タグ:オオムラサキ ( 6 ) タグの人気記事


2016年 06月 28日

ヘリグロチャバネセセリ・オオムラサキ(2016/6/26)

6月26日は、甲府に義母の様子見と、事故で入院した親戚のお見舞いに出かける。

午前中は時間があったので、それほど遠くない場所にいるオオムラサキを見に行った。

オオムラサキはまあ良いとして、撮影したかったのは同じ場所にいるヘリグロチャバネセセリ。

手元の写真を見ると、一番最近に撮影したのが2011年で、やはりこの場所。
その時は、なんだーヘリグロかということで、オオムラサキ撮影のついでに撮っていた。

スジグロチャバネセセリの方が数が少なく、意識もそちらに向いていたけど(それでも2012年が最後の撮影)、ヘリグロも数が減っているようだし、この際だからきちんと撮影したいと思った。

まだ生き残っているだろうかと思いながら、前回撮影した場所を探すと、林が切られて明るい草地になっていた。

そこにいたのはジャノメチョウ。

f0031682_16331255.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

ちょっとがっかりするけど、自宅近くでは見られないので、何枚かを撮影する。
f0031682_16331260.jpg

ニコンD500 ニッコール70-200

ヘリグロチャバネセセリは少し暗い林の中に入ると姿を現してくれた。

f0031682_16331769.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16331729.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


近くに咲いているオカトラノオで吸蜜をしている個体もいて、よく見ると周辺にに4.5頭の個体がいた。
f0031682_16331736.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


オカトラノオで吸蜜する個体を撮影していたら、オスが飛び込んできた。

f0031682_16331794.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とっさに撮影するけど、光量不足で大半が動体ブレ。
かろうじてこれだけが撮影できていた。

とりあえずは撮影できたので、オオムラサキを探すけど、時期が少し早いのか姿が見られない。

オオムラサキの来そうな樹液の出ている木もない。

それでも上を見ながら歩いていたら、高い梢を滑空する何頭かのオオムラサキがいた。

発生はしているから、根気よく探せば撮影はできそうだと思いながらさらに歩く。

前の方に大型の蝶が飛んだ。
飛び方と色合いから、オオムラサキではないようだ。

この辺りは梅林があるので、いるとしたらそれかなと思って近づくと、やはりオオミスジだった。

f0031682_16330611.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

実はオオミスジにもあまり縁がなくて、後で調べたらやはり2011年に撮影したきりだった。

f0031682_16330663.jpg
家内撮影 ニコン1V2 1ニッコール70-300

こちらは数が少ないわけではなくて、オオミスジのいる場所にはほとんど行かなかったというのが正解かな。

その時には、久しぶりだなという感じで喜んで撮影した。

とりあえず撮影してふと横を見るとオオムラサキが地面に降りている。

獣糞にきているようだ。(気分がよくないので、写真は割愛)

そのうち、小飛して道路横のブロックに止まってストローを伸ばしている。

f0031682_16330055.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

ようやく気分良く撮影することが出来た。

f0031682_16330013.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16330002.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


樹液の出ている木もあって、そこにはカナブンと一緒にジャノメチョウが吸汁にきていた。

f0031682_16331296.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


何を思ったのか翅を開いてくれた。

f0031682_16331268.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カナブンに驚いたという感じでもなくて、数秒間は翅を開きっぱなしで、そんなしぐさを何回か繰り返していた。
f0031682_16331279.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


そろそろ時間になるので車に戻るけど、途中にも何頭かのオオミスジが出てきた。

f0031682_16330680.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ここではオオムラサキの時期にはほとんど見たことがないので、時期がうまく当たったのかな。

f0031682_16330063.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ヘリグロチャバネセセリも車に戻る途中でヒメジョオンで吸蜜していた。

f0031682_16331773.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

こちらもちょうど時期がよかったのか、生息範囲が思ったより広そうで安心した。



by dandara2 | 2016-06-28 16:53 | 吸蜜 | Comments(8)
2012年 07月 11日

オオムラサキ(2012/7/7)

7月7日の土曜日は珍しく勤務は休み。
試験の採点処理をするための休みだけど、7日に家内の実家の甲府まで出かけて、近くのオオムラサキでも撮影してから採点をその日のうちに終わらせれば、翌日の日曜日は信州に撮影に出ても何とかなるかなと言うことで甲府に出かける。
狙いはオオムラサキ。
写真を見直してみると、意外にこれだという写真が少ない。
D800の高画質にびっくりしたので、出来ればすべての種類を撮り直したい・・
2週連続で日曜の帰宅が夜10時頃だったので、7日は11時位までは家でゆっくり採点処理をしてから出かける。
オオムラサキのポイントに着いたのは13時過ぎ。
着くとすぐにオオムラサキが何頭も滑空している。
駐車場の近くでこんなにオオムラサキを見るのは初めてだ。
何頭もが犬の糞で吸汁しているので取りあえず撮影。
f0031682_9471268.jpg

でも犬のご主人は犬の糞はちゃんと始末してもらいたいな。

撮影していてもあまり気分が良くないので、樹液で吸汁しているところを求めて移動する。
1ヶ所、位置と言い樹液の状態と言い理想的な場所を見つける。
オオムラサキもたくさん吸汁に来ていた。ただみんな翅を閉じているので面白い写真にはならない。
時々オオスズメバチがやってくるとオオムラサキはびっくりして翅を開くので、そのタイミングを狙ってシャッターを押す。
f0031682_9483517.jpg

家内の撮った写真では、オオムラサキをにらみつけるスズメバチの迫力ある写真が撮れていた。
こんな視点には気が付かなかった。
f0031682_9491445.jpg
(家内撮影)

一通り樹液の様子を見て歩こうとここを離れ、撮影しながら歩いていると、ぷっぷとクラクションの音がして「Nature Diary」の虫林さんがお見えになった。
午前中に撮影に行かれるという話しだったので、今日は会えないかなと思っていたけれど、午前中の天気が悪かったのでこの時間に出られたとか。
いくつかポイントを案内してもらって、最初の樹液ポイントに戻ることにする。
ついて見ると、たくさんのオオムラサキが吸汁に来ていた。
f0031682_9494263.jpg

キイロスズメバチがそこに飛んできた。
f0031682_9501276.jpg

オオムラサキをかき分けて強引に樹液のところに潜り込むと、驚いたオオムラサキが一斉に翅を広げて逃げ腰になる。
f0031682_9503790.jpg

逃げ出したオオムラサキはまた戻ってくるけど、家内の撮ったこの写真はその様子が良く撮影できている。
f0031682_952549.jpg
(家内撮影)

集団が少し出来ても、すぐにスズメバチがやってきてオオムラサキを蹴散らそうとする。良い樹液ポイントは競争も激しい。
f0031682_9524161.jpg

下に降りて吸水をする個体もいた。特にライトを当てているわけではないけれど、きれいに翅表が輝いている。
f0031682_953465.jpg

家内は隣の木の根元を撮影していたけど、そこにもオオムラサキの集団が出来ていた。
f0031682_9534090.jpg
(家内撮影)

ここにも獣糞があるのかも知れない。
飛翔するオオムラサキを上から狙ってみたけど、木の茂った暗い場所なのでノンストロボでは苦しい。
f0031682_955635.jpg

家内は樹液に向かって飛んでくるところが撮れたと喜んでいた。
f0031682_9551657.jpg
(家内撮影)

ある程度撮影して、虫林さんと翌日の信州行きの打ち合わせをしてお別れをした。
帰りがけに家内が樹上でテリ張りをしているオオムラサキを見つけた。
距離が少しあるので、1V1の出番だ。
f0031682_956625.jpg

超望遠になるので、画面にチョウを入れるまでが結構大変だけど、画質も満足できるものだった。
家内と、今年はオオムラサキが多くて時期もぴったりだったから。何年分かの撮影がまとめて出来たねと大満足で甲府の家に引き上げた。

その日は写真の確認もそこそこに採点にいそしんで、すべての処理を終えることが出来た。
これで明日は安心して信州に出かけられる。

by dandara2 | 2012-07-11 09:57 | 吸汁 | Comments(30)
2011年 07月 11日

山梨で五目撮り(2011/7/8)

7月8日の金曜日は定期試験の後で勤め先は休み。
家内の実家に義父の墓参りに出かけるが、ついでに近くの山に撮影しに出かけた。
以前アサマシジミが多かったのだけどここ数年姿を見ない。
ここにはアイノミドリのテリ張り場所もあるので、早朝に出かけてその撮影をするつもりだった。
ところが朝起きてみると小雨が降っている。
仕方ないので雨が止むまで採点処理などをして(基本的にこの仕事をするための休み)様子を見る。
仕事が完了したらちょうど雨が止みそうになったので、墓参りをしてから出かける。
昼には一緒に食事をしたり買い物につきあわないといけないので午前中のみの撮影だ。
ポイントに行く途中にいつもゼフがいないかと気になる場所があったので今日は車を止めて様子を見る。
期待に反して何もいなかったけど、近くではミヤマカラスが吸水をしていた。
f0031682_8434889.jpg

ちょこちょこと落ち着かず、止まったと思うとすぐに飛び立つ。
f0031682_8441291.jpg

それでも何枚か撮影できたので気分良く目的の場所に移動。

ポイントについて、アイノのテリ張りポイントに目をやるとちょうど何頭かがスクランブルをしている。
止まっても、木が生長して下から見上げるしか方法がない。一脚+コンデジにして背伸びしてももわずかに届かない。
オーソドックスに望遠ズーで撮影。
f0031682_844557.jpg

それでもシャッターを押していたら、偶然飛び立つところが撮影できて翅表も写っていた。
色合いはずいぶん青いが今回は修整するほどの写真ではないのでそのまま掲載した。
f0031682_8451934.jpg

アサギマダラがウツギに吸蜜に来ている、今年は数が多いような感じだ。
よく見ると、あちこちにイケマがある。何年か前にはこんなにあるとは感じなかった。
f0031682_192317.jpg

アサマシジミがいないかとずいぶん探してみたが、一頭も見かけることができなかった。
最初に来たときに、食草がないのにどうしてこんなにいるのかなと思った記憶があるのだけど、そのときは草に隠れて見えないだけだと思っていた。
今回も気をつけて歩いてみたけど、食草は見かけなかった。そのあたりに減少の原因があるのだろうか。
ここに多いはずのヒョウモンチョウもほとんど見かけない。
わずかに一頭を見かけただけだ。
f0031682_846281.jpg

その代わりにギンボシヒョウモンがいた。ギンボシヒョウモンの発生には少し標高が低いような気もするけど・・・
f0031682_8465218.jpg

ウラギンヒョウモンは何頭もいたが、すでに痛んだ個体が多かった。
f0031682_8471051.jpg

家内はツマグロヒョウモンの産卵を撮影していた。
確かにどこでも増えているけど、ギンボシヒョウモンと同じ場所で見かけるとやはり違和感を感じる。
f0031682_8473615.jpg

そろそろ戻らないといけない時間なので、車のところに行くとアイノが翅をきらめかせて降りてきた。
そっと近づくと吸水をしていた。活動終了の時にはよく吸水に降りてくる個体がいるけど、ワンチャンスの時に出会えてラッキーだ。
f0031682_848928.jpg

帰りがけに、来るときに覗いた気になる場所を見てみたけれどやはり何もいなかった。
そしたらやけに大きめのゼフが青い羽根をきらめかせて飛んでくる。
よく見たらアオスジアゲハだった。
ゼフのことしか頭になかったので、遠目に見たときには青い輝きに見えてしまった。先入観は怖い。
こちらに飛んできて、目の前の木(タブかな)に産卵体制をとっている。
f0031682_8491032.jpg

クスノキ以外への産卵なんて初めて見たので、最初は「エ、何してんの」とびっくりしてしまった。
念のために葉をめくってみたら確かに卵が着いていた。
f0031682_8492947.jpg

帰りがけに買い物を済ませ、義母と一緒に昼食を食べて、一休みをしてから帰ることにするが、考えてみると今がオオムラサキの旬の時期。
せっかくここまで来たのだからと、オオムラサキのポイントにも寄ってみることにする。
ポイントに着くと、オオムラサキが樹上を滑空しているが適当な樹液ポイントが見つからずなかなか写真が撮れない。
一頭が低い位置を飛び回っていたかと思うと地面に着地した。どうも樹液に来たのではなさそうだ。
よく見てみたら、わんちゃんの落とし物のようだ。
f0031682_850577.jpg

さらに歩くと何頭かがエノキの葉の茂みに飛び込んだり、飛び出したりしているのが見える。
茂みをのぞき込むと数頭のオオムラサキが吸汁していた。木の間なので翅を開いてもきれいな色が出ない。
時々枝などで吸汁しているのを撮影しながら歩いてみるが、これといった樹液ポイントはなかった。
f0031682_8503449.jpg

高所でテリ張りをすることが多いけど、たまには低い場所でテリ張りをする個体もある。
それでも目線よりは高いのでこれが精一杯。
ゼフと違うので油断して一脚を持ってこなかったのが悔やまれる。ゼフと同じように、目の前に一脚を出されてもテリ張りを継続して撮影させてくれるのだろうか。
試してみれば良かった。
f0031682_851257.jpg

周囲に咲くヒメジョオンではヘリグロチャパネセセリが何頭も飛んでいた。
f0031682_19234532.jpg

何年かぶりでたくさんのオオムラサキに出会え、平日なので渋滞も全くなく気分良く帰宅することができた。
ただ、すごく疲れた。一日休んで日曜日だけど、どこに出かけようか。
家でゆっくりしたい気もする。
数年後にはサンデー毎日の生活になるけど、やはり週に2度くらいの撮影行が適当なのかなと考えたりもした。

by dandara2 | 2011-07-11 08:54 | 産卵 | Comments(20)
2010年 06月 27日

小畦川便り(2010/6/26:オオムラサキ)

6月26日の土曜日は、自然保護関係の団体をやっている知人に誘われて、勤務から帰った15時過ぎに、オオムラサキの飼育ゲージを見に行く。
f0031682_2124316.jpg

その知人が関係するNPO関連でやっているらしい。
学童保育の子供達が幼虫の世話をしたとか。
f0031682_2124443.jpg

オオムラサキの累代飼育を熱心にやっている人から持ちかけられた話のようだけど、オオムラサキの放蝶とかには賛成しかねる面もあって、最初に相談を受けた時にはそう言ったことの問題点なども話したつもりだけど、飼育を初めて3年位になるようだ。
一度様子を見ておこうと思った。
ちょうど羽化が始まったようで、ゲージ内には4.5頭のオオムラサキが飛んでいた。
春先に150頭ほどの幼虫を飼育している人からもらって放したらしい。
f0031682_21251892.jpg

放蝶をしても定着はしていないようで、周囲の環境の面からもそれはうなずける。
知人と別れた後、周囲の様子を少し見てみた。
何年か前にはたくさんのアカシジミがいたようだが、今年の観察会ではミズイロオナガが1頭いただけらしい。
木が生長して薄暗くなってきているし、コナラやクヌギなどの木も少ない。
オオムラサキが定着するにはまず何が必要なのか、どのくらいの規模の林がどのくらいの範囲にどの程度必要なのか、そう言ったことから学習する必要があるような気がした。
先日嵐山町で行われた、蝶類保全協会のオオムラサキシンポジウムなどの講演を一度聴いておくと随分勉強になったと思う。
たしかに、それほど離れていない場所(それでも距離にして10Km位はあるかな)で野生のオオムラサキも観察したことはあるので、まったく無意味かどうかは微妙だけど。
薄暗い林の下ではヒカゲチョウが産卵行動をしていた。
f0031682_21264041.jpg

見ているとかなりラフな感じで産卵をしているようで、こちらの個体はヤマイモの葉に産卵していた。
f0031682_21265814.jpg


by dandara2 | 2010-06-27 21:29 | 産卵 | Comments(18)
2009年 07月 13日

ヒョウモンチョウ撮影(ついでにアイノも)

この日(7/12)は、課題のヒョウモンチョウを撮影に山梨県に出かける。
来週からちょっと長期に海外に遠征に行くので、そろそろそのための準備をしないといけないのだけど、自分が撮影すると手を上げた種類の写真はほったらかしというわけにも行かない。
ヒョウモンチョウは3人で協力して撮ることになっているけど、他の2人もなかなか苦戦しているようだ。
他にも撮影しなくてはいけない蝶はあるのだけど、それらの多くは多化性で帰国後でも何とかなりそう。
でもヒョウモンチョウはこの時期だけの発生なので、少なくともチャレンジだけはしておかなくては。
見直してみると、♂は何とか在庫がありそうだけど、メスのちゃんとした裏表が撮れていない。
撮影予定場所について車を止め、ふと見上げるとゼフが何頭も卍飛翔をしている。
時間からすると、アイノかジョウザンだけど、色合いからするとアイノかな。
比較的低いところに止まったので、70-300のテレ端で撮影。
f0031682_19364583.jpg

思ったより青みが強いので、ジョウザンかなと思っていたけど、家のPCで確認するとアイノのようだ。
f0031682_1937114.jpg

離れたところで開翅している個体は、目で見ると緑色が強く、明らかにクリソ系の輝き。
ただ、テリ張り位置が高く翅表が撮影できない。時々風が吹いて葉が揺れるので、葉が下を向いたときに撮影してみた。
思ったよりはぶれないで撮れたようだ。
f0031682_19372742.jpg

その後ヒョウモンチョウのポイントへ。
着いてみてびっくり・・・何もいない。
ここには、ヒョウモンチョウもアサマシジミも結構いたはずなのに・・時期を外したのだろうか、それとも採集圧!!? 
たしかに、いつも撮影しているときよりは10日間くらい遅いし、いつも咲いている花はすでに実になっている。天気も悪くて雲も厚いけど何もいないとは・・・・^_^;
なおも周囲を探すとようやくヒョウモンチョウの♀を発見。
f0031682_19375598.jpg

今回初めて実戦に投入するD5000のバリアングルファインダーを使って上からフラット撮影にチャレンジしたみた。
使い勝手はまあまあで写真の質も良いけど、バリアングルでの応答性がやや遅いかな。
この個体、すぐに翅は開くのだけど逆に閉じないので裏側は撮れなかった。
f0031682_19381924.jpg

その後いくら待っても♂もアサマシジミも現れないので、ここはあきらめてオオムラサキの様子を見て帰ることにする。
着いてすぐ、吸蜜する♀の写真が撮れたけど、樹液にはあまりオオムラサキが来ていない。
f0031682_19385269.jpg

その後♂も見つけたけど、開翅シーンは撮影できなかった。
樹液ポイントで撮影していた熟年のご夫婦の話では、今年はとても数が少ないということだった。
f0031682_19392516.jpg

あまり良い写真が撮れないので、暗いのを承知でパスト連射にチャレンジ。
出来上がった写真は真っ黒だけど、レタッチで無理やり明るくすると翅表の紫は無理だけど何とか写っている。
f0031682_19395687.jpg

その他の写真としては、ツバメシジミの飛翔がまあまあに撮れていた。
f0031682_19401894.jpg

自宅に帰ってみると、玄関前に荷物がおいてある。
開けてみると、ナショナルジオグラフィックのバッグ。
近所の生き物」のUrabeさんが使わないと言うのでいただくことにしたものだ。
わざわざ自宅まで届けてくれたようだ。今度の海外遠征で使ってみたいと思っていたので大喜び。
urabeさん、有難うございます。
早速D5000と一緒に記念撮影する。
f0031682_194416.jpg

(このブログは基本的に自分の撮影に関する日記なので、こうしたことは忘れないように記録しておくことにしています。自慢しているみたいに見えて気にさわった人がいたらごめんなさい)

by dandara2 | 2009-07-13 19:34 | 吸汁 | Comments(26)
2007年 07月 29日

甲府市のクロヒカゲモドキ

7/29は義父の3回忌なのでその法要のために28日に甲府に行く。
夏期講習も終わってようやくフリーになったので9時前には出発して、甲府について家内、息子夫婦、孫をおろしてすぐにクロヒカゲモドキを探しに行ってみる。
いると思われる付近を探してみるが見つからない。その代わりにホソバセセリが萩の花で何頭も吸蜜していた。
f0031682_20445748.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/180、f4.0、ISO640

暗い場所なのでどうかなと思ったけど、一応飛翔写真も撮影してみる。まるっきり露出不足でオリジナルは真っ黒だけどレタッチで何とか見られる所まで持ってきてみた。
f0031682_2142381.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、シャッタースピード優先、1/1000、f2.8、ISO400、焦点距離28mm(35mm換算値)

同じ事はオオムラサキの飛翔についても言えそうで、普通に撮ると1/30,f4の状況、それを1/1000で切り取るので、オリジナルは真っ黒。レタッチで処理しても不自然な感じは免れない。
それでも写っているだけ良いけど、良い条件で撮影するとどんな感じになるんだろうか。
f0031682_21111628.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、シャッタースピード優先、1/1000、f2.8、ISO400、焦点距離28mm(35mm換算値)

マクロでは翅表の色を出すためにやむなくストロボを使った。
f0031682_20522267.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/100、f4.0、ISO640、ストロボ使用

ちょっと時期遅れで擦れた個体が大半だが個体数は多いようだ。
f0031682_20524172.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/250、f4.0、ISO640、ストロボ使用

結局この日はクロヒカゲモドキにはお目にかかることは出来なかった。一生懸命探した挙げ句撮影出来たのはベンチに止まっていたクロヒカゲ。
それでもこのクロヒカゲはすごいべっぴんさんで、今まで撮影した中では一番きれいに後翅の眼状紋の紫が出ている。
みんなこんなにきれいだと、クロヒカゲももう少し人気が出るかも知れない。
f0031682_2053564.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/250、f4.0、ISO640

翌29日、法事は11時からなので、朝6時頃に車で15分くらいのポイントに再度様子を見に出かける。
以前日野春にオオムラサキを撮りに行った時には、クロヒカゲモドキはそのついでに撮影するチョウで、まさかそのためにわざわざ出かけることになるなんて考えもしなかった。
前日一通り周囲の様子を見ておいたので、いるとすればここだろうという場所に行ってススキの間を覗いてみるが姿が見えない。
どうもクロヒカゲモドキを探すのにススキの間をかき分けるというのが自分のイメージに合わないので、昔撮影した状況を思い出して樹液を見ることにする。
樹液のでている所へ行ってみると1頭のクロヒカゲモドキが吸汁していた。まずは確実にマクロで撮影することにして、シャッタースピードを確認すると1/30。
ストロボを使いたい所だが、ぐっとこらえてVRレンズの威力を信じて手持ち、ノンストロボで撮影。かなりの枚数を撮影するが、やはり多少ブレが入っているのか、すっきりシャープな写真はあまりなかった。VRといえどもこの辺りが限界のようだ。
f0031682_18383399.jpg
NIKON D200 VRマイクロニッコール105、絞り優先 1/30、f3.2、ISO640


次にコンデジの広角撮影を試してみることにする。
シャッターを押してみてビックリ、カッシャンとすごく間のびした音。感覚的に1/15秒以下の感じ。
一応手ぶれ防止効果はあるようだけどこれはどうかな、止まるかなと自信がなかった。
f0031682_2055322.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、プログラムAE、1/15,f2.8、ISO100、焦点距離28mm(35mm換算値)

さらに近づいてこちらは1/8のシャッタースピード、それでもちゃんととまっいるのは、手ぶれ防止効果なのか腕なのか。ちょっと油断したのはブレブレだったので両方のおかげかな!
f0031682_2103431.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、プログラムAE、1/8,f2.8、ISO100、焦点距離28mm(35mm換算値)

写真の出来の方は、かなり良い結果のような気がする。ピントを会わせるターゲットマークの移動もスムースだし、狙った位置できちんとピントが来る。
今まで使っていたリコーのR1とはえらい違いだ。
この日は望遠も試してみたが、暗い林道ではファインダーも液晶も見にくく、ほとんど使い物にならなかった。
どうも♀のようなのでこの後の行動も見て見たい気がしたが、朝食を食べに戻って支度もしないと行けないので7時頃には現場を離れることにした。
ここのポイントについて色々教えていただいた虫林さん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2007-07-29 23:43 | 吸汁 | Comments(24)