タグ:キリシマミドリシジミ ( 4 ) タグの人気記事


2017年 07月 31日

キリシマミドリシジミ(2017/7/22)

7月22日はNATURE DIARYの虫林さんとキリシマミドリシジミの撮影に行ってきた。

雲がやや多いけど、天気が回復すれば何とかなるかもしれない。

8時少し前にポイントに着いて、念のために足回りを確認すると、やっぱり…ヒルが2匹ズボンをはい回っていた。
虫林さんにも

それを払い落として周囲を見ていたら、虫林さんが「あっ、いた!」と叫ぶ。

指さす方向を見たらメスがちょこんと葉の上に止まっていた。

5~6mと少し距離があるけど、とりあえずは確実にD500で撮影。

f0031682_09545656.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


その後1V3で撮影。

f0031682_09545637.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

いずれもノートり


モニターを見るときちんと写っているようで一安心。
1V3+70-300で心配だったコントラストも大丈夫そうだ。

ファインダーを覗いていたら、メスの姿がふっと消えた。
虫林さんが、「飛び降りた」と教えてくれた。

確かにこの写真では下の方をのぞき込んでいるように見える。

f0031682_09545798.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


キリシマミドリシジミはメスの裏面が大好きなので、これだけでもう満足。

オスの翅表はおまけの感じがしてきてしまった。

それでも待っていると、やっぱりオスもちゃんと撮りたいなという気がだんだんしてきた。

9時半くらいから、遠くでオスがキラキラ輝きながら飛んでいるのが見えるようになった。

太陽の移動とともに、10時過ぎになって、ようやく撮影距離でテリハリを始めてくれた。

f0031682_09545745.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


風が吹いたりすると翅を閉じるので、裏面も撮影することができた。

f0031682_09543938.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


そしてまた翅を開く。

f0031682_09545663.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_09543975.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


少し距離があるのでこれが精いっぱいだったけど、やがてテリハリする個体以外に、最初にメスがいた木の周囲を探るように飛ぶ個体が出てきた。

翅表がキラキラ輝いてすごくきれいだけどスピードが速くて撮影できない。

でも、テリハリとは違う生態のような気がして、なんとか証拠程度でもいいからカメラに収めたいと思って、よく飛んでくる葉のあたりにピントを固定して、あとはノーファインダーで蝶を追いながら、シャッターを押しまくった。

f0031682_09544099.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛翔の軌道はランダムだから、ただカメラを振り回しているだけの感じで、撮影できた実感は全くない。

f0031682_09544019.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


あまり望遠にするとノーファインダーだから画面から外れる確率が高くなるので、小さくしか映らないことを覚悟で70-200の100mm周辺で撮影。

f0031682_09534696.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200


自宅に帰って撮影した写真を見ても、ピントの合ったものは一枚もなかったけど、なんとか様子のわかるものは何枚かあった。

f0031682_09543923.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オスはテリハリ以外にはこんな感じで配偶相手を探しているんだなというのが少しわかったような気がしてきた。

11時半を過ぎると撮影できる範囲での活動も見られなくなってきたので移動することにした。


次の場所ではヤマキチョウやホシチャバネセセリを期待したけど、少し早いのか姿は見られなかった。

林の中の道では、オオウラギンスジヒョウモンが吸汁していた。

f0031682_09534631.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09534612.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


50mくらい歩いた明るい草原では、今度はウラギンスジヒョウモンがオカトラノオで吸蜜していた。

f0031682_09523427.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09523361.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少しの距離の違いだけど、林の中の縁ではオオウラギンスジ、林に接した明るい場所ではウラギンスジと、両種の生態の違いがはっきり分かって面白かった。

ここではあまり撮影した記憶のないコキマダラセセリも何頭かいた。

f0031682_09534781.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09523431.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ミヤマカラスシジミもいたけど、オスが多かった。

f0031682_09534539.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_09523411.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


時期が少し早かったので、目的の蝶は撮れなかったけど、いつもとは違う種類が見られて、これはこれでうれしかった。

虫林さん、いろいろありがとうございました。




by dandara2 | 2017-07-31 10:15 | 配偶行動 | Comments(16)
2015年 07月 29日

山梨のキリシマミドリシジミ(2015/7/25)

7月25日は虫林さんと一緒に、山梨のキリシマミドリシジミを探しに出かけた。

7時前にポイントに着いたけどなかなか出てきてくれなくて、二人ともあきらめ気味になった9時ころ、突然背後から現れて、少し離れたカシの葉の上に止まった。

ちょっと距離があったので、いくら目を凝らしてもどこに止まったかわからなかったけど、虫林さんのレンズの方向や、撮影された写真の周囲の葉の様子を確認して、ようやく画面にとらえることができた。
f0031682_931919.jpg


ウラギンシジミと一緒で、裏面の銀色も周囲の色に溶け込んで結構な保護色になるようだ。
一人だったら撮影できたかどうかわからない。

やがて翅を開いた。
f0031682_9314896.jpg


緑に輝いて綺麗だ。

数頭のキリシマミドリが翅を輝かせながら飛んでいるが射程距離には入ってくれない。

かれこれ1時間くらい待った時に、ようやくもう一度チャンスが訪れた。
さっきよりはもう少し近い位置に止まってくれた。

翅の傷み具合から同一個体のようだ。
f0031682_17265123.jpg


またゆっくりと翅を開く。
f0031682_1727931.jpg



手振れをしないように気を付けて慎重に撮影する。
f0031682_17272732.jpg



日が当たり、暑くなってきたら姿を現さなくなったので、キリシマミドリシジミの撮影は切り上げて、どこに行こうか相談の結果、虫林さんが3週間くらい前に撮影したクロシジミのポイントに行くことにする。

ポイントに着いて歩き始めるとすぐに新鮮なメスが出迎えてくれた。
f0031682_9351813.jpg


斑紋のくっきりした美人さんだ。

気を付けてみると何頭ものクロシジミが止まっていた。
f0031682_12275124.jpg


先ほどの美人さんは、ススキに止まって周囲に注意を払っている。
f0031682_9365828.jpg


クロシジミは蝶にしては例外的に、考えていることが明白に態度に出てきて面白い蝶だ。

アリが来ているアブラムシの近くに卵を産む習性があるけど、アリは決して友好的ではなく、アブラムシを守るために、近づくクロシジミを攻撃したりすることがある。

その合間を縫って産卵するので、かなり高度な状況判断力が必要とされる。
蝶にしてはかなり頭が良い部類に入るだろう。


アリが守っているアブラムシの近くにはすでにいくつもの卵が生まれていた。
f0031682_9375278.jpg


その様子をクロシジミがじっと見ている。
f0031682_938123.jpg


やがて近くに止まって産卵を始めた。
f0031682_938321.jpg


産卵も撮れたので、飛び立つところを撮影するけど、斑紋のくっきりした個体だ。
f0031682_12282032.jpg



雌の撮影が一段落したら、雄が飛んできた。
f0031682_9401069.jpg


やがて翅を開くけど、ブルーにはひからなかった。
f0031682_9402773.jpg


キリシマミドリを待っている間にザトウムシを撮影した。
f0031682_9404687.jpg


ダニの仲間らしいけど(最近の研究ではサソリなどにも近いとか)、前から一度見てみたいと思っていたので喜んで撮影。
もう少し何とかしたかったけど、逃げられてしまった。

それから、クロシジミのいた草地にはツノトンボもいた。
f0031682_941887.jpg


最近数が減っているらしいのでラッキーだった。

虫林さん、いろいろありがとうございました。

by dandara2 | 2015-07-29 21:00 | 産卵 | Comments(10)
2011年 08月 14日

キリシマミドリ(2011/8/7)

8月7日は虫林さんと静岡にキリシマミドリシジミを撮影に行った。
昨年来た時には、♂♀とも一応撮影できたけれど、満足いく写真とは行かなかった。
今年はそれよりも少しはよい写真を撮りたい。
ポイントについて探すけど姿が見えない。
そのうち霧が出て10m位の視界しかなくなってしまった。
これではキリシマミドリも現れてくれないだろう。
ただ、気分的にはこんな風にして待つのを楽しむ余裕があった。
そのうち霧も少しずつ晴れてきて、薄日も射してきた。
到着してから1時間半位待っていただろうか。突然虫林さんが「あ! いた」と近くのアカガシの枝を指さす。
しかし全く判らない。そのうち虫林さんはカメラをかまえてバシャバシャと撮影を始めた。
レンズの先を見るがどこにいるのか全く判らない。
虫林さんの撮影した写真を見せてもらい、いる場所に見当をつけるがそれでも判らない。
虫林さんにお願いして私のカメラでとりあえず写してもらうことにした。
f0031682_22283658.jpg
(虫林さん撮影・かなりトリミングしてます)

それを見てようやくいる位置が判り、自分でファインダーを覗いて撮影することが出来た。
f0031682_22294228.jpg

後で判ったことだけど、虫林さんが撮影した写真には2頭の♀のキリシマが写っていた。
でも現場で見にくいカメラのモニターで確認していた時には全く気がつかなかった。

そのうち♂も飛んできて何とか撮影することが出来た。
f0031682_22303681.jpg

距離は3m位だけど、暗い場所に止まったシジミチョウを、望遠ズームの300mmに1.4倍のテレコンをつけ、手持ちでシャープに写すのは至難の業だ。
この時もシャッタースピードは1/200、実質的には600mm位のレンズに相当するので、シャッタースピードも1/600以上は欲しいけど、テレコンつきなのでこれが限界。
写すたびにモニターで確認するけど、どうも納得のいく写真が撮れたという感覚がない。
もう少し絞り込めれば、他の写真も含めてもう少しシャープに撮れたと思う。
f0031682_22312340.jpg

虫林さんは車に三脚をとりに行かれた。
最初に見つけた♀はどこかに飛んでしまったけど、別の♀が少し離れた所に止まった。
幸いなことに全身が見えている。
f0031682_2232979.jpg

これも何枚も撮影するが、その中に前翅が赤く透けて見えるような写真があった。
自宅で図鑑で確認すると、翅表のブルーのB斑の位置と一致している。
f0031682_22324117.jpg

B斑と他の部分では光の透過率が異なっているのでこのように見えるのだろうか。

また、新芽でストローを伸ばしている写真もあった。
f0031682_223395.jpg

ミヤマセセリなどでもクヌギの新芽にストローを伸ばしているのを見たことがあるので、新芽から出る汁かアブラムシの排泄した汁でも吸っているのだろう。

天気の関係かテリ張りする個体が見られないので、別の場所を見に行ってみることにする。
そこでは時々♂が飛んでくるのだが、止まることなくどこかに行ってしまう。
15分に一回位チラッと姿を現してすぐに飛んでいってしまうので、どうもこれはキリシマミドリの巡回コースにはなっているけど、テリ張り場所ではないようだという結論になって元の場所に戻ることにした。
戻りかける時に、ミヤマカラスアゲハが何頭か吸水している場所があった。
f0031682_22334533.jpg

良く見ると、カラスアゲハもいて、ミヤマカラスと一緒に吸水している。
f0031682_22341396.jpg

カラスアゲハは落ち着きがなくて、こちらの動きに反応して少し飛び立ってはまた吸水すると言うことを繰り返すので、その動きを狙って撮影してみた。
f0031682_2234319.jpg

こちらは飛び立ってまた戻ってきた所。やはり仲間がいる場所に集まりやすいようだ。
f0031682_22345137.jpg

前方を見るとやけに白いアゲハが飛んでいる。
何かと思って注意してみてみたらジャコウアゲハの♀だった。
日の当たる場所では真っ白に見えたが、食草を探して産卵をしようとしている個体のようだった。
f0031682_2235112.jpg

最初に撮影した場所に戻るが、キリシマミドリの姿は見えなくて、そのうち雷が鳴り始めたので引き上げることにする。
帰る途中では雷雨になった。
虫林さん、いろいろありがとうございました。

by dandara2 | 2011-08-14 22:38 | 吸水 | Comments(18)
2010年 08月 26日

キリシマミドリ(3度目の挑戦:2010/8/22)

8月22日は虫林さんとキリシマミドリ♀狙いで出掛ける。
キリシマは今年からチャレンジを始めたけど、最初のチャレンジの7/24はフライングで姿を見かけなかった。
2度目は家族旅行の最終日の8/7に息子達を最寄りの駅まで送った後出掛けてみたけど、時間が遅かったのか姿は見えず、♀を叩き出したものの撮影できなかった。
今度が3回目の挑戦になる。
自宅を午前3時に出て虫林さんと合流しキリシマミドリのポイントへ。
程なく何頭かのキリシマが現れるが、遠くを飛び去るだけだった。
それでも、キリシマの姿を目にすることが出来て、自分がその現場に立っているんだなと感激をした。
そのうち一頭の個体が頭上をチラチラと飛んで止まった。
望遠で眺めるとどうも♀のようだ。距離は7m位だろうか。
体の大半は葉の影になってしまっているけど、とにかくシャッターを押す。
ヤッターこれでキリシマゲット。
ただ、後で見ると設定をシャッタースピード優先で1/2000に設定してあり、露出アンダーでノイズ出まくり。
レタッチして何とか証拠写真程度には収まった。
f0031682_14395531.jpg

その後移動して林道のアカガシを(虫林さんが)叩きながら歩くと1頭の♂が飛び出した。
それを追いかけて走ると、7m位先のヒノキの枝先に止まって、先に追いついた虫林さんが呼んでいる。
擦れてはいるけどこの時期だから仕方ないだろう。
後翅が破れて、その隙間から翅表のグリーンが少し見えている。
これで一応♂、♀が撮影できたことになる。
f0031682_14413918.jpg

虫林さんによれば、これだけ近くで撮影できることは滅多にないという。
虫林さんと喜びながらさらに探して歩くがこれ以上の成果はなかった。

最初に♀を撮影した場所に戻ると、♂が青い羽根をきらめかせながら飛び去っていった。
残りの時間をここで粘ることにするが、なかなか姿を見せず虫林さんは周囲の様子を見に行かれる。
ふと見ると、チラチラと1頭が飛んで12~13m位離れた枝先に止まる。
距離が離れていてよく見えないけど、念のためにレンズで確認すると♀だ。
それも葉先に止まってほぼ全身が見える。
この距離では豆粒のようだけど、慎重に撮影して後でトリミングすれば少しは使えるかも知れない。
f0031682_1444882.jpg

そのうち、♀が移動して少し下の枝の間に止まった。
良くは見えないが、どうも産卵しているようだ。
f0031682_14443444.jpg

虫林さんを呼ぼうと携帯をとりだしていると虫林さんが戻ってきた。
産卵していると話をして指さすが、なにしろ遠く離れているので、指さしても良くわからない。
そのうちにぱっと飛びあがって別の枝に移動してしまい、その位置からは見えなくなってしまった。

♂の写真もそうだけど、写真をモニターで確認すると一応写ってはいるが像が甘い。
ぶれてはいないようなので、このレンズ(ニコン70-300)の性能の限界だろうか。
せっかくのチャンスを甘い像しか撮れなくて不満が残るけど、それでも念願のキリシマミドリ、しかも♀が撮れて良かった。
虫林さんありがとうございました。

by dandara2 | 2010-08-26 14:53 | 産卵 | Comments(20)