タグ:ツマグロヒョウモン ( 47 ) タグの人気記事


2017年 10月 25日

小畔川便り(コスモスの川原で-5:2017/10/12.18)

10月12日は8日、10日と小遠征が続いたし、翌日からは天気が下り坂で、天気が良くなるころにはコスモスも終わりかなと思ったので、自宅前のコスモスの様子を見に行く。

コスモスはかなり終りに近くなってきたけど、まだ何とか見られる状態を保っている。

少し傷んだツマグロヒョウモンのオスがいたので、割合の多くなってきたピンクのコスモスを背景に写真を撮った。

f0031682_07391447.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


こちらは別個体。

f0031682_07391972.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



ヒメアカタテハは相変わらずキバナコスモスが大好き。
f0031682_07391905.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


それでも黄色やピンクのコスモスが背景に入ってくれるので、カラフルで撮影していても楽しい。

f0031682_07392057.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07392059.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立ちも撮影。
f0031682_07392044.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


キタテハは秋型になって、ずっと写真写りがよくなった。

f0031682_07391362.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただ、一番落ち着きがなくて撮影は結構難しい。

f0031682_07391425.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この撮影の後ずっと天気が悪かった。


10月18日になってようやく六日ぶりの晴天になった。

コスモスはかなり花が終わって、種が多くなってきたから、家に帰るとセンダングサほどではないけど、あちこちに種がついている。

カメラを向けても、傷んだ花が多くなって広角は無理そうなので、望遠ズームでヒメアカタテハを撮影。

f0031682_07390564.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07385409.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

この個体、後翅の黒点がかなり発達していた。


この日は、イチモンジセセリよりもチャバネセセリが多く、飛び出し撮影にチャレンジ。

f0031682_07385497.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


セセリの飛び出しは速くて、翅がゆがんでいる。

f0031682_07385495.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


シャッターの関係か、自然状態でもそうなのかはよくわからない。

ふと見るときれいなツマグロヒョウモンのメスが飛んできて、コスモス畑よりも一段下がった川岸の土に止まった。

上がってこないかなとしばらく見ていたけど、その気配がないので仕方なく下に降りた。

その拍子に地面に止まっていたツマグロヒョウモンがふっと飛び立って、下に生えていたキバナコスモスに止まった。

f0031682_07390478.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


きれいなメスで、翅のブルーが輝いている。

f0031682_07391458.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず望遠で押さえたので、広角で撮ることにする。

少し位置が悪いけど、逃げては困るのでそのまま撮影。

f0031682_07391381.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13



出来れば川が入る位置の花に来てくれないかと思っていたら、願いが通じたのかその花に来てくれた。

やったねと思いながら撮影。

f0031682_07390432.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


出来れば正面から撮影できる位置に来てくれないかなと思ってみていると、少し位置をずらして願った通りの位置で翅を開いてくれた。

f0031682_07390560.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


周りは草で囲まれて、だれにも気兼ねせず、自然の中に浸りきって思い通りのアングルで写真が撮れた。
たった数分のことだけど、至福のひと時だった。

ようやくこの広角レンズの特徴を十分生かした写真が撮れたような気がして大満足。

このレンズは、1枚目の写真でもわかるように、周辺の描写がちょっと気になる(f5.6)。
それでこの日は少し絞ってみたら(f6.3)、ようやく周辺の流れもかなり改善された。
この日は飛び出しも意識して、シャッタースピードは1/4000のマニュアル露出(ISO Auto:この時はISO800になっていた)にしてあったけど、広角専用と割り切って、シャッタースピードをもう少し落として、逆にもう少し絞って写りを確認しておこうと思う。


この後移動して、あまり良い位置には止まってくれなくなってしまったので、飛び出しの写真をとることにする。

f0031682_07390448.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


f0031682_07385485.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


この後上のコスモスの群落に戻った。

少しきれいな花の間に止まってくれたので、広角で撮ろうと思うけど、手前にコスモスがあって近づけない。

仕方なくコスモスの間にそっとカメラを入れて撮影。

f0031682_07385328.jpg
ニコン1J5 1ニッコール6.7-13


手前のコスモスが入ってしまったけど、これはこれで面白い絵になった。

コスモスは、先日の台風21号で川原が冠水してダメになってしまったので、これで今年の撮影は終わり。
きれいに世話してくれたおかげで、今年も楽しく撮影し、最後に良い写真が撮れてよかった。
ありがとうございました。



by dandara2 | 2017-10-25 07:58 | 吸蜜 | Comments(4)
2017年 09月 27日

小畔川便り(コスモスと蝶たち-1:2017/9/8.11.13)

自宅前のコスモスがきれいになってきたので、撮影に出かける。

コスモスは自宅近くでは2か所の群落があって、それぞれ世話をしている人が違う。

1か所は通りに面していて、この時期カメラを持った人が良く訪れている。
ただ、ピンクのコスモスが中心で、蝶はあまり来ないので面白くない。

それに対して、この場所は少し奥まった場所にあって、訪れる人はほとんどいない。
人が来ないのは、ここで一生懸命コスモスの世話をしている方には少し気の毒な気もする。

まあ個人的には、キバナコスモスがたくさんあるのでチョウは多いし、ほぼ独占状態で撮影できるのはうれしい。

そんな事情もあって、少しくどいくらいコスモスを撮影して、昨年はここで撮った写真をアルバムにして渡したら大変喜んでくれた。


9月8日はキアゲハがキバナコスモスに来てくれた。

f0031682_16265773.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16265659.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この個体、右前翅が少し傷んでいた。
f0031682_16264856.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんとか目立たないように撮影。
f0031682_16264840.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ピンクのコスモスはきれいだけど、ほとんどチョウはこない。

f0031682_16265725.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



それでも背景に入ると、ぐっと写真が引き立つように思う。

f0031682_16264879.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立つところも写っていた。

f0031682_16265704.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


こちらは意識して撮影。
f0031682_16264920.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


イチモンジセセリもたくさん来ている。

f0031682_16265648.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


11日は、アゲハもツマグロヒョウモンもいなくて、イチモンジセセリばかりが目についた。

それで、これはこれでチャンスと思いなおして、イチモンジセセリの飛翔を狙うことにした。

f0031682_16264136.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_16264165.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


あちこちで求愛行動も見ることができた。

f0031682_16264744.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16263842.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


13日は、ツマグロヒョウモンが目に付いた。

f0031682_16263171.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


きれいなメスがいたので、この日はこのメスを中心に撮影。

f0031682_16263876.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16263207.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16263182.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


コスモスの緑の葉がきれいに混じってお気に入りの写真になった。

f0031682_16263233.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



by dandara2 | 2017-09-27 16:42 | 吸蜜 | Comments(10)
2017年 09月 24日

ヒガンバナの咲く川原で-2(2017/9/15.18)

9月15日は別の場所にヒガンバナに来る蝶を見に行った。


そこではヒガンバナにミヤマカラスアゲハが吸蜜に来ていた。

f0031682_07045840.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


数輪の花が咲いただけの場所で、ミヤマカラスも傷んだ個体だったけど、ヒガンバナに来るのを撮影するのは初めてだったので、喜んで撮影した。

f0031682_07050782.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07050752.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_07050746.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

花の周りをせわしなく飛んで、飛び立ってもまた戻ってくる。
f0031682_07045869.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


傷んではいたけど、飛び立った時にきれいに翅が輝いてくれた。
f0031682_07045861.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影した後、周囲の様子を見て回ったら、足元からクロコノマチョウが飛び出した。

f0031682_07045842.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立つところも撮影。

f0031682_07045870.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ミドリヒョウモンのメスがいたけど、産卵する様子はなかった。

f0031682_07050789.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵を撮影したかったけど残念。

コミスジがいて、足元に止まったので見ると、胴体がやけにキラキラと輝いていた。

f0031682_07043444.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


18日は、先日ナガサキアゲハを撮影した場所に再度出かける。

ヒガンバナは少し盛りを過ぎていたけど、まだ何とか撮影には耐える感じ。

けれども蝶の数は少ない。

傷んだキアゲハを見かけただけ。

f0031682_07043582.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


どうも今年は蝶の鮮度とヒガンバナの時期が一致しない感じだ。
f0031682_07043419.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


それでもヒガンバナにキアゲハの組み合わせは今年初めて。

f0031682_07043411.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_07043416.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


このキアゲハ、同じ花に何度も止まっていたけど、どうも吸蜜よりもテリハリというか探雌飛翔をしている感じで、ヒガンバナの蕾に止まったりもしていた。
f0031682_07041735.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ふと見ると、ヒガンバナに黒いアゲハが。

f0031682_07041617.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


えっと思ってみるとカラスアゲハだった。
しかも新鮮。

f0031682_07041775.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


でも、ほんのちょっとのシャッターチャンスしかくれなかった。
贅沢だけど、手前のおしべが邪魔でピントがうまく合わなかった。


帰りかけて土手に上がると、何とツマグロヒョウモンがヒガンバナに来た。

えっと思ってファインダーをのぞくと、ストローは伸びていない。

f0031682_07041778.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


たんに止まっただけのようだ。

それでも、こんなシーンはめったにないので喜んで撮影する。

家内は真っ赤なヒガンバナをぼかして背景にしていた。

f0031682_07041626.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


飛び立っても、なぜかヒガンバナに止まっていた。

f0031682_07041679.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30



by dandara2 | 2017-09-24 07:24 | 吸蜜 | Comments(10)
2017年 08月 23日

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵など:2017/7/31-8/13)

お盆の間自宅の窓から見える関越高速は朝6時くらいからすでに渋滞が始まっている。
この間は高速で出かける気にならないので、自宅前の川原の様子を見に行くのが毎年のことだけど、今年は天気が悪い。

ほとんどチョウの姿はないけど、なぜかジャコウアゲハの姿はよく見られた。

7月31日、川原を歩いていると白い蝶が飛んでいる。
この前、ホソオチョウをジャコウと間違えたので、今度もホソオチョウかなと思うけど、少し違う。

近づいてみると右の後翅が壊れているけど、きれいな白いジャコウアゲハのメスだった。

f0031682_08323611.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


すぐ近くを見ると、これは普通の感じのジャコウアゲハのメス。

f0031682_08323633.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日は気温が高かったので、2頭とも木陰で暑さを避けているような感じだった。

メスならば産卵もするだろうと様子を見ていると、白い方のジャコウが飛び立って近くのウマノスズクサの間を探るように飛び始めた。

f0031682_08323696.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そして草の間のウマノスズクサに産卵を始めた。

f0031682_08323520.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もっと下から撮ろうとカメラを近づけたら、カメラが草に触ってしまい逃げられた。

その後はアカツメクサで吸蜜して、暑くなったのかまた木陰に入って静止してしまった。

f0031682_08323521.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


普通の色合いの個体は全く動く気配がないので少し驚かしたら、飛び立って家庭菜園の花で吸蜜を始めた。

f0031682_08322899.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


8月11日、空は雲に覆われているけど出かけてみる。

この前とは反対方向の上流側にいって、コスモスの様子などを見ながら歩いていたら、ウマノスズクサの近くでジャコウアゲハが飛んでいた。

f0031682_08322835.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


ここは草が深くて、撮影には不向き。

この日からまた1V2に魚眼をつけて飛翔用に復活させてみた。
画素数が1400万画素と小さいけど、グリップの形状とかが一番使いやすい。

下流側に歩いて、先日の場所に行くとメスがいてウマノスズクサを探して飛んでいた。

f0031682_08322944.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


そのうち産卵を始めた。

f0031682_08322838.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


後で卵を確認しようと葉をめくるけど卵が見つからない。

おかしいなと思うけど仕方ない。

自宅で写真を確認すると、曲げた尾端の先はウマノスズクサではなくてイネ科の葉にあたってそこに産卵していたようだ。

卵を確認しようとしたときには、ウマノスズクサの間にあったこの葉に手が触れて、位置が変わってしまい気が付かなかったのかもしれない。


8月13日にも川原に行く。

それらしい葉の周辺を飛ぶけど、この葉は先がとがっているからウマノスズクサではないようだ。

f0031682_08321793.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5



最初は視覚で食草かどうかを探している感じだ。

ここにはウマノスズクサがたくさん生えている。

f0031682_08315572.jpg
ニコン1V2 ニッコール10.5


止まろうとしたけど、近づいたら驚いて逃げてしまった。


ウマノスズクサのところに飛んできた。

f0031682_08321728.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


前脚で触れて食草かどうかの確認をしている。

f0031682_08315547.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そして産卵を始めた。

f0031682_08315594.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


撮影が一段落したので、家庭菜園の近くを見てみたら、キアゲハがキバナコスモスに吸蜜に来ていた。

f0031682_08321863.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08321848.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これからは自宅近くではこんなシーンがよく見られるようになる。

f0031682_08321854.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アシタバは処理されてしまったのか見当たらなかった。


イチモンジセセリがいたので、飛び立つところを撮ってみる。

f0031682_08322785.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


帰ろうとして歩いていると、足元からツマグロヒョウモンのペアが飛び立った。

交尾している。

少しの刺激ですぐ飛び立って、なかなかきちんとした写真が撮れない。

ようやく落ち着いてくれたので、写真が撮れた。

f0031682_08315583.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_08315630.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


自宅前ではよく見かける蝶だけど、交尾となるとなかなか撮影できない。
撮影できてよかった。




by dandara2 | 2017-08-23 09:00 | 産卵 | Comments(6)
2017年 05月 22日

小畔川便り(ジャコウアゲハの産卵2017/511)

5月11日、そろそろジャコウアゲハが産卵しているのではないかと自宅前の川原を歩いてみる。

川原はヤグルマソウの花盛りで、ブルーの花がきれいだ。

そこにヒメウラナミジャノメが吸蜜に来ていた。

f0031682_06260272.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この花ではあまり吸蜜している蝶がいないのでびっくりし、大喜びで撮影する。

f0031682_06260117.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ほかにはツマグロヒョウモンも来ていた。

f0031682_06243767.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_06243657.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメウラナミジャノメは黄色の花(ヘビイチゴかな)にも来ていた。
f0031682_06243751.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_06243628.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ジャコウアゲハのいる場所に来ると、メスがウマノスズクサに絡みながら飛んでいるのが見える。

f0031682_06254542.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


何度もウマノスズクサの周りを飛んでいるけど、この写真のように周りの草からすっと伸びたものは好みではないようだ。

f0031682_06260189.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_06260161.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


草に埋もれるように生えていて、止まりやすい葉を見つけると尾端を曲げて産卵を始める。

f0031682_06254572.jpg
ニコン1J5 ニッコール10.5


家内の撮ったこの写真では、最初に産んだ卵は透き通るような感じで何か変な感じ。
f0031682_06254590.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


次に生んだ卵は少し赤黒く見えるけど、これが何時もの卵の色だろうか。

f0031682_06254504.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


産卵を終えたメスは、近くの葉に止まって休んでいた。
f0031682_06254455.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


蛹が付いていた木を見ると、無事羽化した後の蛹がいくつかついていた。

f0031682_06260298.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


寄生率はそんなに高くないようだ。



by dandara2 | 2017-05-22 06:30 | 産卵 | Comments(6)
2016年 10月 31日

小畔川便り(クロコノマチョウの飛翔:2016/10/23.24)

10月23日は、車のディーラーからの連絡で、そろそろ車検も近いけど、キーの電池を1個無料で交換してくれるサービスをやっているというので、もう一つのキーの電池もついでに交換(有料)してもらおうと出かける。

きっと車検が近い人に足を運んでもらって、自分のところで車検をしてもらう契約をとりたいということだろうけど、我が家の場合はもともとディーラーで、半年毎の定期点検と車検をしてもらっているので関係ない。
ついでに洗車もしてもらうことにして、その間に近くの川原に写真を撮りに行くことにした。

そこはこの秋にもヒガンバナに来るアゲハ類を撮影した場所だけど、クロコノマチョウも撮影したので、その後どうなっているかを見ておこうかと思った。

いつもだと駐車場に車を止めるけど、今回は歩きなので違う場所から川原に入った。

センダングサがたくさん咲いていて、そこにウラナミシジミが来ていた。

f0031682_10255095.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


今年はほんとにウラナミシジミが多い。
f0031682_10255077.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


飛翔も狙うけど、花にとまる寸前の写真しか撮れなかった。
f0031682_10255141.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


ピントがいまいちだけど、翅のしなりとかがウラナミシジミの素早い飛び方にあっているような気がして、載せてみることにした。
f0031682_10255132.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


あまりのんびり撮影もできないので、クロコノマを探して歩き始める。
私は見つけられなかったけど、家内が探した場所からクロコノマが飛び出した。

f0031682_10255092.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


ありがとうございます・・・(^^♪

明るい色合いだからメスだろう。

f0031682_10254395.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この前は翅表がうまく撮れなかったので、今回は割り切ってBMC機能で飛び立つところを撮影することにした。

f0031682_10254315.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


何回かチャレンジしてもなかなかいいタイミングで撮れない。

f0031682_10254427.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_10254430.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_10254259.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


まあいいかなという感じに撮れたので、時計を見るとそろそろいい時間。
帰ることにする。


24日はいつもの公園にムラサキシジミの様子を見に行く。

f0031682_10253682.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日も若干の産卵に関する写真が撮れたけど、それは次回ということで。

ウラギンシジミがアブラムシのところに吸汁にきていた。

f0031682_10253700.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この時期のウラギンシジミは日光浴をしたりテリハリをする姿はよく目にするけど、アブラムシの汁を吸いに来るのはあまり見たことがない。

大した成果はなかったけど、川原の土手を歩いていたらツマグロヒョウモンのオスがマリーゴールドで吸蜜していて、そこにメスが飛んできた。

f0031682_10253673.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


メスが飛び立ったらそれを追ってオスも飛び出し、追飛が始まった。

f0031682_10252874.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_10252956.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


今年は結構何回も撮影のチャンスがあったけど、やはりカメラを向けて追いかけてしまう。

f0031682_10252864.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


ファインダーを見るのと違って、カメラと蝶の距離を測りながら追いかけて、今のは撮れたかなと思う瞬間が楽しい。



by dandara2 | 2016-10-31 10:39 | 飛翔 | Comments(9)
2016年 10月 19日

小畔川便り(キタテハが主役:2016/10/12)

10月12日は、コスモスではなく、別の花に来る蝶を探して自宅から10分くらいのギンイチのフィールドに行ってみる。

車を止めた場所の花壇にはキバナコスモスが咲いていて、ツマグロヒョウモンが来ていた。

f0031682_17155960.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もしかしたらウラギンヒョウモンがいるかなと思って土手を歩くけど、この日は見つからなかった。

ぶらぶら歩きながら目的の花の場所に行くと、何頭もの蝶が飛んでいるのが見える。

ここにいるのはほとんどキタテハだけど、他所にいるのに比べてなんだか輝いて見える。

f0031682_17155852.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


咲いている花が華やかだからだろうか。
キタテハにはこの花の色があっているのかな。
f0031682_17155385.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


小さなお花畑だけど、その中でも好きな場所があるのか、キタテハが何頭も吸蜜している場所がある。

f0031682_17155470.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日はキタテハが主役だ。
f0031682_17155329.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツマグロヒョウモンもときどき割り込んできたりする。

f0031682_17154769.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


体の大きなツマグロヒョウモンが来るとキタテハはびっくりして飛び立ってしまう。

f0031682_17155422.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツマグロヒョウモンも同じ場所の花が好きなようだ。

f0031682_17155400.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この花はヒメウラナミジャノメも好きなようだ。

f0031682_17160056.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


地味なヒメウラナミジャノメには珍しい豪華な舞台だ。

f0031682_17155920.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


珍しく白いコスモスにキタテハが吸蜜に来た。

f0031682_17160042.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


秋を探してもう少し歩いてみる。

白い雲が秋を感じさせる。

f0031682_17154828.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


セイタカアワダチソウも秋の花。

f0031682_17154808.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ちょうど稲刈りが終わった田んぼではモンキチョウが忙しく吸蜜していた。

f0031682_17154709.jpg


ニコン1J5 1ニッコール10-30



7月にミヤマシロの撮影で出会ったNHKですが、その時の番組が以下の予定で放映されるそうです。


さわやか自然百景「浅間連峰」

NHK-G(一部の地域を除く)
10月23日 午前7時45分

再放送
10月27日 午後3時45分(休止の場合あり)


BSプレミアム
10月24日 午前11時

楽しみです。




by dandara2 | 2016-10-19 06:28 | 吸蜜 | Comments(10)
2016年 10月 12日

小畔川便り(キバナコスモスと蝶2:2016/10/6・7)

10月6日は孫が鴨の燻製が食べたいというので(食べたい ? と聞いた感じもあるけど)、それを買いがてらその近くの公園に行ってみた。

台風18号の影響で風が強い。
蝶はほとんど何もいなかったけど、自宅近くでは見られないメスグロヒョウモンがセイタカアワダチソウで吸蜜していた。

f0031682_17533434.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


花を移動して吸蜜しているので、移動するときに飛翔を撮ろうと思ったら飛び上がってそのまま飛んで行ってしまった。

f0031682_17533736.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_17533814.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


翌7日も6日ほどではないけれども風が吹いている。

この日はコスモスの手入れをしてくれている人に、ここで撮った写真をアルバムにして持っていくことにした。

大体10時過ぎには来ているので、その時間に合わせて出かける。

花の間に姿が見えたけど、最初に渡すと何か照れくさいというか、いろいろ話をしないといけなくなって、撮影どころではなくなりそうなので、帰る時に渡すことにしてまずは撮影。

前日に出かけた公園ではほとんど蝶の姿はなかったけど、ここではあちこちにツマグロヒョウモンやヒメアカタテハが飛んでいる。

f0031682_17532963.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


キバナコスモスに交じってコスモスのピンクの花も混じるようになってきた。
f0031682_17532977.jpg

ニコン1J5 1ニッコール10-30


この前にある程度の写真が撮れていたので、今日はきれいな個体を選んでカメラを向け、吸蜜よりも動きのあるシーンを撮影するように心がけた。

この個体はすごく新鮮で、前翅のブルーが輝いて見えた。

f0031682_17533890.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ニホンミツバチだろうか、吸蜜に飛んできた。

f0031682_17533482.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


花から花に移動するので、この日は背景にコスモスの花が入るように考えながら飛翔を撮影する。

f0031682_17532316.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_17532296.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_17533103.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


求愛行動もいくつも見られた。
f0031682_17532230.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この一連の写真は迫力が出て、お気に入りになった。

f0031682_17531883.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_17531740.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


ヒメアカタテハもこの日は翅を開いてくれたので、コスモス背景の開翅写真がいくつか撮れた。

f0031682_17531847.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

コスモスのピンクが入った方が華やかな感じになるかな。
f0031682_17533002.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


f0031682_17533057.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30



飛翔にもチャレンジ。

f0031682_17531798.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


何とか納まった。

アルバムも渡すことが出来て、随分喜んでくれた。





by dandara2 | 2016-10-12 18:10 | 配偶行動 | Comments(14)
2016年 10月 09日

小畔川便り(キバナコスモスと蝶たち:2016/10/2)

10月2日、自宅前のキバナコスモスのポイントに様子を見に行く。

しょっちゅう来ているような気がしたけど、この場所に来るのは9月10日以来3週間ぶり。
今年は雨が多く、ここは湿地状態になって靴やズボンが泥だらけになるので、家にいても足が向かなかった。

コスモスはほぼ満開に近かった。

f0031682_18105519.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


その満開のコスモスの中で、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ、キタテハなどが吸蜜をしている。

f0031682_18122917.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_18110157.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


後で見ると少し派手過ぎてくどい感じだけど、撮影中はついつい背景に満開のコスモスを入れたくなってしまう。


ツマグロヒョウモンのメスはコスモスに負けない美しさというか、派手さがあって好きだ。

f0031682_18123023.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


オスの方はそれに比べると平凡というか、ついつい無視しがちだ。
それでもきれいな個体がいれば意識してカメラを向けるようにした。
f0031682_18105542.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


裏面はオスもきれいだ。
f0031682_18105596.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ヒメアカタテハはやや小型で敏感なのと、この日はあまり翅を開いてくれなかったので、広角での撮影は結構苦労した。
f0031682_18104893.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


望遠では、背景のボケがきれいになるように意識してレンズを向けた。

まずはツマグロヒョウモン

f0031682_18104414.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


手前にコスモスの群落があり、もう一つアングルが自由にとれなくて歯がゆい思いをした。
f0031682_18104961.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オスも鮮度が良いものはきれいだ。
f0031682_18104407.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヒメアカタテハはこの日は望遠での撮影の方が多かったし、よく撮れたような気がする。
f0031682_18123025.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_18104892.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_18104451.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


モンキチョウも吸蜜にきていたけど、ついついカメラを向けない。
これでは記録にならないと、なんとかカメラを向ける。

f0031682_18110105.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


黄色のコスモス背景だと、背景に紛れてしまうのでバックを緑色の背景にしてみた。

この日は飛翔はあまり撮らなかったけど、それでも多少はカメラを向けた。
f0031682_18105556.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_18104441.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


こちらはもちろん偶然の産物
f0031682_18105569.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


たくさんの花に囲まれた撮影は、普通種しかいないけどとても楽しかった。

これも、ここにコスモスの種をまき、手入れをしてくれた方のおかげ。

きれいな花と蝶の写真が撮れたので、アルバムにして渡してあげようと思う。



by dandara2 | 2016-10-09 06:35 | 吸蜜 | Comments(10)
2016年 09月 14日

小畔川便り(アゲハの食樹って?:2016/9/5-10)

自宅前のキバナコスモスの場所で撮影したジャコウアゲハ以外の蝶について

5日、ジャコウアゲハの撮影中に、目の前に飛んできたアゲハが、キバナコスモスのつぼみにとまった。

f0031682_08253368.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜に来たのかなと思って見ていると、咲いている花には関心を示さず若いつぼみにばかり飛んでいく。
その様子を見ていると、いかにも産卵しそうな気配。

あれ ? アゲハの食樹はミカン科だよな。 
キバナコスモスはキク科だし、もし産卵したらすごいなと思ってそっと見ていたら、結局産卵はしないで飛んで行ってしまった。

それでも気になったので、後で調べると、キバナコスモスへの産卵例はあるようだ。
生態図鑑によると、摂食する場合もあるし、まったく摂食しない場合もあるようなことが書いてある。
幼虫が、マリーゴールドで摂食していたとの観察記録もあるようだ。

キアゲハは少なくて、1頭が一瞬目の前を通り過ぎたのを撮影。

f0031682_08253305.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


うまく写っていた。
f0031682_08253392.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


9日は天気はすっきりしない。
少し晴れたので、また1時間ほど川原に行ってみる。

ジャコウアゲハは見られなくて、その代わりキアゲハが見られた。
残念ながら鮮度がいまいちの個体が多い。

比較的きれいな個体にカメラを向ける。

f0031682_08253308.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここの環境がよくわかる写真が撮れた。

f0031682_08253337.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この個体は鮮度が良くないけど、花から花に飛んでいたので、カメラを向ける。

f0031682_08252824.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


少し近づきすぎてしまったようだ。
小型の蝶でもそこそこの大きさに写るように、距離感がそんな感じになってしまっているみたい。

f0031682_08252349.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


ツマグロヒョウモンの比較的きれいな個体がいたので、この日はこれをメインに撮影する。

f0031682_08252816.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


吸蜜しているメスのところにクマバチが飛んできた。

f0031682_08252874.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ただ吸蜜しているだけよりも、少し動きが出ていい感じだ。

こちらもコスモス背景の写真を撮る。

f0031682_08252831.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この時期はなかなか鮮度の良いメスが見つからなくて苦労した。

オスにはついついカメラを向けそこなうけど、それではいかんと思ってカメラを向ける。

f0031682_08252823.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


まあまあきれいに撮れた。

この日は夕方に、孫の英語教室の送り迎え。
帰りがけに喫茶店でお茶を飲んでいたら、ものすごい土砂降りになった。
台風と前線の影響のようだ。

10日も午前中はうす曇りの天気。
30分だけ出かける。

アゲハが吸蜜している。
傷んでいるけど、アゲハの吸蜜は撮っていないような気がしたので、痛みがわかりにくい角度で撮影する。

f0031682_08252359.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛びあがったところもうまいことに撮れていた。

f0031682_08252331.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そろそろ帰ろうかと思った時に、新鮮なキアゲハが吸蜜に来た。

止まった花の位置が良かったのか、背景のボケも素晴らしく、見慣れたキアゲハが幻想的な感じで撮れていた。

f0031682_08252086.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


このレンズはシャープなだけでなく、ボケもきれいで値段が高いだけのことはあると思った。

f0031682_08252077.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び上がろうとしたときには、キアゲハの体重がかからなくなって、花が元の位置に戻ろうとして、背景の花の位置が変わって、連続で見るとなんか面白い。

f0031682_08252091.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ちなみに、最初のアゲハの写真が f6.3 、ボケが納得いかなかったので、この後は f5.6 に変えた。
被写界深度との兼ね合いもあるから難しいところだけれど、この辺が良い点のような気がする。



by dandara2 | 2016-09-14 08:41 | 産卵 | Comments(8)