タグ:クロセセリ ( 3 ) タグの人気記事


2017年 01月 01日

小畔川便り(今年もよろしくお願いします:2017/1/1)

2017年、明けましておめでとうございます。

寒い時期なので暖かそうな写真を。
2016年の5月に行った石垣島の写真で、まだ載せていなかったものを少し載せておくことにします。

最初はカバマダラ。

f0031682_22260606.jpg


石垣島ではあまり多くないということだけど、この明るいオレンジ色はなごみますね~。
f0031682_22260450.jpg


マダラ蝶の中でも一番好きかな・・・というかオレンジ色が好き。

f0031682_22260000.jpg

幼虫も(背景がオレンジだから・・・)

f0031682_22260094.jpg


スジグロカバマダラ

f0031682_22255397.jpg

南の国に来たという感が強くなりますね。

リュウキュウアサギマダラ

f0031682_22255484.jpg


あまりに多くて、カメラを向けることが少ないけど、写真を見直してみたら、吸蜜シーンのナンバーが4。(生態シーンごとに通しナンバーをつけてます)

次に撮影するときにはもっと気合を入れて撮らなければ。

オオゴマダラ

f0031682_22255995.jpg


石垣港近くの公園はちょっと立ち寄って撮影するには最適、でもこの時は蚊がすごくてすぐに退散。
f0031682_22255497.jpg

最後はクロセセリ

f0031682_22260132.jpg


これも撮影枚数はそれほど多くない。
ついついオオシロモンセセリやコウトウシロシタセセリに気をとられて、クロセセリを見てもなんだーと思ってしまう。

f0031682_22260102.jpg
家内撮影


でも配偶行動や、ゲットウでの吸蜜はうれしい収穫だった。


そうそう、案内していただいた"yaeyamaてふてふ"の熊谷さんにいただいたイワカワシジミ
2ついただいたうちの一つの巣を開いてみたら、中にアリがいた。

f0031682_22260518.jpg

そして、一つの蛹からはオスが。

f0031682_22260548.jpg

もう一つからはメスが羽化した。

f0031682_22260592.jpg


暗いところに置いていて、うっかりして半日くらい気が付かなかったら、中で暴れて翅表は傷がついてしまった。


今年は今まで以上に一つ一つの出会いを大切にして、一期一会を心に刻んで撮影していきたいと思う。

今年もよろしくお願いします。



by dandara2 | 2017-01-01 00:01 | 吸蜜 | Comments(46)
2015年 10月 05日

ヒサマツ初挑戦・・敗退1(2015/9/25-27)

9月25-27日は、まだ未撮影のヒサマツミドリシジミを求めて四国まで行ってきた。
今までなんとなく出かけるチャンスがなくて、本州、四国、九州のチョウで未撮影なのは本種だけ。

昨年は下見を兼ねてサツマシジミの撮影に来たけど、今回はいよいよ初挑戦。
結果的には天気がわるくて撮影できなかった…残念。

この前、石垣島で撮影していた時に、家内が使っていた55-200のレンズが、ピンが合わずにフリーズすることが多かったので、この旅行に間に合うように1ニッコールの70-300を購入した。

55-200も良いレンズだったけど、ニコン用のレンズで、マウントアダブターを介したり(このあたりの相性の悪さが原因か)、とっさの時にマニュアルフォーカスが使いずらかったりするので、ストレスを抱えながら撮影するのは楽しくないので、10万円を超える高いレンズで少し迷ったけど、思い切ってニコン1の専用レンズの70-300を購入することにした。

今年の春に自分が購入する以前には品薄で2か月待ちだったけど、さすがに今度はすぐに購入できた。
家内が使ってみてどんな評価が下りるだろうか。


宿に向かう途中で 四国の知人のippoさんに情報をいただきシルビアシジミを見に行く。
前日は大雨が降ったとかで、ポイントは水浸し。
f0031682_937087.jpg

f0031682_9372818.jpg


けなげにミヤコグサに産卵していた。
今後も生き延びてくれるといいけど。

貴重な四国のシルビアシジミを撮影できた。
ippoさん、ありがとうございました。


翌26日は蝶の図鑑さんと一緒にヒサマツを見に行くが、あいにくの曇天。

ここで撮影したのは、唯一サカハチチョウのみだった。
f0031682_9383273.jpg


11時過ぎまで空を見上げながら粘ったのだけど、やっぱり無理そうと言うことで移動。

ヤクシマルリシジミ狙いで案内していただいた場所では、期待通り綺麗なヤクルリを撮影することができた。
f0031682_9385698.jpg

f0031682_9392042.jpg


センダングサの花で吸蜜中、ちらっときれいな翅表が垣間見えた。
f0031682_9394213.jpg


これもなかなか色っぽい。

アオスジアゲハもセンダングサに吸蜜に来た。
f0031682_9482032.jpg

せわしなく翅を動かしながら吸蜜するアオスジアゲハを見かけるとついついカメラが向いてしまう。
f0031682_9484337.jpg


ここにはダイミョウセセリもいた。
f0031682_949059.jpg
家内撮影

関西型のダイミョウセセリは久しぶりに見たので喜んで撮影する。

少し場所を移動してクロセセリがいるという場所に行く。
f0031682_950168.jpg


クロセセリはこの場所では今年から見ることができるようになったとか。
f0031682_9502487.jpg
家内撮影

少しずつ分布を広げているのだろうか。

最後に蝶の図鑑さんのご自宅にお邪魔して、庭で発生しているというツマグロキチョウを撮影させていただく。
f0031682_951174.jpg


たくさんのカワラケツメイが茂っていて、その中をツマグロキチョウが飛び回っていた。
f0031682_9512360.jpg

f0031682_9514667.jpg


キツネノマゴでも吸蜜している個体がいた。
f0031682_9521345.jpg


シリブカガシの花では、ヤクシマルリシジミが吸蜜していた。
f0031682_9554289.jpg


翌27日も天気が悪そう。
晴れたら再度ヒサマツ挑戦と思ったのだけど、無理そうだ。

そうそう、レンズのほうは、多少時間はかかっても、フリーズせずにピントが合うので、前のよりはいいとの評価だった。

by dandara2 | 2015-10-05 09:58 | 産卵 | Comments(10)
2014年 02月 19日

八重山撮影行(最終日 石垣島:2013/11/23)

このところの雪騒ぎで八重山の報告が遅くなってしまいましたが、最後の石垣島での撮影記録です。

朝、ホテルの前ではクロマダラソテツシジミが花壇の花に来ていましたが、鮮やかなブルーの花に、クロマダラソテツシジミの翅表のブルーが良く似合っていました。
f0031682_09130426.jpg
f0031682_09130393.jpg
この日は、午後の便で帰るので、午前中にバンナ岳に行ってイワサキタテハモドキをメインに撮影しました。
f0031682_09130453.jpg
家内撮影

バンナ岳の蝶園近くの芝生の中にはたくさんのシソモドキが生えていて、イワサキタテハモドキの食草になっています。
f0031682_09130467.jpg
そのシソモドキに盛んに産卵する雌がいました。
f0031682_09130436.jpg
また、静止する雌にアタックする雄もいました。
f0031682_09130427.jpg
f0031682_09164697.jpg
このようなオーブンな場所での求愛行動はあまり多くなくて、道端の藪の中のような場所で雌にアタックしているのをよく見かけました。
f0031682_09130493.jpg
そんな場合には、動き回る雄はわかるのに、地面にじっと静止している雌はどこにいるのかわからない場合が多いです。

一通りの撮影ができたので、少し周囲を歩き回ってみることにしました。
林の縁ではコウトウシロシタセセリが吸蜜に来ていました。
f0031682_09130498.jpg
その林の中では、ウスイロコノマチョウが足元から飛び出しました。
f0031682_09131301.jpg
林の中だったので、石垣島では珍しいクロコノマチョウかと思いましたが、ウスイロコノマのようです。

このあたりではアカスジベッコウトンボも多く見かけました。
f0031682_09130340.jpg
珍しいトンボかなと思って撮影しましたが、石垣島では2012年から観察されるようになったようです。

ここでうれしかったのは、タテハモドキがいたこと。
f0031682_09131311.jpg
決して珍しい蝶ではないと思うのですが、意外と出会う機会が少なくて、今回の旅行でもここでしか会うことができませんでした。
f0031682_09131395.jpg
以前撮影したのは夏型だったので、秋型は初めての撮影になります。

半逆光で表の模様が透けて見えるようにも撮影してみました。
f0031682_09131379.jpg
それと、クロセセリにも久しぶりに会いました。
f0031682_09131393.jpg
ハイビスカスに吸蜜に来ていたので、あわてて撮りましたが、十分撮影する前に飛ばれてしまいました。

今回の旅行ではシロチョウの仲間はあまり撮影できませんでしたが、ウスキシロチョウが元気に飛び回っていました。
f0031682_09131307.jpg
オオゴマダラもいて飛翔を撮影できました。
f0031682_09131378.jpg
f0031682_09131334.jpg
オオゴマダラは今まではあまり撮影のチャンスがなかったのですが、今回の旅行では産卵も含めていろいろなシーンを撮影できました。

今回の八重山は1週間と日程的にはかなりゆとりを持って計画し、おおむね天気にも恵まれて楽しい旅行をすることができましたが、だんだん未撮影種も少なくなり、これからはピンポイントで時期を合わせて出かけなくてはなりそうです。

by dandara2 | 2014-02-19 09:24 | 産卵 | Comments(8)