タグ:クジャクチョウ ( 7 ) タグの人気記事


2017年 09月 01日

東信のベニヒカゲ、クジャクチョウなど(2017/8/24)

8月24日は"森林里山巡り"のMorrieさんとベニヒカゲの撮影に行ってきた。

ベニヒカゲは19日も撮影しているので、今回は花に来るベニヒカゲを撮影するために場所を変える。

ベニヒカゲはそこそこの数がいたけど、例年に比べると花の様子があまり良くない。
時期が少し遅かったのかもしれない。

ヤナギランは例年の半分くらいしか咲いていない。
それでも1頭だけ吸蜜に来た個体がいた。

f0031682_18341571.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


いつもだとたくさん咲いているハクサンフウロも花の数が少ない。
これも1頭だけ吸蜜に来てくれた個体がいたので喜んで撮影。

f0031682_18110766.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立ったところも撮れていた。

f0031682_18111914.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


マルバダケブキの群落があって、ベニヒカゲが吸蜜に来ていたので背景の山が入るように撮影する。

f0031682_18111993.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


翅を開いてくれたけど、背景の山を入れようとすると翅の角度が水平に近くなってしまう。

f0031682_18111939.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


もう少し広角系のレンズが欲しくなってしまった。

山が入るようにして飛び立つところを狙う。

f0031682_18111975.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ヤナギランの群落のピンクが入るようにもしてみた。

f0031682_18112051.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


もう少し群落が大きいといいのだけど今年は花が少ない。

マツムシソウにはシータテハが来ていた。

f0031682_18110737.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なかなか絵になるところには止まってくれないので、喜んで撮影する。
f0031682_18110861.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ベニヒカゲもある程度撮れたので、移動することにする。

先日ベニヒカゲがたくさん吸汁に来ていた場所には何もいなかった。
雨で獣糞が洗われてしまったようだ。

キベリの崖にはこの日もいなかった。
エルタテハもずいぶん少なくなっていた。

f0031682_18091582.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し移動してアサギマダラとクジャクチョウの多い場所に行く。
アサギマダラは前回の記事に載せた。

昨年はクジャクチョウは全く見られなかったけど、今年は何頭ものクジャクチョウが出迎えてくれた。

f0031682_18110614.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


f0031682_18141436.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


クジャクチョウの鮮やかな色合いは好きなので、いつもカメラを向けるけど、今年は例年以上にうれしい。

f0031682_18110660.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アザミで吸蜜していたクジャクチョウがカメラの前を横切った。

f0031682_18101552.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

とっさにシャッターを押したら、画面の外れだったけど奇跡的にピントが合っていた。

次に先日ギンボシヒョウモンの多かった場所に行く。

ギンボシヒョウモンは少し鮮度が落ちたけどまだ飛んでいた。
Morrieさんに撮影してもらおうと探していて、あとで気が付いたら自分は撮影していなかった。

撮影していたのはミドリヒョウモン。
オス、メスの飛び出しを撮影する。

f0031682_18101454.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


f0031682_18091589.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_18091521.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

この前はここでミドリヒョウモンが交尾していたのだけど、きちんと撮影できなかった。
今回は求愛をしていたけど証拠写真程度。

f0031682_18101598.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近づく時間がなかった。

お気に入りのお店で昼食を食べた後ムモンアカの場所に移動。

少し時期が遅いのでまだ見られるかなと思ったけど、発生木を軽くたたいてみたら交尾個体が降りてきた。

少し高い場所に止まったけど、さらに叩くとどうなるかわからないのでまずは証拠写真撮影。

f0031682_18091565.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


もう一度叩くと、目の高さより少し高い位置まで降りてきてくれた。

f0031682_18091473.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やったね。これで今日の撮影は95パーセントくらい成功かなと思って気分良く帰ることができた。

Morrieさん、お疲れさまでした。




by dandara2 | 2017-09-01 18:26 | 吸蜜 | Comments(6)
2015年 04月 03日

小畔川便り(桜とびっくりなお客さん:2015/3/31-4/1)

3月31日は自宅前の川の土手の桜が見ごろになったので、サクラ背景の蝶の写真を撮りに出かける。

26日にはほんの数輪しか咲いていなかったけど、暖かい日が続いたので31日には7分咲き位。
見た目は満開に近い。

花見に来て散策する人や、河原でバーベキューをやる人などで大賑わいだ。

そんな中で、カメラを構えて蝶を追いかけまわすのは気が引けるので、少し人が少なく、かつ花はきれいに写る場所を探す。

何頭ものベニシジミが飛んだりテリ張りをしているけど、うまく桜が背景にはいり、かつ鮮度がまあまあの個体はなかなかいない。

左後翅の端が少し痛んでいるようだけど、この日のこれがベストの個体。

f0031682_15375097.jpg

食草のギシギシの葉に止まってくれた。

f0031682_15375058.jpg

モンキチョウもたくさんいるけど、気温が高いので雄は飛ぶスピードも速く、良い写真にはならない。

ようやく産卵場所を探している雌を見つけ、背景に桜が入るような位置に回り込みながら撮影。

f0031682_15375178.jpg
f0031682_15375086.jpg
f0031682_15375018.jpg


何とか満足のいく感じの写真が撮れた。

4月1日は、午前中は曇りだったけど、14時過ぎに日が出たので、桜とは反対の、上流側に向かってツマキチョウを探しに歩いてみる。

残念ながらツマキチョウは見つからなかったけど、足元を素早く飛ぶセセリチョウを見つけ、もしかしたらと止まったところを見たら、予想通りミヤマチャバネセセリだった。

f0031682_15380585.jpg

昨年もここで見かけたけど、一回きり、ワンチャンスの撮影だったので、今回はきちんと撮影しておくことにする。

テリ張りをしているのか、あまり遠くに行かずに飛び回るので、飛翔を撮影。

f0031682_15380586.jpg
f0031682_15380536.jpg
f0031682_15380578.jpg

何とか撮影することができた。

その後ムラサキサギゴケで吸蜜をした。

f0031682_15380566.jpg

この花に蝶が吸蜜に来たのは初めて撮影したような気がする。

気をよくしてヒオドシチョウでも産卵していないかなとエノキの様子を見ながら自宅に帰りかけると、目の前の草の間にキタテハにしては色が赤いタテハがタンポポで吸蜜をしている。

アカタテハとも違う。

もしかしてと思いながらよく見たら、目玉模様が見えた。

f0031682_15424478.jpg

エー、こんなところにクジャクチョウがいるの~!!! とびっくり。

発生地である秩父からだと直線距離で40㎞以上ある。
ここにきて16年くらいになるけど、はじめてみた。
定年になって時間ができ、自宅近くもよく歩くようになったからだろうか。

草かぶりだけどとにかく証拠写真を撮影。

その後そろそろと近づいて撮影。

f0031682_15380982.jpg
f0031682_15380993.jpg

いったん飛び去ってしまったけど、もう一度戻ってきたので、魚露目で背景を入れてみる。

f0031682_15380959.jpg

大きくて入らなかったけど、後ろは関越道の橋脚だ。



by dandara2 | 2015-04-03 15:49 | 飛翔 | Comments(22)
2014年 08月 25日

東信の高原で2(クジャクチョウ:2014/8/19)

ベニヒカゲを撮影した高原にはクジャクチョウもいて、蝶を始めた頃にその鮮やかな模様に感激したことを思い出し、少しじっくり狙ってみることにした。

f0031682_18333149.jpg
クジャク蝶と言うとアザミの花に来るイメージが強いのだけど、ここではマルバダケブキやアキノキリンソウなどの黄色の花で吸蜜する個体が多かった。
f0031682_18333178.jpg
広い高原で吸蜜しているクジャクチョウを見ると、高原に来たーと言う感じがする。
f0031682_18333118.jpg
f0031682_18333146.jpg
ベニヒカゲと同じ花で吸蜜している個体もいた。
f0031682_18333105.jpg

コヒョウモンもよく見かけた。

f0031682_18333838.jpg
アザミの花で吸蜜するのは珍しくないように思うのだけど、自分のストックを見ると2012年に一度撮影しただけだった。
f0031682_18333867.jpg

この高原を後にして、キベリタテハ狙いで移動するけど、数頭見かけただけで写真は撮れず。
多かったのはヒメキマダラヒカゲ。

f0031682_18333883.jpg
いつもだとほとんどカメラを向けないのだけど、数が多かったので、これもちゃんと撮影しておこうとカメラを向ける。
f0031682_18333896.jpg
珍しく翅表を見せてくれる個体もいた。
f0031682_18333828.jpg

飛び立ったところも写っていた。

f0031682_18333868.jpg
家内撮影

1V2にしてからはこういったシーンもよく撮れるようになった。秒15コマの威力だろう。

その後、チーズ専門店によって、ピザで昼食にする。
ここでいろいろなチーズを買うのも、ここに来た時の楽しみだ。

その後ムモンアカの様子を見に移動する。
発生木が切られてしまったというので心配したけど、近くの別の木で無事交尾個体を撮影することができた。

f0031682_18333185.jpg

周囲を確認して、何本か発生木になりそうなアリの多い木も見つかったので、ちょっと安心する。

f0031682_18333109.jpg



by dandara2 | 2014-08-25 18:41 | 交尾 | Comments(20)
2014年 07月 09日

ヤマキマダラヒカゲは音が聞こえる(2014/7/6)

草津白根山は2003年の8月下旬に一度行ったことがあるけど、その時は何気なく行ってみただけだった。
たくさんのコマクサがまだ咲き残っていてびっくりした記憶がある。
登山道周辺にはクロマメノキがたくさんあって、もしかしたらミヤマモンキチョウがいるんではないかと思ったものだった。(当時はそんな程度の知識しかなかった)

その後調べたら確かにミヤマモンキチョウが発生するようだけど、遠いし(インターを降りてから一般道を70Kmも走る)、他にめぼしい蝶がいないので、ミヤマモンキ以外の蝶が撮影できる他の場所に行っていた。

ここにきて自由な時間が持てるようになったので、草津白根のミヤマモンキをこの目で確認したくなった。
蝶友からポイント情報もいただいたので、7月6日に出かけてみた。

前の日に草津白根の情報を少し調べたら、白根山の火山噴火警戒レベルが1から2に上がったと出ていた

さっと読んだけど、ポイントが火口からどれだけ離れているのか詳しく調べもしないで翌日出かけてみたら、駐車場はすべて封鎖されていてそのままむなしく山を下った。
草津温泉あたりで、もう少し詳しい情報を出しておいてくれたらよかったのに(泣)

仕方ないので、別のミヤマモンキの場所まで移動。
近いうちここにも来る予定なのでその下見のつもり。

結果は、雲も多かったけど、花の状況などからまだ発生していない雰囲気だった。

牛の糞にヤマキマダラヒカゲが来ていたので、せっかくだからこれでも撮影しておこうとカメラを向ける。

f0031682_16042165.jpg
家内撮影

家内が望遠で撮影していたので、私は魚露目で撮影することにする。

慎重に近づいて撮影したら、ぱっと飛び出して逃げた。

f0031682_16042287.jpg
f0031682_16042289.jpg
0.4秒後(上の写真から2枚後)

まるでカメラのシャッター音が聞こえているようだった。

もう一組がいたので、今度もそっとカメラを向けてみる。
f0031682_16042249.jpg

シャッターを押したら、これもパッと逃げ出した。

f0031682_16042286.jpg
0.2秒後

これで確信、"ヤマキマダラヒカゲは音が聞こえる"

秒5コマの撮影なので、音がしてどのくらいで反応するかもよくわかった。

しばらく様子を見たけど、天気が好転する気配もないので、これも2003年の8月中旬に一度来ただけの場所にミヤマモンキの様子を見に行く。

1頭だけそれらしい姿を遠くに見ただけでこれも収穫なし。

久しぶりに花などを撮影。

f0031682_16044076.jpg

ミヤマハンショウヅル

f0031682_16044094.jpg
ハクサンチドリ  家内撮影

f0031682_16044082.jpg

アマドコロ 家内撮影

植物撮影の人が、あったあったと喜んで撮影していたので、横から撮影。
アマドコロって珍しいのかな。それとも違う種類だろうか。


蝶のほうは、家内がアヤメで吸蜜するキタキチョウを撮影。
吸蜜を終えて飛び立つところでは、翅表がきれいに写っていた。

f0031682_16123024.jpg
家内撮影

この時期らしくていいかな。

それに、翅の痛んだクジャク蝶もいた。

f0031682_16044098.jpg

久しぶりにこれと言った収穫のない遠征だったけど、ヤマキマダラヒカゲが音が聞こえるというはっきりとした確信が持てたので、それはそれで面白かった。



by dandara2 | 2014-07-09 16:21 | 吸汁 | Comments(10)
2013年 09月 01日

軽井沢旅行2/2(2013/8/25-27)

ベニヒカゲの崖にはエルタテハやシータテハ、クジャク蝶なども吸水に来ていた。
f0031682_2033612.jpg
家内撮影

f0031682_204399.jpg
家内撮影

家内の撮ったこのシータテハ、翅を閉じているときは崖に溶け込んで完全な保護色。
f0031682_2044348.jpg
家内撮影

f0031682_205436.jpg
家内撮影

開いて初めて存在が明らかになる。

私だったら閉じているときは撮らなかったと思う。家内も保護色を意識したわけではないようだけど、お見事!!

えっ、みんな家内の写真じゃないかって・・・そうなんです。私はもっぱら広角と飛翔狙いだったので、望遠は付けていなくて、崖の蝶は撮影できずでした。

その後ベニヒカゲの高原に移動。
ベニヒカゲは終わりに近かったけど、多少はきれいな個体も残っていた。
f0031682_2092157.jpg
家内撮影

またまた家内の写真、私は配偶行動がとれたので、まっいいか。
f0031682_2094746.jpg

ベニヒカゲに代わってタテハが主役になっていた。
今年はシータテハのいい写真が撮れてなかったのでちょっと広角で迫ってみる。
f0031682_20103117.jpg

クジャクチョウもここではきれいな翅を見せてくれた。
f0031682_20104693.jpg

花もヤナギランは終わりに近く、代わりにアキノキリンソウが主役になってきた。
f0031682_2011520.jpg

キアゲハも出迎えてくれた。今年はキアゲハをたくさん撮影したような気がする。
f0031682_20113352.jpg

ここもほどほどに切り上げて、キマダラモドキのポイントに移動。
手早く撮影できれば、旧軽あたりを少しは散策できるかもしれない。

環境がかなり変わってきていて、いるかどうか心配だったけど、ようやく一頭が姿を見せてくれた。
f0031682_20123493.jpg
f0031682_20125520.jpg

最後にちょっとだけミヤマカラスを覗きに行く。
ここはびっくりする位環境が変わっていて、吸水ボイントはイネ科の植物がびっしり繁茂していた。
ここでもかろうじて一頭のみ撮影できた。
3m位の距離から1V2に70-200をつけ、122mm(35mm換算330mm)で撮影。
f0031682_20133680.jpg
ニコン1V2 ニコン70-200(122) ノートリ

念のためにその場でフルサイズのD800にマクロ150mmでも撮影。
f0031682_20141496.jpg
ニコンD800 シグママクロ150

拡大してみたら、D800の方が写りが良かった。
f0031682_20145586.jpg
上の拡大

レンズやカメラの性能だけでははなく、望遠による手振れとかいろいろな要素が重なってそんな結果になったと思うけど、改めてD800のすごさを感じた。

翌27日は帰りがけにカジノキに来るゴマダラの様子を見に行ってみる。
カジノキ、ゴマダラとも微妙に時期を外したような感じだけど、何とか証拠写真程度は撮ることができた。
f0031682_20151611.jpg

以前来た時には見かけなかったアカボシゴマダラが我が物顔で吸汁しているのが印象的だった。
f0031682_20152932.jpg


by dandara2 | 2013-09-01 20:16 | 吸蜜 | Comments(21)
2008年 09月 01日

キベリタテハ撮影(2008/8/31)

8/31日は当初予定していた撮影行が天候の関係でキャンセルになったので、朝ゆっくりと7時に起き、天気予報を確認すると微妙だが何とかなりそう。
それで急遽9時に家を出てキベリタテハとキマダラモドキの撮影に出かける。
現地に11時につくと、すぐに路上に止まるキベリタテハを見かける。
カメラを取り出すのももどかしく撮影にはいる。新鮮な個体でキベリが鮮やかだ。
何とかこのキベリと地色の小豆色を両方表現したいと思うけど、その場で色々設定をいじっているとチャンスを逃すのでとりあえず撮影。
あとでRAW現像の時に工夫することにする。
f0031682_184348100.jpg
ここでは3頭ほどのキベリを確認できたけど、もう一ヶ所見たい所があったので15分ほどで切り上げて移動する。
移動した場所は、先日車にエルタテハやキベリが飛来した場所だ。
ところがここでは1頭のキベリを目撃したのみで、エルタテハも見ることが出来なかった。
仕方ないので、近くの草原に入り、クジャクチョウやアサギマダラを撮影することにする。
まだかなりの数の蝶がいたけど、それでもピークは過ぎた感じは否めない。
クジャクチョウは思ったような写真が撮れなかったので、家内の写真を載せておきます。私の前ではなぜか翅を全開してくれなかった。
f0031682_1445381.jpg

先日はアサギマダラの写真をちゃんと撮っていなかったので今日はまじめに狙ってみた。
f0031682_1461356.jpg
クジャクチョウとアサギマダラがあちこちで仲良く同じ花で吸蜜しているので、オリンパスで飛び立つところを狙ってみたけどかなり無理がある写真しか撮れなかった。
このあたりは来年にでももうちょっと性能が良くて、大きさはこのままのカメラが出るのを待つしかないか。
f0031682_145487.jpg
キベリがいないので、最初の場所に戻ると、ここでも姿がほとんど見えない。飛んできても高い木の上に上がってしまう、時間的な関係だろうか。
1頭だけ路上に止まったので近づくと、飛び立って私の回りにまとわりついている。影を見ているとどうも腰のあたりに止まったようなので家内を呼んで撮影してもらう。
f0031682_146466.jpg
ところが家内はコンデジしか持っていなかったので私のカメラを渡して撮影してもらう。
f0031682_1471293.jpg

飛び立ちそうもないので手乗りにチャレンジするように言うと、すんなり乗ってきた。
そこでその様子を撮影する。たくさん撮って開翅しているところもあったけど、ちょっとだけ開いたこの写真がお気に入り。
チラッと見える翅表の黄色がおしゃれに見える。
f0031682_1474082.jpg
その後キマダラモドキのポイントに移動。
ところが全く姿が見えない。ようやく1頭がひらひらと飛んできて枯れ草の上に止まったので撮影。
f0031682_148105.jpg
その後この個体は草の間に隠れるようにして静止した。
昨年はたくさんの個体がいたのにどうしたのかなと思っていたけど、環境は見た目はほとんど変わっていない。
唯一違うのは昨年は今にも降り出しそうな天気だったけど、今年は晴天だと言うこと。
晴天だとこんな風に草の間に止まっているのかなと納得した生態だった。
f0031682_1483591.jpg

雲が多くなってきてまた雷雨になるといけないので車に向かっていると、鮮やかなアカタテハがいた。
f0031682_149386.jpg

意外と写真を撮っていないのでこの際だからと丁寧に撮影する。
f0031682_1493677.jpg

不十分ながら今日の目的はクリアできたので、途中いつも寄るお店で好みのチーズなどを買いながら帰宅。
これでワインでいっぱいやるのが楽しみだ。

by dandara2 | 2008-09-01 14:22 | 静止 | Comments(18)
2006年 08月 31日

今が旬のタテハ類

 今日はさわやかな一日、越冬するクジャクチョウやキベリタテハなどは今が旬、きれいなうちに十分撮影しておこういうことで長野に出かける。
 朝8時少し過ぎに出かけて、10時頃に目的地に着く。さすがに花も少なくなり、蝶の個体数も少ない。高原の蝶はそろそろ終わりのようだ。
 間伐材がつんである場所に数頭のタテハがいたが、モデルになってくれたのはエルタテハだった。
 思わず力が入って近寄りすぎたが、その分ファインダーいっぱいに広がって、ピントを合わせている間も迫力満点だった。
f0031682_2330712.jpg

 その後はたいしたものはいなかったが、ベニヒカゲがアザミで吸蜜しているのには驚いた。ベニヒカゲは後でタテハ類を撮影した草原にもまだたくさん飛んでいた。
f0031682_22111616.jpg
ヒョウモンチョウの多かったところにはまだくたびれたヒョウモンチョウがいくつも飛んでいる。マツムシソウに吸蜜に来ているがさすがにカメラを向ける気になれない。(と言いつつしっかり撮影していた)
f0031682_228313.jpg

 何気なく見ていると、小刻みに飛んで笹の下に潜り込むのがいる。どうも産卵をしているようだ。
 俄然その気になって後をつけるが、ワレモコウを確認するとその近くの笹の間に潜り込んで産卵をする。
 姿を確認するのも難しいような草の間なのでピントを合わせるのがすごく難しい。それでもこんなチャンスは滅多にないので絶対ものにしようと追いかけると、何度か産卵してくれたので、いくつかはファインダーで産卵するところを確認することが出来た。
f0031682_23334196.jpg

 ふと横を見ると、ウラギンヒョウモンが似たような飛び方をしている。ひょっとしてこれも産卵!? と思って後をつけると案の定草の間に潜り込んで産卵をはじめた。
 こちらも写真を撮るのは難しい。3枚ほど写真を撮るとどこかに飛んでいってしまった。家で写真を確認すると両種とも不十分ながら何とか写っていた。
f0031682_23405396.jpg

 これが今日一番の収穫だろうと思うととてもうれしい。
 その後のんびり歩いていくと、ヒヨドリバナでアサギマダラが吸蜜していたので、飛翔写真に挑戦。
 花に飛んでくるところを狙って撮影すると何枚かはピントのあったのが撮れた。
f0031682_23422925.jpg

 その後明るい草原に出たので昼食を取りながら目の前のアザミに来るタテハ類を撮影する。
 シータテハがアザミで吸蜜していたので環境を入れて撮影する。開放的な環境でとても気持ちが良い。
f0031682_2343169.jpg

 ここにはクジャクチョウもいたが、今年は満足に写真を撮っていなかったので少し気合いを入れて撮影した。
f0031682_23451430.jpg

 ここまででキベリタテハ以外のタテハが撮影出来たので、キベリ狙いで車をおいておいたところに移動する。
 どうもキベリは御花畑は好きではないようだ。駐車場に着くと、案の定車の横に止まっている。近づくと逃げられたがしつこく後を追いかけると路上で吸水をはじめたのでゆっくりと、設定をいじりながら撮影してみる。
f0031682_23471185.jpg

 結局はたいした写真は撮れなかったがこれで目的としていたタテハは全て撮影出来、産卵シーンの撮影というおまけまで付いたので大満足で帰宅した。

by dandara2 | 2006-08-31 23:48 | 産卵 | Comments(34)