「ほっ」と。キャンペーン

タグ:タカネヒカゲ ( 1 ) タグの人気記事


2011年 07月 27日

北アルプス遠征(タカネヒカゲ:2011/7/22-23)

7月22.23とNature Diaryの虫林さんと北アルプスにタカネヒカゲを撮影に行って来た。
タカネヒカゲはもう30年以上前に登って、その時は運良く交尾、産卵も撮影できたのだけど、ポジフィルムの時代だったので、デジタルでも撮影したいものだと前々から思っていた。
ただ、タカネヒカゲは2500m以上のハイマツ帯に生息しているので、なかなか決心が付かずとうとうここまで来てしまった。
だんだん体力的にも限界が近づいているのでチャンスを狙っていたのだけど、虫林さんが出掛けられるというので一緒に連れて行ってもらうことにした。
他の登山者に追い抜かれながらゆっくりゆっくり登って、登り初めてから6時間で目的の山頂に着いた。
山頂は天気が悪くガスの中。山小屋でしばらく休憩しているとガスがきれてきたのでいよいよ撮影に出てみる。
しばらくすると虫林さんがハイマツに止まるミヤマモンキを見つけて教えてくれた。
やれやれこれで零敗は免れたなと思いながら撮影。
f0031682_1184735.jpg

この後ミヤマモンキはぽつぽつ現れて、ハクサンシャクナゲで吸蜜などもしてくれた。
f0031682_1192271.jpg

この個体は飛び立ってもまた吸蜜に戻ってくるので、吸蜜を終えて飛び立つシーンを狙う。
吸蜜を終えて蝶の頭が動き始めたらシャッターを押し続けていると、うまい具合に翅表が写っていた。
裏面は少し傷んでいるけど、翅表はきれいな個体だ。
f0031682_1194472.jpg

その後飛び立った所もうまく写っていた。
f0031682_11101047.jpg

また、きれいな♀が産卵シーンも見せてくれた。
f0031682_11103468.jpg

この日はガスでとうとう槍・穂高は姿を見せてくれなかったし、肝心のタカネヒカゲは何頭かが姿を見せたものの、止まることなく風に乗って姿を消してしまった。
明日の午前中は晴れそうなので、それに期待して早く休むことにした。
休日前なので山小屋も空いていてラッキーだった。

翌日4時前に目がさめ外を見ると、空には星が見え、槍・穂高のシルエットもくっきり見える。
朝食前に外に出て槍・穂高を眺める。
30数年前に来た時にも、この雄大な風景を眺めてすっかりファンになってしまった。
f0031682_11111693.jpg

朝食後、いよいよ撮影開始。
はたしてタカネヒカゲは撮影のチャンスがあるだろうか、不安な気持ちを抑えながら歩き始める。
途中では穂高を背景にしたブロッケン現象も観察できた。
自分の影に虹が出ている様子をみて、今日はよい結果が出るといいなと思いながら撮影する。
f0031682_11114052.jpg

しばらくすると、虫林さんが呼んでいる。
駆けつけると、ハイマツの中に2頭のミヤマモンキが止まっていて、背景には槍が見えている。
願ってもないシーンなので大喜びで撮影。
f0031682_11121537.jpg

その後、交尾中のミヤマモンキも見つけることが出来、これも大喜びで撮影。
f0031682_11124573.jpg

まだ朝が早いせいか、ハイマツに止まるミヤマモンキをいくつかみつけることが出来たので、穂高を背景に撮影するが、雲が上がってきて山頂を隠してしまったのが残念だ。
f0031682_11131868.jpg

少し離れた場所で♀がチラチラと飛んでハイマツに止まったのが見えたので近づくと、新鮮な個体が良い感じで止まっていた。
f0031682_11134518.jpg

この個体は止まったまま動く気配がないし、周囲はガスに包まれて眺望も全くきかなくなったので、クロマメノキの花にとまらせて記念写真。
f0031682_111499.jpg

時間もかなりたって、本来ならばタカネヒカゲが飛び回るはずなのにほとんど姿が見えない。
結局今回は撮影できずに次にチャレンジするしかないかなと思い始めるが、少し気になる窪地が眼に入った。
虫林さんにあそこがくさいですねと話をすると、見に行ってくるとのこと。
このあたりの行動力が普段の研究活動を支えているんだろうなと思いながら、周囲に気を配りながら様子を見ていた。
そのうち虫林さんが呼んでいるので急いでその場に行くと、タカネヒカゲがハイマツに止まっていた。
ちょっと羽化不全の個体だけど、やれやれこれでデジタルでも撮影することが出来たと喜びで一杯になる。
f0031682_1115146.jpg

その後日が射すとチラチラと幾つかの個体が飛び出したので、羽化不全でない個体も撮影することが出来た。
これは前翅に黒っぽい発香鱗が見えるので♂だろう。
f0031682_11252694.jpg

広角でも撮影、背景が北アルプスでないのが残念だけど場所の雰囲気が比較的出た。
f0031682_111636.jpg

♀も現れて時々絡むが、足元が悪いし植物を踏み荒らすわけにも行かないので、なかなかうまく近づくことが出来ない。
2頭が止まった所を撮影するのが精一杯だった。
f0031682_11164316.jpg

右側の♂の方は少しだけ翅を開いてくれた。
f0031682_1117617.jpg

♀の方は少し飛んでは止まるので、そっと追いかけて撮影。
f0031682_1117346.jpg

虫林さんも来て撮影されていたが、そのうち、刺激を加えて止まった直後に開翅するようだとの話。
そこで、二人でこの♀を少し刺激して開翅した所を撮影することにした。
開翅する時間はそう長くないので、二人で何度もチャレンジし、ようやくそれなりの写真を何枚か撮影することが出来た。
f0031682_1118947.jpg

こちらの写真では、地衣類の上で開翅しているので、ちょっとお気に入りかな。
f0031682_11183554.jpg

槍・穂高が見られる稜線にもタカネヒカゲは飛んでくるようになって、広角で撮影しようと少し粘るが、気温が上がったせいか近づく前に逃げられて、撮影のチャンスはなかった。
下りは登る時よりもきつく、前日の雨で足元も滑り、何度か転びながらようやく下山した。
虫林さん、いろいろありがとうございました・

by dandara2 | 2011-07-27 11:28 | 交尾 | Comments(34)