タグ:タテハモドキ ( 1 ) タグの人気記事


2014年 02月 19日

八重山撮影行(最終日 石垣島:2013/11/23)

このところの雪騒ぎで八重山の報告が遅くなってしまいましたが、最後の石垣島での撮影記録です。

朝、ホテルの前ではクロマダラソテツシジミが花壇の花に来ていましたが、鮮やかなブルーの花に、クロマダラソテツシジミの翅表のブルーが良く似合っていました。
f0031682_09130426.jpg
f0031682_09130393.jpg
この日は、午後の便で帰るので、午前中にバンナ岳に行ってイワサキタテハモドキをメインに撮影しました。
f0031682_09130453.jpg
家内撮影

バンナ岳の蝶園近くの芝生の中にはたくさんのシソモドキが生えていて、イワサキタテハモドキの食草になっています。
f0031682_09130467.jpg
そのシソモドキに盛んに産卵する雌がいました。
f0031682_09130436.jpg
また、静止する雌にアタックする雄もいました。
f0031682_09130427.jpg
f0031682_09164697.jpg
このようなオーブンな場所での求愛行動はあまり多くなくて、道端の藪の中のような場所で雌にアタックしているのをよく見かけました。
f0031682_09130493.jpg
そんな場合には、動き回る雄はわかるのに、地面にじっと静止している雌はどこにいるのかわからない場合が多いです。

一通りの撮影ができたので、少し周囲を歩き回ってみることにしました。
林の縁ではコウトウシロシタセセリが吸蜜に来ていました。
f0031682_09130498.jpg
その林の中では、ウスイロコノマチョウが足元から飛び出しました。
f0031682_09131301.jpg
林の中だったので、石垣島では珍しいクロコノマチョウかと思いましたが、ウスイロコノマのようです。

このあたりではアカスジベッコウトンボも多く見かけました。
f0031682_09130340.jpg
珍しいトンボかなと思って撮影しましたが、石垣島では2012年から観察されるようになったようです。

ここでうれしかったのは、タテハモドキがいたこと。
f0031682_09131311.jpg
決して珍しい蝶ではないと思うのですが、意外と出会う機会が少なくて、今回の旅行でもここでしか会うことができませんでした。
f0031682_09131395.jpg
以前撮影したのは夏型だったので、秋型は初めての撮影になります。

半逆光で表の模様が透けて見えるようにも撮影してみました。
f0031682_09131379.jpg
それと、クロセセリにも久しぶりに会いました。
f0031682_09131393.jpg
ハイビスカスに吸蜜に来ていたので、あわてて撮りましたが、十分撮影する前に飛ばれてしまいました。

今回の旅行ではシロチョウの仲間はあまり撮影できませんでしたが、ウスキシロチョウが元気に飛び回っていました。
f0031682_09131307.jpg
オオゴマダラもいて飛翔を撮影できました。
f0031682_09131378.jpg
f0031682_09131334.jpg
オオゴマダラは今まではあまり撮影のチャンスがなかったのですが、今回の旅行では産卵も含めていろいろなシーンを撮影できました。

今回の八重山は1週間と日程的にはかなりゆとりを持って計画し、おおむね天気にも恵まれて楽しい旅行をすることができましたが、だんだん未撮影種も少なくなり、これからはピンポイントで時期を合わせて出かけなくてはなりそうです。

by dandara2 | 2014-02-19 09:24 | 産卵 | Comments(8)