「ほっ」と。キャンペーン

タグ:タイワンアオバセセリ ( 1 ) タグの人気記事


2013年 11月 28日

八重山撮影行(1日目:与那国島)

この時期、勤め先の担当学年が修学旅行でハワイに1週間ほど行くので授業がない。その間休みを取って八重山に行くことにした。
最初の目的地は与那国。撮影目標はシロミスジ。もしかしたら迷蝶にもお目にかかれるかも知れないなと虫の良いことを考える。

17日の朝家を出ていよいよ与那国へ。
途中乗り継ぎ便が遅れたりして、与那国に着いたのは18時半過ぎ。
18日はレンタカーで島内を回るけど、車で30分も走れば島の西から東までいけてしまう位の小さな島だ。
自転車で回っている人もいた。自転車だと3.4時間で島を1周できるらしい。

おおよそのポイントは、与那国ホンダで車を借りる時に、オーナーの奥様から聞くことが出来た。
オーナーは蝶の採集家で、この時は台湾に採集に行っているとかでお会いすることは出来なかった。
最初に訪れた場所にはクロボシセセリがたくさんいた。
f0031682_22383676.jpg
クロボシセセリ

以前来た時には一頭しか見かけなかったけど、今回はあちこちでたくさん見かけることができた。
その場所には大きめのミスジチョウの仲間がいた。
リュウキュウミスジのようだったけど、大きさは倍近くある。
f0031682_22403901.jpg
リュウキュウミスジ

何しろ今回の与那国の目的がシロミスジだから、もしかしたらと言う期待が膨らむ。
そっと近づいて撮影するけどやっぱり違いそう。

少し移動すると、良さげな林道がある。
歩きはじめると、クロテンシロチョウがたくさん目についた。
f0031682_22383673.jpg
クロテンシロチョウ(家内撮影)

ゆっくり飛んでくれるので飛翔も撮影。このチョウは飛翔の撮影しやすい蝶だ。
f0031682_22383627.jpg
f0031682_22383633.jpg

目の前を白い活発な蝶がよぎる。タイワンシロチョウだ。
f0031682_22403938.jpg
タイワンシロチョウ

飛び立つときに裏面も撮影することができた。
f0031682_23164822.jpg
家内撮影

次ににとまった場所に近づくと、なんだか見慣れない蝶が止まっている。
f0031682_22403994.jpg
おっ、未撮影種と喜んで撮影したけど、タイワンシロチョウの雌だった。
f0031682_22403947.jpg

今回の撮影行では、ウラナミシジミ類などを見てもとっさには名前が浮かんでこなかったりして、南の蝶に関しては全くの初心者と言うことを痛感した。

そのうち、真っ白なシロチョウが飛んできた。すわカワカミシロチョウかと思って喜んで撮影するけど、後で調べるとナミエシロチョウの雄のようだ。
f0031682_22383628.jpg
ナミエシロチョウ
f0031682_22383716.jpg
家内撮影

今年はカワカミシロチョウも含めて迷蝶の姿は少ないらしかった。

この林道では他にオキナワビロウドセセリ、ツマベニチョウ、タイワンクロボシシジミ、スジグロカバマダラなどが目についた。
f0031682_22383783.jpg
オキナワビロウドセセリ

f0031682_22403999.jpg
ツマベニチョウ

f0031682_16272750.jpg
タイワンクロボシシジミ(家内撮影)

f0031682_22403977.jpg
スジグロカバマダラ

ヤエヤマカラスアゲハもいたけど、後翅にはいっぱい花粉が付いていた。
f0031682_23061434.jpg
ヤエヤマカラスアゲハ

色合いからするとハイビスカスの花粉だろうか。

その後ヨナグニサンの展示をしているアヤミハビル館に行く。
どこかのブログで、アヤミハビル館の横にはホリイコシジミがいるというので、ヨナグニサンとともにホリイコが撮影できればいいと思った。

着くと、アメリカハナグルマの花に小さなシジミが止まっている。
f0031682_22383610.jpg
ファインダーで覗いても小さくてよくわからない。
でも多分これがホリイコだろうと撮影しているところに、アヤミハビル館の館長さんが来られたので、話をしながらホリイコを撮影したというと、ここにはヒメシルビアはいるけど、ホリイコは見ていないという。
近くにランタナもあるけど、発生していないようだとのこと。

後でホリイコを撮影してみれば、確かに裏面の色合いが違っているけど、その時はまだ実物は見ていなかったので、ブログの情報からてっきりそうだと思い込んでしまった。
ブログの人も間違えたんだろう。
初日はとにかくこんな具合だった。

ヨナグニサンの羽化したのがいるから見ないかと言われて館内に入る。
案内された場所にはヨナグニサンの標本がいくつも展示されていた。
生きたヨナグニサンはどこにいるのかなと思っていたら、館長さんが手前のヨナグニサンに触ると翅が動いてびっくり。
f0031682_22410272.jpg
この写真で、手前と一番奥が生きたヨナグニサンで、他のものは標本だとか。
昼間は不活発で夜になると活動を始めるらしい。

館長さんから与那国の蝶のポイントを教えてもらい、そこに行ってみることにした。
行く道すがらにはアサギマダラがとても多かった。
f0031682_22383624.jpg
f0031682_22383636.jpg

教えられたポイントにはシロミスジはいなくて、わずかにアカタテハがテリ張りをしているだけだった。
がっくりして車に戻る道筋にタイワンアオバセセリがいて少し元気をくれた。
f0031682_22403904.jpg
タイワンアオバセセリ

この日撮影した蝶は23種類、どれも既撮影の種類ばかり。
翌日の午後には与那国を離れないといけない。
果たしてシロミスジが撮影できるのか、その日撮影した写真をハードディスクにバックアップしながら不安になる。


by dandara2 | 2013-11-28 23:12 | Comments(12)