「ほっ」と。キャンペーン

タグ:クロヒカゲモドキ ( 2 ) タグの人気記事


2014年 07月 23日

7年ぶりにクロヒカゲモドキを発見(2014/7/23)

7月22日は家内の実家の甲府に行ってきた。
22日は義母の様子を見に行って、翌23日はミヤマモンキの様子を見に行こうと思っていたのだけど、少し心配な点が出てきたのでそれは取りやめ。
23日は実家からそう遠くない場所にある、以前クロヒカゲモドキを撮影した場所の様子を、朝食前に見に行くだけにした。

ここのクロヒカゲモドキは2007年に1個体を撮影したけど、それ以降は見たことはなかった。
もっとも、その撮影に適した時間に入っていないので、今回は樹液に来ているであろう早朝に様子を見に行く。

ところが今まではなかった綺麗な道路ができていてびっくり。
環境の変化が気になったけど、クロヒカゲモドキのいた場所は大きな変化がないようなので一安心した。

大きなクヌギが何本もあるので、樹液の出ている木はないかと見て回ると、1本の木にオオムラサキが来ていた。
時期が遅いので、いたのは雌だった。

f0031682_23024960.jpg

以前クロヒカゲモドキを撮影したあたりを探すけど見当たらない。

やはりいなくなってしまったかと思いながら、周辺を探すと、林に囲まれた明るいススキの原を見つける。

何かいるかなと思って中に入ると、ホソバセセリが飛んでいた。

f0031682_23024917.jpg
以前いた場所は暗くなってしまったのでここで発生しているようだ。
f0031682_23025051.jpg

他には何もいないので、そこを出ようとして林の縁に行ったらちらっと動く影。
見るとクロヒカゲモドキが樹液に来ていた。

f0031682_23025094.jpg

今年は発生か早かったのか少し痛んでいる。
それでも、やったーまだ生き残っていたと喜んで、魚露目でも撮影。

f0031682_23025091.jpg

反対側の翅は痛んでいないようなので、ある程度撮影したところで、手をふるとびっくりして飛び出して近くの葉の上にとまった。

f0031682_23025097.jpg

軽くストロボをたくけど、不自然な感じも出なくて良い感じの写真が撮れた。
まだ発生していることを確認できて、ミヤマモンキの撮影に行けなくなって残念な気分もすっきりした。

帰りがけに、ホソオチョウが飛んでいた。

f0031682_23025018.jpg
ここには何回も来ているけど、ホソオチョウを見るのは初めて。
壊れているけど、いたという証拠のために撮影しておく。
f0031682_23025023.jpg
いたのはほんの一角だけど、これからここもどう変化していくのか、




by dandara2 | 2014-07-23 23:13 | Comments(18)
2007年 07月 29日

甲府市のクロヒカゲモドキ

7/29は義父の3回忌なのでその法要のために28日に甲府に行く。
夏期講習も終わってようやくフリーになったので9時前には出発して、甲府について家内、息子夫婦、孫をおろしてすぐにクロヒカゲモドキを探しに行ってみる。
いると思われる付近を探してみるが見つからない。その代わりにホソバセセリが萩の花で何頭も吸蜜していた。
f0031682_20445748.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/180、f4.0、ISO640

暗い場所なのでどうかなと思ったけど、一応飛翔写真も撮影してみる。まるっきり露出不足でオリジナルは真っ黒だけどレタッチで何とか見られる所まで持ってきてみた。
f0031682_2142381.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、シャッタースピード優先、1/1000、f2.8、ISO400、焦点距離28mm(35mm換算値)

同じ事はオオムラサキの飛翔についても言えそうで、普通に撮ると1/30,f4の状況、それを1/1000で切り取るので、オリジナルは真っ黒。レタッチで処理しても不自然な感じは免れない。
それでも写っているだけ良いけど、良い条件で撮影するとどんな感じになるんだろうか。
f0031682_21111628.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、シャッタースピード優先、1/1000、f2.8、ISO400、焦点距離28mm(35mm換算値)

マクロでは翅表の色を出すためにやむなくストロボを使った。
f0031682_20522267.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/100、f4.0、ISO640、ストロボ使用

ちょっと時期遅れで擦れた個体が大半だが個体数は多いようだ。
f0031682_20524172.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/250、f4.0、ISO640、ストロボ使用

結局この日はクロヒカゲモドキにはお目にかかることは出来なかった。一生懸命探した挙げ句撮影出来たのはベンチに止まっていたクロヒカゲ。
それでもこのクロヒカゲはすごいべっぴんさんで、今まで撮影した中では一番きれいに後翅の眼状紋の紫が出ている。
みんなこんなにきれいだと、クロヒカゲももう少し人気が出るかも知れない。
f0031682_2053564.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/250、f4.0、ISO640

翌29日、法事は11時からなので、朝6時頃に車で15分くらいのポイントに再度様子を見に出かける。
以前日野春にオオムラサキを撮りに行った時には、クロヒカゲモドキはそのついでに撮影するチョウで、まさかそのためにわざわざ出かけることになるなんて考えもしなかった。
前日一通り周囲の様子を見ておいたので、いるとすればここだろうという場所に行ってススキの間を覗いてみるが姿が見えない。
どうもクロヒカゲモドキを探すのにススキの間をかき分けるというのが自分のイメージに合わないので、昔撮影した状況を思い出して樹液を見ることにする。
樹液のでている所へ行ってみると1頭のクロヒカゲモドキが吸汁していた。まずは確実にマクロで撮影することにして、シャッタースピードを確認すると1/30。
ストロボを使いたい所だが、ぐっとこらえてVRレンズの威力を信じて手持ち、ノンストロボで撮影。かなりの枚数を撮影するが、やはり多少ブレが入っているのか、すっきりシャープな写真はあまりなかった。VRといえどもこの辺りが限界のようだ。
f0031682_18383399.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/30、f3.2、ISO640


次にコンデジの広角撮影を試してみることにする。
シャッターを押してみてビックリ、カッシャンとすごく間のびした音。感覚的に1/15秒以下の感じ。
一応手ぶれ防止効果はあるようだけどこれはどうかな、止まるかなと自信がなかった。
f0031682_2055322.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、プログラムAE、1/15,f2.8、ISO100、焦点距離28mm(35mm換算値)

さらに近づいてこちらは1/8のシャッタースピード、それでもちゃんととまっいるのは、手ぶれ防止効果なのか腕なのか。ちょっと油断したのはブレブレだったので両方のおかげかな!
f0031682_2103431.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、プログラムAE、1/8,f2.8、ISO100、焦点距離28mm(35mm換算値)

写真の出来の方は、かなり良い結果のような気がする。ピントを会わせるターゲットマークの移動もスムースだし、狙った位置できちんとピントが来る。
今まで使っていたリコーのR1とはえらい違いだ。
この日は望遠も試してみたが、暗い林道ではファインダーも液晶も見にくく、ほとんど使い物にならなかった。
どうも♀のようなのでこの後の行動も見て見たい気がしたが、朝食を食べに戻って支度もしないと行けないので7時頃には現場を離れることにした。
ここのポイントについて色々教えていただいた虫林さん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2007-07-29 23:43 | 吸汁 | Comments(24)