タグ:サツマシジミ ( 3 ) タグの人気記事


2015年 10月 08日

ヒサマツ初挑戦…敗退2(2015/9/27)

9月27日は朝起きてみると小雨。
これではヒサマツは無理だなと言うことで、蝶の図鑑さんに近くのポイントを案内していただく。

海を眺めるポイントにサツマがいるかなと言うことで見に行ったけど、まだ発生はしていないようだった。
天気も悪く蝶もほとんどいない。

キタキチョウがセンダングサに吸蜜に来ていたので、海を背景の写真を何とか頑張って撮影。
f0031682_16185346.jpg


次のポイントにつく頃には天気も回復して日が射すようになってきた。
昨年サツマシジミを撮影したポイントだけどサツマにはまだ早いらしい。

ふと見ると、少し大きめの白っぽいシジミがいる。
あれは? と言うことで見てみるとサツマシジミだった。
f0031682_16205927.jpg


残念なことにすでに痛んでいる。
1頭だけ早く発生した個体のようだ。

モンシロチョウが飛んできて、飛び立ったけど、サツマシジミの翅表はうまく写らなかった。
f0031682_16234745.jpg


サツマよりも小ぶりのヤクシマルリシジミもすばやく飛び回ったり、吸蜜していた。
f0031682_16241679.jpg
家内撮影

f0031682_16252886.jpg


ここにはアゲハ類もたくさん吸蜜に来ていた。
一番多いのはアゲハ。
f0031682_16255488.jpg


普通種だけど、センダングサに来ている写真は自宅近くでは撮れないので、まじめに撮影。
f0031682_1626281.jpg


アオスジアゲハも多く、活発に吸蜜しているけど、痛んだ個体が多かった。
f0031682_16265447.jpg
家内撮影

f0031682_16271198.jpg


飛び立つところも狙ったけど、いまいちだった。
f0031682_16272637.jpg


クロアゲハもときどき吸蜜に来た。
f0031682_16281821.jpg


クロアゲハはセンダングサにはほとんど来なくて、ピンク色のハマナデシコで吸蜜したり、とげとげが痛そうなハマアザミで吸蜜していた。
f0031682_16283743.jpg
家内撮影

f0031682_16364583.jpg


モンキアゲハも出てきたけど、すばやくて吸蜜もしないので写真が撮れない。
唯一2頭が絡んだときにシャッターを押したら、絞り優先だったからブレブレだったけどなんとか写っていた。
f0031682_1629652.jpg


蝶の図鑑さんが所用でお帰りになるというので、お別れの挨拶をしたすぐ後、はっとしたようにカメラを構えたので見るとモンキアゲハがセンダングサに来ている。
モンキアゲハがセンダングサに来るのは珍しいらしい

この個体は飛んで行ってしまったけど、その後2頭が来てセンダングサで吸蜜を始めたので喜んで撮影。
f0031682_16295518.jpg
家内撮影

かなり傷んでいたのが残念だ。

その後比較的新鮮な個体がハマナデシコやハマアザミで吸蜜してくれた。
f0031682_16302352.jpg
家内撮影

f0031682_16303835.jpg


クロアゲハもモンキアゲハもやはりピンク系の花が好きなようだ。

蝶自体は自宅近くでも撮れるけど、この2種の花は海の近くに来なければ撮影できない花なので喜んで撮影し、満足して帰ることができた。

by dandara2 | 2015-10-08 16:39 | 吸蜜 | Comments(10)
2014年 11月 09日

四国遠征3/3(サツマシジミ:2014/11/3)

11月3日に最初にツマグロキチョウの撮影に行ったときに、撮影しておきたいなと思ったのは飛翔シーン。
前日の夕方に来た時には、うっかり飛翔用のカメラを置いてきてしまい、望遠レンズで撮影した。
一応写ってはいたけど、せっかく飛翔写真が撮れそうなチャンスを逃したくなかったので、この日に再挑戦した。

ところが、朝早いのでツマグロキチョウは飛ぶ気はなさそう。
それで、手で飛ばして次に止まるまでの間に撮影することにする。
うっかりシャッタースピードの確認を忘れ1/5000での撮影・・当然絞り解放。

f0031682_11244807.jpg

またまた汚いボケに苦しむことになってしまった・・レタッチで少しは軽減できた。
f0031682_11245517.jpg

その後ツワブキに止まるサツマを狙いに松林に咲くツワブキの場所に出かけるけど、ここでは撮影できず。
前回紹介したヤクルリを撮影した。

その後、海を背景に撮れるかもしれない場所の近くに行く。

車を置いた場所にはセンダングサがたくさん咲いている。
しばらく探すけど見つからない。

代わりに見つかったのはウラナミシジミの交尾。

f0031682_11244892.jpg

自宅近くだったら大喜びで、これさえ撮れれば充実した一日になるのだけど…

ウラナミシジミは多くて、あちこちで追いかけっこをしていた。
f0031682_11244939.jpg
家内撮影

サツマが見つからないので、海を背景に撮れるという場所に移動。
ようやくツワブキに来るサツマシジミが見つかった。

f0031682_11250190.jpg


慎重に近づいて魚露目で撮影。
f0031682_11250730.jpg
  
家内撮影

逆光気味でフレアーが多いけど、何とか海を背景にしたサツマの写真が撮れた。

f0031682_11250141.jpg

海を背景にツワブキで吸蜜するという願ってもない写真が撮れて大喜び。
f0031682_11250733.jpg


こちらの写真の方が背景はいい感じなのだけど、順光になって翅が壊れているのがはっきり見えてしまった…残念。

f0031682_11250797.jpg

サツマシジミはツワブキ以外の花でも吸蜜していた。
f0031682_11250120.jpg


ある程度撮影できたので、ヤクルリの多いセンダングサの所に戻るとツマグロキチョウがセンダングサで吸蜜している。

撮影していたら、レンズの先の方で蝶の図鑑さんと撮影していた家内が、サツマシジミがいると呼んでいる。

f0031682_11244836.jpg


行ってみると新鮮な個体だった。

f0031682_11250158.jpg
家内撮影

港が近いので、それを背景に撮影しようと頑張る。

f0031682_11250771.jpg


肉眼で見るとすぐ近くだけど、魚露目で撮るとうまくは表現できなかった。

f0031682_11250762.jpg

縦の細い線はヨットの帆柱。

蝶の図鑑さんとはこの時点でお別れする。
いろいろとお世話になりました。本当にありがとうございました。

再度ツワブキの場所に戻るけど、日が動いて、光線の当たる場所が限られてきてしまっている。
サツマの姿も見えなくなっていて、これで終わりかなと思った時に1頭の雄が出てきてツワブキの茎の上で翅を開いてくれた。

f0031682_11245519.jpg
家内撮影

逆光気味の写真では前翅の縁が薄くブルーに見える。(これは魚露目で撮影していた時の個体)

f0031682_11245510.jpg

さらに逆光で撮影してみたら、翅の縁が綺麗なブルーに輝いてくれた。

f0031682_11250157.jpg

3日間のうち出かける直前を含めて、天気でやきもきさせられたけど、最終日になってようやく気持ちよくねらったイメージの写真が撮れた。

ご一緒した皆さん、ご案内いただいた蝶の図鑑さん、本当にありがとうございました。



by dandara2 | 2014-11-09 11:52 | 交尾 | Comments(20)
2014年 11月 05日

四国遠征1/3(サツマシジミ:2014/11/1.2)

11月1日から3日までサツマシジミを撮影に四国に行ってきた。
サツマシジミは銀塩時代に撮影したきりでデジタルでは未撮影。
気にはなっていたけど、この時期には南の蝶に目が向いて、なかなかサツマシジミの撮影に行く気持ちのゆとりがなかったけど、そろそろ押さえておきたいなと思った。

1日は曇天で、雨がぱらついたりする生憎の天気。
家内が四国は初めてだというので、空港から30分くらいの鳴門の渦潮を見に行く。
飛行機が着くのがちょうど満潮の2時間くらい前で、レンタカーの手続きをしたりしていれば渦を見るにはちょうど良い時間になる。

観光船に乗って港を出ると前の方を大きな帆船が進んでいる。
船尾には日本丸と書いてある。
これってあの日本丸? 調べたら日本丸二世になるんですね。

お客さんが多くて、撮影できなかったけど、反対側に見えた時に撮影。

f0031682_10241907.jpg

距離が離れてしまったけど、丁度潮流の一番激しい場所にかかって、荒波の中を進むような写真が撮れてよかった。

渦潮の方は期待したほど大きいのはできなかったけど、本物の渦巻きは初めて見るので感激。

f0031682_10241951.jpg

その後大鳴門橋の「渦の道」に行って上から渦を見る。
45mの高さから見るので、はっきりとした渦潮はよくわからなかったけど、観光船の横に渦が見える。
f0031682_10241983.jpg

船から見れば、さっきの写真のような渦に見えるんだろうな。

ちょっと遅めの昼食をとり、2時間半ほど走って室戸岬に近い宿に入った。
その日の夕食は伊勢海老尽くし。

f0031682_10241995.jpg

旅行の予約をするときに、いつも行くJTBにいったら、係の人がその宿の一番安いコースを選んだので、2000円高いこちらのコースとは何が違うのかと確認したら、宿に問い合わせてくれた。
それによると、高いコースは料理の質は上がるけど、伊勢海老とは謳っていないので、伊勢海老が必ず出るのはこのコースだということだった。

安くていいのならそれに越したことはないので、そちらを予約。
f0031682_10241961.jpg

おかげで伊勢海老を堪能することができた。
f0031682_10414481.jpg


海から上がって、風呂を利用するサーファーが多くて、時間帯によっては大浴場が混むのが困るけど、それ以外は食事の質もよく、ゆったりできて良い宿だった。

今までは蝶を撮りに泊りがけで出かけても、観光らしいものもしないでそのまま帰ってくることが多かったけど、そろそろこんな風にその場所の風物に接する旅行もいいかもしれないと思いながらゆったり食事をした。

翌日は「徒然なるままに」のさっちゃん♪ご夫妻、「蝶&鳥日記」のノゾピーさん、「週末がさがさ団」のDodo-boyさんと合流、ルーミスの様子を見に行く。
相変わらずの曇天で、昼近くまで頑張ったけど何も撮影できずに撤収。

その後「蝶の図鑑~今日の蝶」の蝶の図鑑さんにお会いして、室戸岬近くを案内していただいた。

薄日も射さないような曇天で、なかなか蝶の姿がない。

半分あきらめかけた14時過ぎになってようやくサツマシジミの姿が見つかり、大喜び。

f0031682_10244282.jpg

少し明るくなった時に翅表を少し披露してくれた。
f0031682_10243671.jpg

やったね、これで今日はいいかなと満足。
f0031682_10243641.jpg

畑の中に咲くラッキョウの花にも来ていた。
f0031682_10243681.jpg
家内撮影

お茶の木の周辺を飛びまわるサツマを撮影したら、雌雄の開翅が撮れていた。
こちらは雌
f0031682_10244271.jpg
こちらは雄
f0031682_10244221.jpg

家内はヤクルリも撮影していた。

f0031682_10242936.jpg
家内撮影

飛び立ったところも撮れていた。
f0031682_10243032.jpg
家内撮影

それ以外には、クロセセリ、アサギマダラの姿もあった。

f0031682_10244294.jpg

イシガケチョウはセイタカアワダチソウで吸蜜していた。
f0031682_10244255.jpg


その後ツマグロキチョウの場所に案内していただく。
そこにはたくさんのツマグロキチョウがいて、吸蜜したり、草の間に止まったりしていた。

f0031682_10243676.jpg

天気が悪いので、草の間で休む姿がいくつも見られた。
f0031682_10243056.jpg

枯れ枝の積まれた場所にも何頭ものツマグロキチョウがいて、冬の間もここで越冬するとのことだった。

f0031682_10243051.jpg
家内撮影

飛び出したツマグロキチョウはまた枯れ枝の場所に戻ろうとするけど、仲間の姿を目印にしているような様子も見えた。
f0031682_10243652.jpg

ここで、今日帰られる さっちゃん♪さんご夫妻、ノゾピーさん、Dodo-boyさんたちとはお別れをする。
お疲れ様でした。

翌3日は天気もよさそうなので、撮影したいと思っているツワブキで吸蜜するサツマシジミや、海を背景としたサツマシジミが撮れるかなと期待して、蝶の図鑑さんともお別れする。



by dandara2 | 2014-11-05 11:09 | 開翅 | Comments(20)