タグ:ネッタイアカセセリ ( 1 ) タグの人気記事


2014年 01月 23日

八重山撮影行(5日目:シジミチョウ以外の蝶:2013/11/22)

シジミチョウ以外の蝶は、雨こそ降らないもののすっきりしない天気のため、思ったほどの成果はなかったけど、一応記録のために書いておくことにします。

シジミ類の多い林道に入って最初に出会ったのはクロアゲハだった。

f0031682_19384161.jpg

八重山に多い後翅の赤紋のはっきりした個体で、少し痛んではいたけど喜んで撮影。
魚露目でも撮影したけど、TG-2は逆光に弱く、jpegでの撮影しかできないので、背景が飛んでしまったのが残念だ。
f0031682_19384026.jpg

林道にはマサキウラナミジャノメ
f0031682_19384173.jpg
家内撮影

リュウキュウヒメジャノメなどがいた。
f0031682_19384109.jpg
家内撮影

リュウキュウヒメジャノメは、身近な所にいるヒメジャノメとそう違わないので、ついついいい加減な撮り方になってしまうけど、あまりそういった意識のない家内の写真は、このチョウの魅力をよく出した写真になっていた。
f0031682_19383086.jpg
家内撮影

今度はヒメジャノメもきちんと撮っておこう。

この林道にはクロテンシロチョウも多かった。

f0031682_19384158.jpg
家内撮影

ゆっくり飛んでくれるので飛翔も撮ったけど、暗かったので露出不足の写真ばかりになってしまった。
f0031682_19383008.jpg

タイワンキチョウもいた。
f0031682_19384003.jpg

キタキチョウととっさには区別がつかない。
入野さんに確認したり、撮影後写真を見て確認したりしたけれど、おかげで区別点が良くわかるようになった。

こちらも飛翔を撮影したけれど、今度は暗い上にダイアルが知らないうちに回って、シャッタースピードが高速になってしまったりで、さらに露出不足になってしまった。
f0031682_19384165.jpg

タムロンのこのレンズ(10-24)はボケが汚い。
やはりニコンの純正レンズでないとだめかもしれない。
今シーズンにはレンズを変えるつもりだ。
f0031682_19384184.jpg

今度はRAWで撮ってあったので、多少は修正がきいたけど、jpegだったら救いようがなかったと思う。
ダイアルが簡単に動いてしまうのが、ニコン1V2の最大の欠点かな。

家内の撮ったこのキタキチョウは、翅が変な形に開いているなと思ったら、ハナグモの犠牲になった個体だった。

f0031682_19383085.jpg
家内撮影

この林道にはクロボシセセリがたくさんいた。

f0031682_19475097.jpg

ただやや擦れた個体が多かったのでほとんどカメラを向けなかったけど、入野さんが交尾個体を見つけてくれた。
f0031682_19384046.jpg


ネッタイアカセセリも多かった。

f0031682_19383093.jpg
家内撮影

翅表を見ると、キマダラセセリに似ているけど、裏面はかなり異なっている。
f0031682_19384104.jpg

ユウレイセセリもいた。
f0031682_19383028.jpg


チャバネセセリに似た蝶の中で、区別点が一番わからないのがトガリチャバネセセリ
この個体もチャバネセセリなのか、トガリチャバネセセリなのかわからない。

f0031682_19383047.jpg

翅が今まで見たチャバネセセリよりなんとなく尖って見えるのでトガリチャバネセセリとしたいところだ。
この写真でどちらかわかる人はいらっしゃるだろうか。

タテハチョウでこの日見かけたのはヤエヤマムラサキ。

f0031682_19383099.jpg

最初はセンダングサに止まっていたけど、そのうちふっと飛び立って、道路に落ちている剪定された葉に止まった。
f0031682_19383006.jpg

入野さんによれば、食草のオオイワガネだそうだ。
産卵でもしないかなと思ったけど、雄のようだから無理でした。

マダラチョウではスジグロカバマダラが多かったけど、やや擦れた個体が多く、良い写真は撮れなかった。
飛翔にもチャレンジしたけど、マダラチョウって意外と撮影が難しい。

f0031682_19383017.jpg

その日の撮影を終えて宿に帰って、宿の前の公園を覗いたら、オオゴマダラがまた産卵をしていた。

f0031682_19383014.jpg

左側の葉にも産卵された卵が見える。



by dandara2 | 2014-01-23 19:55 | 交尾 | Comments(14)