タグ:オオウラギンスジヒョウモン ( 3 ) タグの人気記事


2013年 08月 03日

富士山麓の蝶(クロシジミ:2113/8/2)

8月2日は富士山麓にクロシジミとホシチャバネセセリを撮影に行った。
クロシジミのポイントに向かって歩きはじめると最初に出迎えてくれたのはホソバセセリ。
センニンソウで吸蜜していた。
f0031682_19412354.jpg

クロシジミのポイントで最初に見かけたのはかなり傷んだ個体。
あれっと思って探すと次に見かけたのも痛んだ個体。
今年はもう遅いのかな、でも発生はだらだら続くはずだから、新鮮な個体もいるに違いないと思ってみると、ようやく新鮮な個体を見つけることができた。
f0031682_19414488.jpg

さらに探すと、産卵したそうなメスを見つけた。
丈の低い木に止まってクロオオアリの動きにじっと注意を払っている。
f0031682_1942575.jpg

そのうち産卵を始めるけど、この木にいるクロオオアリは神経質で、産卵しようとするクロシジミに飛びかかる。
f0031682_19423439.jpg
家内撮影

クロシジミは驚いて飛びのいてなかなか産卵することができない。

この木への産卵をあきらめた雌は、飛び立って近くのススキに産卵した。
f0031682_19431431.jpg
家内撮影

その後も別のススキに産卵しようとして様子をうかがっている。
f0031682_19434597.jpg

ただ、この位置は地面から15cm位。
産卵をマクロでとらえるには、溶岩の小石の上に膝や肘をつかねばならず、何度かチャレンジしたけど痛くて長くはこらえられない。

それで、魚露目を使って下から撮影することにした。
f0031682_194485.jpg

すでに数卵が産み付けられているけど、何とか産み付ける瞬間をとらえることができた。
尾端に産み付けられたばかりの卵が見えている。

魚露目を使って産卵シーンを撮ることは今年のテーマとして狙っていたことだけど、なかなか思い通りの写真が撮れなかった。
ようやく狙いに近い写真を撮ることができた。

その後この雌は近くの枯れ枝に止まって小休止していた。
f0031682_19451588.jpg

次の産卵を狙って様子を見ていたら、いきなり開翅した。
f0031682_19453286.jpg

少し離れた場所に様子を見に行っていた家内が戻ってきて、別の場所にもクロシジミがいるという。
行ってみると雄が何頭かいて、翅を開いているものがいた。
f0031682_19461061.jpg

紫色の輝きは撮れなかったけど、雄の開翅は久しぶりに撮影した。

ここには何頭もヒョウモンがいたけど、花もなくてまったく止まらず写真が撮れなかった。
木に囲まれた草地で、一頭のヒョウモンが草に止まったので撮影するとオオウラギンスジヒョウモンだった。
f0031682_19463070.jpg

また、先ほどクロシジミを探していた家内はホシミスジを撮影していた。
f0031682_19472781.jpg
家内撮影

十分な写真が撮れたので、ホシチャバネセセリの場所に移動することにする。

by dandara2 | 2013-08-03 19:56 | 産卵 | Comments(22)
2010年 09月 07日

キマダラモドキの生き残り(2010/9/5)

9月5日は何処に何を撮影しに行こうかと考えたけど、8月一杯の予定だった「軽井沢の蝶」の栗岩さんの展覧会が9月26日まで延長になったということだったので、それを見に軽井沢に行くことにした。
どうせ軽井沢まで行くのなら、ついでに近くの高原にも寄ってみることにした。
いつもならそろそろシーズンも終わりだけれど、今年のように暑い夏の時には高原の様子はどうなっているんだろう。
高原についてみると、もうすっかり秋の気配で、花もほとんど終わり、たくさんいたであろうクジャクチョウやアサギマダラもすっかり姿を消していた。
その代わりにたくさんのイチモンジセセリがいて盛んに吸蜜を繰り返していた。
不意に鮮やかなタテハが飛んできてビックリするが、クジャクチョウではなくアカタテハだった。
ただ、このアカタテハはヒメアカタテハほどには撮影のチャンスが多くないので貴重な出会いを大事に撮影させてもらった。
けっこう動きのある写真になったのではないかと思う。
f0031682_23181511.jpg

アサギマダラもすこしだけは残っていて、咲き残りのヨツバヒヨドリで吸蜜している。背景は私の車だ。
f0031682_2318349.jpg

すこし周囲を散策してみるが、もうこれ以上のものは期待できそうもないので、軽井沢に移動することにする。
何時になるか分からなかったので、栗岩さんには特に連絡はしておかなかったけど、今年のテーマは「素顔のチョウは情熱家?――婚活にはげむ草食系――」と言うことで、いろいろな配偶行動を中心として、彼が蝶撮影の合間に撮影した浅間山の風景なども展示してあった。
f0031682_23205629.jpg

相変わらず質の高い写真がならんでいるが、写真に添えられた解説も最新の情報をきちんと取り入れていて勉強になった。
f0031682_23211421.jpg

展覧会を見た後、キマダラモドキのポイントに移動。
2年前に来たときには個体数が少なかったので、その後の様子が気になっていた。
車を置くと、その音に驚いたのかすぐにキマダラモドキが飛び出して藪の中に逃げ込んだ。
藪の中に踏み込んで撮影するが、さすがに飛び古した感じの個体だった。
f0031682_23214734.jpg

でも無事に発生を続けているようで一安心。
その後周囲を探すが、何頭かはいるもののなかなか写真が撮れない。
そのうち下草の間を飛び回る♀を発見。この時期としてはまあまあの鮮度のようだが、敏感でなかなか射程距離に近寄らせてもらえない。
ちょっと暗いけど、家内の撮ったこの写真がベストかな。良く見ると翅がすこし壊れているようだ。
f0031682_23223272.jpg
(家内撮影)

なかなか撮影できないので、近くのミドリシジミのポイントの様子を見に行く。
8月末がシーズンなのでまだ見ることが出来るかもしれない。
ところが、下草が繁茂して様子が変わっている。
ざっと見るが飛んでいる個体がいないのでさっさとあきらめて、再度キマダラモドキのポイントに戻る。
14時を過ぎると、活動する個体が増えたのか、歩いていると飛び出す数が増えてきた。
ようやく家内が枝に止まっておとなしくしている個体を見つけて無事撮影。
f0031682_2324891.jpg
(家内撮影)

この個体はその後下草のシダに止まってくれたのでじっくりマクロレンズでも撮影することが出来た。
マクロレンズで撮影できると安心する。やっぱり信頼度が違う感じだ。
f0031682_23245697.jpg

近くでは、ルリシジミの交尾個体がいた。久しぶりの撮影になるけど、キマダラモドキに気をとられて好い加減に撮影してしまった。まだまだ修行が足りない。
f0031682_2325148.jpg

車に戻りかけると、オオウラギンスジヒョウモンの♀が吸蜜していた。
今年はまだ撮影していなかったので、かなりの数を撮影する。
f0031682_23263863.jpg

yodaさんのところに、オオウラギンスジとウラギンスジの区別について偉そうなことを書いてしまったので、ここに写真を載せておくことにします。
後翅裏面の一番大きい白紋が、ウラギンスジでは台形になる。
f0031682_23271346.jpg
ウラギンスジヒョウモン

オオウラギンスジではそうではないことがわかるだろうか。(クリックで拡大します)
f0031682_23274371.jpg
オオウラギンスジヒョウモン

図鑑には載ってはいないけど、雌雄どちらでも使えて、この写真のように他の識別点がうまく出ていない時などには有効な区別点だ。

by dandara2 | 2010-09-07 23:29 | 近似種との区別 | Comments(17)
2009年 09月 28日

狭山のアカボシゴマダラなど

27日の日曜日は、彼岸花にナガサキアゲハでも撮ろうかと思って場所を物色していたけど、「愛野緑の撮影記録」で狭山のアカボシゴマダラが柿で吸汁している写真が出ているのを見て、この時期このシーンも押さえておきたいと思い、愛野緑さんにポイントを教えてもらい撮影に行って来た。
最初は姿が見えなかったので、近くを歩いてみるとアザミにオオウラギンスジヒョウモンが吸蜜に来ていた。
f0031682_18594928.jpg
ニコンD300s ニコンVRマイクロ105

大きくて立派で、この時期にしては翅の色合いもまあまあだ。
f0031682_1902286.jpg
ニコンD300s ニコンVRマイクロ105

アザミで吸蜜しては小飛しているので、飛翔を撮ることにするが、今日は飛翔を想定していなかったので飛翔用のカメラは車の中。
家内に見ていてもらうように頼んでカメラをとりに行く。やはり重たくても全部のカメラを持ち歩かないととっさの役には立たない。
車に行く途中、メスグロヒョウモンが吸蜜していた。
f0031682_1905153.jpg
ニコンD300s ニコンVRマイクロ105

カメラをとって戻るとまだいるというので、早速飛翔写真を撮る。
背景が暗いし、曇天なのでどうかなと思ったけどなんとか捉えることが出来た。
f0031682_1911975.jpg
ニコンD300 シグマ17-70

ついでに広角写真も撮る。今までは飛翔はjpegで撮っていたので、RAWで撮っておきたい広角はコンデジに変えていたけど(設定を変えれば良いんだけど、戻し忘れとかが多いのでコンデジに変えていた)、今回から飛翔でもRAWも撮っているので、そのまま広角写真に切り替えられる。
迫力を意識するあまり近寄りすぎたかな。背景のぼけ方などを見ると、コンデジとどっちが良かったか微妙な所だ。
これでみんな魚眼とか、ギョロメになっていくんだろうな。
f0031682_1915933.jpg
ニコンD300 シグマ17-70

アカボシのポイントに戻る途中でクロコノマチョウを見つけて撮影する。
f0031682_1922284.jpg
(家内撮影) ニコンD5000 タムロンSP90

アカボシがちょうど柿の木に飛んできて旋回しているので、長玉で飛翔を撮影。うまく切り取ることが出来た。
f0031682_1925016.jpg
ニコンD90 ニコンVR70-300

その後柿に止まって吸汁するが、やや高いので撮影ポジションが限られてしまう。それに翅が傷んでいるようだ。
f0031682_1931829.jpg
ニコンD90 ニコンVR70-300


別の柿で吸汁している写真は背景もほどよく入れられて、また違った感じの写真が撮れた。
f0031682_1933742.jpg
ニコンD90 ニコンVR70-300


愛野緑さん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2009-09-28 19:17 | 吸汁 | Comments(24)