれいだった。

f0031682_22365933.jpg

写真ではうまく表現できずに残念・・・



by dandara2 | 2016-04-16 07:35 | 交尾 | Comments(16)
2016年 03月 25日

花壇のパンジーに来たコツバメ(2016/3/22)

3月22日は、前回ピントの甘かったコツバメの飛翔を撮り直しに、再度自宅近くの公園に出かける。

車を置いて歩き始めると、オオイヌノフグリがたくさん咲いている場所で白いシジミが飛んでいる。
今年初めてのルリシジミだ。
f0031682_20143276.jpg


落ち着きなく吸蜜するので、なかなか近づけなかった。
f0031682_20144879.jpg


ミヤマセセリがいるかなと思って立ち寄った場所ではヒオドシチョウがいた。

大きくて見栄えがするので、ちょっと飛んでもらった。
f0031682_2015596.jpg


これは帰りがけに撮ったもの。
f0031682_20154397.jpg


飛び出す時にはちょっと下に行くのを忘れていた。
f0031682_20162349.jpg


目的のコツバメの場所に行くけど、思った程には個体数が多くない。
気温が低いためか、地面近くの草にとまってなかなか飛び立ちが撮影できない。

気温が少し上がったら、ようやく目の高さにとまった個体がいた。
背景も雑木林でいい感じなので慎重に飛び立つところを撮影。
f0031682_2017751.jpg


飛び立つ方向も良くて前後に行かなかったので、何とかピントの合った写真が撮れた。
f0031682_20172258.jpg


とりあえずこれで来た目的の写真は撮れたと満足。

そのうち、何頭かいたコツバメが見られなくなってしまった。

コツバメを探していると、家内が花壇のところで手招きをしている。
行くと、コツバメがパンジーで吸蜜しているという。

先日はここでテングチョウが吸蜜していたけど、えーコツバメも!?と思って見ると、確かに小さな蝶が何頭か飛び交っている・・・コツバメだ。
気温が上がって、パンジーの香りが立ち込めているここに来たのだろう。

自分一人だったらここには見に来なかっただろう。

いろいろな色の花で吸蜜している。
f0031682_20183782.jpg

f0031682_2019483.jpg

f0031682_20192984.jpg
家内撮影

f0031682_20194353.jpg

f0031682_2020154.jpg

f0031682_20201267.jpg


帰宅後、家内の撮影した写真を見てびっくり。

エー、テングチョウのこんなすごいシーンっていつ撮ったのと思わず聞いてしまった。
f0031682_20203252.jpg
家内撮影

何でも私が一通り撮影して、ちょっと気を抜いていた時に撮影したらしい。
f0031682_2020428.jpg
家内撮影

今回もやられてしまったかな。

by dandara2 | 2016-03-25 20:25 | 吸蜜 | Comments(12)
2015年 06月 06日

奥武蔵の高原で(2015/6/2)

6月2日は自宅から小一時間の標高900m程度の山に行ってきた。

特に目的はなかったけど、この時期の自宅近くの情報もきちんと把握しておきたいと思った。

車を止めてふと見ると、たくさんのテングチョウが吸汁している。
f0031682_23174523.jpg


喜んで撮影するけどちょっと迫力不足。
広角で撮れば迫力が出そうだけど、近づいたら飛び立ってしまいそうなのでどうしようかと思って、家内にそばを走ってもらって、テングチョウが驚いて飛び立つところを70-300でBMCで撮影することにした。
f0031682_2318353.jpg


結果はそのまま撮影するよりもかなり迫力が出て、満足できる結果になった。
f0031682_23185548.jpg


歩き始めるとアサギマダラが多い。
ウスバシロチョウも残っていて、アサギマダラとウスバシロチョウが並んで吸蜜していた。
f0031682_23495766.jpg


この時期の高標高地ならではの風景だろうか。

うっかりダイアルが回ってしまい、ssが1/3200 ISOが2200 になっていて、ノイズがひどくなってしまった。
高感度に弱いのが1V2の欠点かな。

家内が撮った写真は、アワフキムシの泡に来ているところが写っている。
f0031682_2320845.jpg

家内撮影

ウラゴマダラシジミだったら誤求愛と言うところだろうけど、ちゃんとストローを伸ばしているところも写っていた。
f0031682_23203956.jpg

家内撮影

また、ヒヨドリバナにも飛んできていた。
f0031682_23211160.jpg


まだ花は咲いていないけど、葉に止まってストローを伸ばしている。
f0031682_23212948.jpg

ヒヨドリバナの成分を吸っているのか、成分に刺激されているかしているのだろう。

クモガタヒョウモンも何頭かいた。
f0031682_23223457.jpg


数は多くはなかったけど、この時期でないときれいな個体は撮れないのでうれしい。
f0031682_23225471.jpg

家内撮影

もっともここでは8月初旬にも新鮮な個体を撮影したことがあるので、夏眠しないのか夏眠から覚めるのが早いのか、そのあたりも調べてみたいと思う。

飛翔も撮影するけど、チャンスは一回だけだったので、うまくはいかなかった。
f0031682_23232391.jpg

f0031682_23233382.jpg


ヒオドシチョウはテングチョウについで多かった。
f0031682_23243733.jpg

f0031682_23245869.jpg

家内撮影

ヒオドシチョウが花から吸蜜するシーンは、越冬明け以外では初めて撮影した。

また、一休みした野原ではウラギンヒョウモンが多数飛んでいた。
草の間を探るように飛んでいるのは、羽化した雌を探しているからだろう。

まったく止まらず、近づくと敏感に飛び去るので、飛翔で証拠写真をと思うけど、クモガタヒョウモンよりさらに難しく、ピンボケの写真が1枚撮れただけ。
f0031682_23253030.jpg


背景のヤマボウシの花がこの季節の証明になりそうだ。

もっと時間をかければ吸蜜時間になったかもしれないけど、例によって孫が学校から帰るまでには帰宅していないといけないし、昼食によりたい蕎麦屋もあったので取りあえずここまで。

by dandara2 | 2015-06-06 23:31 | 吸汁 | Comments(14)
2015年 03月 23日

コツバメとミヤマセセリ(2015/3/22)

3月22日はnaoggioさんと、コツバメの公園に行く。
気温も高く暑いくらいの日だった。

いつものアセビのポイントには、banyanさん、ヘムレンさん、ねこきちさん、cactussさんがお見えになっていた。

しばらく待ってみたけどコツバメは出ないので、ミヤマセセリを探しに移動。
そしたらbanyanさんから電話で、ミヤマセセリが交尾していてそちらに移動中だとのこと。

ミヤマセセリの交尾はぜひ撮影したかったので、大急ぎでそちらに移動すると、まだ交尾中だった。

f0031682_14481507.jpg

この交尾個体は最初からここで撮影していたmaximiechanさんが見つけたとのこと。
この場所では、Sさんもお見えになった。
浅間の煙さん,チョウ散歩さんにもお会いした。

ミヤマセセリは数が増えてきていて、笹の葉上には雄もいた。

f0031682_14481538.jpg

アセビで吸蜜する個体もいた。

f0031682_14481667.jpg

この雌は先ほど交尾していた雌。

f0031682_14481520.jpg

コツバメも出ていた。

f0031682_14481575.jpg

アセビでも吸蜜をするが、逆光の位置に止まることが多く、撮影が難しい。
ただ逆光だと翅の縁がブルーに輝いてきれいだ。

f0031682_14482230.jpg

この写真では、前翅の後角部分が虹色になっている。

f0031682_14482258.jpg

ちょっと高い位置にとまって撮影しにくい位置だったので、皆さんの撮影が終わった時点で手を伸ばして魚露目で撮影。

f0031682_14482299.jpg


ようやく順光でも撮影できた。

f0031682_14482179.jpg


その後移動するが、ヒオドシチョウも姿を見せてくれた。

f0031682_14482118.jpg

こちらも魚露目で。
f0031682_14482196.jpg


移動先では、banyanさんがミズイロオナガシジミの卵を教えてくれて撮影する。

f0031682_14481504.jpg

ねこきちさんが見つけたものだそうだ。

いろいろな蝶が一気に出てきて楽しい一日だった。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました。



by dandara2 | 2015-03-23 14:55 | 交尾 | Comments(26)
2015年 02月 27日

小畔川便り(キタテハ・ヒオドシ誤求愛:2015/2/23)

22日は九州、中国地方で春一番が吹き、関東も23日に春一番が吹くかと思ったけど、風が弱く春一番にはならなかった。
それでも気温は高く、風が弱いので絶好の撮影日和になり、たくさんのモンキチョウ、キタテハが飛び出した。

気温が高いのでモンキチョウは敏感で近づくと飛んでしまうので、もっぱら飛翔を狙う。

f0031682_10004468.jpg
ニコン1V3 10.5魚眼(下も同じ)

f0031682_10004418.jpg

飛んでいた雄がすっと方向を変えて地面に降りたので見ると、黄色型の雌が止まっていた。
絡んでいるところを撮ろうと急いで近づくと、その時にはもう交尾が成立していた。

f0031682_10004467.jpg
ニコン1V2 マイクロ85 (下も同じ)

ほんの数秒のことだ。

足元から飛び出したモンキチョウがホトケノザに止まったので、吸蜜かと思ってそっと近づいて撮影。

f0031682_10004483.jpg

ストローが伸びていないので、ただ止まっただけのようだ。

この日はキタテハが多かった。

キタテハの飛翔は、モンキチョウ以上にスピードが速く敏感なので難しいけど、チャレンジしてみた。
近づけないので、50㎝に設定。
結構近くを飛んだようでも、小さくしか写らない。

f0031682_10004543.jpg
ニコン1V3 10.5魚眼(下も同じ)

せっかくピントがあっていてもこれではつまらない。
リスク覚悟でもう少し近くに設定した方が良いようだ。
f0031682_10005090.jpg

2頭が絡む瞬間もあったけど、長続きしなくてすぐにばらけてしまった。

f0031682_10005178.jpg


その時、2頭が絡みながら横を通ったけど、一頭がやけに大きい。

地面に降りたところを見たらヒオドシチョウだった。

f0031682_10005165.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30

ヒオドシチョウはキタテハに対して体を直角に向けて交尾拒否の姿勢。

f0031682_10005193.jpg
ニコン1V2 マイクロ85(下も同じ)

これはキタテハの雌がやるのと同じ姿勢だ。

そのうち、ヒオドシチョウは飛びあがって逃げ出した。

f0031682_10005103.jpg

キタテハがあきらめた後はヒオドシチョウは翅を開いて日光浴をしていた。

f0031682_10005159.jpg

ほっとしたのかな
この場所でヒオドシチョウを見たのは初めてなので少々びっくりした。



by dandara2 | 2015-02-27 10:13 | Comments(4)
2014年 04月 03日

ギフ初撮影(2014/4/1)

4月1日は風もなく穏やかな天気だということで、いよいよギフの撮影に出かけた。

山麓では昨年の同日にギフが吸蜜に来てくれた枝垂桜はまだ固い蕾だった。
聞くと、今年は1m20cmの積雪があり、山麓ではまだ発生していないとのこと。
山頂では何頭ものギフが見られるそうなので、山を登ることにする。

途中いつもはあまりギフを見ない場所で、羽化直後の雌とやや擦れた雄を撮影することができて、今年の発生数は多いのかなと言う印象を持つ。

山頂にはたくさんの人がカメラを構えていて、その間をギフチョウが飛んでいる。
とりあえずはお決まりのポーズを撮影。
f0031682_06420423.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

ここではこんな写真が多くなるので、ここでしか撮れない写真、つまり飛翔、できればヒオドシチョウとギフ、ギフとギフの追飛写真撮影の方に切り替えて、ギフが近くを通るとひたすらシャッターを押す。
f0031682_06420497.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55 1/4000 f3.8 ISO500

f0031682_06420453.jpg
人が多いので、どうしても写ってしまうけど、それもここでは仕方ない。
f0031682_06420410.jpg
この方は私と同じD800をお持ちですね。
f0031682_06420427.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55 1/16000 f3.8 ISO2000

うーん、また勝手にダイアルが回っていますね。
ISOAUTOのおかげで、こんな値でも適正露出にはなっているけど。

コツバメの時に比べれば歩留まりは格段にいい。
蝶を追いかけてカメラを振り回すのが楽になった。
コツバメ撮影で一日頑張った成果かな。

ようやく人の入らない写真もとれた。
f0031682_06420405.jpg
f0031682_06420457.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55 1/6400 f3.8 ISO1000

人の間でカメラを振り回すので、ギフが止まっているときにはなるべく遠慮して見守るようにしたけど、もちろん近くに止まった時にはカメラを構えなおして撮影した。
f0031682_06420484.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200 1/1600 f5.6 ISO400

1回だけだれもカメラを向けていないときがあったので、魚露目で近づけた。
f0031682_06423355.jpg
オリンパスTG-2+魚露目

でも遠慮しながらなので、大した写真にはならなかった。

ギフとヒオドシの絡みも何回かチャンスがあったけど、絡み始めるとスピードが一段と上がってしまうので、普通の飛翔以上に撮影が難しい。
f0031682_06423339.jpg
f0031682_06423348.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55 1/8000 f4 ISO250

夢中で撮影していて、ふと気が付くと、シャッターダイアルだけでなく、モード切替のダイアルまで勝手に回って、シャッター優先が絞り優先になっていた。

その都度確認しないわたしか悪いんでしょうが、クリックを固くするとか、ストッパーを付けるとかしてもらいたいものだ。

カメラは三脚に付けたり、おとなしく手に持って撮影するばかりではないですから・・
ニコンの人はわかっているのかな????

おかげでこの写真はピントはあっているはずなのに、翅がぶれている。
f0031682_06423300.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55 1/200 f13 ISO160

しかも、ダイアルが回ってしまっていて、すごい絞り値だ。

ギフ同士が絡んだこの写真は、絶好のチャンスだったのに悲惨な状態。
f0031682_06423376.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55 1/320 f8 ISO160

拡大してみれば、下の個体の胴体の毛までちゃんと写っているのに…

極めつけはこのヒオドシの写真。
f0031682_06423325.jpg
ニコン1V2 ニコン18-55 1/60 f22 ISO200

絞り値が動きまくっていてすごい値。
シャッター速度が1/60まで落ちてしまい、完全に流し撮り状態。

水平方向ではなくて、斜めに円を描くようにカメラを振っているのに、良くヒオドシを追尾しているなと感心してしまったけど…

こんな撮影にチャレンジするのも面白いかなと、ある意味開き直りそう。

飛翔撮影も一段落し、家内が小さなスミレが草に隠れているのに気がついて、周囲を掃除しておいてくれたので、そのスミレにギフが来るのを待つことにした。

少し待つと狙い通りに吸蜜に来てくれた。
f0031682_06420447.jpg
ニコンD800 1/2000 f5.6 ISO400

撮影中は気が付かなかったけど、どんぐりがよいアクセントになっていた。

家内も横から撮影していて、その中に吸蜜を終えて飛び上がったところが写っていた。
f0031682_06420430.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200 1/2000 f4.8 ISO200

家内のカメラの設定も、シャッター優先、ISOAUTO 秒15コマに設定しておいたのでこんなシーンが3回撮れていた。

撮影も一段落したので、昼食をとっていたらヒオドシチョウが止まった。
f0031682_06423344.jpg
オリンパスTG-2+魚露目

魚露目で何枚もとったけど、その場の雰囲気が良くわかるこの写真がお気に入り。

帰りがけにヒオドシチョウが倒木に止まった。
マクロを構えたら家内に、「それこそ魚露目にぴったりじゃないの」と言われてしまった。
f0031682_06423309.jpg
はい、確かにそうですねと思って素直に撮影した。

山麓に降りて梅林にギフが来ていないかと見ながら歩いていると、スギタニルリが飛んできてウメで吸蜜を始めた。

家内が撮影に行くが、私は下りの山道で、ミヤマセセリを魚露目で撮影しようとして足がつってしまったので下で見ていた。 (^_^;)
最近、水を飲むのが少ないと足がつるようになってしまった。
今日は筋肉痛で、二人とも動きがぎごちないです。

家に帰って写真を確認してびっくり…ビロウドツリアブがスギタニルリに刺さってる!!!
f0031682_09201331.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200 1/1500 f5.6 ISO160

家内も撮影中に虫が飛んできたことには気が付いたという。
まさに秒15コマの威力だ。


by dandara2 | 2014-04-03 07:11 | 飛翔 | Comments(26)
2014年 03月 29日

小畔側便り(コツバメ飛翔:2014/3/28)

3月28日は近くの公園にミヤマセセリとコツバメの様子を見に行く。
ここではまだ両種とも確認していないので、ギフチョウも気になるけどこちらの確認を優先した。

途中ヒオドシチョウが樹幹に止まっていたので、そっと近づいて撮影。

f0031682_09341577.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

f0031682_09341502.jpg
オリンパス TG-2+魚露目

今年初めての撮影だ。

ミヤマセセリは確認できなかった。
園内のクヌギとかに立ち枯れが目立つのが気になる。

コツバメはかなりの数が確認できた。

f0031682_09341532.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

f0031682_09342574.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

前足をチョンと上げてかわいい。

こちらは上を見上げながら後翅をすりすりしている。

f0031682_09341503.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

この場所はテリ張り場所なので、少し止まっては勢いよく飛び立つ。

f0031682_09342556.jpg
オリンパス TG-2+魚露目

背景も程よく抜けているので、バスト連射向き。
f0031682_09341531.jpg
カシオ EX-10

EX-10のバスト連射は、ほどほどの歩留まりで、大きいのを我慢して持ち歩く価値はあるかもしれない。

f0031682_09341526.jpg
f0031682_09341551.jpg

全焦点マクロは、つい魚露目での撮影になってしまい試す機会がない。

バスト連射ばかりではつまらないので、コツバメの数が多く人がいないのを良いことに自力での飛翔を狙う。

止まる直前にはスピードが鈍るんだけど、この時はなるべく普通に飛んでいるときに挑戦した。
コツバメの飛翔だけにまともに何度もチャレンジできるチャンスはそうそうない。

f0031682_09341576.jpg
ニコン1V2 ニコン10-55

かろうじてフレームに入って、ピントも少しはましなのが数枚撮れた。

f0031682_09341508.jpg
ニコン1V2 ニコン10-55

でもこれではまだまだ不満足。
確実にとらえたつもりなのに、カメラが少し上を向いてしまったための失敗もかなりあった。

ギフも出たようだけど、コツバメの飛翔もしっかり押さえたいので、レンズをもう少し重いタムロンの10-20に変えて、再度チャレンジすることにする。



by dandara2 | 2014-03-29 09:40 | 飛翔 | Comments(18)
2012年 03月 26日

テングチョウの吸蜜(2012/3/20)

記録が戻るけど、3月20日は家内の実家の甲府に墓参りに出かけた。
墓参りに行く前に梅に来る蝶がいないかと思って裏の山に登る。

この日はD800は発売前だけど、ニコン1 V1 は手に入れていたので、その実戦初投入。
家内は義母の相手なので、私が色々と試してベストの設定を探しておくことにする。
自宅でのチェックで、絞り優先やシャッター優先だとフォーカスが迷うことが多かったので、この日はマウントアダプターのFT1のマニュアルに書いてある通りプログラムモードにした。
液晶のビューファインダーの見え方がどうかと心配だったけど、ピント合わせの最初にぱっと明るくなるけど、それ以外はそれほど見にくくもなかった。
ただ、書き込みが遅い。1枚撮影してもSDカードへの書き込みで1秒位待たされる感じ。
コンデジでもそんな感じだから仕方ないのかも知れないけど、ついついデジイチの感覚で見てしまう。
カードを最新の物に変えると少しは早くなるだろうか。

いつもミヤマセセリが顔を出す場所を見てみるけどまだ発生していないようだ。
ヒオドシチョウがテリハリをしていた。
少し距離があるので、こちらはD300にタムロン70-300で撮影。
f0031682_10364945.jpg
ニコンD300 タムロン70-300(300) 1/2000 f8.0 ISO 800 絞り優先

このD300は2008年の3月に実戦投入だからちょうど丸4年使ったことになる。D800が来れば第一線引退だ。
でも全然古さを感じさせない性能はさすが。
中古として売り払うと4万後半の値がつくようだけど、魚露目をつけた18-55にテレコンをかましたらどうなるかとか、海野さんの本で試してみたいことが出てきたので手元に置くことにする。

他には何もいないので、さらに少し歩くとテングチョウが同じようにテリ張りをしている。
1V1で撮影することにする。
オオイヌノフグリなども咲いているので、少しは春らしくなるようにそれらを入れてみた。
f0031682_10401540.jpg
ニコン1v1 ニコンマクロ85 1/500 f8 ISO 200 プログラムモード

ISO200だけど、背景の暗い部分にノイズが見られる。
センサーサイズが小さいので仕方ないのかも知れないけど、現像処理の時に気をつけた方が良さそうだ。
プログラムモードなので、昼間の野外での撮影の時にシャッタースピードと絞りがどんな値になるのか興味があったけど、多くの場合絞りはf8まで絞られて、シャッタースピードが変化することが多いようだ。

時間も13時を過ぎてそろそろ墓参りに戻らないといけない。
吸蜜時間帯なので梅を注意しながら見ていくとテングチョウが吸蜜に来ていた。
今日の目的はテングとヒオドシの吸蜜シーンなので、これで目的の一つが果たせそうと、ちょっと逆光気味だけど喜んで撮影。
f0031682_10423787.jpg
ニコンD300 タムロン70-300(300) 1/6400 f8.0 ISO 800 絞り優先

モニターで確認すると、当たり前だけどテングチョウが黒くつぶれてしまっている。
スポット測光や露出補正をすればテングチョウは適正露出になるだろうけど、梅の花の白は飛んでしまうだろう。
せっかく海野さんの本を読んでストロボをマスターしようと思っていたのに肝心の時に使わなかった、と慌てて準備するがテングはどこかに行ってしまった。
がっくりしながら少し待っているともう一度戻ってきてくれた。
今度は背景や梅の花の露出を測ってマニュアルにし、ストロボの光量は色々変えながら撮影するが、1/32や1/16の光量では弱くて効果が少ない。
それで、海野さんの本に書いてあったようにストロボは自動調光にして撮影してみた。
f0031682_1044571.jpg
ニコンD300 タムロン70-300(300) 1/250 f22 ISO 800 マニュアル撮影 内蔵ストロボ(自動調光)

外光を測ってからその値でマニュアル撮影するのは、準備にかなり時間がかかってとっさの場合には対応できないことも多いとは思うけど、結果的にはこれが一番良かった。

by dandara2 | 2012-03-26 10:51 | 吸蜜 | Comments(16)
2011年 06月 18日

小畦川便り(魚露目:2011/6/13)

6月13日の月曜日に自宅付近で魚露目の撮影をしました。
どんなシーンが魚露目に適しているかのチェックと平地性ゼフの発生の確認のためです。
ゼフは全く見かけることができなかったので、樹液ポイントをチェックするとヒオドシチョウが吸汁に来ていました。
f0031682_7512293.jpg
ニコンD300s マイクロニッコールVR105

吸汁後近くの幹に止まって羽根を開いたので、コンデジの広角、魚露目で撮り比べてみました。
こちらがコンデジの28mm相当での写真です。
しっかりした像で、特に破綻もなく28mmではこんなものでしょうか。
f0031682_7515771.jpg
リコー GR DIGITALⅢ

こちらが魚露目での写真。
背景の写りが違っているものの、思ったほどにはコンデジと変わっては見えません。
でもちゃんと写っているだけで感激です。
昨年の組み合わせではまず考えられない画質です。
f0031682_7522178.jpg
ニコンD300 AF-S NIKKOR 18-55 VR +魚露目

このままでは面白くないので、少しアングルを変えてみました。
近づきすぎたので周囲の流れが目立ちますけど、こういった感じでアングルに少し変化をつけた方が面白そうです。
f0031682_7524726.jpg
ニコンD300 AF-S NIKKOR 18-55 VR +魚露目

自宅前の河原でも撮影しましたが、まずモデルになってくれたのがツバメシジミ。
縁取りのしっかりした美男子でした。
f0031682_7532541.jpg
ニコンD300s マイクロニッコールVR105

クズの葉に止まって落ち着いてくれたので、魚露目を使用。
周囲の草に埋もれた感じだったのであまり広がりが出ませんが、葉の茂った間でも近づいてこんな感じの写真が撮れるのは、レンズの先が飛び出た魚露目だからでしょう。
魚眼レンズだとレンズ先端が下のクズの葉に触って逃げてしまったかもしれません。
f0031682_7535673.jpg
ニコンD300 AF-S NIKKOR 18-55 VR +魚露目

河原ではノビルの花が咲いて、それにモンシロチョウが吸蜜に来ていました。
f0031682_7542146.jpg
ニコンD300s マイクロニッコールVR105

普段はあまりカメラを向けませんが、今日は魚露目の試験ですからカメラを向けました。
それほど広くもない河原が広々として見えます。向こうに見えるのは高速の関越自動車道です。
f0031682_7552257.jpg
ニコンD300 AF-S NIKKOR 18-55 VR +魚露目

今日は魚露目だけでなく、同じレンズで飛翔を撮るときの使い勝手も見るつもりだったのでここで、フィルター枠から魚露目を外し、モンシロチョウの飛翔も撮影。
f0031682_7555447.jpg
ニコンD300 AF-S NIKKOR 18-55 VR

設定の手間を考えると、いつもは飛翔用に設定しておいて、おとなしいよい子の蝶を見つけたら魚露目をつけるのが良いようです。
こちらはマクロレンズでの撮影。雄雌とも痛んでいますが、雄はまだ頑張っていました。
f0031682_7562680.jpg
ニコンD300s マイクロニッコールVR105

で、このモンキチョウの写真が今日の最高傑作。
こんな感じに撮れるなら魚露目もなかなか良いなと思いました。
f0031682_757158.jpg
ニコンD300 AF-S NIKKOR 18-55 VR +魚露目



ヒオドシチョウを除いて普段はあまりカメラを向けないような対象ですが、視点が変わると新鮮で、結構真剣に撮影してしまいました。

by dandara2 | 2011-06-18 08:00 | 機材 | Comments(12)
2011年 04月 03日

今年の初ギフ(2011/4/1)

4月1日はギフチョウを撮影に神奈川に行く。
その前日の3月31日にも出掛けたのだけど、天気が悪くチョウの姿は何も見ることは出来なかった。
唯一の収穫はブログ仲間で「ひらひら探検隊」をやっておられるhirax2さんにお目にかかることが出来たことだった。
チョウの姿もなかったので、ゆっくりお話をすることが出来た。

翌日の1日は天気も良く、気温も上がって最高の撮影日より。
ただ、前日はそんな天気だったので、発生初期のこの時期では個体数はまだ少ないかも知れない。
もう一日おいた土曜日が天気さえ良ければより個体数は多いのだろう。
撮影の人もたくさん押しかけて賑やかになるだろうし、それはそれでよいのだけど、他に撮影したい予定もあるし、そちらは一日でも遅い方が可能性はあると言うことで、ギフの方に出掛けることにした。
歩き始めて、最初のポイントの様子を見るがここではまだ発生していないようだ。
仕方ないので、あまり行きたくはないけど山頂まで歩くことにする。
途中、31日に見つけておいたカンアオイとシュンランの株を家内に教えて撮影してもらう。
こんなシーンはなかなか見られないような気がする。
f0031682_11455093.jpg

山頂に着くと、珍しいことにギフ撮影の人は誰もいなかった。
着いてすぐにギフが飛び出した。
追いかけると、登山道の途中の枯れ葉の上に止まった。
とりあえず今年の初ギフの撮影に成功。
f0031682_11461672.jpg

この個体はすぐに飛び立ってしまったけど、しばらくすると再度現れて今度は地面に静止した。
ところが私のところからはアングルが悪いので、回り込もうとしたら飛ばれてしまった。
f0031682_11464121.jpg

丁度回り込もうとしていた位置に立っていた家内が良いアングルで写真を撮ってくれていた。
この2枚の写真を見ると、写真ってほんとにアングル次第でどうにでも変わるものだなと思う。
f0031682_11485674.jpg

家内だから撮影した写真を気楽に見ていられるけど、大勢の人がいて、自分のポジションからしか撮影できなかったらやっぱりがっかりするだろうな。
蝶に会えるかどうかと言うこともそうだけど、如何に良いポジションを確保できるかもその人の運だなとつくづく感じてしまう。
どうも女神様に愛されているのは家内のようだ。(いつものことだけど)

そのうち、ギフ撮影の方も幾人か登ってこられたけど、山麓の方で何頭か現れているとのことだった。
まだ、山頂の方まで上がってくる個体は少ないようだった。
結局この日の山頂での撮影チャンスはこの時だけで、あとは下山中に2頭ほどの個体を見かけたのみ。
コントラストの強い枯れ葉に止まった姿は油断するとすぐに見失ってしまう。
ここのギフは春一番に会えるという楽しみはあるけど、花とかの条件がなかなか難しく、写真的にはそれほど期待出来ないので、今年もシーズン開幕で無事撮影できたという満足感で十分だ。
f0031682_11512534.jpg

ギフはそんな状況なので、代わりに力を入れたのがミヤマセセリ。
頂上に咲いているセンボンヤリで熱心に吸蜜しているミヤマセセリがいたので、そちらを集中して撮影した。
f0031682_11501631.jpg

充分吸蜜して飛び立つ時には、ストローを上に向けて満足したというような感じがしてほほえましい。
f0031682_1156683.jpg

ここのセンボンヤリでは♀も吸蜜していた。
♂が絡んで配偶行動でもしないかと期待したけど、吸蜜したらどこかに飛んでいってしまった。
f0031682_11562897.jpg

下山途中ではウグイスカズラで吸蜜している個体もいた。
f0031682_11592738.jpg

今年はミヤマセセリの色々なシーンを撮影できて良かった。あとは配偶行動が撮影できれば最高だ。
まだチャンスはあるだろうから頑張ろう。

また、山頂ではいつものようにヒオドシチョウがテリ張りをしていたけど、大きくて立派でビックリしてしまった。
小さなセセリやシジミばかり見ていたせいだろうか。
f0031682_1157338.jpg

ミヤマセセリと絡んだりしているので、撮影しようとするが足場が悪く撮影できなかった。
代わりに飛び出すところをパスト連写。
f0031682_11575635.jpg

とりあえず今年の初ギフも撮影できて満足して帰宅した。

by dandara2 | 2011-04-03 12:02 | 初見日 | Comments(28)