タグ:オオウラギンヒョウモン ( 3 ) タグの人気記事


2010年 07月 10日

九州遠征(2:オオウラギンヒョウモン他)

ゴイシツバメシジミの撮影を終えてから、空港へ戻る途中でオオウラギンヒョウモンのポイントに立ち寄った。
ポイントについて歩き始めるとすぐに、アザミで吸蜜する♀の姿が眼に入った。
まずは望遠で撮影し、これで一安心。
f0031682_1953611.jpg

この♀は意外と敏感でなかなか落ち着いて吸蜜してくれず撮影には手こずったけど、翅表と裏面両方のハート形が写ったこの写真は、前回2008年には撮影できなかったので、写真のバリエーションが増えてうれしい。
f0031682_19533915.jpg

♀はこの空間にはこの1頭しかいなくて、撮影を始めて10分もすると飛び去ってしまった。
ちょうど良いタイミングでこの草地に入れたみたいで結構ラッキーだ。

♂はたくさんいたけど、やや擦れた個体がほとんどだった。
家内のこの写真はそれでも動きのある良い写真になったと思う。
f0031682_195434.jpg
(家内撮影)

飛びあがったところも撮影したけど、こういった広い草地が本州ではほとんどなくなってしまった。
f0031682_19543387.jpg

この前来た時にはツマグロキチョウがたくさんいたけれど、今回はそれほどでもなかった。
この個体は、夏型なのにうっすらと3本の線状が見えて、本州ではあまり撮影したことがないタイプなのでこれもうれしい。
f0031682_1955130.jpg

さらにうれしかったのは、撮りたかったダイミョウセセリの関西型が撮れたこと。
こんな草地の中にいるとは予想していなかったので、見つけた時はオオウラギン以上にうれしかった。
f0031682_19552478.jpg

後翅の白線がくっきりとした典型的な関西型で、これでようやくHPの方にダイミョウセセリのページを作れそうだ。
もう1年半も更新していないけど・・

by dandara2 | 2010-07-10 19:57 | 吸蜜 | Comments(24)
2008年 07月 09日

オオウラギンヒョウモン(その2:飛翔他)

高原を飛ぶオオウラギンヒョウモンの飛翔写真を撮れたらいいなと思っていたけど、この♂は丈の伸びたススキの周辺を飛ぶことが多くて、なかなか格好いい写真を取れなかった。
f0031682_2328284.jpg

羽化した♀がこんなところにいるのだろうけど、飛翔写真としてはいまいちだ。何とか背景から浮いたものが撮りたいと頑張ってみる。
f0031682_23285080.jpg

一枚だけイメージに近い写真が撮れていた。
f0031682_2329991.jpg

今回は飛翔写真で別の目的もあった。
バスト連射というとカシオのEX-F1がすごいけど、オリンパスにはそれ以前からその機能をもったカメラがあった。
私が使っていたSP-550UZがそれだけど、画素数が130万画素、秒15コマ、シャッターを押す前の5コマ(約0.3秒分)が記録されているというもので、玩具みたいなものだったので使ったことはなかった。
ところがこのカメラ、買ってすぐにフジミドリの撮影の時にレンズ表面を石でこすってしまい擦り傷がついてしまった。
f0031682_23295440.jpg
それで風景などを逆光気味で撮ると画面にフレアが入ってしまう。写真でも画面中央下にそれが出ている。
f0031682_23303020.jpg
1年ほどごまかしながら使っていたけど、せっかく九州に行って風景を入れた広角写真を撮ってもこれでは駄目なので新しくコンデジを買い換えることにした。
買ったのはSP-550UZの後継機のSP-570UZ、バスト連射時の画素数が300万画素に上がったのと、シャッターを押す以前の画像も1秒分ほど残っているのでどんなものか試してみる気になった。望遠も35mm換算で520mmになった。以前のSP-550UZも504mmほどはあったけど液晶が見にくく実際はあまり使い物にならなかった。今度のは少しは良くなっているかなという興味もある。この一つ前のSP-560UZはニコンにOEM供給されてクールピックスP80になったようで、このP80を昆虫写真家の海野さんはすごいデジカメ2として紹介していた。
SP-570UZはバスト連射などの機能はEX-F1には遠く及ばないけど、細かな使い勝手がかなり改良されて、ようやく玩具からちゃんと使えるデジカメになったようだ。
値段も大きさもEX-F1のおよそ半分なのもうれしい。
f0031682_2331410.jpg

早速オオウラギンの飛び立つ瞬間の写真に挑戦してみたけど、かなり使える感じだ。
f0031682_23312371.jpg
f0031682_23313836.jpg
f0031682_23315244.jpg
f0031682_23321624.jpg
ここにはオオウラギンヒョウモンの他に関東では絶滅寸前のツマグロキチョウがまるでモンキチョウの様に飛んでいる。
f0031682_23324312.jpg

道路の横のシロツメクサに来ている様子は、これのどこが絶滅寸前なんだという気にさせてしまうが、これも豊かな草原があるおかげだろう。
f0031682_2333285.jpg
オオウラギンヒョウモンを撮影していたときに、偶然ツマグロヒョウモンが飛び込んできて、他ではあまり見られない貴重なシーンが撮れた。
f0031682_23332369.jpg
f0031682_23334328.jpg

帰りの空港へ向かう途中で昼食に名物の馬肉料理を食べた。熊本市内では予約しないと食べれないものだったけど、馬の色々な部位の刺身とかあって面白かった。
f0031682_23341560.jpg

結構ゆったりとした撮影行で途中新しくなった熊本城なども見ることが出来て家内も喜んでいた。
f0031682_23343087.jpg

こんなにゆとりを持って撮影できたのも初日に案内していただいた呑むさんのおかげだと思う。本当にありがとうございました。

by dandara2 | 2008-07-09 23:38 | 飛翔 | Comments(30)
2008年 07月 07日

オオウラギンヒョウモン(その1:吸蜜)

私が蝶の撮影を始めるころと前後して関東とその周辺から姿を消してしまった蝶がいる。
ヒョウモンモドキ、オオルリシジミ、オオウラギンヒョウモンなどがそうだ。
それにクロシジミ、シルビアシジミ、ツマグロキチョウなどがその仲間入りをしつつある。
このうち、ヒョウモンモドキとオオルリシジミは撮影できたけど、九州と本州の一部にかろうじて残っているオオウラギンヒョウモンはまだ撮影できていなかった。
梅雨のこの時期、飛行機の手配や宿の手配が必要な九州はなかなか出かけにくい。
8月の後半から9月の天気が安定している時期に夏眠明けの蝶をねらう手があるけど、どうせ出かけるなら新鮮なものを撮影したいということで、ギャンブル覚悟で7月の5.6日に撮影に出かけることにした。
出かけるについて「呑むさん蝶日記」の呑むさんに問い合わせたところ、親切にも貴重な資料をお送りいただき、なおかつ当日は案内までしていただけることになって一安心。
後は天気だけだけど、こればかりは心配しても仕方ないので晴れ女の家内の念力に期待するとして、天気予報を注意していると何とかなりそうな気配。
この日は熊本市内に宿を取り、翌日の朝に教えていただいた集合場所に出かける。
お会いした呑むさんはブログで想像していた以上に優しい感じの方で一安心。
f0031682_194404.jpg

期待をしながら歩き始める。前日の雨が残っていて時々霧雨が降ったりして、下草はたっぷり水を吸っていてすぐに靴がぐしょぬれになってしまった。
歩き始めてすぐ1頭のオオウラギンが飛び出したものの、目の前を勢いよく飛んでいってしまった。その後は後が続かない。しばらく歩き回って最初の場所に戻ると、アザミの花に何か止まっている。急いで近づくとやや擦れてはいるけどオオウラギンの♂だった。
とりあえず撮影して周囲を見渡すと、数頭の固体が飛んでいる。その中から鮮度の良い個体を選んで撮影する。
f0031682_19445891.jpg

表から見ると♂は他のヒョウモンと模様も大きさもそう違わない。裏側も一見そうだが、後翅外縁の模様からオオウラギンと判る。何頭もの個体を見るが全て♂だった。
f0031682_1945399.jpg
今年は6月が低温だったのでまだ♀には早いのだろうか。オオウラギンといえばやはり♀を撮影したいものだ。
♂は草の間を飛んでは♀を探しているが、途中アザミの花があるとついと止まっては吸蜜している。それほど個体数は多くはないのだが、アザミの花もそれほど多くはないので、時にはこんな光景も見られる。
f0031682_19455951.jpg
なだらかな斜面ではあるが何度も往復すると結構疲れる。ふと見ると、♂よりも明らかに黒く大きい蝶がアザミに来ている。もしやと思って近づくと待望の♀だった。びっくりする位黒班が大きくて、新鮮な羽化間もないと思われる♀だった。
f0031682_19462946.jpg
アザミに止まりはするものの、なかなか落ち着かなくて少し吸蜜しては飛び上がる。それでもようやく裏面も撮影するが、鮮やかな銀紋とハート模様が図鑑で見た憧れの蝶であることを示している。
f0031682_19465199.jpg

そのうち♂が近づいてきて、一瞬絡むが♀は翅を小刻みに震わせて交尾を拒否している。
f0031682_1947787.jpg

呑むさんとのメールのやりとりの中で、「びっくりするような場所ですよ」とのお話だったけど、なるほど人の生活圏にごく近く、こんなところにまだ生き残っているのかなという感じ。
f0031682_19472576.jpg
オオウラギンヒョウモンは午後には数が少なくなってきたので、早めに切り上げて熊本の市内観光をすることにして呑むさんとお別れすることにした。
ほんとにありがとうございました。
翌日も同じ場所で撮影した。
当然同じような写真が多くなるが、この後いつ来れるかわからないのでチャンスがある限り撮影した。
その中で、昨日とは違う雌に出会ったが、この♀は左前翅の付け根が白く抜けている。
f0031682_19475042.jpg
この白抜けは♂でもみられて個体識別に役立ったが、それによると同じ♂が一定の場所を巡回しているようだ。♀の場合はかなり広い空間を飛び回っているようで同じ個体を目撃すると言うことはなかった。
この♀は昨日の♀に比べると全体的に黒斑の発達が弱いようで、裏面の銀紋の発達もやや弱いようだ。
f0031682_19481113.jpg

残念だったのは、裏面の銀紋の色合いが素晴らしく、ハッとするほどきれいな♀がいて、見た瞬間にやったーと思ったのだがすぐに飛ばれてしまい十分な写真が撮れなかったこと。
目の前を悠然とかつ活発に飛び回る♀に見とれてしまい飛翔用のカメラをかまえるのも忘れてしまった。
f0031682_19483395.jpg

(続く)

by dandara2 | 2008-07-07 19:56 | 吸蜜 | Comments(30)