タグ:ジャノメチョウ ( 4 ) タグの人気記事


2016年 07月 30日

中信の高原で(ヒメヒカゲ・ギンボシヒョウモン:2016/7/23)

7月23日
とりあえずアカセセリが撮影できたので、次の目当てのヒメヒカゲを探す。

すぐに飛び出したけど、鮮度が今一つ。

f0031682_21311740.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今年は発生が早かったようだ。

曇りがちで気温がそれほど高くないので、すぐに翅を開く。
f0031682_21311768.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


眼状紋も少なめのオス個体なので、別の個体を探す。

先ほどの個体よりは眼状紋の多い個体が見つかるが、こちらもオス。

f0031682_21311752.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21311782.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やはり鮮度が今一つなので、飛翔に切り替えて撮影した。

f0031682_21311204.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

草の間を追いかけるので、どうしても後ろから撮影することになり、翅表か、縦筋でしか撮影できない。

何とか頑張って、横から撮影するようにした。

f0031682_21311233.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_21311257.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_21311349.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_21311270.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_21305774.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


ヒメヒカゲやアカセセリを探しているときに、すごく新鮮なギンボシヒョウモンを見つける。

f0031682_21311760.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


高原のヒョウモンの中でも、ギンボシヒョウモンはちょっと特別なヒョウモン。(個人的な好みですが、高いところに来ないとお目にかかれないので・・・)

丁寧に撮影した。

f0031682_21311793.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


シダの葉にウラギンヒョウモンが止まっていて、そこにヒョウモンが絡んだ。

f0031682_21305741.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21305745.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とっさに撮影して、後で写真を確認したら、絡んだのはギンボシヒョウモンだった。

f0031682_21305293.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


同じ場所に両種が住んでいるから日常的なことなのかもしれないけど、ちょっとうれしい。

ここにはジャノメチョウも多い。
先日行った奥武蔵の山では、1個体しか見つからなかった。
いつもだとうるさいくらいいるのにどうしたんだろう、時期が早かったのかな、それとも環境の変化かなと思っていたので喜んでカメラを向ける。

f0031682_21305218.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


家内が交尾ペアを見つけてくれた。

f0031682_21305247.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アザミでも吸蜜している個体がいた。

f0031682_21305246.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

来るときに車が多く、帰りの渋滞が気になっていたので、一通りの撮影ができたと思った12時半過ぎには引き上げることにする。

幸い渋滞には一切かからず、15時少しすぎには帰宅することが出来た。
家でゆったりして、その日の撮影を振り返るのもなかなか良いものだ。




by dandara2 | 2016-07-30 09:38 | 配偶行動 | Comments(8)
2015年 08月 03日

富士山麓の蝶(2015/7/30)

7月30日は富士山麓に、ヤマキチョウやホシチャバネセセリを見に行った。
現地についてみると、平日だというのに何人もの採集者にあった。

いつもホシチャバネセセリがいる場所に行くけど何もいない。
採られてしまったのだろうか。

ミヤマカラスシジミがぽつぽついて何とかモデルになってくれた。
f0031682_18245344.jpg

f0031682_18251972.jpg


ここまで来て、ミヤマカラスだけなのは寂しいな。何とかホシチャが撮りたいし、それがだめならヤマキチョウがいないかと思って歩いていると、足元からセセリが飛び出した。

ホシチャかと思うけど少し大きい。
止まったところを見たらホソバセセリだった。
f0031682_18254473.jpg


それ以外には何もいなくて、がっかりしていると足元からヤマキチョウが飛び出して10mくらい先の草の間に降りた。

そっと近づいて探すと、足元の草の間に止まっていた。
f0031682_1826992.jpg


良いアングルを探していると飛んでしまったけど、やれやれこれでなんとか撮れたかなとほっとする。

ホシチャのいるはずの草地を歩いていたら、足元に黄色い蝶。
はっとして足を止めると、羽化間もないと思われるヤマキチョウだった。
f0031682_182714.jpg


草の間だし、触覚も揃えているので、あまり絵にならない。
ついでだからと手に止まらせることにする。

草の間を少し逃げ回って翅が傷まないかと心配したけど、何とか手に止まってくれた。
青空を背景に記念写真。
f0031682_18272699.jpg


手乗り写真にはあまり興味はないけど、ヤマキチョウの手乗りはちょっとうれしかった。

ヤマキチョウは、発生初期だったのかもう少し見ることができた。
f0031682_1828128.jpg


比較的活発で、触角も活動状態だったのでようやくヤマキチョウが撮影できたなと言う実感がわく。
f0031682_18283634.jpg


カセンソウでも吸蜜していたけど、草かぶりだったのでアングルを探していたら逃げられた。
吸蜜はこの時だけだったのでがっくり。

一番多かったのはジャノメチョウ。
いつもだったらカメラを向けなかったかもしれないけど、蝶の姿が少ないので、ジャノメチョウにもカメラを向けた。

ハナショウブに2頭のジャノメが来ていた。
f0031682_1829097.jpg


この花なんて言う名前でしたっけ。⇒ヒメトラノオと教えていただきました。
f0031682_1829183.jpg


吸水しているジャノメチョウもたくさんいた。
f0031682_18293643.jpg


目立たないから、足元からぱっと飛び出して初めて気が付くことが多かった。

ヒョウモンはウラギンスジヒョウモンが多く、他はあまり見かけなかった。
と言っても、たまに見かける程度。
f0031682_1830954.jpg


痛んだ個体が多かったけど、比較的きれいな個体がカセンソウで吸蜜してくれた。

全体的に今年の高原は蝶の数が少なかった。

by dandara2 | 2015-08-03 18:33 | 吸蜜 | Comments(14)
2013年 07月 29日

信州の高原で(ヒメヒカゲ:2013/7/28)

7月28日の日曜日は信州にヒメヒカゲ、アカセセリを撮影に行ってきた。
どちらかと言うと、明るい草原でのんびり撮影するのが好きなので、ここ数年はこの時期にはこの両種を撮りに行くのが慣例のようになってきている。
幸い両種ともいろいろな写真が撮れたので、最初はヒメヒカゲから載せていくことにします。

いつも行くポイントに着くと、シダの葉の上にちょこんとヒメヒカゲが止まっていた。
f0031682_19124447.jpg

今年も無事に撮影できたなと思うとちょっとホッとする。

雄はやや鮮度が落ちてきているので、翅表は狙わず(撮影はしたけど)、比較的きれいな個体の裏面を撮影する。
f0031682_19131134.jpg
家内撮影

眼状紋の変化がいろいろあって面白い。
f0031682_1913374.jpg

雌はちょうどピークと言う感じできれいな個体が多かった。
f0031682_19135885.jpg

昼近くなると雲が多くなって、草の間で休む個体が多くなった。
この個体を見つけた時は、吸蜜かと思ったけど違ったようだ。
f0031682_19142113.jpg

曇りがちで活発な行動は見られず、飛んでもすぐに止まる。
撮影は楽でいいけれど、あまり面白くないので飛翔を狙うことにする。

距離設定がうまくいかずにピンボケばかりだけど、一応は撮影することができた。
f0031682_19144826.jpg

f0031682_1915534.jpg

f0031682_19202411.jpg

ここにはジャノメチョウも大変多かった。
実はジャノメチョウの写真のストックはあまり多くはなくて、きちんと撮らなくてはと思いながら、ついつい他の蝶に気が行って今回もあまり撮影しなかった。

家内はあまりそういった種による偏見がなくて、目につくものはきちんと撮ってくれるので、今回も新鮮なジャノメチョウを撮影することができた。
f0031682_19154432.jpg
家内撮影

私もヒメヒカゲの飛翔を撮るついでにジャノメチョウの飛翔も撮影し、数枚ピントがまあまあの写真が撮れた。
f0031682_1917421.jpg

f0031682_19175777.jpg

後で確認したら、ジャノメチョウの飛翔は今回が初めての撮影だった。

by dandara2 | 2013-07-29 19:21 | 飛翔 | Comments(18)
2007年 07月 25日

sP-50UZ試し撮り

今日勤めが終わってから自宅前の小畦川にSP-550UZの試し撮りに出かける。
高速連続撮影と普通の撮影ではそれぞれ設定が違うけど(ISOとか画質とか)、それをいちいち野外でやってはいられないなと思ってマニュアルを良く読むと、それぞれの設定を記憶しておいてワンタッチで切り替えられるようだ。
川原に出ると早速モンシロチョウが飛んでいる。飛翔写真用の設定にしてシャッターボタンを押すとカシャカシャカシャと気持ち良い早さでシャッターが落ちる。
f0031682_1221012.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、シャッタースピード優先、1/1000、f7.1、ISO800、焦点距離28mm(35mm換算値)、jpeg300万画素

後で見てみると、デジカメの特徴で被写界深度が深く、ピントもそれなりでかなり使えそうだ。
f0031682_1223579.jpg
ただ、シャッタースピードが最高1/1000までしか設定出来ないのと、画質がやや落ちてコントラストも不自然な感じがする。画質は高速連射の場合は300万画素だからある程度は仕方ないかとも思うが、実戦投入の週末には設定をもう少しいじって見る必要があるかも知れない。
次に望遠での性能を見てみた。撮影したのはキタテハ。
D200のマクロレンズで撮るとこんな感じ。今までだと一応保険として撮影しておく距離で、後でこの写真を使うことはまずない。
f0031682_1232489.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/640、f5.6、ISO640、RAW1000万画素

SP-550UZの504mm側で撮るとこんな感じ。ちょっと像が甘い感じでノイズも入っているけど、ノイズの方はISOをもう少し下げれば何とかなるかも知れない。
今持っているニコンのAF NIKKOR 70-300 のレンズと比べると同等かそれより若干良いという感じ。今度撮り比べてみよう。
f0031682_1243112.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、プログラムAE、1/1000、f7.1、ISO400、焦点距離504mm(35mm換算値)、RAW700万画素

普通ならこれでOKなんだけれど、念のためにマクロで撮った写真をトリミングして同じ大きさになるようにしてみた。普段だとこんなに大胆なトリミングはまずしないけどものは試しだ。
結果は見ての通り、ほとんど変わらないかマクロをトリミングした方が良いような感じに見える。
f0031682_125292.jpg

画素数が違う点もあるし、レンズの性能も違うだろうけど、これなら長玉を使わずにマクロで撮っておいて後でトリミングしても同じということになる。
デジイチで長玉を使っている方の写真ではどうなんだろう。この辺はチェックされたことがあるんだろうか。
広角の方はあまり試すチャンスがなくて次回回しになってしまった。
ところで、この撮影をしている時にビックリするチョウにあった。それはジャノメチョウ。
ジャノメチョウ自体は特に珍しいチョウというわけではないが、山地の草地で見かけることが多く自宅前のこんな場所で見かけるとは思わなかった。
試し撮りのうれしい副産物だ。
f0031682_1212927.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、プログラムAE、1/500、f4.5、ISO400、焦点距離504mm(35mm換算値)、RAW700万画素

今回はCAMEDIA の方はISOを高めに設定してしまったために画質がやや落ちてしまったような気がする。次回はもっと下げて試してみようと思う。

by dandara2 | 2007-07-25 23:58 | 機材 | Comments(17)