タグ:オオヒカゲ ( 6 ) タグの人気記事


2017年 06月 23日

オオヒカゲ(2017/6/18)

クロミドリシジミを撮影した後は移動してオオヒカゲを撮影する。

ポイントに着いてすぐに、蛹があると教えていただいた。

f0031682_16120992.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翅の部分の色が少し変わってきているようだ。

この日は、D500の露出の設定を1/2000 F6.3 のマニュアルにしてみたのだけど、蛹のある所が暗い場所だったので、ISOが設定してあった上限の6400になって、それでも露出不足で写真が黒くなってしまい、修正しても画面が荒れてしまった。

D500のマニュアル本を読んでいたら、あるプロカメラマンが露出の設定はマニュアルか絞り優先ですると書いてあって、マニュアル設定がおすすめだとあった。

普段は絞り優先で撮影しているので、マニュアルを試してみたのだけど、今回の条件ではあまり有効な設定ではなかった。

シャッタースピードをもっと遅くすればよいのだろうけど、それでは、下に書いたような絞り優先の設定の方が使いやすくなってしまう。

絞り優先でも、シャッタースピードの下限(1/1250)を設定しておくと、露出不足の場合は設定したISOの上限まで感度を上げて、それでも露出不足になる場合は、シャッタースピードが設定した下限よりもさらに遅くなるので、露出不足で写真が黒くなるということがほとんどない。
もちろんその場合は手ぶれの恐れが増えるけど。

下限のシャッタースピードが1/1250と速いのは、撮影中に蝶が飛び出しても動体ブレをなるべく少なくして撮影したいから。

良く、レンズとか、本体に手ぶれ防止機能が付いているから、低速でもぶれないということが売りになっている場合があるけど、私の場合は動体ブレを防ぎたいので、遅いシャッター速度でも手ぶれしないという機能には、今のところあまり魅力を感じない。

こんなことは、自宅前の明るい川原ではわからず、オオヒカゲのような暗い場所で試してみて初めてはっきりした。

オオヒカゲは結構たくさんいて、草の間に止まっていることが多く、歩くとパラパラ飛び出してくる。

f0031682_16105198.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


葉かぶりが多く、なかなか撮影しにくいけど、時々は木の幹に止まってくれる。
f0031682_16120900.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_16120939.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

f0031682_16121006.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200


家内が2頭のオオヒカゲが葉に止まっていると教えてくれた。

f0031682_16115947.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


ある程度撮れたので、周囲を歩いてみる。


木漏れ日の当たる葉の上にオオヒカゲが止まっていた。

f0031682_16120862.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し向きを変えたので、翅を開くかと思ったけどこれ以上は開かなかった。
f0031682_16115883.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少しは速いシャッターが切れそうなので飛び立ちを狙ってみる。

f0031682_16115845.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


コントラストがきついけど、何とか写っていた。
f0031682_16105199.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


最初のフォーカスポイントをもっと下に設定しておけばよかった。
すぐにでも飛び立ちそうだったので、カメラをいろいろいじっているゆとりがなかった。

f0031682_16105203.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


日陰の木の幹に止まっているものでも撮影してみるけど、やはり眠い写真になってしまった。

f0031682_16115855.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_16115994.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


この後シルビアシジミを見に行くけど、端境期なのか発生はしていなかった。

ミヤマシジミはギリギリ雌が残っていてくれた。

f0031682_16083779.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


産卵しそうなメスがいたので少し追いかける。

f0031682_16083752.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


つぼみの部分で産卵態勢をとった。

f0031682_16083717.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


秋に来ると、株の根元に潜り込んで産卵して撮影しにくいのだけど、この時期は違うんだと実感できたのは良かった。

ちょっと違和感のあるキチョウが飛んでいたので、念のため撮影しておく。

f0031682_16083786.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ツマグロキチョウの夏型雌のようだ。
かなりわかりにくい。

早い時間に撮影が終わったので、のんびり帰宅することができた。





by dandara2 | 2017-06-23 16:27 | 産卵 | Comments(8)
2016年 06月 15日

栃木のクロミドリなど(2016/6/11)

6月11日は栃木県へウラミスジシジミなどを撮影に行く。

6時少し過ぎに家を出て現地に着いたのが8時過ぎ。
昨年の11月に圏央道が東北道と接合し、自宅からぐっとアクセスが良くなった。

ポイントにはmaximiechanさんとそのお仲間などがいて、朝方にクロミドリが出たけど、今年は数が少ないとの話。
オオヒカゲはもう出ているとのことだった。

何も出ないので、お会いしてからすぐに別の場所に移動された。
以前お世話になったOさんも、あきらめて帰られた。

一昨年、シルビアシジミのポイント情報などをご教示いただいた栃木のAさんもいらしたのでお話を伺うと、シルビアシジミも今は端境期らしい。

さてどうしたものかと思うけど、何処と言って移動する予定もないので、ひたすら林内を歩き回る。
けれど、まったく何もいない。

かろうじてボロのウラナミアカシジミを家内が撮影していた。

f0031682_15343658.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200

10時近くなって、これはここにいても無駄だなということで、Aさんにオオヒカゲのポイントを伺った。
今まで自分たちが撮っていた場所とは少し違うけど、そこが一番早く発生する場所だそうだ。
Aさんも移動して鳥を撮影しに行くとのことだった。

その場所に行く途中で、家内がウラゴマダラシジミを見つけた。

f0031682_15343648.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

背景がなかなかいい感じだ。

ポイントに着くとすぐにオオヒカゲが飛び出して近くの木にとまった。

f0031682_15343605.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

カメラを向けてシャッターを押したら気配に驚いたのか飛びあがった。

f0031682_15343757.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

少し離れた場所にとまったので、家内に教えて一緒に撮影する。

f0031682_15343618.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200 

その後は何頭かのオオヒカゲを見つけて撮影することが出来た。

f0031682_15343237.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15343293.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200 


ある程度撮影できたので、もう一度最初の場所に戻って目的のウラミスジ、クロミドリなどを探そうかと歩き始めるけど、家内が途中で引っかかってついてこない。

よくあることなので、草の間にとまったオオヒカゲを撮影しながら待つけど全く来る気配がない。

f0031682_15343221.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

しょうがないなと思いながら戻ると何かにカメラを向けている。
"これってミドリシジミ? " というので見ると、なんとクロミドリシジミ。

全く予想外の場所の木の葉の間に止まっていた。

木の間の撮影しにくい場所なので、とりあえず撮影した後はそっと枝を引き寄せて、お互い何とか無事撮影することが出来た。

f0031682_15343265.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200 

後で見るとストローを伸ばしているので、羽化直後の個体だったのかもしれない。

f0031682_15343253.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

前翅の赤紋がちょっとおしゃれな感じ。

家内に感謝しながら最初の場所に戻って、探すけどやっぱり何もいない。

探しているとアカシジミを見つける。


今年は何回も撮影したし、少し傷んだ個体だったけど、とりあえずカメラを向ける。

f0031682_15342817.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

メスのようだ。

そのうちヒオドシチョウが現れた。

f0031682_15342788.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

羽化したばかりの新鮮な個体だ。

f0031682_15342757.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


お互い少し離れて探していると、電話がかかって、"アカシジミとウラナミアカシジミ以外に裏側が赤い蝶って何 ?" うーんと思いながらその場所に行ってみると、やったーウラミスジシジミだった。

f0031682_15342862.jpg
家内撮影 ニコンD5500 ニッコール55-200 


確かに裏側は赤いですね。

喜んでカメラを向け、たまたま近くにいた撮影者の方にも声をかけて一緒に撮影した。

f0031682_15342855.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

f0031682_15342794.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これで当初予定していた蝶はすべて撮影できたので、喜んで帰宅することが出来た。

考えてみると、クロミドリもウラミスジもみんな家内が見つけてくれた。
一人で行っていたら、オオヒカゲ以外はなにも撮影できず、むなしく帰ることになったかもしれない。

いろいろお世話になった栃木のAさん、ありがとうございました。





by dandara2 | 2016-06-15 15:50 | 静止 | Comments(16)
2014年 10月 02日

オオヒカゲの産卵(2014/9/27)

9月27日はオオヒカゲの産卵狙いで栃木に行ってきた。

例年だと栃木には、シルビアシジミ、ツマグロキチョウ、ミヤマシジミ狙いなどで出かけるのだけど、毎年同じ写真ばかり撮ってもつまらないので、以前興味を持ったclossianaさんのオオヒカゲの産卵の記事を思い出して、今回はこれをメインターゲットにしてみることにした。

産卵時間は午後のようだけど、まずオオヒカゲがいるのかどうかを確認し、いることがわかれば、産卵の時刻までは他の蝶などを撮影することにする。

9時半くらいに現地に着き、探し始めるとすぐにアシの茎に止まるオオヒカゲを発見。

f0031682_10161409.jpg
思ったよりは痛んでいない。
とりあえずシャッターが押せて一安心。

その後もぽつぽつとあらわれて、木道に止まる個体は翅を開いてくれた。
f0031682_10161473.jpg
この個体はややいたんでいる。

こちらは食草のスゲ(カサスゲ?)の葉に止まった個体。

f0031682_10161403.jpg

もしかしたら産卵するかなと思ってみていたけど、じっとしたままだった。
こちらは翅を開閉する個体。こちらもそれ以上の動きはなかった。
f0031682_10161915.jpg


周辺の雑木林を見て歩くと、流れの近くにある苔むした岩の上で翅を開いて休む個体がいた。

f0031682_10161412.jpg
翅がかなり傷んでいたけど、結構元気に飛んで行った。

木の幹に休む個体は、夏でも良く見かけるポーズだ。
f0031682_10161486.jpg

いることが分かったので、10時半ころには他の蝶の撮影のために移動する。

------------------------

15時ころに再度戻ってくるけど、期待に反して個体数は少ない。

ちょっと時間をつぶしすぎたかなと思いながらうろうろしていると、それでも何頭かのオオヒカゲが飛んでいるのは確認できた。

ただ、葉にちょんちょんと触る個体はいても産卵の気配はない。
湿地なので、奥の方に産卵されたらアウトだ。

かれこれ1時間近くウロウロし、秋の日は木の間に隠れて薄暗くなってきてしまった。

1頭が木の間から降りてきて、スゲの間に止まった。
道からも近い。

大急ぎで近づいて、降りたあたりを見ると、オオヒカゲがスゲの葉につかまっている。
家内に「産卵している」と声をかけてカメラを構える。

産卵している葉は思ったよりも細い葉で、他の葉とは違って横に倒れるように曲がっている。

f0031682_10161976.jpg
蝶の重みで曲がったのか、最初から曲がった葉を選んだのかはわからないが、ぶら下がって産卵するにはちょうど良い感じだ。

このままでは卵が見えないので、地面に顔を付けるようにして下から眺めると、何とか尾端が見えたのでシャッターを押す。

f0031682_10162059.jpg
撮影しているときは、卵まではよくわからなかったけど、後で確認すると4卵ほど生んでいるようだ。

それから3分後に撮影したこの写真では、8卵産んでいるように見える。

f0031682_10162437.jpg

それに、蝶の顔のあたりや左側にも卵が産まれているように見える。

撮影中は暗くて、尾端にピントが来ているかもよくわからないような状態なので、そんなことには気が付かなかった。

産卵後は尾端を下げて放心したように静止していたけど、1分位して飛び去った。

f0031682_10162091.jpg
時間は16時2分。


いつもだとこれで完了なんだけど、今年は卵も確認と言うことを肝に銘じているので、何とか産卵後の卵も撮影しようと、近くに落ちていた枝で葉を動かしてみた。
そしたら、びっくり、卵が3列に並んでいる。

f0031682_10162472.jpg

拡大してみると、上から9卵、5卵、8卵となっている。

f0031682_10162434.jpg
今回産卵されたのは一番下の8卵のものだ。

一番上の9卵のものは一部の卵が変色していて、産卵されたのは数日前だということは明らかだ。

たくさんあるスゲの葉の中で、この葉に産卵が集中していたのは、かなり条件の良い葉だったんだろう。

個人的には、葉が曲がっていたことが母帳にとって産卵のために止まりやすかったのかなと思っているけど、今後の観察例を増やすことが大事だろう。

オオヒカゲの産卵を待つ間に撮影した蝶は次回に…




by dandara2 | 2014-10-02 10:29 | 産卵 | Comments(10)
2013年 06月 25日

オオヒカゲ撮影(2013/6/23)

6月23日の日曜日は栃木にオオヒカゲの撮影に行く。
今までは撮影後はキマダラルリツバメの撮影に行っていて、この場所にいるクロミドリ、ウラミスジシジミなどは意識したことはなかったけど、あまり遠出はしたくないので(今日を過ぎれば晴れて罰則点0だ~、4点を背負っての一年は長かった~・・・何のこっちゃ)、ここのゼフの様子を見てみることにする。

結果はと言うと、残念ながらウラミスジシジミを目撃しただけで撮影できず、クロミドリは姿すら見かけなかった。
ただ、ここで叩き出しをしていた栃木のAさんにお会いしていろいろお話を聞けたのが収穫だった。

歩き始めてすぐに、草を食べている野ウサギを見つける。
f0031682_823268.jpg

近くを人が通ってもあまり人を恐れている様子はなかった。

オオヒカゲの方は個体数が多く、車を止めて歩き始めたらすぐに吸汁しているオオヒカゲを見つけ撮影できた。
f0031682_8233366.jpg
ニコン1V2 ニコン55-200

その後も雑木林の中を歩くたびに林床からチラチラと飛び出すが、敏感で撮影距離まで近づけない。
それでも何とか撮影。
f0031682_8244542.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

木漏れ日の当たるところに止まったときには、コントラストが強く撮影には苦労した。
f0031682_825468.jpg
ニコンD800 シグママクロ150
f0031682_828087.jpg
ニコン1V2 ニコン55-200

樹液に来たようなので近づき、LEDライトを点けて撮影する。
f0031682_8284491.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目+LEDライト

カブトムシと一緒のシーンはラッキーという感じだけど、絞りを絞っているのでLEDをつけても手ぶれを多発してしまった。使えそうなのはこの一枚だけ。

その内には下草に落ち着いて静止するよい子がいたので、ようやくいろいろ試しながら撮影することが出来た。
f0031682_830745.jpg
家内撮影 panasonic +LEDライト

f0031682_8311772.jpg
ニコンD800 シグママクロ150(内蔵ストロボ)

Aさんがクロミドリとウラミスジの可能性のある場所を長竿で叩いてくれたけど何も出ない。
家内が樹上のウラミスジを見つけたけど、アングルが悪く撮影できない。
下草にいたウラナミアカシジミを撮影できたのみ。
f0031682_8383138.jpg
家内撮影 ニコン1V2 ニコン55-200

この後はAさんから教えていただいたシルビアシジミのポイントに移動。
ただ今年は数が少なく、いるのはミヤマシジミばかりとのこと。
ミヤマシジミも時期的にどうかなと言うことだけど、今までに行ったことがない場所だったので喜んで移動した。
シルビアは駄目だったけど、いろいろ撮影できたのでそれは後日に。

Aさん、いろいろなお話と貴重な情報をありがとうございました。

by dandara2 | 2013-06-25 08:40 | 吸汁 | Comments(24)
2012年 06月 26日

オオヒカゲ・キマルリチャレンジ(2012/6/24)

24日の日曜日はオオヒカゲとキマダラルリツバメを撮影に栃木、福島と出かけてきた。
結論を先に言うと、オオヒカゲは撮影できたが、キマルリは撮影できなかった。
2009年にも同じルートで撮影に行っていて、そのときには無事に両種とも撮影できたのに残念だ。
キマルリについては後日話しをするとして、今回はオオヒカゲの撮影記。
キマルリは夕方テリ張りをするので、その前にオオヒカゲを撮影しようと、少しゆっくり目の朝7時少し過ぎに家を出発。
9時半前にポイントに着いて探し始めるけど姿が見えない。
ちょっと早かったかな、そういえば周囲のクリの花の様子なども3年前に来たときよりは少し遅れているような感じがするなと思いながら、なおも探すとようやく1頭のオオヒカゲが林の中を飛んでいるのを見つけることが出来た。
少し離れた場所で翅を開いたようなので、取りあえず1V1で撮影。逃げないのでじりじりと近づいて3m位の距離で目一杯拡大して撮影し、カメラを変えようとしたら、その動きに反応したのか飛ばれてしまった。
f0031682_939078.jpg
ニコン1V1 タムロン70-300(300) 1/100 f10 ISO 800

35mm換算で810mmの超望遠で、手持ちでシャッタースピード1/100と言う無謀な撮影だったけど、慎重に撮影したので何とか止まってくれた。

その後この個体は少し離れた木漏れ日の当たる場所で開翅してくれた。
そろそろと慎重に近づいて、まず1V1の超望遠、その後D800の150マクロで撮影する。
f0031682_9391642.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150 1/500 f8 ISO800

結果をみると、やはりマクロレンズの方が全然画質が良かった。
可能な限りマクロで撮るべきだと実感した。
さらに近づくと飛ばれてしまって、その後はかなり探しても2個体目の姿はなかった。

うろうろ歩いていると、コミスジより大きめの蝶が飛び出しカエデに絡んでいる。
ミスジチョウだ。
ミスジチョウはあまり縁がなくて写真のストックもそれほど多くない。
カエデに絡んでいるのなら、産卵か雌の蛹を探しているのかなと思って見ていると、やがて地面に止まった。
雄か雌か判然としないけど、たぶん雄かな。
手前の草が邪魔になるけど、取りあえず1V1で500mm相当で撮影。これもカメラをD800に変えて近づこうとしたら飛ばれてしまった。
f0031682_9401644.jpg
ニコン1V1 タムロン70-300(190) 1/1000 f10 ISO 800

今回は1V1の設定は最終的な設定にして、その試しのつもりだったけど、結果を見る限りは十分使えそうだ。

その後は何も出ない。
福島への移動も考えて、車に帰りかけながら雑木林の中を歩いているとちらっと動く影、オオヒカゲだ。
なかなか止まらないし、止まっても撮影距離に近づく寸前に飛ばれてなかなか撮影できない。
それでもこの個体しかいないみたいなのでとにかくしつこく追いかける。
幸いあまり遠くには行かずに、小飛しては木の幹に止まってくれるので何とか撮影。
ただ、暗い。
絞りをかなり開けても、シャッタースピードは1/10とかそんな値。
これでは仕方ないので、逃げるリスクが高くなるのを覚悟でLEDライトを使用する。(結果はライトを当てても飛び立つようなことはなかった)
f0031682_9404885.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150 1/25 f4.5 LEDライト使用 ISO800

そのうち飛びつかれたのか、こちらに慣れたのか少しこけの生えた幹で落ち着いて止まってくれた。
少し撮影するが、シャッタースピードは相変わらず上がらない。
そこでふと気が付いた。どうしてこんなにシャッタースピードが遅いんだろう、確か最低シャッタースピードを設定してあって、そのシャッターが暗くて切れないときは感度が自動的に上がるんじゃなかったっけ・・・
オオヒカゲが落ち着いているので、確認すると設定がOFFになっている。
このせいか (-_-;)
設定し直して、今度は何とか手ぶれの心配なく撮影。ISOは4000まで上がったけど、ノイズはそれほどでもなかった。
f0031682_9413312.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150 1/250 f5.6 LEDライト使用 ISO 4000

時刻を見ると11時半、次の目的地の福島までは250Kmある。
おにぎりをほおばって移動開始だ。

by dandara2 | 2012-06-26 09:49 | 開翅 | Comments(28)
2009年 06月 29日

オオヒカゲ、キマダラルリツバメ撮影行(2009/06/28)

6月28日は栃木県にオオヒカゲ、福島県にキマダラルリツバメを撮影に行く。
栃木県では、クモマツマキチョウのときに信州でお会いしたOOさんにポイントを案内していただく。
車をおいて歩き始めるとすぐにオオヒカゲが飛び出し、樹液で吸汁を始めた。
f0031682_21483822.jpg
かなり明るい疎林だけど、歩いているとぽつぽつオオヒカゲが飛び出す。
近くの池の周辺には食草のカサスゲがたくさん生えているので、そこで発生しているのだろう。
f0031682_2149738.jpg
オオヒカゲと言うと敏感で、このときも木の幹に止まったので、そっと近づいてもカメラの届く微妙な位置まで近づくとふっと飛び立つ。
それでも中には近づけてくれる個体もいて、マクロの105mmで何とか気に入った写真を撮ることができた。
f0031682_2150161.jpg


ある程度の写真が撮れたので、飛翔にも挑戦するが、何しろ暗い場所なのでこの程度の写真が精一杯だった。
f0031682_21501871.jpg
その後キマダラルリツバメの撮影に福島県に移動するが、蝶山人さんなどに色々情報を教えていただいていたけど、OOさんに教えていただいたポイントが気になったのでそちらに出かけることにする。
目的の場所について、現地で蝶の研究をしているTさんにお会いして、キマルリのポイントに案内をしていただいた。
近くにはチョウセンアカの生息地もあって、やや飛び古した個体を見ることが出来た。
f0031682_2151011.jpg

キマルリは15時30分を過ぎると飛び出してテリ張りを始めた。
最初は飛び古した個体が多く、満足のいく写真は撮れなかったけど、1時間位過ぎたら1頭の新鮮な個体がヒメジョオンの花にとまっていた。
f0031682_21512720.jpg


吸蜜しているわけではないようだが、やがて翅を開いたらほとんど傷のないきれいな個体だった。
f0031682_21523122.jpg

この個体は羽化して間がないのか、飛翔もそれほど早くなく、少しの距離を飛んでは開翅してくれた。
f0031682_21525439.jpg

撮れるといいなと思っていたキマルリの開翅写真、それも新鮮な個体の開翅を撮れて大満足。
OOさん、色々お世話になりました。おかげさまで目的を達することが出来ました。
Tさん、案内有り難うございました。

by dandara2 | 2009-06-29 21:57 | 開翅 | Comments(30)