タグ:ジョウザンミドリシジミ ( 1 ) タグの人気記事


2013年 07月 09日

信州のゼフィルス(2013/7/7)

7月7日の日曜日は、「Nature Diary」の虫林さんと信州に行ってきた。
狙いはもちろんゼフィルス。
6日には関東は梅雨も明けたし、長野の天気予報も曇り時々晴れで、天気については何も心配していなかった。
現地に着く頃に、外を見ると山にはガスがかかっていて、車のフロントガラスにはぽつぽつと雨が当たる。
「こんなガスの時には午後から晴れるんだよね~」とのんきなことを言いながら「安曇野の蝶と自然」のkmkurobeさん、「ネイチャーKENDAMARUの歳時記」のネイチャーKENDAMARUさんと合流。

お話を聞くと、我々が着く前にウラクロシジミの様子を見に行き、開翅も撮影されたとか。
この日の我々の目標もウラクロだったので、やったねこれで開翅が撮れると喜び勇んで現地へ。
ついてみたら雨、マンサクの近くを叩くとメスアカミドリシジミが出てきた。
f0031682_89867.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

kmkurobeさんがウスイロオナガを見つけて教えてくれた。
f0031682_895030.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目

その後は叩いても叩いても(私は見ているだけですが)何も出てこない。
ただ、アサマシジミがそこそこの数いて、この個体は橙色斑列の丈が高くて鮮やかな個体だった。
f0031682_810860.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

その後雨がひどくなってきたので、kmkurobeさん行きつけの喫茶店でコーを飲み軽く食事。
久しぶりに皆さんと楽しい蝶談義が出来た。

空が明るくなってきたようなので、再度同じ場所に行くけど、途中kmkurobeさんらは別の場所の様子を見に行く。
私と虫林さんは同じ場所に行くけど、着いたらまた雨が降ってきた。
そのうち、kmkurobeさんから、ジョウザンミドリシジミが交尾しているとの連絡。
大急ぎで駆けつけてみると、草の上にぽつんとカップルが止まっていた。
f0031682_10355133.jpg
カシオZr1000

雌雄で色が違っているのが面白い。
f0031682_10362960.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

反対側からも撮影。
f0031682_10371798.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

時々卍飛翔もするので撮影するけど、うっかりズームレンズを最大焦点距離の方にしてしまったのでカップルではなく単独の飛翔写真になってしまった。
f0031682_10375113.jpg
ニコン1V2 タムロン10-24
f0031682_1039791.jpg

空が明るくなると、あちこちで開翅が始まる。
強い陰も出ない条件なので、翅表はとろけるような感じで、微妙なグラデーションも出て素晴らしい。
f0031682_10391770.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

その後キマルリを撮りに行くというお二人と別れて、我々は別の場所に再度ウラクロの様子を見に行く。
木を叩いていると、時々ミズイロオナガシジミが飛び出してどきりとさせられた。
f0031682_10401153.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

アイノミドリも叩き出されたけど、不活発でこの後草の下に隠れてしまった。
f0031682_10403950.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

ウスイロオナガも飛び出して、同じように葉の下に隠れる。
f0031682_10412741.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

いつもだとうれしい収穫のはずだけど、ウラクロの姿も見れていないので喜びも半分以下。
その内明るいオレンジの蝶が飛び出した。
見ると羽化直後と思われるウラキンシジミ。
f0031682_10531522.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

なかなか狙って撮れる蝶ではないので、これはうれしい収穫。
じっくり何枚も撮影した。

結局、この場所ではまだウラクロは出ていないと言う結論に達し、雨もひどくなってきたので撤収する。
ウラクロは残念だったけど、発生していないものは仕方ない。
それよりも雨の中を貴重なジョウザンミドリシジミの交尾や新鮮なウラキンなどを含め、6種のゼフが撮影できてかなり満足して帰宅することが出来た。
お世話になった皆さん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2013-07-09 10:46 | 交尾 | Comments(20)