タグ:ツマベニチョウ ( 5 ) タグの人気記事


2011年 07月 20日

沖縄遠征:1(オキナワカラス・ツマベニ:2011/7/16)

7月16日から18日まで沖縄に行ってきました。
直前に発生した台風6号の動向が心配だけど、もう行くっきゃないということで出かけました。
目的は、オキナワカラスアゲハとフタオチョウの撮影。
息子一家も沖縄に行きたいというので同行しましたが、今回は私の撮影がメインなので完全に別行動で撮影に専念した。
今回も「やんばるの風」のmiyagiさんに何から何までお世話になりました。
ありがとうございました。
最初にオキナワカラスアゲハのポイントに案内してもらった。
車を降りるとすぐにモミジバヒルガオにツマベニチョウが吸蜜に来ていた。
f0031682_925167.jpg

ポイントで見かけるのはシロオビアゲハが大半でオキナワカラスは現れない。
ようやくアゲハの集まるポイントで一回り大きなオキナワカラスアゲハを見つけ撮影することができた。
葉の陰で暗く、オキナワカラスアゲハの特徴である後翅弦月紋の青色がうまく出るか心配だったけど、何とかそれとわかる写真が撮れた。
f0031682_9255636.jpg

そのうち手前にも出てきてくれたので、オキナワカラスアゲハの特徴である前翅の白帯もきちんと撮影できた。
f0031682_9263145.jpg

この写真では、ミヤマカラスのような前翅の白帯、後翅の青と赤の弦月紋、弦月紋の白い縁取りも撮れていて、これでオキナワカラスアゲハも撮影できたと満足感でいっぱいになった。
f0031682_9265978.jpg

その後、ツマベニチョウのポイントに移動するが、手前にはシロオビアゲハのポイントがあり、たくさんのシロオビアゲハがいたので飛翔の撮影練習。
f0031682_18485250.jpg

また、人家の前のヒギリの花にはたくさんのシロオビアゲハが群れていた。
f0031682_9275558.jpg

なかなか見たように表現するのは難しいけれど、たくさんの個体がいる雰囲気はわかるだろうか。
f0031682_928145.jpg

ここにはモンキアゲハもたくさんいて、大きな体でせわしなく吸蜜している。
f0031682_9354578.jpg

ツマベニチョウは♀がインパチェンスの花に吸蜜に来ていた。
f0031682_9283889.jpg

また、♂は湿った路上に吸水に来ていた。
f0031682_9285862.jpg

少し移動した先ではリュウキュウイトバショウにも来ていたが、ピンクの大きな花の付け根にある筒状の花で吸蜜していた。
バナナに非常に良く似ていて、小さな実がなっていたけど食べられないそうだ。(種が多いらしい)
f0031682_9294056.jpg


その後コノハチョウのポイントに移動。
入り口にはナガサキアゲハの♂がハイビスカスで吸蜜していた。
f0031682_9305588.jpg

miyagiさんは、6月にはここでコノハチョウとフタオチョウの両種を撮影しているので、うまくいけば今度も撮影できるかなと期待していたけど、現れたのはコノハチョウの方だった。
f0031682_9311383.jpg

暑いのでなかなか翅を開かないけど、時々バタバタと開閉する。タイミングを計って撮影したけど何とか写っていた。
f0031682_9314172.jpg

また、家内の帽子にも来たので取りあえず撮影、その後翅を開いたのでそっと移動しようとしたら飛んでしまった。
f0031682_9321413.jpg

いよいよフタオチョウのポイントに移動することにするが、途中のアオタテハモドキのポイントでは♂がクマノギクで吸蜜していた。
f0031682_9325434.jpg

ポイントにmiyagiさん手作りのトラップを設置して、周囲の様子を見回ってみる。
開けた草地ではアオタテハモドキの♀がいた。♀は撮影していなかったので喜んで撮影する。
f0031682_9335379.jpg

トラップの場所に戻るとスミナガシがテリ張りをしている。
f0031682_9342440.jpg

トラップの場所を巡回する途中で家内が撮影したこの写真では、口吻の赤い色がチャームだ。
f0031682_9363937.jpg

肝心のフタオは高い木の上で♂がテリ張りをしていた。
結局トラップに来ることはなく、5時過ぎにあきらめて帰ることにする。
f0031682_937220.jpg

駐車場のハイビスカスにはナガサキアゲハの♀が吸蜜に来ていた。
沖縄のナガサキアゲハの♀は白い部分が大きくて、飛んでいてもとても目立ってきれいだ。
f0031682_9374439.jpg

吸蜜しているナガサキアゲハをみると、所々にハイビスカスの花粉が付いている。
f0031682_9385166.jpg

雌しべの様子を見てもこういった大型の蝶に花粉を媒介してもらうような作りをしているように見える。
ツツジとアゲハの関係に似ているような感じだ。

フタオチョウの写真が今ひとつのできだったので、明日はフタオ狙い一本で再チャレンジすることにして宿に帰った。

by dandara2 | 2011-07-20 09:40 | 吸蜜 | Comments(26)
2011年 01月 21日

蝶の求愛行動(2010/11/23:沖縄やんばる)

このところ毎日寒いですね。
もっともこれで平年並みなのかもしれないですが。
関東は正月以来毎日晴天で、真っ青な空があっけらかんと広がっています。
通勤電車の窓からは富士山が良く見えて、雪が降っている地方の方には申し訳ないようです。

今年の初蝶が出るまでもう1ヶ月くらいとなったけど、今はフィールドに出ても成虫は何も撮影できないので、昨年の11月末に沖縄に行ったときに、蝶の求愛行動をいくつか撮影できたので紹介しておきます。

これはモンキアゲハの求愛ですが、前を飛んでいるのが♂で、後ろで足を広げストローを伸ばしているのが♀です。(クリックして拡大すると良くわかると思います)
♂は♀にフェロモンをよくかがせようとするのか、♀の前を飛びながら♀を包むようにしてだんだん近づいていきます。
f0031682_9162090.jpg
ニコンD300 シグマ17-70(19) 1/2000 f4.5 ISO1000 シャッタースピード優先

♀は交尾する気がないのか、♂が近づくと離れようとするので、だんだん後ろに下がってやがて舞い上がってしまい、最後まで見届けることはできませんでした。
f0031682_917386.jpg
ニコンD300 シグマ17-70(19) 1/2000 f4 ISO1000 シャッタースピード優先

♀は♂からのフェロモンに刺激されてストローを伸ばしたり、脚を広げたりしているのか、それともモンキアゲハ♀の交尾拒否のポーズなのか、手持ちの資料やネットで調べてみましたがはっきりとしたことはわかりません。
f0031682_21484811.jpg

最近は文献集めをほとんどしていないのでだめです。どなたかご存知でしょうか。

これは、シロオビアゲハの求愛行動ですが、吸蜜している♀を見つけて♂が近づいてきました。
f0031682_9173959.jpg
ニコンD300s VRマクロ105 1/500 f11 ISO800 絞り優先

♀はかなり飛び古した固体(当然既交尾?)で、♂は♀の前に出て求愛していましたが、これもだんだん高く舞い上がってやがて♂があきらめました。
f0031682_91834.jpg
ニコンD300s VRマクロ105 1/400 f10 ISO800 絞り優先

これは吸蜜しているナガサキアゲハの♀のところに♂が飛んできたところですが、このときはあっさりあきらめたような印象で、特に絡みとかそういったことはおきなかったようです。
f0031682_9184391.jpg
ニコンD300s タムロン70-300(175) 1/320 f5.6 ISO800 絞り優先

ファインダーをのぞいていると、そのあたりの詳細な観察がおろそかになってしまうし、ついメモを取りそこなったりでいろいろ反省することも多いです。

これは、ツマベニチョウの求愛ですが、1.5m位の高さから地表近くまで、♂と♀が絡み合うようにしてずいぶん長いこと飛んでいました。(2分位)
ツマベニの吸蜜を撮影しようと車を降りてカメラを手にしたところで、すぐにこんなシーンが展開しました。
吸蜜狙いだったので飛翔用のカメラは車の中、とっさのことでカメラの絞り値などを修正する間がなく(というかそちらに神経が行かなかった)、貴重なチャンスなのにぶれてしまったのが残念です。
f0031682_9193243.jpg
ニコンD300s タムロン70-300(200) 1/320 f10 ISO800 絞り優先

♀はかなり飛び古した固体なので交尾拒否だと思いますが、一連の写真を見て気がついたのは、かなり激しく絡み合っていながら、♀は♂に対して向き合うような姿勢をとろうとして、背後に♂が来ないようにしているみたいにみえました。
撮影した52枚の写真のうち、♀の背後に回っている写真は8枚だけでした。
f0031682_9195761.jpg
ニコンD300s タムロン70-300(200) 1/500 f10 ISO800 絞り優先

♂が♀の背後にまわるのは、飛翔していては交尾できないので、強制的に着陸させて交尾を迫るということでしょうか。
モンキチョウなどのように、メスの直前に出てホバリングするような行動は見られませんでした。

昨年一年間のうち、こういった求愛行動を撮影できたのはあまりないのに、沖縄旅行のたった一日のうちにこれだけたくさんの求愛行動を撮影できたのはやはり沖縄の蝶相が豊かだからでしょうか。
いつかはじっくり腰をすえて撮影したいものです。

by dandara2 | 2011-01-21 09:57 | 配偶行動 | Comments(20)
2010年 12月 02日

沖縄遠征(3/4 沖縄 ヤンバル:2010/11/23)

3回で終わらせるつもりだったけど、撮影枚数が多くもう一回追加することにしました。

コノハチョウを撮影した後は、リュウキュウムラサキなどを求めて移動するが、これは撮影できなかった。
代わりに、アオタテハモドキが現れてくれた。
昨年久しぶりにちょっとだけ撮影できたのでこれも十分うれしい。
f0031682_9591735.jpg

ここにはイシガケチョウがたくさん飛んでいた。ただ、ついでの感じになってしまったのであまり良い写真が少ない。
f0031682_9595422.jpg

クロマダラソテツシジミもみかける。
f0031682_1002331.jpg

ルリウラナミシジミはここでも見かけた。
昨年は八重山で多いと言うことが話題になっていたような気がしたけど、今年の沖縄でも普通種という感じだった。
f0031682_22334062.jpg

シロオビアゲハのⅡ型が産卵をしていた。新芽に産卵していた時には、葉被りでうまく撮影できず、これは別の葉で腹端を曲げた時だけど、産卵したかどうかはちょっと微妙だ。
シロオビアゲハのⅡ型は30数年前に八重山を訪れた時にはほとんど目にしなかったけど、今回は♀の多くはこのタイプだった。
ベニモンアゲハの進出につれてⅡ型が増えたとのことだけど、きれいなタイプなので撮影できるとうれしい。
f0031682_1011816.jpg

帰宅して写真を眺めながら、そういえば、南大東島でチャバネセセリを撮影したことを思い出し、類似種の分布を調べてみると、沖縄ではユウレイセセリが1973年以来定着しているようだ。
後翅の斑紋の並び方で区別できるらしい。
自分の撮影した写真を調べてみるが、チャバネセセリなどにはほとんどカメラを向けていない。
がっくりしながら家内の写真を見てみると、・・・やったーいるじゃん!! 
f0031682_1015781.jpg

ということでユウレイセセリがアオタテハモドキの草地で撮影できていました。家内に感謝、感謝。
なんでも馬鹿にしないでカメラを向けておくべきだということを痛烈に反省しました。
ここではウスキシロチョウの無紋型も撮影することが出来た。
f0031682_1022830.jpg

こちらはナミエシロチョウ。
f0031682_1024986.jpg

また場所を移動して、山茶花にたくさんの蝶が吸蜜に来ているという場所を目指す。
途中、トックリキワタという、幹の下部が徳利型に膨らんだ木が花を咲かせているので見ると、ツマベニ蝶やナガサキアゲハが吸蜜に来ていた。
ただ木が大きいので、証拠写真程度にしかならなかったが、花はなかなかきれいで、条件がよければ絵になる組み合わせだと思った。
f0031682_18581294.jpg

この木の下にはハイビスカスも咲いていて、その花にもツマベニチョウが来ていた。
f0031682_1033862.jpg

メスアカムラサキが居たというヒルトップで昼食をとるが、メスアカムラサキは現れず代わりにスミナガシが慰めてくれた。
f0031682_1091831.jpg
ここで、イワカワシジミやリュウキュウウラナミジャノメを探すが見つからない。
両種とも撮影できたらいいなと思っていたのだけど残念。
ま、生き物を相手にする以上仕方がない。
お目当ての山茶花の場所につくと、なるほど、各種のマダラチョウがたくさん来ている。
一番多いのはツマムラサキマダラ
f0031682_104828.jpg

♂♀とも多くて、♂が青い翅端をきらめかせながら飛んでいる。
f0031682_1061628.jpg

こちらは♀が偶然同じ空間に飛び込んできた。
f0031682_1063632.jpg

次に多いのがアサギマダラ。マーキングされている個体がいないかなと思って注意してみるが、それは見つからなかった。
もう少しすると薄暗い場所で集団で冬を越しているとのことだった。
f0031682_107155.jpg

時々はオオゴマダラも吸蜜に来ていた。
今回の沖縄旅行では、オオゴマダラの写真もたくさん撮りたいと思っていたのだけど、意外に数は少なくてあまり良い写真は撮影できなかった。
f0031682_1072663.jpg

そうそう、あまり多くはなかったけど、リュウキュウアサギマダラもいました。
f0031682_22391514.jpg

ここにはアマミウラナミシジミもいたが、ルリウラナミシジミに比べると個体数は少なく、見かけたのはこのときだけだった。
f0031682_1081818.jpg

十分撮影して車に戻る頃には、雲も多くなりなんとなく薄暗くなってきたけど、ツマベニチョウの♀がハイビスカスに吸蜜にきた。
ツマベニの♀の吸蜜は意外とチャンスが少ないので、やや色あせた個体だったけどありがたく撮影した。
f0031682_1085471.jpg

これで楽しかったやんばるでの撮影も終わり。
一日案内していただいたmhidehideさん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2010-12-02 10:10 | 飛翔 | Comments(18)
2010年 11月 28日

沖縄遠征(2/4 沖縄 ヤンバル:2010/11/23)

11月22日の夕方の便で那覇に戻り、そのままレンタカーで名護に移動して宿泊。
翌23日に「やんばるの風」のmhidehideさんに案内していただいてヤンバルを歩く。
実は沖縄は石垣などの通過点として利用するだけで、撮影は初めてになる。
とっても楽しみだ。
最初に案内していただいたのはツマベニチョウのポイント。
花に来てもすぐに飛び立ってなかなか落ち着かないツマベニチョウも、このベニツツバナでは比較的ゆっくり吸蜜するので撮影のチャンスが多いとのこと。
入れ替わり立ち替わりツマベニチョウが吸蜜に訪れるが、動きが早いのと曇天でやや暗いので、ブレを連発してしまった。
f0031682_192295.jpg

それでも目の前を飛び交うツマベニチョウを追いかけてカメラを向けるだけでも楽しい。
そこから少し移動した場所にはニチニチソウのような花が咲いていて、ここにもツマベニチョウが来ていた。
f0031682_193422.jpg

またここにはナガサキアゲハが多く、♀が入れ替わり立ち替わり花を訪れていた。
f0031682_1933284.jpg

ここでみる♀は関東でみるナガサキアゲハよりも白い部分が多く、南国に来たんだなという気分にさせてくれる。
f0031682_1935963.jpg

ここにはモンキアゲハもいて、自宅付近では一番撮影のチャンスが少ないので結構真剣に撮影したが、暗いのにいつもの設定の絞りのままだったので、ぶれ連発でまともなが写真がほとんどなかった。
まだまだ修行が足りません。これは家内の撮影したもの。
f0031682_194321.jpg

ナガサキアゲハの♂はあまり多くはなく、鮮度も良くなかったが、少し移動してコノハチョウへの登り口では♂が多く吸蜜に来ていた。
f0031682_1945969.jpg

ここの♂は鮮度も良く、♀にも負けない迫力があった。
f0031682_1952726.jpg

また、ツマベニチョウも時々飛んできて、家内の撮影したこの写真はちょうど飛び立ったところがジャスピンで写っていた。
f0031682_1955062.jpg

いよいよ今日の一番の目的のコノハチョウの撮影にはいる。
目的の場所に歩いていく途中でルリウラナミシジミが飛んでいた。
止まるのを待って時間を割きたくなかったので、飛んでいるところを撮影。何とか翅表が写っていた。
f0031682_196151.jpg

途中、所々にパイナップルを泡盛に漬けたトラップを仕掛けながら歩いていくと、突然mhidehideさんが、「アッいた」と立ち止まる。
指さす先を見ると、シークワーサーの葉の裏にコノハチョウが止まっていた。
ああ、本当に撮影できるんだとちょっと興奮しながらシャッターを押す。
f0031682_1964934.jpg

mhidehideさんが、トラップの入った瓶の蓋を開けるとぷーんと泡盛の匂いがあたりに漂う。
それに反応してコノハチョウが飛び立ち、近くの葉の上に止まって翅を開き始めた。
コノハチョウを撮るなら是非この豪華な翅表も撮りたいと思っていたので大感激。
夢中でシャッターを押す。
f0031682_1972294.jpg

そのうち翅を全開してくれたけど、真上からは撮影できずこれが限界。
f0031682_1974372.jpg

ここまでで、望遠ズームを付けたD300sの16Gのメモリーを使い切ってしまった。ツマベニとナガサキを夢中で撮影したからだけど、2台のD300sを合わせると1000枚を超える。
飛翔用の連写でもないのにこんなにたくさん撮影したのは初めてだ。
家内も8Gのメモリーを使い切ってしまったので、それぞれメモリーを交換するが、予備のメモリーはもうない。
この調子で撮影したら最後まで持つかなとちょっと不安になる。
そのうちコノハチョウがふっと飛び立って近くの幹に止まった。
この写真では頭を上にしているが、こうして止まるケースは少ないとのこと。
f0031682_199850.jpg

そのうち向きを変えて翅を開き始めた。
暗いのでストロボを使ったが、ストロボによる翅の色の変化は少ない蝶のようだ。
f0031682_1993317.jpg

幹に止まってこちらを向いたこの写真は迫力も出て結構お気に入り。
f0031682_1995439.jpg


充分撮影できたので、mhidehideさんがトラップを手に持ってコノハチョウに近づけるとその手に乗ってきた。
撮影した写真はすごく豪華な感じの出来になった、さすがコノハチョウ。
f0031682_19101991.jpg

充分撮影したので、次の目的地に移動することにするが、帰りがけにmhidehideさんの知り合いのシークワーサー農園の人が、シークワーサーを摘んでいって良いよと言ってくれたので、おみやげにいただいてきた。
(続く)

by dandara2 | 2010-11-28 19:20 | Comments(26)
2009年 12月 29日

久しぶりの八重山(1:石垣島)

12月23日から28日まで、八重山に行って来た。
1972年に沖縄が日本に返還された2年後の1974年に出かけて以来のことになる。
カメラがデジタルになってからは、九州にちょっと出かけた以外は中部地方がメインフィールドなので、撮影できるチョウもそろそろ頭打ちになってきた。
北海道と八重山は出来ればベストシーズンに行きたいけど、勤めの関係でその時期は休みが取れず、もう少しして時間が自由になるようになったら出かけたいと思っていた。
何の気なしに石垣島についてネットで調べてみたら、12月でも多少のチョウは撮影できるようなので、今後の下調べのつもりで出かけてみることにした。
何も知識がないので、石垣島でチョウのガイドなどをしている「蝶館カビラ」の入野さんにお願いして、24.25の両日に石垣島と西表の案内をしてもらうことにする。
23日の13時30分過ぎに石垣空港に着き、宿に荷物を置いてすぐに近くのバンナ岳にタクシーを飛ばして、そこから歩いて下りながら撮影することにする。
昔はたくさんのチョウがいたように思うのだけど、きれいに整備されてあまり蝶の姿はない。
それでもハイビスカスにはツマベニチョウやヤエヤマカラスアゲハが時々吸蜜に来ている。
ヤエヤマカラスアゲハはボロの個体が多かったけど、ツマベニチョウは新鮮だった。
ただ、吸蜜に来ても2秒程度ですぐに飛び立ってしまいなかなか写真が撮れない。
困っていたら、家内が「止まっている」と言うので駆けつけると、低いハイビスカスに頭をつっこんで吸蜜している。
結構落ち着いて吸蜜しているようなので、とりあえず撮影してアングルを変えようと移動したら飛ばれてしまった。
(この写真は家内のものです)
f0031682_21295786.jpg

ハイビスカスにはシロオビアゲハも吸蜜に来ていた。
昔来た時には、シロオビアゲハとベニモンアゲハは数が多くて飽きる位だったけど、今回はそれほどでもなかった。
時期的なものもあるのだろうけど、やはり数が減ってきているのだろうか。
f0031682_21302311.jpg

道を下っていると、足元からシジミの交尾個体が飛び出した。きれいなブルーが見える。
止まった所を見ると、裏面は縞模様だ。
八重山のチョウはあまり興味がなかったので、ほとんど種類が分からない。
でもきれいなブルーだったからルリウラナミシジミかなと思いながら撮影する。
葉の影が翅に落ちてしまっているので、何とか良いアングルがないかなと思って体を動かしたら飛ばれてしまった。
意外と敏感だ。
f0031682_21305276.jpg

周囲を注意してみると、あちこちにルリウラナミが飛んだり、吸蜜したりしている。
f0031682_21312940.jpg

吸蜜を撮影したあとは、飛翔にもチャレンジしてみるが、そろそろ夕方で日差しが弱くなってきたのかちょっとぶれてしまった。
f0031682_21314854.jpg

近くにはコミスジが飛んでいるけど、たしかこちらにいるのはリュウキュウミスジ。
コミスジとほとんど変わらないので、テンションは上がらないけどそれでもきちんと撮影しておく。
f0031682_21321064.jpg
ちょっと暗い林道があったので入ってみると、ヒメジャノメによく似てるけど白線がくっきりしたリュウキュウヒメジャノメがいた。
f0031682_21323349.jpg
この日はこれ以外にナミエシロチョウも撮影できたけど、ちょっと遠目で残念。
帰る途中食事をすることにして、お店を見ていたらヤシガニを食べさせるお店があったのでそこで夕食を食べた。
ヤシガニは同じヤドカリの仲間のタラバに似た味で結構おいしかった。
ただ最近数が減っているそうで、ちょっと反省。
f0031682_21325971.jpg

宿に帰ろうとしたら道に迷ってしまい、あちこちを歩き回った末ギブアップ。
道を聞いた仕事帰りの女性は親切にも宿まで送ってくれた。
明日からはいよいよ本番の撮影開始、週間天気予報では八重山はあまり天気が良くないようだけどどうなるか。不安と楽しみと半々だ。

by dandara2 | 2009-12-29 21:35 | 吸蜜 | Comments(24)