「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ウラジロミドリシジミ ( 3 ) タグの人気記事


2012年 06月 12日

ヒロオビミドリシジミ(2012/6/10)

6月10日は「蝶に遊ぶ」のma23さんにお世話になって兵庫県にヒロオビミドリシジミを撮影に行ってきた。
5月に白馬でma23さんにお会いした折に、6月になったら撮影に行きたいとお願いしておいたのだけど、当初予定された17日の日曜は文化祭で出勤。
1週間早めていただいたけど、その時点ではまだ発生していないかも知れないという不安があった。
直前の打ち合わせでは早朝3時に大阪のホテルに迎えに来てくれるとのこと。
ところが前日の土曜日は例によって仕事。しかもこの日は音楽鑑賞教室とかの行事で終了が16時近く。
この設定ではスーツでお出かけ、ホテルで着替えかな、靴が2足はいやだな、夕飯はどうなるかなと心配だったけど、当日新宿で行われる学校説明会の方に出てほしいとの話し。
しかも午前と午後の2交代があるというので、午前に入れてもらえることになった。
この時点で、自宅に帰って着替えを済ませてから新幹線に乗っても間に合いそうだなと思っていたが、さらに打ち合わせをして、早い時間に行って説明会用の資料とかの準備をする仕事をすれば11時には帰れる算段がついた。
これなら帰宅して昼食を済ませても18時頃には新大阪前のホテルに入れる。
しかも前日までは雨のようだけどこの日は雲があるけど晴れるとの予報。
さらには、前日に入った「蝶の生態写真」のSAさんの情報で、新鮮個体がかなり発生しているとのうれしい話しが・・・
まるでこの撮影のためにすべてがよい方向に進んでいるような感じ。
たぶん撮影は何とかなるでしょう、もしかしたら素晴らしい写真が撮れるのではないかとのma23さんのメールに安心して、翌日に備えて早めに就寝することにした。
結局いつも寝る時間まではいろいろ考えたりして寝付けなかった。
翌日3時にma23さんとお会いして一路ポイントの兵庫へ。
何でも日が昇る前に叩き出して目印を置いておき、日が差したらほんの瞬間開翅してすぐに飛び立つから、その瞬間を撮影するのだという。
なんかレベル高そう。
もっとも自分は初めてだし、ヒロオビの名の由来の裏面の幅広の白線が撮れれば十分なので、それには時間的ゆとりがありそうだ。
途中「週末がさがさ団」のDodo-boyさんと合流してポイントへ。
ポイント着くとすでに長竿で叩き出しを行っている方がいる。
行ってみると、すぐに目印のティッシュが眼について近くには♂が止まっている。
喜んでカメラを構えるけど、まだ暗くてシャッタースピードが稼げない。
撮った写真もぶれぶればかり。もう少し明るくならないとどうにもならない感じ。
それでも何とか、雄、雌の写真が撮れた。
f0031682_954957.jpg
ヒロオビミドリシジミ雄

今回は、翅と記録面の向きに注意しながら、なるべく全面にピントが合うように注意して撮影した。
D800の高解像度は拡大すれば鱗粉の一枚一枚まで解像してくれている。
f0031682_9543534.jpg
ヒロオビミドリシジミ雌

今まではレタッチの時にピクセル等倍まで確認することはあまりしていなかったけど、最近は写真を選別するときにも等倍まで拡大して確認する癖がついてきた。

撮影していると、少し離れたところではウラジロミドリシジミもいるという。
行ってみると、確かにウラジロがちょこんと止まっている。
f0031682_9545247.jpg

ヒロオビよりもさらに小さい。長野で見た個体よりも小さいような気がする。
後は開翅を待つだけ、やや雲が多くかなり待たされたけど、最初に日が当たったウラジロがじわじわと翅を広げてくれた。
f0031682_9553748.jpg

前翅に傷がある個体だったけど、雲とにらめっこでずいぶん待たされたので感激の一瞬だった。

すぐにあちこちで開いた-の声。
駆けつけて撮影するけど、角度がいまいちだったりしてなかなかうまく撮影できない。
雌の方は低い位置でじっくり開いてくれたので無事撮影できた。
f0031682_9561451.jpg

こちらの個体は赤紋が入ったA型のようだが、後で調べると出現頻度は少ないようだ。
f0031682_9563171.jpg

ウスイロオナガシジミも見つかった。
ここに来る途中で、ウスイロもいますという話を聞いていて、出来れば撮影したいと思っていたのでこれもうれしい。
f0031682_957837.jpg

きちんと落ち着いて撮影できたのは何年ぶりだろう。

そろそろ下にいた個体も飛び出して、終了かなと思った頃に、kenkenさんが見守っていた個体が開翅したとの知らせ。
急いで駆けつけると、その場にいた皆さんがその雄を囲んでカメラを構えている。
何とか割り込ませてもらって無事開翅を撮影。
f0031682_9573170.jpg

開翅はおまけ程度に考えていたけど、きちんと撮れてやった-と言う感じ。
家内の横から撮った写真も結構良い感じだ。
f0031682_9575589.jpg
(家内撮影)

ウスイロオナガも別個体が近くにいて、こちらも良い写真が撮れた。
f0031682_9582618.jpg

かなり撮影できて皆さんも落ち着いてきたので、魚露目にもチャレンジ。
f0031682_9584943.jpg

歩き回っているときに、ヒカゲチョウのきれいな雌がいて開翅してくれた。
f0031682_9592763.jpg

今まで、こんなきれいな個体の開翅は撮ったことがなかったので、これもうれしいお土産だ。
時間を見るとまだ9時前。
これからウラナミアカシジミを探しに行くという。
ウラナミアカシジミは自宅近くにもいるし、この前撮影したばかりだけど、このところ急に数が減ってきているという。
その実態を見るのも勉強かなと思ったけれど、結局見つからなかった。やはり数が減っているんだなと実感できた。

当日現地でお会いし、お世話になった「My favorite Butterflies of Japan」のkenkenさん、「田島の蝶・播磨の蝶」のTATEIWAさん、「ぶらり探蝶記」のtemenosさん、「にぎやかなるDon」のDonさん、それに早朝からゼフを叩き出していただいたF.Tさんいろいろありがとうございました。
この後ヒメヒカゲを撮影に行ったけど、それは次回。

by dandara2 | 2012-06-12 10:19 | 開翅 | Comments(28)
2010年 07月 20日

長野遠征(2010/7/18:ウラジロミドリ他)

ようやく梅雨が明けた7月18日は 「還暦からのネイチャーフォト」のmustachioさんと、ゼフィルスとキマダラモドキ狙いで白馬に行って来た。
この時期何処に行くか迷うところだけど、今回はmustachioさんの未撮影の蝶を中心に回ることにした。
午前1時に待ち合わせをして出かけたが、夜中なので高速道路は空いていて2時間半で白馬についてしまった。
安曇野の蝶と自然」のkmkurobeさんと待ち合わせの5時まで仮眠をとって(寝られなかったけど)その後最初のポイントへ。
ポイントでは蝶山人ご夫妻、「探蝶逍遙記」のfanseabさんなどと合流する。
叩き出して最初に飛び出したのがウラミスジシジミ、来る時の車の中で、ウラミスジシジミはいるけれども個体数が少ないので撮影できるかどうか判らないと話していたのに、あっけなく撮影できてしまった。
f0031682_18284579.jpg

その後、本命のウラジロミドリシジミが飛び出す。
まだ♂が多いようで、♀はあまり見かけなかった。
f0031682_18294172.jpg

しばらく待っていると、♂が翅を開いてくれた。
このチョウ独特のブルーの翅表はいつ見てもきれいだが、角度の関係で後翅が光らなかったのはちょっと残念だ。
f0031682_1830137.jpg

ハヤシミドリシジミもそこそこの数がいたが、まだ♂が多かった。
f0031682_18304387.jpg

ハヤシミドリもやがて翅を開いてくれたけど、こちらはやや痛んでいたし、ウラジロミドリ同様後翅がうまく輝いてくれなかった。
なかなか難しい。
f0031682_1831124.jpg

ここについて1時間半くらいで一応目的とする蝶はすべて撮影できた。
その後も様子を見るけれども、だんだん高所に上がるようになってしまったので、次にフジミドリが撮影できたという林道に行ってみる。
ここでは少し時間が遅かったのか、フジミドリは見ることが出来なかったが、ジョウザンミドリシジミのテリ張り時間には滑り込みセーフで間に合った。
ただ、角度が悪くこれも思い通りの写真は撮れず。
f0031682_1831454.jpg

林道を降りていると、アイノミドリが吸水しているのに気がつかず蹴飛ばしてしまったらしい。
同行の方の大声にも一体何が起こったのかわからなかったが、指差された先を見るとアイノミドリがひっくり返って気を失っている。
そのうちもぞもぞと動き出したので、何とか撮影。
f0031682_18322160.jpg

昼食後皆さんと別れ、クロツバメシジミ、ミヤマシジミを見に行く。
クロツバメシジミはたくさん飛んでいたが、やや時期が遅く痛んだ個体が多かった。
気温も高くなかなか止まらないが、なぜか赤い実(種名は調べていない)に止まる個体もあった。
吸蜜をしているわけでもないので、単に止まっただけだと思うけど、写真写りは良い。
f0031682_1832573.jpg

こちらはややしぼみかけた実に止まる個体。これもストローを伸ばしてはいない。
f0031682_18332270.jpg

ミヤマシジミの方は発生を始めたところのようで新鮮な個体が多かった。
食草のコマツナギで吸蜜する♂。
f0031682_18335763.jpg

同じくコマツナギで吸蜜する♀。花穂に産卵する♀もいたけど、うまく撮影できなかった。
f0031682_18364915.jpg

最後にキマダラモドキポイントに移動。
例年より個体数が少なく、1.2頭を見かけただけだったけど、この個体は林の薄暗いところに止まったまま微動だにしなかった。
f0031682_18371449.jpg

そのおかげで、本日の最後の課題も無事撮影。
フジミドリが撮影できればパーフェクトだったけど、活動時間が厳密に決まっているミドリシジミ類の場合は掛け持ちはなかなか難しいと感じた一日だった。
色々お世話になったkmkurobeさん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2010-07-20 18:39 | 静止 | Comments(22)
2008年 07月 13日

信州遠征(ウラジロミドリシジミ編)

7月13日の日曜日の朝2時、「蝶の観察記録その2」の霧島緑さんと待ち合わせて信州に向かった。
このところ素晴らしいゼフィルスの写真を撮っている「安曇野の蝶と自然」のkmkurobeさんと5時に会いウラジロミドリシジミのポイントへ向かう。
今回はkmkurobeさんに、「"叩き棒"が折れたが長野まで行かないと買えないから買ってきて欲しい」、と頼まれたのを良い機会に自分用の叩き棒(磯玉網)を購入した。
消耗品だから安いもので良いと言うことだったけど、自分の場合は多分そんなに使わないだろうからちょっと高いが短くたためるものにした。
f0031682_22233318.jpg

ところが現地では、3人で叩いても仕方ないから一人は見張り役をと言うことで、結局叩き棒デビューはならなかった。
叩いても足手まといだと思われたのかもしれない (^^ゞ
実戦投入は冬のルーミス撮影かなー。
f0031682_2223331.jpg

早朝叩いてみると、かなりの確率でウラジロミドリシジミが飛び出し歓喜した。
やや色が濃くて一見ミズイロオナガシジミみたいのが♀だろうか。
f0031682_2224074.jpg
この♀は撮影しているとじわっと翅を開いてくれた。最初は♂♀の区別が頭になかったのでどんなきれいなブルーが出てくるかと思ってどきどきしたけど、地味な黒色で多少がっかりした。
f0031682_22243444.jpg
けれどkurobeさんが♀の開翅だーと喜んでいたのでこれはきっと貴重に違いないとまじめに撮影した。
f0031682_2225470.jpg
♂の裏側は真っ白でほんとにウラジロミドリだ。実はウラジロミドリシジミは初めての撮影になる。
こちらもじわっと翅を開いてくれたが、間からのぞくブルーは深いブルーでものすごくきれいだった。
f0031682_22275434.jpg
やがて翅を開いてくれたが、他のfavoともまた違う色合いのブルーで、写真にするのは難しいけど感激ものだ。
f0031682_22281985.jpg

こちらは別個体、個体によって若干色合いや輝きも異なるようだ。もちろん角度が違うから同じにはならないけど、見た目の印象もかなり違っていた。
f0031682_22283475.jpg

北アルプスを背景にした写真も撮れて最高の出だしになった。
f0031682_22292458.jpg


by dandara2 | 2008-07-13 23:16 | 開翅 | Comments(20)