タグ:ギンボシヒョウモン ( 4 ) タグの人気記事


2016年 07月 30日

中信の高原で(ヒメヒカゲ・ギンボシヒョウモン:2016/7/23)

7月23日
とりあえずアカセセリが撮影できたので、次の目当てのヒメヒカゲを探す。

すぐに飛び出したけど、鮮度が今一つ。

f0031682_21311740.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


今年は発生が早かったようだ。

曇りがちで気温がそれほど高くないので、すぐに翅を開く。
f0031682_21311768.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


眼状紋も少なめのオス個体なので、別の個体を探す。

先ほどの個体よりは眼状紋の多い個体が見つかるが、こちらもオス。

f0031682_21311752.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21311782.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


やはり鮮度が今一つなので、飛翔に切り替えて撮影した。

f0031682_21311204.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

草の間を追いかけるので、どうしても後ろから撮影することになり、翅表か、縦筋でしか撮影できない。

何とか頑張って、横から撮影するようにした。

f0031682_21311233.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_21311257.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_21311349.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_21311270.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

f0031682_21305774.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5


ヒメヒカゲやアカセセリを探しているときに、すごく新鮮なギンボシヒョウモンを見つける。

f0031682_21311760.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


高原のヒョウモンの中でも、ギンボシヒョウモンはちょっと特別なヒョウモン。(個人的な好みですが、高いところに来ないとお目にかかれないので・・・)

丁寧に撮影した。

f0031682_21311793.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


シダの葉にウラギンヒョウモンが止まっていて、そこにヒョウモンが絡んだ。

f0031682_21305741.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_21305745.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とっさに撮影して、後で写真を確認したら、絡んだのはギンボシヒョウモンだった。

f0031682_21305293.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


同じ場所に両種が住んでいるから日常的なことなのかもしれないけど、ちょっとうれしい。

ここにはジャノメチョウも多い。
先日行った奥武蔵の山では、1個体しか見つからなかった。
いつもだとうるさいくらいいるのにどうしたんだろう、時期が早かったのかな、それとも環境の変化かなと思っていたので喜んでカメラを向ける。

f0031682_21305218.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


家内が交尾ペアを見つけてくれた。

f0031682_21305247.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


アザミでも吸蜜している個体がいた。

f0031682_21305246.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

来るときに車が多く、帰りの渋滞が気になっていたので、一通りの撮影ができたと思った12時半過ぎには引き上げることにする。

幸い渋滞には一切かからず、15時少しすぎには帰宅することが出来た。
家でゆったりして、その日の撮影を振り返るのもなかなか良いものだ。




by dandara2 | 2016-07-30 09:38 | 配偶行動 | Comments(8)
2014年 08月 23日

東信の高原で1(ベニヒカゲ:2014/8/19)

8月19日はベニヒカゲを撮影に東信の高原に行った。

車を置いてトイレに行こうと歩きはじめると、キベリタテハが飛んできて路上にとまった。
車が来たので、手で制して急いで撮影する。

f0031682_17255557.jpg
お礼をすると、運転していた同じような年のご夫婦もにっこりしてくれた。

周りの草原では、ギンボシヒョウモンが吸蜜している。

f0031682_17255570.jpg
家内撮影

ここはギンボシヒョウモンが多い。
f0031682_17255514.jpg
家内撮影

アザミにはカラスアゲハの雌が吸蜜に来た。

f0031682_17255529.jpg
後翅のブルーが出る瞬間を狙ってシャッターを切る。
f0031682_17255578.jpg
着いて5分もしないうちに良い写真が撮れて気分が良い。

トイレのある建物の中のお店を何気なく見ていたら、おいしそうなパンやスープのメニューがあったのでここで朝食をとることにした。

焼きたてのクロワッサンと、おいしいスープを飲みながら高原を眺めていると、時々キベリタテハが窓辺に飛んでくる。
蝶撮影に来てこんな優雅な気分で朝食を摂ったのは初めてで、すっかり気に入ってしまった。
望遠付きのカメラしかもってこなかったので、写真が撮れなかったのが残念だ。

高原ではベニヒカゲが真っ盛りでいろいろなシーンを撮影することができた。
一番多かったのはアキノキリンソウでの吸蜜。

f0031682_17260214.jpg

同じように多かったのはマルバダケブキ。

f0031682_17260226.jpg
花が大きいので絵になる。
f0031682_17260217.jpg

ヤナギランは花が咲き始めといった感じで、吸蜜に来る個体は少なかった。

f0031682_17260222.jpg
家内は、草の間に隠れたように咲いていたヤナギランに吸蜜に来たシーンをきっちり撮影していた。
f0031682_17260235.jpg
家内撮影

ストローも伸びていて、ヤナギランでの吸蜜が良くわかる。
f0031682_17260261.jpg
家内撮影

エルタテハは運転中に路上に止まっている個体を見つけて撮影する。

f0031682_17255562.jpg
あちこちで見かけたので、そのうちちゃんとしたのが撮れるだろうと思っていたら、結局使える写真はこれだけだった。



by dandara2 | 2014-08-23 17:36 | 吸蜜 | Comments(22)
2013年 08月 22日

浅間山麓のベニヒカゲ(2013/8/17)

8月17日の土曜日は高原のベニヒカゲが見たくて浅間山麓に出かける。
ここに来るのは5年ぶりかな。
いつも行く場所は、キベリタテハやエルタテハも同じ場所でみられて撮影もしやすいのだけど、高原の雰囲気を出しにくい。

この日はベニヒカゲ一本に絞ってのんびり撮影したい。
とは言ってもお盆の帰省ラッシュが怖いので、11時には現地を離れたい。
正味2時間くらいのなんじゃこりゃ遠征になりそう。

8時40分に現地着。
時間がないので、高原の雰囲気、裏面の斑紋の変異、に的を絞って撮影することにする。
高原の雰囲気の方はあまりうまくいかなかった。
f0031682_9212468.jpg

f0031682_9214938.jpg
ヤナギラン

例によって魚露目で撮影したけど、果たしてそれが良かったのかどうか微妙だ。

裏面のバリエーションの方は、この場所は黄帯型、白帯型がほぼ同じような頻度でみられるのでそれを撮影。
吸蜜に訪れる花もいろいろなので、それも意識して撮影した。
最初は黄帯型、割合としてはこちらの方が少し多いかもしれない。
f0031682_9222426.jpg
家内撮影 ハクサンフウロ

f0031682_9224265.jpg
アザミ(細かな種名は?)

こちらは白帯型
f0031682_9232428.jpg
マツムシソウ
f0031682_92413.jpg
マルバダケブキ
f0031682_9242417.jpg
家内撮影 ヤマハハコ

見た目はこちらの方がきれいなので、ついついカメラを向ける頻度は多くなる。

これも白帯型かな
f0031682_9261410.jpg
ツリガネニンジン

ツリガネニンジンに来たのはこの時だけだった。

ここでは花の種類を重視して写真を選んだのでそうなってはいないけど、撮影中の印象としては、黄帯型がどちらかというと黄色い花を好む感じなのに、白帯型はいろいろな色の花を訪れていた。
自分の翅の色が分かっているのかなという感じだった。

黄帯型と白帯型が同時に来ている花もあって、家内のこの写真はそれが良く撮れていた。
f0031682_9265235.jpg
家内撮影

この花には、他にも数頭のベニヒカゲとクジャク蝶が来ていて、自分はそれらをいっぺんに魚露目で撮ろうと悪戦苦闘して、結局は使い物にならない写真しか撮れなかった。
f0031682_9294490.jpg

もちろん翅表も狙ったけど、気温が高かったせいかなかなか開かず結構苦労した。
開いてもマクロの撮影距離に近づく前に閉じられてがっくりしていたら、望遠ズームの家内が比較的ましな写真を撮っていた。
f0031682_930494.jpg
家内撮影

こちらは交尾、白帯型同士かな。
f0031682_930292.jpg

それに、ここにはギンボシヒョウモンも多かった。
f0031682_9304928.jpg

f0031682_931518.jpg
家内撮影

11時になったし、写真もこだわるときりがなさそうなので予定どおり撤収。
帰りにはお気に入りの道の駅やSAによって買い物。
渋滞もなかったので気分よく買い物ができた。

by dandara2 | 2013-08-22 09:37 | 吸蜜 | Comments(15)
2012年 08月 09日

信州の高原で(2012/8/2)

8月2日はアカセセリとヒメヒカゲを見に信州の高原に行った。
マルバダケブキなどの咲き方を見ると、少し早かったかなという感じだったけど、アカセセリもすでに発生していて、時期的にはちょうどよかったようだ。
マルバダケブキの花にアカセセリ、ウラギンスジヒョウモン、ウラギンヒョウモンなどが訪れてにぎやかだった。
f0031682_11424477.jpg
ニコンD800

マルバダケブキの花に飛んできたアカセセリの雄の性標がうまく出てくれた。この銀線は図鑑ではアカセセリの区別点の一つにのっているけど、写真ではうまく出すのが意外に難しい。

アカセセリは出始めなのか新鮮な個体がほとんどだった。
f0031682_11431739.jpg
ニコンD800

吸蜜を終えて一休みしていたので、魚露目でそっと近づいてみた。思ったよりピントも来てくれた。
f0031682_114337100.jpg
ニコン1V1

ヒメヒカゲには少し遅かったかなという感じだったけど、雌はまだまだ新鮮な個体が多かった。
f0031682_1144133.jpg
ニコンD800

雄は痛んだ個体が多かったけれど、中にはまだ新鮮な個体もいた。
f0031682_11441959.jpg
ニコンD800

ここのヒメヒカゲは、眼状紋の数が一般には兵庫などの個体群より少ないようだけど、そうでもない個体も多い。
f0031682_11445155.jpg
ニコンD300s(家内撮影)

それよりも、眼状紋内側の白線の鮮やかさが兵庫の個体群の方が鮮やかなように思う。

敏感でなかなか近づくのは難しいけれど、何とか魚露目でも撮影。
f0031682_11454544.jpg
ニコン1V1

イネ科がかなり伸びてきて腰のあたりまでになっている。今後どうなるだろう。

昨年も同じ時に来てみたけれど、今年は昨年に比べてヒョウモンの数が多かった。
一番多かったのがウラギンヒョウモン。
f0031682_11461124.jpg
ニコンD300s(家内撮影)

あっちでもこっちでも元気に飛び回っていた。
f0031682_114650100.jpg
ニコンD300s(家内撮影)

次に多かったのがウラギンスジヒョウモン。
f0031682_11472155.jpg
ニコンD800

ちょっと大型で黒っぽい雌がいたので一生懸命追いかける。
敏感でなかなか撮影距離に近づけてくれなかったけど、ようやく撮影することができた。

(ここではウラギンスジしか見かけたことはなかったので、撮影しているときも、自宅での処理のときもウラギンスジと思い込んでいたけれど、鍵コメさんの指摘で確認してみたらオオウラギンスジの雌のようだ。ありがとうございました。)
f0031682_11474812.jpg
ニコンD800

ミドリヒョウモンも多かったけど、少しすれている個体が多く控えめな感じで頑張っていた。
これは新鮮な個体。
f0031682_114893.jpg
ニコン1V1

まだメスは見かけなかった。

ギンボシヒョウモンは数は少なかったけれど、最近会うのが難しくなってきたので頑張って撮影。
f0031682_11485044.jpg
ニコンD800

青空を背景にいかにも高原らしい一枚を撮ることができた。
f0031682_1149638.jpg
リコー GR-DⅢ

by dandara2 | 2012-08-09 11:56 | 吸蜜 | Comments(14)