「ほっ」と。キャンペーン

タグ:エルタテハ ( 4 ) タグの人気記事


2010年 08月 20日

晩夏の高原で(タテハ編:2010/8/16)

8月16日はお盆休みの最終日だけど、月曜日で高速道路の割引が適用されないので混雑も多少はよいかなと思い、そろそろ数も増えてきたタテハ狙いで信州の高原に出掛けてみる。
メインはもちろんキベリタテハ。
ポイントについて歩き始めるとすぐに複数のキベリが出迎えてくれた。
ただ、朝なのに気温が高いせいか落ち着かず、近づくとすぐに飛び立って写真が撮れない。
そのうち、みんなどこかに飛んでいってしまった。
周囲を少し歩き回ってみるが、今度は影も形もない。
別の場所に転戦しようと思ったけど、念のために最初にたくさん見かけた場所に戻ってみると、家のベランダに止まっているのを見つける。
驚かせないように慎重に近づいて、とりあえず何枚か撮影。
そのうちゆっくり翅を開いてくれたので連写。
少し高い位置なので、上から見下ろすことが出来ず、この角度からが精一杯。
f0031682_2350738.jpg

それでもかなりの枚数を撮影できたので、気持ちにゆとりが出来、近くのベニヒカゲの撮影ポイントに歩いていくことにする。
ベニヒカゲも敏感でなかなかうまく撮影できずにいると、少し先のマツムシソウにヒョウモンがいくつも吸蜜にきている。
そっと近づくとひとつの花には鮮やかな色合いの蝶が吸蜜している。
アレッと思ってよく見るとエルタテハだった。
エルタテハの吸蜜は過去に一度撮影したことがあるけどめったに見かけない。
それもこんなに絵になるシーンは見たことない。
f0031682_23514275.jpg

白い紋がハッとするほどきれいな♂で、家内も呼んで夢中で撮影する。
f0031682_2352459.jpg
(家内撮影)

裏面の白い帯がはっきりしているので♂のようだ。
f0031682_07436.jpg

そのうちヒョウモンチョウが近くに飛んでくると、それに驚いたのか翅を閉じてしまった。
一度閉じると何が気に入らないのか二度と翅を開かなかった。
f0031682_075914.jpg

クジャク蝶も吸蜜に来ていたけど、いつもなら簡単に翅を全開するのに、この日は一度も全開することはなかった。
気温の関係だろうか。
f0031682_082215.jpg

仕方ないので、無理矢理飛ばしてみるけど、クジャクチョウがすぐ近くに飛んできてもエルタテハはびくともせずに吸蜜を続けていた。
f0031682_084273.jpg

近くのマツムシソウにはヒョウモンチョウが群れていたけど、さすがにこの時期はくたびれた個体が多かった。
ただ、いつもだと産卵する個体も見かけるけど、この日はそう言った個体はまだ見かけなかった。
少し早かったのかもしれない。
f0031682_092693.jpg

戻りかけると、途中足元でぱっとクロヒカゲが飛び出した。
見ると、クロヒカゲに混じってキベリタテハが吸汁している。
新鮮な個体で、縁の黄色が濃くて鮮やかだ。
最初のうちは曇りで、翅の小豆色がなかなかうまく色が出なかったけど、少し明るくなった時にはうまく色が出てくれた。
ブルーの点列もきれいに出てようやくここまで来た甲斐があったような写真が撮れた。
f0031682_095470.jpg

その後こちらに向かって滑空してきたのでとっさに撮影する。
こんな時にすぐ対応できるのもデジイチのレスポンスの良さだろう。
f0031682_0101767.jpg

またここにはシータテハも吸汁していたが、キベリタテハを撮るのに忙しく家内に撮影を任せたが、結構きちんと撮影してくれた。
ほんとはハエがいない方が良かったのだけれど、それは無理というものか・・
f0031682_0112895.jpg
(家内撮影)

by dandara2 | 2010-08-20 00:14 | 吸蜜 | Comments(14)
2008年 08月 22日

ベニ・キベリ・ムモンアカ(2008/8/18)

この日は、ベニヒカゲ、キベリタテハなどの確認と、「蝶と山てくてく写日記」のbanyanさんに教えていただいたムモンアカシジミの確認に行く。
ベニヒカゲは思ったよりも数が少なく、しかも雄ばかりだった。それであまり止まらず大した写真は撮れなかった。
ここは例年と比べて花の数も少なく、ちょっと心配な状況だ。
ただ、飛んでいるときに何となく違和感を感じるベニヒカゲを見かけたので追いかけてみた。
f0031682_138531.jpg

止まったところを見ると右前翅の色が薄い異常個体だった。これが撮れたからまあ良いかと言うことでキベリのポイントに移動。
f0031682_139114.jpg
ここではキベリは4頭ほどを見かけるが、初めての場所なので多いのか少ないのかは不明、アカセセリも見かけた。
f0031682_140297.jpg

蝶を探しながら入り込んだ草原は素晴らしい環境で、クジャクチョウとアサギマダラが多かった(それしかいなかった)。
f0031682_1405283.jpg
ただ、ピーカンの晴天だったので、クジャクチョウは翅を半開程度にしか開かず撮影は難しかった。
f0031682_1411489.jpg
アサギマダラはこの時期どこでも多数見かけるので、後で見たら飛翔写真と
f0031682_1413317.jpg
集団での写真を撮影しただけだった。
f0031682_14148100.jpg
大した写真がなくて情けないので、家内の写真を代わりに掲載します。かなり迫力あってビックリです。やっぱり対象にぐっと迫るのは大切ですね。
f0031682_142813.jpg

肝心のキベリの写真はなかなか撮れず、仕方なく車に戻ると、なんと我が車はタテハのトラップと化していました。
f0031682_1423227.jpg

周囲には4.5頭のエルタテハがいて、タイヤや車体の下にたむろしています。
f0031682_1425564.jpg
そのうちにはキベリも飛んできました。
f0031682_1431161.jpg
ただキベリはすぐに飛んで、条件の難しいところに止まったので証拠写真程度しか撮れませんでした。
f0031682_1432620.jpg
その後ムモンアカのポイントに移動。
着くとすぐにクヌギの木の周囲を飛んでいる何頭もの個体を見かけるが、全く止まらないので、今回撮影したかった交尾個体探しに切り替える。
最初は見つからなかったけど、何となく違和感のある葉っぱの傷みたいなものがあったので近づくと交尾個体だった。
f0031682_1435522.jpg

遠目からだと葉の枯れた部分と紛らわしい。
何とか近づける位置だったのでマクロでもたっぷりと撮影した。
f0031682_1442382.jpg
banyanさん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2008-08-22 01:48 | 異常型 | Comments(14)
2007年 08月 22日

ベニヒカゲ以外のチョウ

今回は20日のベニヒカゲの撮影の時に撮れたタテハなどですが、まだ本格的なタテハのシーズンには早いような感じでした。
歩き始めてすぐに出迎えてくれたのがエルタテハ。材木が積んであるところが好きで必ずここで姿を見せてくれます。
周囲の邪魔なものをカットする関係でやや大きめになってしまいましたが、その分エルタテハの迫力が出ました。
f0031682_21174322.jpg
エルタテハは路上にも良く吸水に来ています。この日は気温が高かったせいかなかなかゆっくりと翅を開いてはくれませんでした。
時々ぱっと開くので、そのタイミングを計ってシャッターを切るので、写った写真を見るとみんな翅を開いているけど、実際はほとんど閉じている感じ。
f0031682_2118470.jpg

ここではアサギマダラも多い。写真を再開して間もない2003年にはわざわざアサギマダラを撮影に出かけたこともあったけど、最近ではどこでも撮影出来る感じなので、カメラを向ける回数も大分減ってしまった。
ヒヨドリバナで吸蜜して体力を蓄えて南への移動に備えているのだろうか。
f0031682_21183345.jpg
ベニヒカゲを追いかけている時に1頭のキアゲハが眼に入った。アザミで吸蜜をしているようなので、近づいてみると枯れた花に盛んに執着している。
他のチョウが枯れたアザミに来ているのも目撃したので、枯れた花でも蜜が出るのかと思ってキアゲハがどいた時に見てみると蜜のような汁がべっとりと付いている。
これで吸蜜していたのかと思って、キアゲハが再び戻ってきた時に見ているとどうも吸蜜とは違うようで、そのうち尾端を曲げて産卵体制をとった。
f0031682_211953.jpg

一瞬わけがわからなくなって、キアゲハの食草の種類が頭を駆けめぐるがアザミは記憶にない。それでも離れてはまた同じ枯れた花に来ては産卵体制をとることを何度も繰り返している。
キアゲハが離れた時に花を手にとって調べてみるが、卵は産み付けられてはいないようだった。
何度も同じ所に来るので、これは飛翔写真のチャンスと思い撮影。できあがった写真はピントはあっているもののコントラストが不自然でこれでは今後使えない。ピーカンの晴天と言うこともあるのだろうけど、もう一度設定を見直す必要があるようだ。
f0031682_21193225.jpg
ここにはオオチャバネセセリが大変多くて、見かけるセセリのほとんどはオオチャバネセセリだった。アザミで吸蜜している♀の所に♂が求愛に来たが、♀は全く動じなくて、かすかに翅を動かしただけだった。
♂はしばらくつきまとっていたがそのうちあきらめて飛び去った。
f0031682_21195630.jpg
しばらく撮影したあとベニヒカゲの産卵を撮影した草原に移動したが、移動途中ではヒメキマダラヒカゲの多い林間を通った。下草にクマザサがびっしりと生えていて、クロヒカゲと本種が多かった。
クロヒカゲの方にはカメラを向け損なったが(家内はしっかり撮影)、ヒメキマダラヒカゲは最初は無視していたが、ここではこんなに多くても平地では撮れないなと思い返して吸水を撮影する。
しかしこのチョウは敏感で、これだけの写真を撮るのにも随分苦労した。
f0031682_21202228.jpg

ベニヒカゲの草原では他のチョウにはあまりカメラを向けなかったが、ウラギンヒョウモンが産卵していたので撮影した。昨年もここで撮影したが、その時は草の間に潜り込んで結構苦労したが、今回は丈の短い草の間に尾端をつっこんでくれたので、全体の姿を撮影するのは楽だった。
f0031682_21204670.jpg
ここで驚いたのはキベリタテハが飛んできたこと。この場所ではあまり見かけたことがなかったので、「ア、キベリ」と思わず声が出てしまった。さらに近づいてカメラをかまえた時に再度ビックリ。
なんとかなり痛んだ個体だ。一瞬越冬個体が生き延びていたのかと思ってしまったがさすがにそれはなさそう。
一瞬がっかりしたが、逆にこの時期にこの状態の個体はかえって貴重かと思い直して撮影する。
多分、鳥か何かに後翅をくわえられて必至に逃れてきたのだろう。その時の苦闘のあとなのだろうか翅の表面も大分傷んでいる。
このチョウが無事逃げるまでのドラマを考えてると「良かったね」と声をかけたくなってしまった。
f0031682_21211477.jpg

キベリは他の場所でも1頭見かけたが、すごく大きくてビックリした。この個体は残念ながら撮影出来なかった、キベリはこれからだろう。
下に下る間に撮影したのはヒョウモンチョウ、さすがに新鮮な感じではないが、まだそれほど痛んでいない個体もかなり見かけた。ただし今年は数が非常に少なかった。
f0031682_21213615.jpg

遠くのマツムシソウに黒い影が止まっている。何かのタテハのようなので近づくとぱっと翅を開いて鮮やかな赤色が眼に入った。クジャクチョウだ。
そういえばクジャクチョウを全く見かけていなかったのを思い出した。今年はこれからが発生期になるのだろうか。
やっぱり高原の夏にはよく似合うチョウだ。きれいな赤色を出すのは意外と難しいので、慎重に撮影した。
f0031682_21215658.jpg
また、ヒメアカタテハを見かけるが、山のタテハを見慣れた目には何か違和感を感じる。
f0031682_21221362.jpg

最後に見送ってくれたのはシータテハ。近づくと活発に飛んでは離れたところにまた止まる。なかなか撮影させてくれなかったが、ようよう撮影してみると秋を感じさせる良い写真になっていた。
f0031682_21222811.jpg


by dandara2 | 2007-08-22 21:16 | 産卵 | Comments(12)
2007年 02月 18日

エルタテハとミヤマシジミのボツ画像

今日は午前中は雨、家の中の用事を済まして、買い物に出て帰る頃に薄日が射してきた。
14時30分から河原の散歩に出る。風がややあって、ちょうど太陽の所に雲がかかっていて結局蝶は何も撮影出来なかったが、畑の一角をホトケノザが赤紫に染め上げていた。
f0031682_21544849.jpg

1月21日の大寒の日にまだ堅いつぼみだった梅林も今日はかなり咲いていて、辺り一面良い香りが立ちこめていた。
f0031682_23384192.jpg

蝶の写真が何も撮れなかったので、きょう本体サイトにUPしたエルタテハと先週UPしたミヤマシジミのボツ画像についてここに載せることにします。

そうそう、本体サイトは引っ越しました。学校の方針で業者にホームページを委託したのは良いのですが、こちらに何の連絡もなく突然変更されてしまい、しかもこちらにアクセス権もなくなってしまったので、自動的に新しい引っ越し先に移動するようにすることも出来ませんでした。今は完全なリンク切れの状態です。
申し訳ありませんがリンクの変更をお願いします。

さて、私のサイトでは画面構成の都合上基本的に3の倍数の写真を使うので、数が合わないと多少もったいないなと思っても撮影日記に載せない限りボツになってしまいます。
そこで、今日はそれらが選ばれなかったわけも書いて見ながら、ちょっとだけ日の目を見させてあげようと思います。
最初に先週UPしたミヤマシジミ
昨年行った関西・関東合同撮影会での撮影で、広角で狙っては見たものの、写っているねと言うだけの写真になってしまった写真。
f0031682_21582865.jpg
広角はマクロと違ってアングルとか背景で出来が極端に違って難しい。その人の空間処理のセンスがもろに出てくると思う。私はどうもあまりセンスがないみたいだ。

これは、同じ日に撮影した♂の翅表。本種の翅表はきれいで写りが良いが、残念ながら背景が地面で色合いが悪く使う気になれなかったもの。
f0031682_21591040.jpg

ボツ画像ではないがミヤマシジミのページをつくっていて、面白いと思ったことを1つ。
今回本体サイトに写真をUPするについて幼虫の習性について調べてみると、Earthwatch Japanの国内プロジェクトの1つに「富士山北麓の絶滅の危機に瀕している草原性チョウ類の保全へ向けた生態調査」と言うのがあって、ミヤマシジミの減少の要因の1つとして、アリとの強固な関係が上げられていた。
それによると、(ミヤマシジミの)「チョウ幼虫には、特定の働きアリ(専属介護係と呼んだ)が付いており、補助的な個体がつくこともあった。」ということだ
専属の乳母がいるとは興味深い事実だけど、どうやってアリの区別をしたのかと思ったら、アリにマークを付けておいて追跡調査したらしい。

次に今週UPしたエルタテハ
エルタテハは、敏感でなかなか近づくことが難しいチョウだが、昨年キャンプ場の材木が積んである場所に来ていたこのチョウは、逆にどんどん近づいてきて画面からはみ出しそうになってしまった。
まあまあの写真で本体サイトにも使おうかなと思ったけど、翅表の写真は他にいくつかあるので、翅表と裏面と両方写っている別の写真を採用した。
f0031682_2263043.jpg

もう一枚はキャンプ場の炊事場に来たもの。あまり良い場所とは思えなかったが、生態の一部なので取りあえず撮っておいた。ページをつくる時に調べてみると山小屋などに結構紛れ込んだりしてくるらしいので、そんな説明用に使うことにした。
f0031682_2224346.jpg

最初はこれを使おうかと思ったが、本種の習性として、止まった後に下向きになることが多いというので、その習性が良く出ている別の写真を使うことにした。
それから、ボツ画像ではありませんが、先日celastrinaさんに教えていただいた「吐水吸い戻し」を本種でも撮影出来たので載せてあります。

by dandara2 | 2007-02-18 22:18 | 静止 | Comments(18)