「ほっ」と。キャンペーン

タグ:エゾミドリシジミ ( 2 ) タグの人気記事


2015年 10月 14日

ヒサマツミドリシジミ、リベンジ(2015/10/9)

3連休の週末は天気がいまいちの感じだったので、授業のない連休前日の10月9日にヒサマツミドリのリベンジに出かけた。

やっとの晴天、果たして撮影できるのだろうかと不安を抱えながらポイントで待つ。

8時半過ぎ、20メートルくらい先で何かの蝶が動く姿が見えた。
大急ぎで近づくとゼフィルスだ。

頭が隠れているけど、前翅には大きな黒斑、後翅にはV字のラインが・・・
ヒサマツに間違いない。
f0031682_13125550.jpg


シャッターを何枚か押し、モニターで写っているのを確認する。
やったーこれで今年の大きな目標が達成できたとじわっと喜びがわいてくる。

適当な吸水場所が見つからないのか、ちょこちょこ飛び回ってなかなか落ち着かない。

驚かせてしまわないように少し遠目から望遠ズームで撮影。
f0031682_13135262.jpg


尾状突起が長いのがよくわかる。

やがて翅を開き始めた。
マクロに持ち替えて、そっと近づいて撮影。
f0031682_13175093.jpg


ヒサマツのこのAB型の翅表はぜひ撮りたかったので、大喜びだ。
f0031682_13181750.jpg


しかもこの個体、B斑の周辺や、後翅にも青い鱗粉がある
f0031682_14423751.jpg


初めての撮影だから、こういったタイプが多いのかどうかはわからないけど、図鑑で見た限りではあまりないような気がする。

短い時間で小飛しては吸水する。
f0031682_13273898.jpg

f0031682_1328026.jpg


吸水の後は翅を開いて日光浴。
f0031682_13284186.jpg


この個体は、撮影結果をモニターで確認している間にどこかに飛んで行ってしまった。

その後は吸水個体は見つからない。

時間的には、これからが本番のはずなので何度も周辺を見直すと、足元からぱっと飛び立った。
先ほどの個体かと思ったけど、翅表の傷の具合から別個体のようだ。
f0031682_13291040.jpg


この個体は落ち着きがなく、吸水することなく見失ってしまった。

その後はぱったりと姿が見えなくなってしまった。

どうしようかと思ったけど、別に調べたいこともあったので移動することにする。

歩いていると、またゼフが飛び出した。
ヒサマツかと思って追いかけるけど、翅を開いたところではAB型ではなく、地味なO型のようだ。
ヒサマツにはこんなタイプはないはずだ。
f0031682_13295915.jpg


種名がわからないけど、翅を閉じたところも撮影する。
f0031682_13301575.jpg


痛んでいてよくわからないけど、エゾミドリのような気がする。
ゼフはあまり詳しくないから違っている可能性もある。
もし違っていたらご教示ください。

--->複数の方からコメントやメールでご教示いただきましたが、エゾミドリと言うご意見が多かったです。
それらのご意見をもとに写真を見直しましたが、翅表のO斑の形状、後翅裏面の雌の短状の形状や橙斑の上の黒状その他の特徴からやはりエゾミドリとしました。
ご意見ありがとうございました。


移動した先では、期待したものはいなくて、代わりにクモガタヒョウモンの雄が現れてくれた。
f0031682_13311891.jpg

f0031682_13313380.jpg


この秋はあまりヒョウモンが撮影できていないので、これはこれでうれしい。

ようやく今年の大きな目標のヒサマツミドリシジミが撮影できた。
これで、今後はすっきりした気分で蝶を追いかけることが出来そうだ。

by dandara2 | 2015-10-14 13:38 | 吸水 | Comments(30)
2007年 08月 09日

オオゴマは不作か、採集圧か、数はすくなかった。

6日から8日まで岐阜に行ってきた。今回は息子夫婦と一緒の旅行なので、そうそう勝手ばかりも出来ないので、真ん中の7日だけ家族と別れて単独行動をとることにした。
最初の写真は8ヶ月になる孫です。上下の歯も生えてきましたが、まだ寝返りをうつ程度なので連れて歩くには一番楽です。旅行の間熱も出さずいい子でいてくれました。
f0031682_20154630.jpg

チョウの方ですが、前回来た時よりも蝶の数が少なく、歩いても歩いても見かけるのはヒメシジミとキバネセセリのみと言った感じ。
オオゴマは数が少なく、昨年みんなで撮影したポイントには採集者が張り付いていてとても撮影どころではなかった。蝶の数の何倍もの採集者が入っていたようだ。
それでもなんとか吸蜜する♀を見つけ撮影することが出来た。
f0031682_20162367.jpg
ニコンD200、マイクロニッコールVR105、1/2000、f6.3、ISO640、絞り優先、中央部重点平均測光

ここに来るまでの間にはオオゴマを全く見かけることが出来なかったので、ここで粘ることにして待機していると、多分同じ雌が戻ってきて吸蜜したり静止したりして良いモデルになってくれた。
やがて食草の周囲を飛び回るようになったので、産卵するとにらんで様子を見ることにした。
f0031682_20165043.jpg
ニコンD200、マイクロニッコールVR105、1/750、f6.3、ISO640、絞り優先、中央部重点平均測光

そのうち産卵をはじめたけど、かなりゆっくり産卵してくれたので枚数だけはたくさん撮ったけど、あとで見ると光線状態がきつく、出来の良い写真は少なかった。
f0031682_2017932.jpg
ニコンD200、マイクロニッコールVR105、1/1600、f6.3、ISO640、絞り優先、中央部重点平均測光

その他のチョウはビックリするくらい少なくて、前回たくさん見かけたウラキンは全く見かけず、フジミドリは♂を数頭見かけたのみ。
そのうちのいくつかは採集者のネットに入ってしまったようだ。
こんな光景を見るとネットマンに話しかける気にもならず、夫婦で歩いている時にはあまり行けない上の方を探索することにした。
いくつかのポイントらしいものを見かけるがオオゴマ自体は見かけず、沢筋に残雪が見られるようになり、本格的な登山になりそうになってきたので戻ることにする。
f0031682_20174037.jpg
ここまで来る間に撮影出来たのは、アイノミドリと思われる個体。川の中の石の上でテリ張りをしており、遠くからだけどコンデジの望遠側で撮影してみた。
やや露出オーバー気味でピントも不満足だけど何も撮れないよりはましかな。
f0031682_20175876.jpg
CAMEDIA SP-550UZ、プログラムAE、1/640,f5.6、ISO100、焦点距離504mm(35mm換算値)

また、帰る寸前にオオゴマシジミのポイントを再度除くとエゾミドリがテリ張りをしていた。
最初は後ろからだったので全く羽が光らず、そろそろと回り込んでようやく翅が光っている場所で取りあえず撮影、もう少しと思った時には飛ばれてしまって、やや甘い写真になってしまった、残念。
f0031682_20181215.jpg
ニコンD200、マイクロニッコールVR105、1/320、f6.3、ISO640、絞り優先、中央部重点平均測光

by dandara2 | 2007-08-09 20:14 | 産卵 | Comments(24)