タグ:クロミドリシジミ ( 4 ) タグの人気記事


2017年 06月 21日

1J5の修理完了と栃木のクロミドリシジミ(2017/6/14.16.17)

6月14日に1J5の修理が上がってきた。

3月と今回の2回の修理で合計6万くらいかかってしまった。

一度にそれくらいかかるのだったら、躊躇なく新しいカメラを買ったけど、その都度微妙な金額だったので結局修理する方を選んだ。

かなり痛い出費になったので、もう二度と落とさないように、いろいろ工夫した。

f0031682_14500424.jpg

カメラボシェットは今まで使っていた中で一番使いやすいものをもう一つ購入した。
4月ごろこれを買いに池袋まで出かけるのが面倒で、近くのお店で別の形式のものを購入したけど、カメラを入れる口がチャック式のもので、これほど大きくは開かない。

撮影の時に上にシャツを着ていて、その上からごそごそやっていてきちんと入ったのを確認しないまま手を放してしまったのが、落ちて壊れた原因。

このポシェットは少し大きいけれど、口が大きく開くので使いやすい。
何しろ、蝶から目を離さずにカメラを出したり、入れたりするので、手の感覚だけでも間違いなくカメラを出し入れできる必要がある。

間違って落ちてもいいように、オリンパスのTGシリーズのスポーツフォルダーについているスパイラルコードを付けた。

カメラとの接続部分は、そのままでは使い勝手が悪いので少し工夫をしてみた。
スパイラルコードの先端をベルトに通しておけば、落としても足首より10㎝くらい上で止まってくれる。
物にあたって壊れる確率はかなり減るだろう。

撮影の時には、コードがもう少し伸びてくれると撮影しやすいなと思うけど、それだとカメラが下にぶつかってしまうので仕方ない。

これを、近場を歩くとき用のウエストポーチと、遠征の時に使うヒップバック用に2セット用意した。

一つをその都度付け替えればいいのかもしれないけど、面倒になってしまって忘れたりするといけないので各ポーチにつけっぱなしできるようにした。


1J5が戻ってきたので、修理の間飛翔用にしていた1V2の代わりに1V3を復帰させることにする。

1V2がお蔵入りになってしまうけど、それもかわいそうなので、同じくお蔵入りになりそうなシグマの18-250をつけてみることにした。

焦点距離は35㎜換算45-625mmになる。


インナーフォーカスだから実際には望遠側は換算400mmくらいだけど、これで39㎝まで近づけるので、写りに問題がなければまあまあの性能だ。

D500に70-200をつけたものに比べれば断然小さくて軽い。
その大きさの比較。

f0031682_14500390.jpg


メインカメラにはできないけど、お散歩カメラとして使えるかどうかもついでにチェックすることことにした。

帰りにスーパーに買い物に行くのがわかっているときには、あまり大きなカメラをぶら下げていきたくはないから、十分な性能があれば自宅前位だといいかもしれない。

1J5は修理の時にすべての設定がリセットされていたので再設定して、その確認とポシェットとスパイラルコードの使い勝手を見るために川原を歩いてみた。

川原はイネ科の植物が枯れてすごいことになっていた。

f0031682_14501881.jpg

チョウの姿もほとんどなかったけど、ベニシジミが花に来ていた。

まず1J5で絞り優先の広角撮影。

f0031682_14552702.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


1V2の望遠端ででも撮影。
f0031682_14552664.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250


写りはかなりいい感じだ。

モンシロチョウが交尾していた。

f0031682_14552855.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日は、1J5のBMC機能を使うチャンスがなかったので、16日は飛び立ちの撮影をメインにして出かけてみる。

ベニシジミが吸蜜していたので、早速チェック。

最初は1V2+シグマ18-250の広角端で撮影

f0031682_14502435.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250


背景のボケもきれいだ。

同じ距離から、望遠端にして撮影。
f0031682_14501808.jpg
ニコン1V2 シグマ18-250


かなり写りは良いので、これなら安心してお散歩カメラにできる。

次に1J5のBMC機能のチェックで無理やり飛び立たせてみる。
f0031682_14501954.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_14501978.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


撮るには撮れたけど、撮影できた枚数が少ない。
確認すると、BMCで撮影できる20枚の枚数が1秒間に設定されていた。
これだと秒20コマということだ。

それで設定を1/3秒にする。
これだと秒60コマになる。

ベニシジミではチャンスがなかったので、モンシロチョウで試してみた。

f0031682_14501863.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_14501197.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_14501151.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_14501157.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


間は何枚か省略したけど、モンシロの飛び立ちの細かな動きが撮れていた。

これで修理に出す前の設定に戻ったことになる。


17日は栃木にクロミドリシジミ他の撮影に出かける。

現地では何人かの顔見知りの方にお会いしていろいろお世話になった。

クロミドリの方は、1頭が降りてきてくれたが、最初は少し高い位置。

1V3の70-300の望遠端(換算810mm)で撮影。

f0031682_14501113.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


翅を開いたがメスのようだ。
f0031682_14501268.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


細い木だったので、そこにいた人達で枝をそっと下げてかわるがわる撮影。

f0031682_14500477.jpg
ニコンD500 ニッコール70-300


なんとか近くからも撮影することができた。
f0031682_14500474.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


最後には1J5の広角側でも撮影できるほどに近づくことができた。
f0031682_14500488.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


当日ご一緒した皆さん、いろいろお世話になりました。





by dandara2 | 2017-06-21 15:28 | 機材 | Comments(9)
2016年 06月 15日

栃木のクロミドリなど(2016/6/11)

6月11日は栃木県へウラミスジシジミなどを撮影に行く。

6時少し過ぎに家を出て現地に着いたのが8時過ぎ。
昨年の11月に圏央道が東北道と接合し、自宅からぐっとアクセスが良くなった。

ポイントにはmaximiechanさんとそのお仲間などがいて、朝方にクロミドリが出たけど、今年は数が少ないとの話。
オオヒカゲはもう出ているとのことだった。

何も出ないので、お会いしてからすぐに別の場所に移動された。
以前お世話になったOさんも、あきらめて帰られた。

一昨年、シルビアシジミのポイント情報などをご教示いただいた栃木のAさんもいらしたのでお話を伺うと、シルビアシジミも今は端境期らしい。

さてどうしたものかと思うけど、何処と言って移動する予定もないので、ひたすら林内を歩き回る。
けれど、まったく何もいない。

かろうじてボロのウラナミアカシジミを家内が撮影していた。

f0031682_15343658.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

10時近くなって、これはここにいても無駄だなということで、Aさんにオオヒカゲのポイントを伺った。
今まで自分たちが撮っていた場所とは少し違うけど、そこが一番早く発生する場所だそうだ。
Aさんも移動して鳥を撮影しに行くとのことだった。

その場所に行く途中で、家内がウラゴマダラシジミを見つけた。

f0031682_15343648.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

背景がなかなかいい感じだ。

ポイントに着くとすぐにオオヒカゲが飛び出して近くの木にとまった。

f0031682_15343605.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

カメラを向けてシャッターを押したら気配に驚いたのか飛びあがった。

f0031682_15343757.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

少し離れた場所にとまったので、家内に教えて一緒に撮影する。

f0031682_15343618.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200 

その後は何頭かのオオヒカゲを見つけて撮影することが出来た。

f0031682_15343237.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15343293.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200 


ある程度撮影できたので、もう一度最初の場所に戻って目的のウラミスジ、クロミドリなどを探そうかと歩き始めるけど、家内が途中で引っかかってついてこない。

よくあることなので、草の間にとまったオオヒカゲを撮影しながら待つけど全く来る気配がない。

f0031682_15343221.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

しょうがないなと思いながら戻ると何かにカメラを向けている。
"これってミドリシジミ? " というので見ると、なんとクロミドリシジミ。

全く予想外の場所の木の葉の間に止まっていた。

木の間の撮影しにくい場所なので、とりあえず撮影した後はそっと枝を引き寄せて、お互い何とか無事撮影することが出来た。

f0031682_15343265.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200 

後で見るとストローを伸ばしているので、羽化直後の個体だったのかもしれない。

f0031682_15343253.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

前翅の赤紋がちょっとおしゃれな感じ。

家内に感謝しながら最初の場所に戻って、探すけどやっぱり何もいない。

探しているとアカシジミを見つける。


今年は何回も撮影したし、少し傷んだ個体だったけど、とりあえずカメラを向ける。

f0031682_15342817.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

メスのようだ。

そのうちヒオドシチョウが現れた。

f0031682_15342788.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

羽化したばかりの新鮮な個体だ。

f0031682_15342757.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


お互い少し離れて探していると、電話がかかって、"アカシジミとウラナミアカシジミ以外に裏側が赤い蝶って何 ?" うーんと思いながらその場所に行ってみると、やったーウラミスジシジミだった。

f0031682_15342862.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200 


確かに裏側は赤いですね。

喜んでカメラを向け、たまたま近くにいた撮影者の方にも声をかけて一緒に撮影した。

f0031682_15342855.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15342794.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これで当初予定していた蝶はすべて撮影できたので、喜んで帰宅することが出来た。

考えてみると、クロミドリもウラミスジもみんな家内が見つけてくれた。
一人で行っていたら、オオヒカゲ以外はなにも撮影できず、むなしく帰ることになったかもしれない。

いろいろお世話になった栃木のAさん、ありがとうございました。





by dandara2 | 2016-06-15 15:50 | 静止 | Comments(16)
2015年 06月 23日

山梨、二つのクロ(2015/6/21)

6月21日は久しぶりに虫林さんと山梨のゼフなどを撮影に行ってきた。

ただ、前日は晴天だったけど、この日は小雨の降るあいにくの天気。

朝のうちは雨は落ちていなかったので、家内の実家近くのクロミドリシジミを見に行く。
降りてきた個体はやや擦れてはいたけど、7年ぶりのご対面なのでうれしい。
f0031682_9145595.jpg


その後はパラパラとは飛び出すものの撮影できず、車に戻りかけた場所でようやく新鮮な個体を撮影することができた。
f0031682_9152166.jpg


クロミドリシジミは、後翅肛角の赤紋が大きく、他のゼフとは一線を画す美しさだ。

落ち着いて止まっていたので、広角でも撮影。
f0031682_9153920.jpg


クズの葉の上の水滴がこの日の天気を表している。

その後移動するけど、素晴らしい環境。
足元からはヒルが出てきたりして、なかなかそれらしい場所だ… なんのこっちゃ(^_^;)。

小雨が降る天気なので、完全に場所の確認。

1V3につけた70-300(35㎜換算190-810㎜)の描写力の確認のために30m位先の木を撮影。(ノートリ)
f0031682_9161532.jpg

フジミドリのときより何倍も遠いけど、思ったよりはちゃんと撮れている。
遠くのゼフの証拠写真位は何とかなりそうだ。

その後ツマグロキチョウを探してみるけど見つからず、代わりに虫林さんお目当てのラミーカミキリを撮影することができた。
f0031682_916519.jpg


移動してクロツバメシジミを見に行く。

小雨が降っているけど、ちらちらと結構な数が活動していた。
f0031682_9174671.jpg


気温が低いせいか、止まるとすぐに翅を開く。
f0031682_918663.jpg


雨に濡れて苔の緑もきれいだ。
f0031682_9182216.jpg


この時期はまだツメレンゲも小さい。
f0031682_9183786.jpg


ネジバナが咲いているので、吸蜜に来ないかなと思ってみるけど、関心を示す蝶はいなかった。
ノイバラの花にも止まるけど、止まっただけのようだ。
f0031682_9185623.jpg


足元をよく見ると、草の先に止まっている個体があちこちに見える。
f0031682_9191341.jpg



飛翔も狙うけど難しかった。
f0031682_91932100.jpg


天気が悪く、自分一人では何も撮影できなかったと思うけど、虫林さんのおかげで楽しい一日になった。
ありがとうございました。

by dandara2 | 2015-06-23 09:25 | 飛翔 | Comments(16)
2008年 06月 16日

甲府市の蝶(クロミドリ)

14日の勤務終了後家内の実家のある甲府に義母の様子を見にいき、翌15日は家内をそこにおいて私は甲府在住の「Narure Diary」の虫林さんにクロミドリシジミのポイントに案内していただいた。
蝶と山・てくてく写日記」のbanyanさんと早朝待ち合わせてポイントに着くが、着いてすぐ虫林さんが竿で叩き出すとあっさりクロミドリが飛び出し下草に止まった。
歩き始めてから5分くらいだろうか、幸先の良さにビックリという感じ。虫林さんの連日の早朝探索のおかげだろう。
f0031682_20331130.jpg
その後少し歩いて別のポイントで探索するが、虫林さんの長竿で叩くたびにパラパラとクロミドリが飛び出す。
多くの場合、手の届かないところに飛んでいってしまうが中には枝先に止まるもの。
f0031682_2033317.jpg

路上に止まるものなど色々あって、動きが鈍いのを良いことにじっくりと撮影する。目が大きくて可愛い。
f0031682_20334675.jpg
しばらく撮影したあと、最初に叩き出した場所に戻って下草に止まった個体が翅を開くのを待つ。
f0031682_20341637.jpg
ところが天気が思ったほどには良くなく、雲が厚くてなかなか明るくならない。
ちょっと気が抜けて雑談などをしていて、ふと見るとしっかり開翅していた。
早速みんなで撮影するが、前翅のO斑から♀とわかる。朝叩き出してから2時間が経過していた。
f0031682_2034365.jpg
この場所では他にウラナミアカシジミ、アカシジミなどが見られたが、ウラミスジシジミも見られたらしく、二人で大騒ぎをしていたが残念ながら撮影には至らなかったようだ。
f0031682_20354837.jpg
その後は別のポイント移動して他のゼフを探すが、やや時期が早いのかアカシジミが見られたくらいだった。
f0031682_2036422.jpg

虫林さんには一人長竿で叩き出していただいて、こちらはそれを撮影するのみで、申し訳ないことをしましたが、おかげさまで満足のいく写真が撮れました。有り難うございます。
他にいくつかの写真も撮影しましたが、それは後日と言うことで。

by dandara2 | 2008-06-16 20:37 | 静止 | Comments(28)