「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ダイミョウセセリ ( 5 ) タグの人気記事


2010年 07月 10日

九州遠征(2:オオウラギンヒョウモン他)

ゴイシツバメシジミの撮影を終えてから、空港へ戻る途中でオオウラギンヒョウモンのポイントに立ち寄った。
ポイントについて歩き始めるとすぐに、アザミで吸蜜する♀の姿が眼に入った。
まずは望遠で撮影し、これで一安心。
f0031682_1953611.jpg

この♀は意外と敏感でなかなか落ち着いて吸蜜してくれず撮影には手こずったけど、翅表と裏面両方のハート形が写ったこの写真は、前回2008年には撮影できなかったので、写真のバリエーションが増えてうれしい。
f0031682_19533915.jpg

♀はこの空間にはこの1頭しかいなくて、撮影を始めて10分もすると飛び去ってしまった。
ちょうど良いタイミングでこの草地に入れたみたいで結構ラッキーだ。

♂はたくさんいたけど、やや擦れた個体がほとんどだった。
家内のこの写真はそれでも動きのある良い写真になったと思う。
f0031682_195434.jpg
(家内撮影)

飛びあがったところも撮影したけど、こういった広い草地が本州ではほとんどなくなってしまった。
f0031682_19543387.jpg

この前来た時にはツマグロキチョウがたくさんいたけれど、今回はそれほどでもなかった。
この個体は、夏型なのにうっすらと3本の線状が見えて、本州ではあまり撮影したことがないタイプなのでこれもうれしい。
f0031682_1955130.jpg

さらにうれしかったのは、撮りたかったダイミョウセセリの関西型が撮れたこと。
こんな草地の中にいるとは予想していなかったので、見つけた時はオオウラギン以上にうれしかった。
f0031682_19552478.jpg

後翅の白線がくっきりとした典型的な関西型で、これでようやくHPの方にダイミョウセセリのページを作れそうだ。
もう1年半も更新していないけど・・

by dandara2 | 2010-07-10 19:57 | 吸蜜 | Comments(24)
2008年 06月 10日

ダイミョウセセリの産卵とウラナミアカシジミの開翅?

6/8の日曜日は天気が不安定だというので近場のゼフィルスの様子を見ることにする。
この時期は今月下旬から7月の遠征に備えて、近場のゼフの様子を見るのが毎年の恒例のようになっている、体にも財布にもやさしい時期でうれしい。
最初にミドリシジミの様子を見に行ってみるけど、栗の花もまだ蕾で1週間くらい早かったようだ。
ここではダイミョウセセリの産卵を撮影することが出来た。木に巻き付いたヤマノイモに30秒ほどかけて産卵した。見ていると尾端をぐりぐりこすりつけながら産卵をしている。
f0031682_2143831.jpg
それ以外には何も収穫がなかったので、自宅に戻る途中のポイントに行ってみる。
2日ほど前にようやくミズイロオナガが発生しはじめていたけど、他の赤系ゼフはどうなっているだろうか。
車をおいて歩き始めるとすぐに下草に止まるウラナミアカシジミを発見。やはりこれからの発生だったようだ。
f0031682_2143346.jpg
まだ羽化したばかりのようでタラの木に止まったままゆっくりと動くだけだ。。
f0031682_21435078.jpg

時々それほど強くないが風が吹いてきて、それにあおられるようにゆっくり翅を開いた。前翅端に黒帯がないから♂だ。
このチョウは翅を開くことはまずないので、オオーと思いながら撮影するが、これ以上開くことはなかった、残念。
f0031682_2144678.jpg

少し周囲を歩いてみるとミズイロオナガシジミはかなり発生していて2.3mおきに木の葉や下草に止まっている。
模様の薄いもの。
f0031682_2144258.jpg
やや濃いめのものなど色々見られるが、どちらかというとウスイロオナガを連想させる模様のはっきりとしたのが好みかな。
f0031682_21443953.jpg


by dandara2 | 2008-06-10 21:47 | 開翅 | Comments(32)
2008年 06月 06日

狭山のアカボシゴマダラ

6/6は体育大会だったけど前日からの雨でグランドコンディションが良くなく中止、朝8時には現地で解散、フリーになった。天気は回復して晴れ間も出てきた。今度の日曜は天気が悪そうなのでラッキー (^o^)
時間的に遠出は出来ないので、午前中は近くのゼフの様子を見に行く。今年は何だが発生が遅くようやくミズイロオナガを見かけることが出来た。
最初の一頭は木からよたよたと降りてきて、なんと私の頭に着地。なんだか良くわからなかったので手で払いのけてしまった。
この個体は羽化直後だと見えてその後もよたよた飛ぶので飛翔写真を撮るが、意外と難しくてまともな写真は撮れなかった。
f0031682_8123572.jpg

笹の葉に止まったところを広角で記念写真。
f0031682_813244.jpg
その後も数頭のミズイロオナガが現れたが、アカもウラナミアカも見かけなかった。
単に発生が遅いだけなら良いけど、ちょっと心配だ。
f0031682_8132525.jpg
ここではダイミョウセセリがテリ張りをしていたが、コンデジで撮った写真はなかなかお気に入りの一枚になった。
f0031682_8134589.jpg

午後には、「蝶と山・てくてく写日記」のbanyanさんから情報をいただいた狭山のアカボシゴマダラを見に行く。
自宅からだと距離にして25km、40分程度で着けるが、こんな近くにまでアカボシゴマダラが進出してきているのはちょっと驚き。
着くとすぐに木の根本でカメラをかまえている人に会い挨拶する。「近所の生き物」という素晴らしいブログを載せているT.Urabeさんだった。
近くの木の上を白い大きな蝶が滑空して幹に止まった。目指すアカボシゴマダラだ。
コムラサキも一緒に吸汁している。高さは3mくらいあるので、105mmマクロでは小さすぎるし、逆光でコントラストがきつく、撮影条件としては最悪だがとりあえずシャッターを押す。
f0031682_8165066.jpg
その後いったん飛び立って、しばらくして再度同じ場所で吸汁するけど、今度はスミナガシと一緒に吸汁している。
f0031682_817792.jpg

何とか頑張って撮影するが、一向に降りてくる気配がないので思い切って車に積んである300mmで撮影することにした。
300mmで見るアカボシは素晴らしく、やっぱりこれからは300も持ち歩かないとまずいかなという気がしてしまう。重くなるので悩むところだ。
f0031682_8172215.jpg
スミナガシは飛んでいってしまっていたが、代わりにスズメバチが来てアカボシはちょっと引き気味だ。
f0031682_817382.jpg

やがてスズメバチは飛び去ったが驚いたアカボシが翅を開いた。この時以外は翅は開かなかったので貴重な写真が撮れた。
f0031682_8183811.jpg

貴重な情報をいただいたbanyanさん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2008-06-06 23:59 | 吸汁 | Comments(22)
2008年 05月 26日

サトキマダラヒカゲとダイミョウセセリの飛翔

月曜日は13時で勤務が終わるので、帰宅後近くの公園にアカシジミの様子を見に行った。
アカシジミは発生していなかったが、ちょうど今はサトキマダラヒカゲの盛期のようで樹液で吸蜜する姿を見ることが出来た。
f0031682_23322059.jpg

車から降りてカメラを首にかけたりして、撮影の準備をしながら歩いていると、サトキマダラヒカゲの♂が♀を追いかけてこちらに向かってくるところだった。
まだカメラの準備が出来ていなかったけど、とっさにピントリングが50㎝の所にあるのを確認してシャッターを押した。
f0031682_2333878.jpg
レンズをカメラバッグにしまう関係で焦点距離は17mmの広角側にあったけど、その分被写界深度が深くピントは合っていたようだ・・ちょっと背景がうるさいかな。
f0031682_23332425.jpg
このペアはしつこく追いかけっこをしていたのでいくつかのシーンを撮影することが出来た。
f0031682_23335559.jpg

最後には♀が電信柱に止まったところに♂が接近しようとして翅を開いたところが写っていて、ピントはやや甘いけど動きのある写真が撮れた。
f0031682_23341872.jpg

アカシジミを探して歩いてみたけど姿を見かけることはなくて、代わりにダイミョウセセリが草の間を飛び回っていた。
f0031682_23344711.jpg
♀を求めての飛翔は素早くてなかなかカメラに収められないけど、この個体は草の間を少しゆっくり飛んでくれたので飛翔写真を撮れた。
f0031682_23351027.jpg
いつもはISOを640に設定しているけど、この場所はやや薄暗くそのまま1/2000のシャッターを切ると露出不足になってしまう。
ところがニコンのカメラは自動的に感度を上げてくれる機能がついているので、そのまま露出不足になることもなくうまく撮影することが出来た。
f0031682_23355684.jpg

後でISOを確認すると3200にまで上がっていた。
ここまで感度が上がるとノイズが気になるところだけど、D300の記録素子がCMOSになった関係ですごくノイズが出て使い物にならないほどでもなかった。

by dandara2 | 2008-05-26 23:31 | 配偶行動 | Comments(12)
2007年 05月 27日

秩父のカラスアゲハ

今日は結構まじめにミヤマカラスを狙いに秩父に出かけた。
2週間前には早すぎた感じだったので今日はどうだろう。
先日出かけた時に、関越道を使うとわが家から40分くらいでポイントにいけることがわかって(距離は45Km位:朝6時から9時の間に高速に乗れば料金は600円)、朝もゆっくり起きられるので気に入ってしまった。
問題はチョウがちゃんといるかどうかだが、それも今日はっきりするはず。
朝8時45分に家を出て、ポイントに着いたのが9時40分。車を降りて支度をしていると早速ミヤマカラスがタニウツギに吸蜜に来ている。
やっぱりいるわと思いながら取りあえず証拠写真を撮影。
f0031682_21255898.jpg

目指すツツジの咲くポイントに着くが・・・いるのはクモガタヒョウモンとダイミョウセセリ、それにウスバシロチョウだけ。
黒いアゲハどこに行ってしまったんだ。
取りあえずクモガタヒョウモンの飛翔写真にチャレンジ。でも結構難しい、あんまりヒット感がない。
f0031682_2126186.jpg

吸蜜する個体も時折見かけたので撮影。このチョウあんまり写真を撮っていないことを思いだした。
f0031682_21265434.jpg
♂が絡むような仕草を見せたので、その場所に行くと羽化間もないと思われる♀を発見。取りあえず撮影し、そのうち絡みシーンかうまく行けば交尾が見られるかなと思って様子を見るが、ツツジも気になって集中出来ない。
f0031682_21272033.jpg
うっかり近づきすぎて逃げられてしまった。昨日のウラゴマダラの♀と言い、どうも辛抱が足りないようだ。
そのうちようやくアゲハがツツジに吸蜜に来た。あわてて、しかし慎重に近づいて撮影するがカラスアゲハ、しかもピンボケ。結構迫力あるシーンだっただけに悔しい。
f0031682_21275676.jpg
まっいいか、ミヤマカラスよりもカラスの方が持っている写真の枚数少ないから・・と自分を慰める。
その後全く来なくなってしまったので、ぶらぶらと歩くとダイミョウセセリが追いかけっこをしている。
そういえばダイミョウセセリのページを作るんだったと思いだして、ポツリポツリと撮影するが、そのうちきれいな赤い花のまわりを飛び始めたので飛翔写真を撮影。
f0031682_2129245.jpg
その後吸蜜し始めた。黒くて地味なダイミョウセセリは今ひとつ写欲が湧かないのだけれども、これは少しはさまになったかなと思って何枚もシャッターを押す。
f0031682_21294583.jpg
アゲハの方は1時間に1回くらい吸蜜に来て、何枚か写真を撮るが全てカラスアゲハだった。
ミヤマカラスには少し遅かったようだ。
f0031682_2130535.jpg
こうなると少し意地になってきて、もし来週も天気が良ければ絶対にミヤマカラスをものにしようと心に決めて帰途についた。

by dandara2 | 2007-05-27 21:31 | 吸蜜 | Comments(26)