「ほっ」と。キャンペーン

タグ:スジグロシロチョウ ( 9 ) タグの人気記事


2016年 04月 19日

小畔川便り(ツマキチョウの産卵2016/4/10)

4月10日は自宅前にギンイチモンジセセリの発生の確認とツマキチョウの産卵狙いで出かけた。

ギンイチモンジセセリはまだ発生していないようだった。

ツマキチョウのオスは例によって全く止まらない。

今日は同じ飛翔でも背景にムラサキハナナの群落が入るようにしてみた。

f0031682_06215875.jpg
f0031682_06215882.jpg

2頭が追飛しているシーンではさすがに思い通りの背景で撮影というわけにもいかなかったけど、少し入れることができた。

f0031682_06220403.jpg
f0031682_06220483.jpg


11時半を過ぎると吸蜜する個体が出てきた。

f0031682_06215889.jpg


スジグロシロチョウは自宅前では数が少なく、結構貴重な感じがする。

f0031682_06220487.jpg
f0031682_06220496.jpg


12時近くなってようやくツマキチョウの産卵を撮影することができた。
ムラサキハナナではなくてナノハナに産卵するようだ。

f0031682_06215863.jpg
f0031682_06215817.jpg

その後も1時間以上粘ってみるけど、これ以上のチャンスはなく帰宅することにする。

帰りがけにモンシロチョウの交尾ペアにツマキチョウが絡んできたけど、枯草の中なのでうまく撮影できなかった。

f0031682_06220404.jpg

今年はナノハナの咲く範囲がかなり広がって、一時は減っていたツマキチョウの個体数が回復してきているみたいでうれしい。



by dandara2 | 2016-04-19 06:32 | 産卵 | Comments(8)
2016年 04月 13日

トラフ敗退(2016/4/8)

4月8日、朝、空を見上げるとどんよりと厚い雲が広がっている。
風も強い。

今日はトラフシジミを見に行こうと思っていたのだけど、これでは見送りかなと思ってのんびりと過ごしていた。

しばらくして、再度空を見るとトラフのいるであろう方角の空が少し雲が薄いようだ。
孫の好きな燻製屋さんでの買い物も頼まれたので、ダメもとで出かけてみることにする。

途中薄日が差してきて期待を持たせたけれど、ポイントではやはり雲がとれない。
それでも風は自宅付近よりは強くない。

一通り歩いてみるけど、トラフシジミはおろかコツバメも見つからない。
モンシロチョウが吸蜜していたのでとりあえずカメラを向ける。

f0031682_07383525.jpg

少し歩くとスジグロシロチョウもいた。

f0031682_07383564.jpg

それだけ・・・・・・

せっかく出てきたのに今日はしょうがないかなと思っていたら、スジグロシロチョウの交尾を見つける。

f0031682_07383679.jpg

スジグロシロチョウの交尾はそれほど撮影していないので、ある意味トラフよりは貴重かなと自分を慰めながら撮影。

f0031682_07383589.jpg

この日はスジグロシロチョウだけはいくつか飛んでいて写真が撮れた。

f0031682_07382932.jpg
f0031682_07382846.jpg

最後に回った場所でツマキチョウを見つけ、吸蜜シーンを撮影することができた。

f0031682_07382936.jpg

自宅前では、全く止まらず苦労しているのにうそのようだ。
f0031682_07382974.jpg



by dandara2 | 2016-04-13 07:50 | 交尾 | Comments(6)
2016年 04月 04日

小畔川便り(ツマキチョウ発生:2016/4/3)

孫の春休み真っ最中。
一日家にいるので結構大変。
両親が家にいる土日しか遠出ができない。
しかもその土日もあまり天気が良くない。

でもそれでは不自由なので、孫にもカメラを与えて、この春休みは少し遠出もしてみることにした。

孫用に購入したカメラはオリンパスのSTYLUS 1s 35mm換算28-300のズームレンズ付きのコンデジ。
画素数が1200万画素と今のカメラとしては低画素だけど、402gと比較的軽いし、蝶の撮影には十分な性能がある。

孫が使わないときには、家内のサブカメラにちょうど良いかなと思った。

30日は、孫にこのカメラを持たせて自宅前の川原に行ってみる。
f0031682_2220491.jpg


力いっぱいシャッターを押すので手振れ続発。
それに少し近づきすぎかな。
おいおい練習しましょうね。
f0031682_2221199.jpg
孫撮影

これからは、たまに"孫撮影"ってついた写真が出るかもしれません。
ジジバカだと思って見てやってください。

この日はモンシロチョウが産卵していた。
f0031682_22214432.jpg


ツマキチョウの発生を確認に行くけど、まだ早いのか飛んでいない。
天気も悪くなって、モンシロチョウがムラサキハナナにとまって休んでいるだけだった。
f0031682_22221070.jpg


4月2日は新潟方面は天気が良かったようだけど家族の用事をこなす。
3日の日曜日は曇りだけど、自宅近くの通りはちょうど桜が満開。
f0031682_22253830.jpg


10時半過ぎに明るくなってきたので、自宅前の川原に出る。
f0031682_22255835.jpg


花見の人が多くて落ち着いて撮影はできないけど、桜バックの写真も少しはとっておきたい。

ちょうどベニシジミがテリハリをしていたので、背景に桜が入るように撮影。
f0031682_22261960.jpg

f0031682_22262994.jpg


もっとじっくり撮りたいけど落ち着かないので場所を移動。

ツマキチョウがそろそろ出る頃なのでその確認に行く。

ムラサキハナナにスジグロシロチョウが止まっていた。
f0031682_2227218.jpg


吸蜜しているわけではなく、曇りなので休んでいるところのようだ。
f0031682_22271341.jpg


少し空が明るくなるとちらちらと飛び始めるけど、その中に少し小ぶりの蝶を見つける。

ツマキチョウだ。昨年の初見も4月3日だから、ちょうど同じ日の確認になる。

止まらないのでとりあえず飛翔を撮って証拠写真に・・・
f0031682_2227373.jpg


止まっても枯草の中。
f0031682_2227589.jpg


近づくと枯草を踏んで逃げられる。

家内も家事を終えて出てきた。

手を焼いていたツマキチョウがとまって翅を開く。
f0031682_22282092.jpg
家内撮影

まったく・・・なんてこった。

使い勝手を見るためにSTYLUS 1sを持ってきてもらったけど、フォーカスも早くて結構使いやすいとのことだった。
自宅前の散策の時には、その後買い物をしたりするので、家内はカメラを持ってこないことが多いけど、これなら多少は気軽に持って歩けるかもしれない。

by dandara2 | 2016-04-04 22:42 | 初見日 | Comments(16)
2016年 03月 28日

コツバメの産卵かな?(2016/3/25)

3月25日はミヤマセセリを撮りたいなと思って17日に今年初めてコツバメを撮影した公園に行く。

ところが、ちょっと気温が低く風があるせいか、ミヤマセセリもコツバメも出てこない。

ミヤマセセリを探していたところでは、スジグロシロチョウが出てきた。
f0031682_9491022.jpg


今年初めての撮影になる。
f0031682_9493377.jpg


12時過ぎになってようやくミヤマセセリが出てきてくれたけど、カメラを向けたらすぐに飛んでしまった。
f0031682_9494818.jpg


コツバメも出てきた。
f0031682_9502593.jpg


アセビの花にちょこんと止まっている姿を見ると、なんともかわいらしい。
f0031682_9504251.jpg


コツバメはこの後、メスも出てきて、産卵態勢をとった。
f0031682_951434.jpg

f0031682_9511816.jpg

f0031682_951292.jpg


ただ、写真からは卵は確認できなかったので、産卵しなかったかも知れない。

アセビにはルリシジミも吸蜜に来た。
f0031682_952289.jpg


この日は条件も厳しく、蝶の姿は少なくて、トラフも姿を現さなかった。

by dandara2 | 2016-03-28 09:55 | 産卵 | Comments(4)
2015年 05月 06日

ウスバシロの発生(2015/4/29)

4月29日は秩父にウスバシロチョウを撮影に行く。

まだ雄の出はじめで、飛び回ってばかりで止まらない。

f0031682_23501554.jpg
f0031682_23501509.jpg

撮影しやすそうな雄を探していて、いつも同じタンポポの綿毛の近くに飛んでくることに気が付いた。
f0031682_23500728.jpg
f0031682_23500766.jpg

もしかして雌と間違えて飛んできているのではないかと思ってみていると、飛んできた雄が綿毛に止まって何かを探すようなしぐさをしてから飛び立った。

f0031682_23501531.jpg

やはりメスと間違っていたようだ。

たんぽぽの綿毛はたくさんあるのに、飛んでくるのはこの綿毛だけ。
何かメスと間違えやすい条件でもあったのだろうか。

帰りがけに見た時には、この綿毛はウスバシロがあまり止まるので、半分くらいはなくなっていた。


家内のところに戻ると、家内は家内で面白い写真を撮影していた。

木の上から降りてきたウスバシロが、下に止まっていたウスバシロの隣に降りたという。
f0031682_23500739.jpg
家内撮影

もしかして交尾かと急いで近づいてみると、ただ2頭が重なり合うようにして止まっていただけだという。
f0031682_23500713.jpg
家内撮影

相手が気にならないのだろうか。

12時を過ぎたので、そろそろ吸蜜する頃だと思って注意してみると、ハルジオンはまだつぼみばかりで花がない。

代わりに吸蜜に来たのはタンポポだった。

f0031682_23500780.jpg
f0031682_23500749.jpg

アオバセセリが発生していないかと、昨年撮影した場所に移動するが、まだ発生していないようだった。

途中、黒系アゲハが多い場所も通るけど姿が見えなかった。
こちらもまだ発生していないようだ。

代わりにツマキチョウがまだ新鮮で、タンポポで吸蜜していた。

f0031682_23501573.jpg

家内は吸蜜を終えて飛び立つところをうまくとらえていた。

f0031682_23502190.jpg

f0031682_23502192.jpg
家内撮影

カキドオシでも吸蜜していた。

f0031682_23502125.jpg
家内撮影

自宅近くでは撮影できないシーンなので喜んで撮影。

f0031682_23520106.jpg

廃屋となった人家の庭に生えているクレソンにスジグロシロチョウが産卵していた。

f0031682_23502131.jpg

タンポポでも吸蜜しているが、ヤマトスジグロとの区別の確認のために撮影。

f0031682_23502161.jpg

やはりスジグロシロチョウのようだ。



by dandara2 | 2015-05-06 00:02 | 配偶行動 | Comments(16)
2015年 03月 19日

ミヤマセセリ初見(2015/3/17)

3月16日
午後から天気が崩れるということだったけど、午前中は晴れていたので、近くの公園にミヤマセセリとコツバメの発生状況を確認に行く。

ここは昨年、コツバメの飛翔を撮影した場所だけど、ミヤマセセリを見ることができなかった。
環境的にはそう大きな変化はないように思うのだけど、今年はどうだろうか。
ただ、まだ時期的にはちょっと早いので、今日見れなくてもそれは仕方ない。

見かけたのはテングチョウ。

f0031682_10010849.jpg

自宅前の川原にはいないので、越冬蝶ではあるけれど喜んで撮影した。
枯葉の上に止まることが多いけど、珍しくツツジの葉に止まった。
f0031682_10010739.jpg

ここにはウメなどの花も咲いていなくて色気がないので、飛び立つところをBMC(いわゆるバスト連射)で撮影。

f0031682_10010796.jpg
f0031682_10010815.jpg

キタキチョウもいた。

f0031682_10010743.jpg

こちらもなぜか自宅近くでは越冬明けのものは見られないので、新鮮な気持ちで撮影した。
花から花へ小飛するので、こちらは普通に飛翔撮影。
f0031682_10010710.jpg

結局期待したミヤマセセリ、コツバメもまだ発生していないようだった。

17日は、コツバメを期待して、コツバメの発生の早い別の公園へ。
気温も20℃位に上がるというので期待が膨らむ。

ポイントに着くとbanyanさんと浅間の煙さんがいてお話をされていた。
まだ現れてはいないようだ。

アセビにはテングチョウが吸蜜していた。

f0031682_10013504.jpg

気が付かなかったけど、キタテハの後ろではハチが交尾していたようだ。

飛翔も狙うけど難しい。
f0031682_10013572.jpg

ムラサキシジミもいたので、飛び立つところを撮影。
f0031682_10013557.jpg

キタキチョウも多く、アセビで吸蜜したりしている。

f0031682_10014185.jpg

コツバメは出てこないので、少し周囲を見て回ることにする。

キタテハがムラサキハナナに来ていた。

f0031682_10014125.jpg

しばらく歩いても何もいない。

やはり早いのかなと思って元の場所に戻り、昨年もお会いしたSさんとお話をしながらキタキチョウの飛翔を撮ったりする。

f0031682_10014103.jpg

別の場所に移動する途中、足元からミヤマセセリが飛び出した。

f0031682_10014176.jpg

コツバメとに共に撮りたかった蝶なので喜んで撮影。
f0031682_10470478.jpg
これで本格的な春が来たなと言う気がする。

途中ではスジグロシロチョウも吸蜜をしていた。

f0031682_10013530.jpg

別のコツバメのポイントでも何もいない。
Sさんが上を見上げて「タカ」と声を上げる。

f0031682_10013558.jpg
とっさに撮影するけど豆粒のようだ、オオタカだろうか。

今日は暖かかったので、もう数日でコツバメも出るだろう。



by dandara2 | 2015-03-19 10:57 | 初見日 | Comments(18)
2010年 04月 02日

ようやくコツバメ、もうトラフ

4月1日は、予報では日本中ほぼ天気が悪いが、南から暖かい空気が入り気温は高いとのこと。
また、関東だけが周囲の山に雨雲がブロックされて曇りとのこと。午前中は晴れ間も見えるらしい。
朝起きて空を見ると、所々青空が見える。
今年はまだコツバメを見ていないので、今日はこの春の目標の一つであるコツバメの飛翔狙いでいつもより少し離れた公園に出掛ける。
最初に探した場所ではスジグロシロチョウがタンポポで吸蜜していた。
ファインダーで見るとすごくきれいで、結構たくさん撮影してしまった。
f0031682_12334759.jpg

コツバメは現れないので、昨年トラフとコツバメが多いのではないかと思った場所に移動。
昨年はやや時期が遅く、両種とも見られなかったので今年を楽しみにしていた場所だ。
着いたとたんにチラッと動く陰。今年初めてのコツバメの出現だ。
f0031682_12345050.jpg

気温が高いので、落ち着きが無く、カメラを近づける前に飛んでしまうことが多くちょっと苦労したが、それでも何とか目標の飛翔写真を撮ることが出来た。
こちらは前翅に性標が見えるから♂。
f0031682_12354499.jpg

こちらは性標がないように見えるので、♀だろうか。
f0031682_1236204.jpg

12時を過ぎると吸蜜が多くなって撮影もしやすくなった。
f0031682_12364077.jpg

ある程度の写真が撮れたので、桜を眺めながらタンポポのたくさん咲いた草原でお昼にする。
ベニシジミやスジグロがたくさん飛んでいる。
その中に交尾したスジグロがいたので撮影。後で確認するとスジグロシロの交尾写真はほとんど持っていなかった。
f0031682_1237551.jpg

帰ろうかと思ったけど、もう一度コツバメのポイントを見に行く。(いつもなら確実に帰っていたけど、今年は少し粘りを出すことにした)
着いたとたんにトラフシジミ出現。
今年はトラフの翅表がとりたいと思っているのだけど、まだ出ていないだろうと思っていたので意表をつかれた感じ。
f0031682_12381614.jpg

コツバメと違い、一つの花でじっくりゆっくり吸蜜するので、見つければ撮影は簡単だ。
ここには2頭のトラフがいて、偶然にも近くの花で吸蜜してくれたので、それらが入るように撮影してみた。
ちょっと頭の部分が陰になってしまったけど、何とか2頭にピントがあって豪華な感じの写真になった。
f0031682_1238438.jpg

吸蜜に夢中になっていて開翅は無理そうなので飛翔シーンを撮影することにする。
吸蜜を終えて小飛したところを撮影。チャンスはこの時1回だけだったけど何とかうまく撮れた。
f0031682_12391557.jpg

しばらく粘ってみたけど開翅することなく樹上に上がってしまったので、ここを引き払って最初のポイントに様子を見に行くことにする。
するとここにもトラフがいてまだ吸蜜をしていた。
昨年の例だと、吸蜜を終えた後ちょっとだけ翅を開いてその後飛び去るのでそのチャンスを待ってみたが、開翅することなく飛んでしまった。
気温が高すぎたのかも知れない。
f0031682_12394722.jpg

帰るまで晴天で、予定したコツバメの飛翔に加え、予定外のトラフまで充分撮影することが出来て満足した一日だった。

by dandara2 | 2010-04-02 12:45 | 飛翔 | Comments(24)
2010年 03月 28日

自宅近くでミヤマセセリ初見

3月も末だというのに最高気温が10℃を切る寒い休日。
自宅前の桜もまだ数輪が開いたところで、1分咲にもなっていない。
此処に引っ越して来てから開花が一番遅い年かも知れない。
朝はゆっくり起きて、家内につきあって買い物をしたりしてのんびり過ごした。
昨日(3/27)は天気は良かったけど、風が冷たくギフの撮影はパス。
自宅近くでまだ撮影していない、ミヤマセセリ、コツバメの確認に出掛ける。
コツバメはかなり探したけど見つからなかった。気温が低いせいだとは思うけど、環境も少し変わったので発生数も少ないのかもしれない。
歩き回ってもハエしかいないのに嫌気がさして帰りはじめるけど、念のためと思ってミヤマセセリのポイントによると目の前に一頭降りてきてくれた。
f0031682_1931379.jpg

自宅近くでは初見になる。
しばらく様子を見てみたけど、発生しているのはこの1頭だけのようだった。
f0031682_19315895.jpg

それでも先週は咲いていなかったスミレなどもかなり咲き始めてきた。
f0031682_19325545.jpg

スジグロシロチョウも今年の初見になる。
f0031682_19331259.jpg

ビロードツリアブも目につくようになってきたので、これから暖かくなると一斉に春の蝶が出始めるだろう。
f0031682_19334081.jpg

そろそろギフにも出掛けようかな。

by dandara2 | 2010-03-28 19:38 | 静止 | Comments(4)
2006年 06月 18日

雨の休日、ミドリシジミ

朝ゆっくり起きると曇天だが意外と空が明るい。遠征出来ないのは残念だが、このところ3時起きが続いていたし、風邪を引いたのか喉が痛い。体にも財布にも優しい休日になりそうだ。
天気をチェックすると10時頃から雨が降るらしい。
その前に近場のゼフィルスでも撮影しようと思い、ミドリシジミ狙いで出かける事にする。
9時30分に家を出ると既に小雨がぱらつきだしていた。
ポイントに10時頃着いてハンノキをチェックすると何頭かのミドリシジミが止まっていたがやや距離が遠い。
f0031682_1961694.jpg

湿地はいつも以上に水が多く靴が半分水につかるが、足首から水が入らないように注意しながらハンノキの周囲を探すと、1頭の♀が飛び立って近くの草に止まった。
今日はこれしか撮影のチャンスがなさそうなので、慎重に近づいてまずは1枚撮影する。
f0031682_1965621.jpg

小飛して近くの枝にとまったのでじっくりと撮影したが暗いのでやや像が甘い。
f0031682_1974861.jpg

しばらく待つが翅を開く気配がないので、広角接写に切り替える。
f0031682_19111195.jpg
シグマ17-70(31mm)

今回は家内のコンデジとシグマの17-70でほぼ同じ画角になるようにして撮り比べてみた。
結果はコンデジの勝ち、panasonicはなかなか優秀だ。
f0031682_19113572.jpg
panasonic lumix FX-9

雨脚が少し激しくなってきたが、ハンノキのある場所を3ヶ所ほどチェックしてみるが、2ヶ所でミドリシジミを確認出来た。
車を止めてある近くではスジグロシロチョウが吸蜜に来ていたが、こんな時でもないと撮影出来ないとおもいゆっくりと撮影してみる。
f0031682_19101016.jpg


by dandara2 | 2006-06-18 19:12 | Comments(26)