タグ:チョウセンアカシジミ ( 6 ) タグの人気記事


2017年 07月 04日

チョウセンアカシジミとキマダラルリツバメ(2017/6/24)

6月24日は山形在住の自然写真家、永幡さんの案内でチョウセンアカシジミを撮影してきた。

チョウセンアカシジミは、最近は放蝶などによって、あちこちで見られるようになってきたみたいだけど、本来の生息地に住むチョウセンアカシジミの写真を撮りたいとリクエストして案内いただいた。

最初に案内していただいた場所は、発生の遅い場所ということで、まだ発生していないようだった。

f0031682_15442214.jpg
探し回った結果、かろうじて一頭が下草の中に静止していた。
f0031682_15442155.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


次には、農家の田んぼの周辺に生息している場所に案内していただく。

農家の方に挨拶して探し始めるけど、ここは素晴らしい場所だった。

田んぼの中にはトノサマガエルが何頭もいた。

f0031682_15442163.jpg

最近はトノサマガエルもあまり目にしない。

田んぼの周りの用水路にはコウホネが咲いていた。

f0031682_15441647.jpg

名前は聞いていたけど、自然状態の花は初めて見た。

農家の周囲には何本ものトネリコが生えている。

f0031682_15441021.jpg

ポンプのある木の根元にはうろがあって、中に板が何枚か置いてあった。

f0031682_15442208.jpg

なんでもここにチョウセンアカシジミが蛹化するんだとか。

板を取り出してみると、なんとほんとに蛹が付いていた。

f0031682_15442237.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


寄生されていたみたいだけど、ちょっとびっくりし感激した。

チョウセンアカシジミを探し始めるけど、今年は個体数が少ないのかなかなか見つからない。

永幡さんが周囲を探し回り、ようやく何頭かのチョウセンアカシジミを見つけることができて無事撮影できた。

f0031682_16191470.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


トネリコの低木のある場所を探していたら、足元から1頭が飛び出した。

新鮮な個体で、羽化間もないのか不活発。

f0031682_15441613.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


確認したら、周囲の風景が入っていても良いということなので、広角のモデルになってもらった。

f0031682_15441709.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


後ろの人影は、当日永幡さんに同行した大学の生徒さん。

f0031682_15441838.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この後、トンボの調査をする方たちと合流して、近くの湿地に移動。

そこは素晴らしい湿地で、トキソウやサワランが群生していた。

f0031682_15441035.jpg

トキソウもサワランも野生のものは初めて見るので大喜びで撮影。

トキソウ

f0031682_15441116.jpg

サワラン

f0031682_15441081.jpg

こんな花たちが自生しているなんてちょっと信じられない。

この湿地にはトンボも何種類もいた。

小さなハッチョウトンボがたくさん飛んでいた。

f0031682_15441169.jpg

あと、オゼイトトンボ、エゾイトトンボ、クロスジギンヤンマなどを教えていただく。
(写真が多くなるのでそれは割愛)


一通り撮影ができたので、お礼を言ってお別れし、新潟のtomatsuさんから、2日前に福島のキマダラルリツバメが発生したという情報をいただいたのでそちらに移動する。

15時半くらいに着いて、現地でtomatsuさんと合流してポイントに移動すると、たくさんの方が見えていた。

しばらくは姿が見えなかったけど、16時を過ぎたら一頭のキマダラルリツバメが現れた。

f0031682_15440551.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


止まるとすぐに開翅してくれたけど、翅が少し傷んでいた。

f0031682_15440448.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なんでも前日から良いモデルさんになったくれた個体のようだ。

この個体、前翅の斑紋が下の斑紋とつながってH型になるタイプの個体だった。

f0031682_15440459.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


後翅にHの一部が隠れているけど、下に黒線が伸びているのが何とかわかる。

しばらくしてもう一頭、新鮮な個体が現れたけど、20人近い人が取り囲んで撮影するので、カメラを向けるだけでも大変。

f0031682_15440462.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内が翅表を撮影していた。

f0031682_15440562.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


私は人の多さに圧倒されて撮影できなかった。

ちょっと消化不良のキマダラルリツバメだったけど、撮影できただけでもいいかなと満足して帰宅することができた。

当日山形の素晴らしい場所をご案内いただいた永幡さん、キマダラルリツバメの発生情報を知らせていただいたtomatsuさん、ありがとうございました。



by dandara2 | 2017-07-04 16:09 | 異常型 | Comments(22)
2014年 06月 25日

東北撮影行(チョウセンアカシジミ:2014/6/22)

6月22日はmidoriさんAkakokkoさんdaronさんHOUNOKIさん達とチョウセンアカシジミ、キマダラルリツバメを撮影に行く。

この2種(放蝶や飼育個体でなく)を一日で撮影するのは、前からやってみたいと思っていたけど、生息地がかなり離れているので、チョウセンアカシジミの活動時間帯を考えると、ちょっと無理かなと思っていた。

今回はブログ仲間の要望もあり、チョウセンアカは証拠写真程度でも、とにかく撮影できれば良いと割り切って2種掛け持ちを実行することにした。

早朝自宅を出て、360Kmを4時間で走破して、現地近くで前泊していたHOUNOKIさんと合流する。
朝はかなりの雨が降っていたそうだけど、その時点では小雨程度。
これなら何とかなるかなと安堵する。

ここに来るのは7年ぶりなので、環境が変わっていないか心配だったけど、それもないようなのでほっとして探し始める。
ほどなく葉上に静止する個体を発見。

f0031682_06152371.jpg
やれやれこれで案内役の責任は一応果たせたかなと安心する。
かなりの雨が降ったようで、水滴がびっしりだ。
f0031682_06152098.jpg

最初は数頭の個体しか見つからなかったけど、時間がたつとかなりの個体を見つけることができた。

HOUNOKIさんが、桑の実で吸汁する個体を見つけてくれる。

f0031682_06153452.jpg
このチョウの吸汁シーンは初めての事なので喜んで撮影。
まだ赤い桑の実背景の写真も撮影することができた。
f0031682_06153259.jpg
ちょっと色が混じってしまったかな。こちらはどうだろう。
f0031682_06153024.jpg

一度に2頭が同じ葉にとまったので、魚露目で撮影。

f0031682_06152711.jpg

そのうち一頭が翅を開き始めた。

f0031682_06152549.jpg
今日は開翅は無理かなと思っていたので、やったねと言う感じでみんなで撮影する。
f0031682_06152115.jpg
雌のようだ。
f0031682_06151880.jpg

ここにはウラギンヒョウモンも多く、まるでキャベツ畑のモンシロチョウのように飛んでいる場所があった。

f0031682_06151690.jpg
羽化直後の雌を探しているのだろう。
f0031682_06151467.jpg

時間が許せば、チョウセンアカの交尾や産卵シーンも撮れただろうけど今日は無理。

ある程度の写真が撮れたので、180Km先のキマダラルリツバメの撮影に移動することにする。



by dandara2 | 2014-06-25 06:30 | 吸汁 | Comments(12)
2012年 06月 29日

オオヒカゲ・キマルリチャレンジ2(2012/6/23)

車内でおにぎりを食べて移動を開始したのが12時少し前。
250Km先のキマダラルリツバメのポイントに着いたのが15時少し前。
自宅からの移動距離はここまでで420Kmになっていた。やっぱり福島は遠い。
ここで長年キマダラルリツバメの研究をされていて、三島町文化財報告書 第22集として『キマダラルリツバメ 改訂版 』を出されたTさんに、報告書に自分の撮影した写真を掲載していただいたお礼を言う。
お話をしていると、今年はまだキマルリは発生していないという。
昨日の土曜日も何人もの方が来たけど発生はしていなかったとか。ただ、今日は暖かいのでもしかしたら出るかも知れないとのお話。
今年の福島はチョウの姿が極端に少ないという。
まず確実に撮影できると思っていたのでがっくりするが、ほんのちょっとの確率にかけてみることにした。
テリ張り時間まで待つ間に、庭で発生しているチョウセンアカシジミを撮影する。
f0031682_95281.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150 1/320 f5.6 ISO 1250 LEDライト使用

40年位前にここにトネリコを移植して飼育を始めてから、自然状態で発生を続けているそうだ。

家内も撮影を始めるが、逆光で撮影しているのでチョウがシルエットに近くなっている。
f0031682_9648100.jpg
ニコンD300s マイクロニッコール85 ケンコーテレプラス×1.4 1/400 f10 ISO2500 (家内撮影)

隣に行ってLEDライトで照らす。カメラにつけていないので、距離や角度を自由に変えられる。
f0031682_97771.jpg
ニコンD300s マイクロニッコール85 ケンコーテレプラス×1.4 1/400 f10 ISO2000 LEDライト使用(家内撮影)

ふと見ると、ムシトリナデシコに黒系アゲハが来ている。
ジャコウアゲハとクロアゲハのようだけど、そのうちのクロアゲハの雌の後翅が見事に赤い。
福島でもこんな個体がいるんだ-とびっくり
f0031682_973168.jpg
ニコンD300s シグマ70-300(195) 1/1000 f8 ISO1000 (家内撮影)

この雌にはジャコウアゲハの雄が絡んだりしている。
f0031682_982482.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150 1/5000 f5.6 ISO 1250

ムシトリナデシコの花は小さいので、羽ばたきながら吸蜜してすぐに移動する。
ニコン1V1には、エレクトロニクスシャッターを使うと秒10コマ、30コマ、60コマで撮影出来る機能がある。
ただ、この機能を使うとプログラムモードになって、シャッタースピードも絞りもさらにはISOさえもカメラ任せになってしまう。
たぶん使えないだろうけど、どんな具合なのかチャンスがあれば試してみたいと思っていたので、この動きの激しいクロアゲハがどんな具合に撮れるのか試してみることにした。
以下はそのときに秒30コマで撮影した中の連続した3枚。
f0031682_9105071.jpg
ニコン1V1 タムロン70-300(116) 1/400 f5.6 ISO 200(以下同様)
f0031682_9112954.jpg
f0031682_9114844.jpg

晴れていたので、1/400のシャッターが切れ、翅の動きもそこそこ止まっている。
場合によっては使えるかな。
ただ、撮影後SDカードに書き込むのにかなり時間がかかり、その間カメラが使えない。
書き込み速度の速いメディアを使う必要がありそうだ。

時間になったのでキマダラルリツバメのテリ張りポイントに行ってみる。
ヒメシジミがむちゃくちゃ多い。
f0031682_913193.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150 1/4000 f6.3 ISO 1250

キマルリの飛翔は撮影できる気がしなくて、飛翔撮影用のカメラは車においてきていたのだけれど、これだけヒメシジミが多いのなら飛翔を撮っておこうと車に戻ることにする。
その前に、ヒメシジミの交尾個体を見つけたので自分も撮影し家内にも教えておいた。
家内の撮った写真は交尾個体に別の雄が飛んできた迫力ある写真が撮れていた。ヨモギの葉には蛾か何かの卵も見えている。
f0031682_913325.jpg
ニコンD300s マイクロニッコール85 ケンコーテレプラス×1.4 1/800 f10 ISO800  (家内撮影)



また、交尾拒否の一連の写真も撮影していた。
f0031682_914478.jpg
ニコンD300s シグマ70-300(300) 1/1000 f8 ISO1000 (家内撮影)

f0031682_915220.jpg
(ニコンD300s シグマ70-300(300) 1/1250 f8 ISO1000 (家内撮影)

飛翔用のカメラを持ってきて撮影を始めるけど、あまりに数が多いし、キマルリを気にしながらなのでかなりいい加減な撮影になってしまった。
f0031682_9154363.jpg
ニコンD300 タムロン10-24(24) 1/2000 f5.6 ISO 800
f0031682_916266.jpg
ニコンD300 タムロン10-24(24) 1/2000 f5.6 ISO 800
f0031682_9162119.jpg
ニコンD300 タムロン10-24(24) 1/2000 f6.3 ISO 800

そこで「ダンダラさんですか」と声をかけられてびっくり。「ひらひら探検隊」のhirax2さんだった。
かなり早い時間から探されているようだけど見つからないという。
一発逆転を期待して17時過ぎまで粘ったけど見つからない。
あきらめることにしてhirax2さんと別れた。
今から帰ると家に着くのが22時近くなるので、Tさんのお店でおいしいつきたての胡桃餅などを購入した。

翌日Tさんにお礼のメールをしたら、我々が帰った後畑で仕事をしていた人がヒメジョオンに来ていたキマルリの写真を撮ったとか。
うーん、もう少し粘ったら撮れたのかな、でも次にチャレンジする意欲がわくからこれで良いか。
Tさん、いろいろありがとうございました。

by dandara2 | 2012-06-29 09:54 | 機材 | Comments(16)
2009年 06月 29日

オオヒカゲ、キマダラルリツバメ撮影行(2009/06/28)

6月28日は栃木県にオオヒカゲ、福島県にキマダラルリツバメを撮影に行く。
栃木県では、クモマツマキチョウのときに信州でお会いしたOOさんにポイントを案内していただく。
車をおいて歩き始めるとすぐにオオヒカゲが飛び出し、樹液で吸汁を始めた。
f0031682_21483822.jpg
かなり明るい疎林だけど、歩いているとぽつぽつオオヒカゲが飛び出す。
近くの池の周辺には食草のカサスゲがたくさん生えているので、そこで発生しているのだろう。
f0031682_2149738.jpg
オオヒカゲと言うと敏感で、このときも木の幹に止まったので、そっと近づいてもカメラの届く微妙な位置まで近づくとふっと飛び立つ。
それでも中には近づけてくれる個体もいて、マクロの105mmで何とか気に入った写真を撮ることができた。
f0031682_2150161.jpg


ある程度の写真が撮れたので、飛翔にも挑戦するが、何しろ暗い場所なのでこの程度の写真が精一杯だった。
f0031682_21501871.jpg
その後キマダラルリツバメの撮影に福島県に移動するが、蝶山人さんなどに色々情報を教えていただいていたけど、OOさんに教えていただいたポイントが気になったのでそちらに出かけることにする。
目的の場所について、現地で蝶の研究をしているTさんにお会いして、キマルリのポイントに案内をしていただいた。
近くにはチョウセンアカの生息地もあって、やや飛び古した個体を見ることが出来た。
f0031682_2151011.jpg

キマルリは15時30分を過ぎると飛び出してテリ張りを始めた。
最初は飛び古した個体が多く、満足のいく写真は撮れなかったけど、1時間位過ぎたら1頭の新鮮な個体がヒメジョオンの花にとまっていた。
f0031682_21512720.jpg


吸蜜しているわけではないようだが、やがて翅を開いたらほとんど傷のないきれいな個体だった。
f0031682_21523122.jpg

この個体は羽化して間がないのか、飛翔もそれほど早くなく、少しの距離を飛んでは開翅してくれた。
f0031682_21525439.jpg

撮れるといいなと思っていたキマルリの開翅写真、それも新鮮な個体の開翅を撮れて大満足。
OOさん、色々お世話になりました。おかげさまで目的を達することが出来ました。
Tさん、案内有り難うございました。

by dandara2 | 2009-06-29 21:57 | 開翅 | Comments(30)
2007年 06月 25日

チョウセンアカシジミ撮影行(2)

昼食後14時頃戻って様子を見に行くと、羽化直後と思われた♂はまだその場にいたが、近くの葉では既に交尾が成立していた。
f0031682_17363312.jpg

あっけなく午後の目標の一つがクリア出来たが、その後♂が翅を開きはじめた。午前中に見つけたのとは違い後翅にまでオレンジ斑の広がった個体だ。
f0031682_181685.jpg


撮影が終わってふと目を上げると、2m位先のトネリコの幹にチョウアカが止まっている。何となく腹部を曲げているように見えるのでそっと近づく。
あまり強く腹部を曲げることがないので、最初は産卵中かどうか確信が持てなかったが、そのうちくすんだような水色の卵が見え始めたので産卵に間違いないと思った。
5卵ほど産卵をすると小飛して近くの葉に止まって休止している。
f0031682_17372037.jpg

近くを探すともう1頭が産卵していた。こちらは既に産み付けられた卵の近くに産卵しているが、前に産卵された卵は白い色をしていて、産卵中の卵は少し水色をしている。
f0031682_17374364.jpg

近くを見回すとあちらでもこちらでも♂同士のスクランブルが始まっている。交尾・産卵とも何とかクリア出来たのであとはこの飛翔を撮影出来ればパーフェクトだけれど、コースがランダムなので難しい。
まだ充分明るいのでストロボも使いたくないし、どうしたものかと見ていると時々茶色の枯れ葉に舞い降りてくる。
どうも茶色のものに引き寄せられるようだ。そうしているうちに交尾中の個体が見つかったので、様子を見ているとこのカップルの所にも時々舞い降りてはちょっかいを出している。
そこでこれをおとりに飛翔写真にチャレンジすることにした。
撮影結果はピンボケだけど何とかその様子を撮影することが出来た。良いシーンだったので思わず力んでからだが前に出てしまったらしい。ほんの数cmで少なくとも交尾個体にはピントがあったはずなのに残念だ。(道路上の黒っぽいものはマンホールの蓋でチョウアカの影ではありません、念のため)
f0031682_17381632.jpg

広角では背景が写ってしまい、色々差し障りがありそうな感じがしたので、マクロに切り替えてカップルに絡むシーンを狙うことにする。
少し待つと狙い通り1頭が飛んできてペアに絡みはじめた。すると茶色の固まりが増えるので、それを見つけて他の個体が絡みに来る。
f0031682_17384427.jpg

何枚か撮影した写真を見ると、絡みに来た2頭の♂の翅表が写っている写真があったが、一頭は後翅の翅表が黒い。これは山形の特徴のようだが、もう一頭は後翅までオレンジ斑が広がった個体で岩手などの特徴が現れている。
両方のタイプが見られるのはここの産地の特徴で、それを1枚の写真に収めることが出来て、ピンが甘いけどお気に入りの写真になった。
f0031682_1739812.jpg

午後の撮影を始めて小一時間で一通りの撮影が出来てしまったので、もう少し粘ろうかそれともここからそれほど遠くないキマダラルリのテリ張りの撮影に行こうかとも考えたが、昨夜は3時間しか寝ていないし、帰りの距離も考えて疲れないうちに帰ることにした。

by dandara2 | 2007-06-25 17:35 | 配偶行動 | Comments(34)
2007年 06月 23日

チョウセンアカシジミ撮影行(1)

今日は休みをとって、朝3時に起きて山形にチョウセンアカシジミを撮影に行く。
4時5分前にはインターを入り、ポイントに着いたのが8時ちょっと過ぎ、約370Kmの行程だ。
撮影ポイントの前に人家があるが、ちょうどそこの人が外に出てきたので挨拶をして近くを見回すと、朝露に濡れる草の上にちょこんとチョウセンアカシジミが止まっていた。
f0031682_16184752.jpg
やれやれこれで何とか無駄足だけは防げたと安心するが、午前中は不活発なので取りあえず静止シーンを撮影したあとは近くの別の場所に他のゼフィルスを探しに行く。
前回来たのは2005年だけどその間に下草が伸びてやや薄暗くなっている。時期もやや早いのかゼフィルスはウラナミアカシジミがたくさんいたほかは期待したウラミスジシジミ、ウスイロオナガシジミともに撮影出来なかった。
f0031682_16194412.jpg

その代わりウラギンヒョウモンとメスグロヒョウモンがたくさん飛んでいた。
ウラギンヒョウモンはやや小振りで下草の間を熱心に飛び交っていたが、まだ♀は出ていないようだった。
f0031682_16201333.jpg
メスグロヒョウモンは♀も出ていて時々追飛をしたりしている。
f0031682_1620366.jpg
そのうち家内が呼ぶので行ってみるとメスグロヒョウモンが交尾している所だった。今年撮りたいと思っていたシーンだったので喜んで撮影するが、やや位置が悪いので、手で引き寄せようとすると意外に活発に飛んで高い位置に止まってしまった。
f0031682_1621123.jpg
またミドリヒョウモンもいたが数は少ないようだった。
f0031682_16213427.jpg

空き地にはヒメシジミも飛んでいたが、前回はボロばかりだったのでその点でも今年は少し時期が早いのだろう。
f0031682_16215223.jpg

一通り歩き回ったので、昼食を食べてから15時前の活動期に来ようと再度念のために様子を見に行くと、羽化したばかりの♂と思われる個体が幹を伝って上にうがってくる所だった。この個体は小飛して地面近くの葉に止まったので、位置を確認して車の方に移動する。
f0031682_16221991.jpg

歩いている道すがらにもぽつぽつとチョウアカがいて、そんな個体を撮影しながら歩くが、そのうち1頭の♂がわずかに翅を開くような仕草を見せる。
開翅は今回是非撮りたいと思っていたので、しばらく様子を見ているとようやく翅を開いてくれた。ちょっと傷んでいるが開翅シーンが撮れて満足だ。
f0031682_16224186.jpg
近くの枝ではエゾミドリと思われる個体が止まっていたが、ちょっと高くて撮れないので、家内にそっと枝を引き寄せてもらって撮影する。
f0031682_184124.jpg
ところがそのあと、ボロのチョウセンアカを見つけて「こんな所にもボロのチョウアカがいるよ」と家内に話をすると、「でもブルーよ」という話。
何のことかわからず家内の目線の先を見ると30cmくらい離れた所に、きれいに翅を開いたゼフィルス。あわててカメラをかまえると垂れたストラップの急な動きで逃げられてしまった。クー残念。
その後蕗の葉に止まっているチョウアカの♀を見つけ、様子を見ているとやはりじわっと翅を開いてくれた。正午前後から翅を開いて活動に備えるのかも知れない。
f0031682_1623356.jpg

午後からは、配偶活動、交尾、産卵などを撮影出来ればと思いながら町の中を散策することにする。

by dandara2 | 2007-06-23 23:58 | 交尾 | Comments(24)