「ほっ」と。キャンペーン

タグ:サトキマダラヒカゲ ( 18 ) タグの人気記事


2015年 09月 18日

サトキマダラヒカゲとヤマキマダラヒカゲ(2015/9/18)

明日から22日まで、息子夫婦と一緒に八重山の方に行ってきます。
この前の台風でかなりの被害が出て、蝶も少ないようですが、夏休み中は仕事の関係で長期休暇が取れなかった息子夫婦と、小3の孫のお楽しみの意味もありますから仕方ありません。

旅行の荷物を作っているときに、孫が自分用のカメラ(私のお古)を持っていくと言って、両親に反対されていました。
確かに、プールやビーチに持っていったらすぐに壊れそうなので、それは仕方ないのですが、せっかく興味を持っているのにそれをつぶすのはかわいそうなので、孫用のカメラを買うことにしました。

水深10m対応のクールピックスS33。
値段も通販で一万ちょっと。
f0031682_924355.jpg


これなら海辺やプールで遊んで水につけたり、砂浜に落としても、水道の水で洗ってタオルで拭けば壊れる心配はありません。
カメラの色は孫が好きなブルーにしました。

ジジバカと笑われそうですが、私が今カメラ好きなのも、3歳の時に亡くなった父の影響があると思っているので、まあいいでしょう。
どんな写真を撮ってくるのか、好きなようにやらせてみようと思っています。



それはそれとして、手元のストックがないので、話題提供の意味もあってヤマキマとサトキマの区別点についてのお話です。

図鑑やブログ仲間がこれについてはすでに述べているので、いまさらと言う感じがしないのでもないのですが、区別点の多くが例外が多くてはっきりとした決め手に欠けたり、面倒くさかったりします。

それで自分なりの区別点を探して、これは使えるかなと言う点を見つけましたので、拙ブログをご覧の方に検証していただこうかと思います。

図で、赤矢印で示した、後翅外縁の縁取りの線が、
サトキマダラヒカゲでは平行になっているか、黒くてよく見分けることができません。
f0031682_9263014.jpg


これがヤマキマダラヒカゲでは山形に乱れるようになります。
f0031682_9265169.jpg


これを見つけるきっかけになったのは、下の写真が、サトキマダラなのかヤマキマダラなのか迷ったことにあります。
たぶんヤマキマダラだと思うのですが、決定的な決め手に自信がありませんでした。
f0031682_930777.jpg


それでいろいろ見ていて、矢印の線の乱れに気が付いたというわけです。

ただ、残念ながらこれも決定的な区別点ではなくて、例外もあります。
下の写真はサトキマダラヒカゲですが、今の区別点が平行ではなく山形になっています。
手元のサトキマダラヒカゲの写真の中で、これだけが例外でした。
f0031682_9303954.jpg


ここに出すのに先立って、蝶仲間のおひとりに検証してもらいましたが、多少の例外があるものの、おおむね使えるのではないかとのお返事もいただきました。
(この記事は急に思いついたために、この方から了解をとっていないのでお名前を出すのは差し控えさせていただきます)

これと、他の区別点を併用すると、サトキマ、ヤマキマの区別もかなり楽になると思いますが、皆さんのご意見はいかがでしょうか。

by dandara2 | 2015-09-18 09:32 | 近似種との区別 | Comments(12)
2015年 08月 20日

小畔川便り(ツマグロヒョウモン:2015/8/15)

お盆の期間中は渋滞を避けて自宅付近の撮影をすることが多いけれど、今年は暑くて自宅で机の前に座っていることが多かった。

15日になって、さすがに一週間近くぐだぐだしているのにも飽きてきて、ギンイチとかにはまだ早いだろうけど、この時期の観察も一応しておこうといつもの場所に出かける。

最初にアカボシゴマダラの様子を見に、樹液の出ている場所に行く。

一番目についたのはサトキマダラヒカゲ。
ちょうど発生のピークなのか、林の中の暗い場所にたくさん止まっている。
f0031682_994782.jpg


少し近づけば飛びあがるけど、あまり活発ではなくすぐに止まる。
f0031682_9102997.jpg


樹液の出ている木を見ると、サトキマダラヒカゲ、ルリタテハなどに交じってアカボシゴマダラがいた。
f0031682_9105296.jpg


他の蝶は敏感で、広角で撮ろうと近づくと逃げてしまったけど、アカボシだけはそこに止まっていた。
さすがに警戒したのか、ストローはしまっているけど。

この個体一頭しかいないし、蚊が気になるので早々に退散。

広々とした田んぼの縁を歩くと気持ちが良い。
一応ギンイチの発生場所を見るけど、さすがに飛んではいなかった。

飛んでいたのは、チャバネセセリとモンキチョウ。
f0031682_9112270.jpg
家内撮影

アカツメクサの咲いている場所に行くと、今年は草刈りの関係だろかうぱらぱらとしか咲いていない。

それでもそこにツマグロヒョウモンの雄が吸蜜に来ていた。
f0031682_9114780.jpg
家内撮影

久しぶりに魚露目を使って広々とした空間を切り取る。
f0031682_9121371.jpg


家内が雌もいるという。
f0031682_9122945.jpg
家内撮影

ツマグロヒョウモンは雌の方が絵になるので、喜んでこれを集中的に撮影した。

全て1J5で、レンズは10-30の10㎜(35㎜換算28㎜)近くで撮影したけど、広角もこれくらいか、もう少し広角程度が自然な感じでいいのかもしれない。
f0031682_9131281.jpg


もう少し広角のレンズもあるけど、最短撮影距離の関係でこのレンズが一番使いやすいような気がする。

BMCで飛び立つところも撮影。
f0031682_9142541.jpg

f0031682_9144079.jpg


秒60コマだけど、1J5はバッファが20枚分しかないから、シャッターを押す直前の0.3秒分しか写らない。
反射神経の関係から、飛び立つ直前から写っているのはなかなかなくて、みんな飛び出した後になる。
飛び方の早いセセリとかだと、飛び出した後の花だけなんてことも、かなりの確率であったりする。
f0031682_9175262.jpg

f0031682_9181285.jpg


この年になると、反射神経っていうのはほとんど向上しない。

それに、待っているときも無心ではなくて、"手が疲れたなー"とか、"ピントは大丈夫かな"とか、"アングルはこれでいいかな"とか、"早く飛び立て…驚かしたろか"とかいろいろ考えるので、つい遅れ気味になってしまう。

1V3だとバッファは40枚分あるので、そんな心配はなくて、ほぼ確実に写るけど、値段もそれなりにするので、そう何台も買うわけにもいかないし。
グリップを付けたりすると、それなりの大きさになってしまうしね。

他の蝶はほとんど見かけなかった。
端境期なのか、他の場所同様今年は蝶の個体数が少ないのか。

by dandara2 | 2015-08-20 09:22 | 飛翔 | Comments(4)
2015年 06月 18日

小畔川便り(周辺の蝶:2015/6/6.7)

6月6日、7日は自宅近くでオオミドリシジミのテリハリ場所はないかと思って探してみたけど見つからなかった。

成果もあまりなかったので、没扱いにしていたけど、急に仕事が入って平日は思うように撮影に行けなくなったので、取りあえず記録として残しておくことにします。

6日は、先日関西からお見えになった蝶友を案内した場所で、オオミドリを探してみたけど、まったく見つからず。

まだ、アカシジミ、ウラナミアカシジミの姿が見れた。
f0031682_1813319.jpg

家内撮影

f0031682_18135023.jpg


ミズイロオナガシジミが2mくらいの高さで翅を開いていた。
f0031682_18141097.jpg


久しぶりに開翅を見たので何とかならないかとがんばったけど、一脚も持っていなくてこれが精一杯。

この時期はヒカゲチョウが多く、樹液の出ている場所にはたくさん来ていた。
f0031682_18143258.jpg


翌7日は、過去にオオミドリシジミの産卵を撮影したことのある場所に行ってみたけど、ここでも姿が見えず。

テリ張りを期待した場所では、ウラナミアカシジミが、木陰に隠れるようにしていた。
f0031682_1815430.jpg


ここには桑の木が多く、この時期は実がたくさん落ちていて、それにサトキマダラヒカゲが来ていた。
f0031682_18152840.jpg

家内撮影

自分はそれに気が付かずに飛ばしてしまったけど、家内がちゃんと撮影してくれていた。

ヒカゲチョウは葉の表面から何か吸汁しているようだ。
f0031682_18155078.jpg


by dandara2 | 2015-06-18 18:19 | 吸汁 | Comments(6)
2013年 12月 12日

小畔川便り(ムラサキ吸蜜・サトキマ3化:2013/12/6.8)

てくてく写日記」のbanyanさんの記事で、自宅近くでもムラサキツバメの複数個体の越冬の記事があったので、12月6日の定期試験終了後急いで帰宅し、様子を見に行ってきた。
この日は穏やかな晴天で気温も高い。
サザンカの花も咲き始めて絶好の撮影日より。
サザンカの花を見るとムラサキツバメが吸蜜に来ていた。
f0031682_22262667.jpg
花に潜り込んで吸蜜しているので、顔が隠れてしまっているけど、きれいな花(banyanさんが撮影したのと同じ花かな)に来ているので、何とか良い写真が撮れた。

この個体はその後花の近くで日光浴を始めた。
f0031682_22262544.jpg
その後別の場所で小休止した後飛び立った。
f0031682_22275773.jpg
その跡を目で追いかけていると、やがてマテバシイの葉の周りを探るように飛んだ後止まった。
見ると5頭位からなる越冬集団が形成されていた。
f0031682_22262656.jpg
自宅近くでは、ムラサキツバメの越冬集団は2頭が最高だったから、今年は個体数が多い。
秋口の高温が影響しているのだろうか。

サザンカの所に戻ると、ムラサキシジミが吸蜜に来ている。
f0031682_22262553.jpg
花弁の先端でストローを伸ばしているので、どうしてかなと良く注意してみると蜜が流れ出したのかきらきら光っていた。

これを吸蜜しているようだ。
f0031682_22262652.jpg
その後ムラサキシジミの越冬集団の場所に行く。
越冬集団はまだあったけど、前回とは静止位置が違っている。
f0031682_22262549.jpg
越冬中も多少動いているようだ。

この日は暖かかったので、越冬場所から飛び出して日光浴する雌もいた。
f0031682_22262663.jpg
この雌はその後枯れ葉の上で翅を広げ始めたので、魚露目で近づくけど、十分近づく前に飛ばれてしまった。
f0031682_22262644.jpg
また、この場所では珍しくムラサキツバメも飛び出した。
f0031682_22295388.jpg

8日の日曜日は、晴れてはいるけど冷たい北風が吹いて寒い。
こんな日は越冬個体は多少近づいても飛ぶ心配は無いので、1脚+コンデジで近くから撮影しようと思って出かける。

ムラサキツバメの越冬個体数は6頭だった。
f0031682_22262651.jpg
サザンカに来る個体もいないので、ムラサキシジミの方に移動する。
5頭とも無事に越冬中だった。
f0031682_22262538.jpg
いったん自宅に帰り、昼近くに買い物がてら再度様子を見に行く。
荷物になるので、1V2にマクロ105をつけたものと、TG-2+魚露目だけを持っていく。
特に撮影することもなく帰ろうとしたら、足元から飛び立った蝶がいた。

キタテハのような色合いだけど、飛び方がおかしい。
最初は見失ってしまったけど、少し離れた所で見ていた家内が、木の裏側に止まっているという。
見たらサトキマダラヒカゲだ。

この時期にサトキマがいるなんてびっくり。
取りあえずマクロと魚露目で撮影して、帰りながら、サトキマの越冬態ってなんだったっけと考える。
f0031682_22395022.jpg
成虫のはずがないのだけど、幼虫だったのか蛹だったのか思いつかない。
図鑑で調べると蛹だった。
しかも3化の記録はほとんどないとのこと。
撮影した写真を見ると、魚露目で撮った写真は、背景に道路上の枯れ葉が写っていて、季節外れのサトキマの様子が良く出ているように思った。

by dandara2 | 2013-12-12 22:45 | Comments(12)
2013年 12月 08日

小畔川便り(サトキマダラヒカゲ3化:2013/12/8)

今日、自宅付近のムラサキツバメ、ムラサキシジミを観察していたら、足元から飛び立った蝶がいたので、止まったところを見たら新鮮なサトキマダラヒカゲでした。
f0031682_15430462.jpg
ニコン1V2 ニコンマクロ105

とっさに撮影はしましたが、この時期にサトキマダラヒカゲとはちょっと信じられませんでした。
手元にある写真を見ても、5月下旬に1化、8月下旬に2化があって3化はありません。
学研の日本産蝶類標準図鑑によると、3化の記録は、埼玉県さいたま市(旧与野市)の1972年11月19日の記録以外にはないとあります。
どなたかこれ以外の記録をご存知でしょうか。
ないとすればいずれはどこかに報文として報告しておいたほうがいいのかなと思っています。
よろしくお願いします。



by dandara2 | 2013-12-08 15:45 | 終見日 | Comments(18)
2013年 05月 23日

小畦川便り(アカボシゴマダラ:2013/5/19)

5月19日の日曜日は、午後から団地の自治会の総会があるので、午前中に自宅から車で10分のポイントに行ってみる。
先日樹液の出ている木を見つけおいたけど、13日に来た時には痛んだルリタテハしか来ていなかった。
ここに来て、自宅前の河原の雑木林では、アカボシゴマダラやサトキマダラヒカゲの姿を見るようになったので、そろそろ来ている頃だ。
見るとアカボシゴマダラが樹液の周りを飛んでいる。
f0031682_8242293.jpg
ニコン1V2 ニコン55-200

そして樹液の所に止まるのだけど、吸汁時間が短くて、せいぜい10秒位しか止まっていない。
f0031682_8273074.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

すぐに飛んではまた樹上を飛び回る。
午前中は探雌飛翔で忙しいようだ。
この辺の生態は良く把握していなかった。

カナブンが樹液に来ていたけど、アカボシゴマダラは近くに止まると、おそるおそるストローを伸ばして吸汁しようとする。
f0031682_8291824.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200
f0031682_830699.jpg
家内撮影

カナブンは樹液に来ていると言うより、ただ止まっているだけらしくて樹液がなかったようだ。
アカボシゴマダラは当てが外れたようによそを探っている。
f0031682_831228.jpg
家内撮影

そのすぐ下では樹液がたくさん出ていて、ヨツボシケシキスイなども来ていた。
f0031682_8315664.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

サトキマダラヒカゲも吸汁に来ていたが、こちらはアカボシゴマダラよりはゆっくりしているものの、やはり吸汁時間は余り長くない。
f0031682_8321286.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

こちらの個体は吸汁した後、じっと静止していた。
f0031682_8335224.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

ボロボロのルリタテハも吸汁に来ていた。
f0031682_8344664.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

飛び古した個体が同時に3頭見られたけど、越冬個体は今頃まで生き延びているのが普通なのかな。
それとも今年の寒の戻りと関係があるのだろうか。
この個体は比較的痛んでいないようだけど、翅表が見えたときには新成虫ではなかった。
f0031682_8344527.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目

アカバナユウゲショウではダイミョウセセリが吸蜜していた。
f0031682_835423.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

この花にもあまり蝶が来た記憶がないのでうれしい一枚になった。

時間の関係か期待したほどには吸汁してくれず、写真もあまり撮れなかった。
それでもかなり良い樹液ポイントが出来たので、今後も楽しめるかも知れない。

近くを歩いてみたら規模は小さいけど、非常によい雰囲気の雑木林があった。
アカシジミなどのゼフが期待できそうだけど、まだ発生はしていないようだった。

by dandara2 | 2013-05-23 08:40 | 吸汁 | Comments(11)
2012年 05月 12日

ウスバシロ(2012/5/6)

5月6日は天気が荒れ気味のようなので、遠出は避けてウスバシロチョウの様子を見に行くことにした。
日程を考えると、この日しか撮影できないかも知れないというのも理由。
近場と言っても車で40分位かかるので、天気が読めない今日は少しでも時間を短縮するために高速を利用した。
車をおいて少し歩くとウスバシロが目の前を飛んでいって草地に止まった。
見るとタンポポで吸蜜している。
f0031682_827227.jpg

普段はあまり来ない草地だけど、今回はここで撮影することにした。

マクロで撮影してから、広角でも撮影しようとしてコンデジを車においてきたことに気がついた。
車まで5分位なので取りに帰るが、その間に家内が撮影していて、結構良い写真があった。
f0031682_8282245.jpg
(家内撮影)

この時は、草丈が低かったので、上から撮ろうという意識がはたらきすぎて同じような写真ばかりになってしまった。
なるほどこんな写真もあったかと思う。
f0031682_8302062.jpg
(家内撮影)

コンデジを持って帰って撮影してみるけど、止まる位置が低いのであまりたいした写真は撮れなかった。

飛翔も撮影するが、ウスバシロチョウの飛翔は意外に難しい。
f0031682_8304795.jpg

ゆっくり飛んでいるから簡単だろうと思うけど、撮影距離に近づこうとするとすっと距離をとって逃げてしまう。
f0031682_8313631.jpg

ゆっくり飛ぶ分周囲への警戒心が強いのだろうか、あまり良い写真が撮れなかった。
f0031682_8315513.jpg

天気が悪いせいかウスバシロの個体数は多くはなく、2,3頭位しか姿が見えない。
その草地を広く歩き回ってみると、茶色の蝶がひらひら飛んできた。最初はツマグロヒョウモンかと思ったけどよく見るとサトキマダラヒカゲだった。
今年の初見かな。
そのうち近くの木で吸汁し始めた。
f0031682_8322843.jpg

角度が難しいのでコンデジで撮影したが、ストロボをそのままストレートに使用したけど意外に自然な感じに写っていた。
背景が明るかった関係だろうか、この辺もいろいろなケースで試してみる必要がありそうだ。

近くではコジャノメも見かけた。こちらも今年の初見。
f0031682_8325855.jpg

コジャノメはついつい無視しがちであまり写真のストックがない。
今年は丁寧に撮ろうと思う。

撮影を始めてから1時間位で空が暗くなり、雷が鳴り始めたので急いで車に戻る。
帰りは高速上で雷雨にあった。茨城では竜巻が発生した。

by dandara2 | 2012-05-12 08:35 | 飛翔 | Comments(20)
2011年 06月 10日

小畦川便り(平地性ゼフ・アカボシゴマダラ:2011/6/6)

6月6日の月曜日は、勤務終了後14時頃から近くの雑木林に平地性ゼフィルスを見に行く。
着いてすぐ、樹液にサトキマダラヒカゲが来ていたので近づいたら足下からウラナミアカシジミが飛び出して上に上がってしまった。
私のところからは見失ってしまったのだけど、目で追いかけていた家内がかろうじて撮影してくれた。
f0031682_210111.jpg
(家内撮影)

雑木林の中を歩いていたら、イチモンジチョウが産卵しそうな気配で飛んでいる。
しばらく様子を見るとやがて産卵をはじめた。産卵している植物は何というのか良くわからない。どなたかご存じだろうか。
f0031682_2104467.jpg

その後しばらくは何も見つからなかったけど、笹の葉に止まるミズイロオナガシジミを家内が発見。
少し痛んでいるけど、慎重に何枚も撮影した。
f0031682_211875.jpg

さらに散策すると、ちらちらと飛ぶアカシジミをまたまた家内が発見。
止まりそうでなかなか止まらずやきもきしたけどようやく静止。
雌のアカシジミだったが、枝先に止まったので枝が風で小刻みに揺れてなかなかピントが合わない。
それでも何とか撮影できた。内蔵ストロボをストレートに使ったのでいたという証拠写真程度。
f0031682_2113324.jpg

不十分ながらこの時期にここに産する平地性のゼフは一通り撮影できたので、次は樹液に来ているかもしれないアカボシゴマダラを探して樹液ポイントに行ってみる。
すぐに樹液に止まっているアカボシゴマダラをようやく私が発見 (^^ゞ (視力は良いので、探す場所がはっきりしていればすぐに見つけられる)
少し痛んでいるけど、そのままでは面白くないので下から上を見上げるアングルで撮影してみる。
f0031682_2131390.jpg

すぐ近くでは別の個体が吸蜜していたが、こちらの方が新鮮なので素直に撮影してみた。
f0031682_2135936.jpg

樹液にはサトキマダラヒカゲも来ていた。
f0031682_2142353.jpg
(家内撮影)

なかなかカメラが向かないけど、逆光気味に良い感じに止まっている個体がいたので撮影。
f0031682_2145754.jpg

ゼフィルスに関してはその後も探してみたけど、結局これらの個体以外は見つからなかった。
いつもだともっと数が多いはずなのに、今年は不順なのだろうか。

by dandara2 | 2011-06-10 21:06 | 吸汁 | Comments(14)
2010年 11月 10日

小畦川便り(私なりの区別点)

このところ蝶鳥ウォッチングのyodaさんが熱心に蝶の区別点について書かれている。
生態写真を撮っていると、図鑑で記述している区別点が必ずしも役に立つとは限らないので、こういった企画は有用だと思う。
先日書かれた、ヒョウモンチョウとコヒョウモンの裏面の区別点について、私なりの意見を述べたが、口ではうまく言い表せない点があるので、参考までにここに載せておくことにする。
ただ、ここに書く内容は、あくまで自分で撮影した写真の区別用に使っているもので、十分な検証がなされているわけではないことをお断りしておく。
また、北海道のものについては、写真がないのでこれが適用できるかどうかはわかりません。

裏面の区別に使用するのは図鑑などに書いてある点は除いて次の2点になる。
①の矢羽根の開き具合と②のラインで
f0031682_229122.jpg
ヒョウモンチョウ

f0031682_22174389.jpg
コヒョウモン


 ヒョウモンチョウ・・・鈍角に開く。
 コヒョウモン  ・・・鋭角になり、あまり開かない。

 ヒョウモンチョウ・・・直線
 コヒョウモン  ・・・山形の曲線

写真を見比べてもらえばわかると思う。
それぞれについて、もう少し写真を載せてみる。
f0031682_2220105.jpg
ヒョウモンチョウ

f0031682_22212978.jpg
コヒョウモン

なかには①の開き方がどちらか迷う場合があるが、②と併用すれば区別できると思う。
f0031682_22223178.jpg
コヒョウモン

ついでにヤマキマダラとサトキマダラの区別について
これも図鑑などに示されているのは省いて
後翅裏面の3つの小紋について
一般にこの紋のズレ方で区別するように書いてあるが、一体どれ位ずれているとヤマキマダラなのかの記述がわかりにくい。
ここにラインを引いてあるものもあるが、ラインの引き方が曖昧なのであまり役に立たない。
図のように紋の外側の黒い部分を、前の二つについて定規などを当ててみて、その延長が3番目の紋にかかっていればサトキマダラ。
f0031682_2224040.jpg
サトキマダラヒカゲ

外を通ればヤマキマダラと判断できると思う。
f0031682_2224542.jpg
ヤマキマダラヒカゲ

なおこれは、関東産のみについてしか検証していない。

再度言うけど、これはあくまで個人で工夫しているもので、まだ十分な検証がされていない。
諸兄のご意見を聞かせていただければ幸いだ。

また、最終的な判断はこれらに加えて、図鑑などに記述されている区別点も加味して、総合的に判断する必要があるのはいうまでもない。

by dandara2 | 2010-11-10 22:29 | 近似種との区別 | Comments(10)
2010年 06月 25日

小畦側便り(2010/6/24:コムラサキ・オオミドリシジミ)

24日の木曜日は、帰宅後すぐにコムラサキ狙いで自宅近くの公園の樹液ポイントを覗いてみました。
低い位置の樹液は枯れていましたが、上のほうの樹液はまだ出ていて、狙い通りコムラサキが来ていました。
最近は子供の多い公園などでは、スズメバチの被害を防ぐために樹液が出ているとすぐに対策を施すので、こういった観察がしにくくなりました。
f0031682_973062.jpg

その後別の公園での発生を確認するために移動し、歩き始めるとなにやら笹の葉をひっくり返している御仁がいます。
もしかしてと思って近づくと予想通り「蝶・チョウ・ゆっくり歩き」のchochoensisさんでした。
話をしながら一巡りしますが何もいません。
別の公園に移動しようと話をして車に戻りかけると、コナラの周囲をちらちらと飛んでいる蝶がいます。
最初はミズイロオナガかと思いましたが、それよりもすこし大きく、裏面がそれほど白くは見えません。
飛び方からヒメウラナミジャノメかなと思いながら近づき、葉に止まった所を見たらオオミドリシジミでした。
この場所では初確認になります。
いるとは思っていなかったので判りませんでした。
f0031682_991452.jpg

様子を見ているとどうも産卵衝動に駆られているようで、幹から突き出た小枝に興味を示してしきりに探っています。
この後この枝で産卵を始めましたが、アングルが悪くうまく撮影できませんでした。
ただchochoensisさんが3卵産みつけられているのを確認しました。
f0031682_995841.jpg

その後別の枝にも移動して尾端を曲げていましたが、このときに産み付けられたかどうかは卵を確認していないので分かりません。
f0031682_9102159.jpg

期待した以上のシーンにめぐり合えたので、別の公園ではchochoensisさんが探していたサトキマダラヒカゲの卵、幼虫の確認に行きました。
先日産卵されていた場所にも案内しましたが、食痕らしいものはあるものの幼虫は見つかりませんでした。
一渡り探して何も見つからないので、車に帰りかけると♀のサトキマダラヒカゲがゆったり飛んで地面に止まったようです。
30m近くあるので、何をしているのかよく分かりませんが、食草に止まったわけではなさそうです。
その場所に行ってみると♀が吸水をしていました。
f0031682_9105652.jpg

結局この♀は捕まえて、chochoensisさんが「お持ち帰り」しました。
かなり飛びつかれた感じの個体だったので(私に手づかみされるくらい)、産卵してくれるのかどうかは分かりませんが、chochoensisさんも喜ばれていたのでこちらもうれしくなり、そこでお別れをしました。

by dandara2 | 2010-06-25 09:12 | 産卵 | Comments(15)