タグ:ウラギンシジミ ( 76 ) タグの人気記事


2017年 03月 01日

小畔川便り(2月末での越冬蝶の様子など:2017/2/22.23)

2月22日は気圧配置は冬型で、気温も10度前後だけど風はない。

土手でようやくカントウタンポポが咲き始めて、それにモンキチョウが吸蜜に来た。

f0031682_16303625.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この土手にはセイヨウタンポポがほとんどなくて、見られるのはカントウタンポポのみ。

数の減っているカントウタンポポとわかる写真を撮りたかったけど、まだ花茎が短くてそれらしい写真は撮れなかった。


少し翅の壊れた個体がホトケノザで吸蜜している。

f0031682_16303567.jpg
ニコンD5500 ニッコール55-200


この日見かけたモンキチョウはこの2頭。
きれいな方の個体が飛び立つところを撮影する。

f0031682_16303907.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_16303560.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


23日は都心では春三番が吹いたとかニュースで言っていた。

こちらでは風はそれほど強くないけど曇り、気温は高い。

雲が多いので撮影はあきらめて近くのスーパーに買い物に出かる。
お店を出たら雲が切れて日が射し始めた。

孫が学校から帰ってくるまでの1時間ほど、散歩を兼ねて川原に出てみる。

カントウタンポポがもう一株花をつけている。
その株を注意してみていたら、狙い通りモンキが吸蜜に来た。

f0031682_16302906.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


家内が羽化直とみられる個体を見つけてくれるが、なんとなく変な感じ。

f0031682_16303519.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


動かないので、先ほどの雄が絡んでくるのを待っていたら、しばらくして飛んできた。

f0031682_16303087.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


交尾拒否姿勢をしたからメスだろうか。
ということは羽化直ではなかったようだ。

f0031682_16302909.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この場所では普通の白いタイプのメスはまだ見ていない。


2月も終わったので、この時点での越冬蝶の様子を記録に残しておきます。

17日に姿が見えなくなったムラサキシジミは、22日に確認すると一頭が戻ってきていた。

f0031682_16304054.jpg
2月22日撮影


25日は数が増えて2頭になっていた。

f0031682_16303066.jpg
2月25日撮影


風で葉が触れて飛び出していった8頭集団のうちの個体かもしれない。

ウラギンシジミは

A個体は健在。

f0031682_16302534.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


B個体も無事。

f0031682_16302561.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


C個体も無事。

f0031682_16302572.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


D個体は17日に見た時には、強い風で隣の枯れ葉にこすられたのか翅がだいぶ痛んでいた。

f0031682_16303975.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


大丈夫かなと思っていたけど、22日には姿が見えなくなっていた。

f0031682_16304044.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


暖かい日があったから、この場所に見切りをつけて飛び出したのだろうか。

I個体は無事。

f0031682_16302530.jpg
ニコン1V3 1ニッコール10-30


これで越冬中のウラギンシジミは4頭になった。

3月に入ったので、このまま越冬が完了してくれると嬉しい。







by dandara2 | 2017-03-01 16:52 | 越冬 | Comments(10)
2017年 02月 05日

小畔川便り(1月末時点での蝶たち:2017/1/30.31)

1月30日は都内では20℃を超える場所もあったようだけど、こちらは雲が多く、気温も15℃を超えたかなという程度。

公園の様子を見に行くと、3頭で越冬中のムラサキシジミはそのままだった。

f0031682_14323366.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


気温が高いせいか、1頭がストロボの光に反応して翅を少し開いた。

ムラサキツバメのメスも飛び出したけど、斑紋の特徴から、こちらが把握している個体とは別の個体のようだ。
どこか別の場所で越冬していたのだろう。

f0031682_14323399.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内が黄色い蝶が飛んでいるというので見に行くと、キタキチョウがつつじの植え込みの周囲を飛び回っている。

f0031682_14322660.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


様子を見ていると、少し弱々しい飛び方でねぐらを探しているようだ。

f0031682_14323497.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


少し前にこの周辺を掃除の人が掃いていたので、それに驚いて飛び出したのかもしれない。

しっくりする場所がないのか止まっても落ち着かない。

f0031682_14323319.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


葉の表に止まっておとなしくしていたりする。

f0031682_14323201.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


それでもようやく裏側に回って落ち着いた。

f0031682_14322694.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この日は暖かいのに雲が多くて、活動した個体はムラサキツバメとキタキチョウの2個体だけ。

川原に行ってみても飛び出す蝶はいなかった。

翌31日には晴れているけど、北風が強く気温も10℃に届かないくらい。
結局動く蝶はいなかったので、越冬中の蝶を確認。

ムラサキシジミの3頭はそのまま。

ムラサキツバメは確認できるのは1月28日にツバキに戻ってきた1頭になった。

f0031682_14322063.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


昨日翅を開いていた個体はどこに行ったかはわからない。

ウラギンシジミは12月末に記録した個体と比較してみると、

A個体は健在。

f0031682_14322740.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


B個体も健在。

f0031682_14322060.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


C個体も健在。

f0031682_14322636.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


D個体も健在。

f0031682_14322009.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


E個体は12月31日にいなくなってしまった。

banyanさんが1月1日に見つけてくれたF個体は16日には寒さのために死亡した。

1月3日に霧島緑さんが見つけてくれたG個体は健在。

f0031682_14321976.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


同じ日に見つかった非越冬タイプのH個体は16日にいなくなってしまった。


1月21日に霧島緑さんが見つけてくれたI個体も健在。

f0031682_14322749.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ということで、現在6頭のウラギンシジミが越冬中だ。

新たに見つかった個体はどこからか移動してきた可能性が高いけど、見つかってから後は全く動く気配がない。
立春も過ぎたけど、まだ寒い日が続きそう。
頑張ってほしい。





by dandara2 | 2017-02-05 15:00 | 越冬 | Comments(10)
2017年 01月 24日

小畔川便り(ムラサキシジミの減少原因の一つ風?:2017/1/21-23)

1月21日は公園に出かけたら、いつも観察しているツバキの近くに脚立が置いてある。
あれ、誰か来たのかなと思ってみたら霧島緑さんだった。

晴れてはいるけど北風が結構ある。

18日に翅を開いてくれたムラサキツバメは、この日はいつものねぐらに落ち着いて動く気配はなかった。

f0031682_11352835.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


霧島緑さんはすでに一回り観察されていて、この前4頭集団になっていたムラサキシジミが3頭の集団になっているという。

f0031682_11352817.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近くに、イチョウの葉に止まった1頭がいた。
f0031682_11352861.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ここには今まではいなかったから、4頭集団の1頭が移動してきたようだ。

それ以外のムラサキツバメはそのままの位置で越冬中だった。

f0031682_11352862.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30

f0031682_11352782.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


霧島緑さんが、新たにウラギンシジミの越冬個体を見つけてくれていた。

f0031682_11352126.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この場所はちょっと葉の陰になる位置だったので、今まで見逃していた可能性が高い。

ねぐらに落ち着いたムラサキツバメの近くにぼろの個体がいたんですよと話をしたら、ツバキの木の根元のほうにかがみこんで、「ここにいる!」とぼろの個体を見つけてくれた。

f0031682_11352128.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


先日寒さのために☆になったウラギンシジミはまだ葉に足の先が食い込んだままで、風に揺られていた。

f0031682_11352117.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


この前見た時よりは風に吹かれて揺れているので、この日の風で飛んでしまうかもしれない。


翌22日には風はあまりないけど、気温が上がらず前日と同じくらいの7℃前後。
banyanさんがお見えになった。

ムラサキシジミの3頭集団はとうとう2頭になってしまった。

f0031682_11352280.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

1頭は緑葉に、もう1頭はクモの巣の葉に移動していた。

風に吹かれていた☆になったウラギンシジミはとうとう見られなくなってしまった。

ボロボロ大賞のムラサキツバメはねぐらから飛び出したようで行方不明。
昨日撮影した時にも触覚がV字型だったから、あの後飛び出したんだろう。

イチョウの葉のムラサキシジミはそのままだった。

f0031682_11352105.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


23日は気温も低く、風も強い。
歩いていても寒いけど、例年だとそろそろヒメアカタテハが見られるころ。
川原を歩いてみるけど何も見つからなかった。

ムラサキシジミを見ると22日と同じように、緑葉に1頭、クモの巣に1頭いた。

f0031682_11351290.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


近くのムラサキツバメは葉の上で横になっている。

f0031682_11351390.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


その隣ではウラギンシジミが無事越冬中。

f0031682_11351349.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


イチョウの葉のムラサキシジミもそのまま。

f0031682_11351219.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


少し位置が変わってこちらからは縦になっていたので、最初はわからず焦った。

他の蝶も特に動きがないことを確認して、今日は寒いから帰ろうかなともう一度ムラサキシジミを見に行ったら、ガーン・・・緑葉上の1頭がいなくなっていて、クモの巣の1頭しかいない。

f0031682_11351318.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この間5,6分しか経っていない。
近くのムラサキツバメにも、ウラギンシジミにも、ムラサキシジミにも変化はない。

唖然として主のいなくなった葉を見つめてしまった。

鳥のせいにしては数の減り方が何日にもわたって少しずつ減っているのがおかしいし、すぐ近くに移った個体がいたり、近くのムラツやウラギンなどに被害がないのも納得いかない。


そこでふと気が付いた。
ムラサキシジミがいた緑葉には、その上にマテバシイの葉が覆いかぶさるようにしている。

この日は風に吹かれて激しく揺れていた。

その様子を見ていると、今までムラサキシジミがいた葉に触れそうになるほど揺れるときがある。

もしかしたら、これが原因でムラサキシジミが飛び出したのではないだろうか。

8頭集団が4頭に減った前の日も午後から強い風が吹いていた。

f0031682_12032214.jpg
1月16日


残った4頭集団の配置を考えると、葉の根元のほうの個体が残っていた。
f0031682_12034046.jpg
1月18日


22日も風が強かったし、23日のこの日も強い風が吹いていて、葉が激しく揺れている。

風が原因だとすると、すぐ近くのムラサキシジミやウラギンシジミにこれといった変化がないのも納得できる。
そこでは風は吹くけど、葉が激しく揺れてはいない。

一つ謎が解けたような気がして(本当かどうかは、その瞬間を見ていないのであくまで推測だけど)、ムラサキシジミの数が減ったことのショックから少し元気が出て帰宅することができた。






by dandara2 | 2017-01-24 12:06 | 越冬 | Comments(10)
2017年 01月 16日

小畔川便り(寒波の後の越冬蝶たち:2017/1/16)

1月の14.15日は日本全国で大雪が降り、各地で被害が出ているようだ。

今日16日もまだ雪が続いているようだけど、関東は例によって晴天。
ただ気温は低くて、朝は-6℃だとか。

部屋の窓の雫が凍って窓が開かなかったし、一軒家の方は水道管が凍ったとか言っていた。
いずれもここに住んでから初めてのことだ。

11時過ぎに蝶の様子を見に行く。
いくつかショッキングな変化が起こっていた。

まず、マテバシイに引っかかった枯れ葉で越冬していたムラサキシジミ。
13日には9頭の集団がいた。

f0031682_21581916.jpg
1月13日 ニコン1V3 1ニッコール70-300


今日(16日)の11時53分に見た時には4頭に減っていた。

f0031682_21574507.jpg
1月16日 11時53分  ニコンD500 ニッコール70-200


遠いので、頭数の確実なところは撮影時点ではわからなかったけど、かなり減ったなという感じだった。

そのあと、顔見知りの公園の管理の人やジョギングの人に越冬蝶の話をしながら歩いていたら、目の前をムラサキシジミが飛んでいる。
びっくりして追いかけたけど見失ってしまった。

気温は7,8℃しかないのになんでだろう、どこから飛び出したんだろうと思って、念のためにマテバシイの枯れ葉のムラシの写真を撮っておく。

後で確認したら、2頭になっていた。(12時32分)

f0031682_21574367.jpg
1月16日 12時32分  ニコンD500 ニッコール70-200


飛び出した蝶はどこに行ったかと思って探していると、ちらっと眼の隅に動く影。

そちらを見ると、メジロがマテバシイの枯れ葉のとこから飛び出した。

エーと思って、再度撮影すると、ムラサキシジミは1頭になっていた。(12時37分)

f0031682_21574423.jpg
1月16日 12時37分  ニコンD500 ニッコール70-200



ここのムラサキシジミは鳥に見つかって、覚えられてしまったようだ。

見ていると、ツバキやサザンカの茂みの中などに鳥が潜り込んで一生懸命何かを探している。

寒さだけでなく、鳥による捕食が越冬する蝶にとっては大きな脅威になっているんだなと実感した。

また、banyanさんが見つけてくれたウラギンシジミ。
13日は元気に越冬していた。

f0031682_21581911.jpg
1月13日  ニコン1J5 1ニッコール10-30


今日16日に見たら、羽を開いて死んでいた。

f0031682_21575008.jpg
1月16日  ニコン1J5 1ニッコール10-30


しっかりと爪をサザンカの葉に食い込ませていたので、風でも落ちることがなかったんだろう。


また、3日に霧島緑さんが見つけてくれたウラギンシジミ。
非越冬タイプだからどうなるかと思っていたけど、今日16日の11時14分にはそのまま越冬していた。

f0031682_21575160.jpg
1月16日  11時14分  ニコン1J5 1ニッコール10-30


ただ風が強くて、葉が揺れて画面にきちんと収まらない。

帰りがけの12時36分、再度確認したら・・・??
姿がなくなっていた。

f0031682_21574405.jpg
1月16日 12時36分  ニコン1J5 1ニッコール10-30


風に飛ばされたか、鳥に食われてしまったのか。
もしかしたらすでに寒さで死んでしまっていたのかもしれない。

それ以外にも、浅間の煙さんが見つけたムラサキツバメ。
13日には2頭で越冬していた。

f0031682_21581871.jpg
1月13日  ニコン1J5 1ニッコール10-30


16日に確認したら1頭になっていた。

f0031682_21575139.jpg
1月16日  ニコン1J5 1ニッコール10-30


以前にも1頭になったことがあるので、もしかしたらまた戻ってくるかもしれない。

アラカシの葉で2頭で越冬していたムラサキツバメは13日には1頭になっていた。

f0031682_21581802.jpg
1月13日  ニコン1V3 1ニッコール70-300


今日確認したら、いなくなってしまっていた。

ここも以前に一度姿が消えたけど、その後戻ってきたので、もう少し確認の必要はありそうだ。

だんだん数が減ってきてしまったけど、マテバシイの緑葉上で越冬中のムラサキシジミはまだ8頭の集団が維持されている。

f0031682_21575193.jpg
1月16日  ニコン1J5 1ニッコール10-30


今現在越冬中の個体は

ムラサキシジミ 9頭
ムラサキツバメ 3頭
ウラギンシジミ 5頭

このうち何頭が冬を乗り切れるだろうか。



by dandara2 | 2017-01-16 22:16 | 越冬 | Comments(22)
2017年 01月 04日

小畔川便り(正月三が日の蝶たち:2017/1/1.3)

今年の正月は気温も平年より2,3℃くらい高く穏やかな日が続いた。

1日は近くの神社にお参りに行った後、蝶の様子を見に行った。
この日は初詣のついでなので、カメラはかさばらないオリンパス STYLUS1s にした。

川原近くの民家では紅梅が咲いていた。

f0031682_17000521.jpg
オリンパス STYLUS1s


土手にはオオイヌノフグリも咲き始めていた。

f0031682_17000530.jpg
オリンパス STYLUS1s


ホトケノザも少ないながら咲いている。

f0031682_17000674.jpg
オリンパス STYLUS1s


昨年の1月1日には、ベニシジミがまだ生き残っていて、ヒメアカタテハの新鮮な個体が見られたけれど、今年は蝶は飛んでいなかった。

それでも気温が高く、公園ではムラサキシジミがサザンカの横で翅を開いてくれた。

f0031682_17001241.jpg
オリンパス STYLUS1s


この時期は、サザンカの花にはあまり関心を示さない。

ムラサキシジミの9頭の集団はそのまま。

f0031682_17001488.jpg
オリンパス STYLUS1s


マテバシイに引っかかった枯葉で越冬蝶のムラサキシジミはなんだか10頭いるような気がするがはっきりとしない。

f0031682_17001396.jpg
オリンパス STYLUS1s

動きのあったものを上げていくと・・・

翅の傷んだウラギンシジミは、12月31日からいなくなってしまった。

f0031682_17001226.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30  12月29日撮影(30日は確認のみ)


傷んだムラサキツバメは31日にはいたけど、1月1日には姿が見られなくなった。

f0031682_17001357.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150 12月31日撮影


1日にはbanyanさんがお見えになって、ウラギンシジミの新しい越冬個体を教えていただいた。

f0031682_16595794.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150 1月3日撮影


(1日撮影のものは暗い背景に引っ張られたのか、コントラストがきつすぎて写真にならず、この辺りがコンデジのjpeg撮影の限界かもしれないなという気がした・・・露出補正をしないのが悪いと言われそうだけど。)


それほどわかりにくい位置ではなかったので、今まで気が付かなかっというより暖かさにつられて飛んできたのかもしれない。

3日には霧島緑さんがお見えになっていて、ウラギンシジミの越冬個体を教えていただく。

f0031682_17000678.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150



それに、マテバシイの9頭集団の近くのツバキにはムラサキシジミの新たな越冬個体がいるのを教えていただく。
f0031682_17000524.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


そのすぐ横にはウラギンシジミもいた。

f0031682_16595747.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


いなくなった翅の壊れた個体かと思ったけど、壊れている位置が左右ちがうし、反対側の後翅は確認してみたら壊れてはいなかったので、別の個体のようだ。

この2頭も移動してきた可能性が高い。(1月4日にはムラツが一度飛び出して、また戻ってきていた)

マテバシイの枯葉に止まっているムラサキシジミはやはり10頭いた。

f0031682_16595640.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300 


左側に4頭、右側に6頭いる。
右側の6頭のうち1頭は一番右端で縦になっていてわかりにくいけど、上から2番目の個体の後翅のところにかすかに触角が見えるので間違いない。
(この写真では少しわかりにくいかも)

これで越冬中を観察している個体は
ムラサキシジミ19頭
ムラサキツバメ8頭
ウラギンシジミ7頭
の計34頭になった。



by dandara2 | 2017-01-04 17:26 | 越冬 | Comments(20)
2016年 12月 31日

小畔川便り(2016年の最後の日の観察中の蝶の状況:2016/12/31)

ここにきて晴れても気温が上がらず、川原では飛んでいる蝶の姿が見られなくなった。
いつもの公園でも、気温が10度を下回っているので、晴れていても活動する蝶の姿が見られない。

2016年の最後の日、観察している蝶の姿を一応記録にとどめておこうと思う。
29日と30日に撮影したものだ。
暖かい日があればまだ活動するかもしれないし、寒い日が続けばこのうち何頭が無事冬を越せるだろう。

ムラサキシジミは、越冬集団が2つある。

マテバシイの葉で越冬中の9頭からなる集団

29日に撮影した時には8頭だった。
この日は雲が多くて寒く、ムラサキツバメは横になっている状態で、とても蝶が活動できるような日ではなかった。

ところが、30日の11時過ぎに見に行くと、9頭に増えていた。
この日も朝方は気温が低く、観察した時には日陰には霜がバリバリに凍っていた。

いったいいつ活動したのか ?? だったけど、よく考えると、29日の13時過ぎには雲も取れて多少暖かくなったので、その時に活動したのかもしれない。

この時期の蝶は、13時過ぎには活動をやめてねぐらに入るので、その頃にはスーパーで買い物をして帰宅していた。
このチョウの活動についてはまだよく知らないことがあるなと感じた日だった。

f0031682_22370576.jpg


マテバシイに引っかかった枯葉で越冬している集団。
少し見にくいけど、ここにも9頭の個体がいる。
ここの集団も29日には8頭だったように思うけど、見にくい位置で、画像も不鮮明なので確信が持てない。

f0031682_22370121.jpg



ムラサキツバメは現在8頭を確認している。

ツバキの葉で越冬中の2頭

f0031682_22365545.jpg

浅間の煙さんが見つけてくれた。

マテバシイの葉で越冬中の2頭

f0031682_22365698.jpg

アラカシの葉でも2頭が越冬中

f0031682_22365663.jpg

ツバキの葉で越冬中の個体。

f0031682_22365705.jpg

枯れ枝を仲間と思っている風情。
飛び出してもここに戻ってくる。

かなり傷んだ個体。

f0031682_22365778.jpg

上に雨・雪を遮るきちんとした葉もないので、いつまで無事でいられるだろうか。


ウラギンシジミは5頭を確認。


A個体としておく。
一時はサザンカの花が咲いてきれいだった。

f0031682_22364955.jpg

B個体
きれいな個体だ。

f0031682_22364960.jpg

C個体

f0031682_22365060.jpg

D個体

f0031682_22365039.jpg

E個体
D個体のすぐ近くにいるが、後翅がかなり破れている。

f0031682_22364956.jpg


このうち何頭が冬を乗り切れるだろう。


成虫ではないがジャコウアゲハの蛹も観察している。

昨年同様、幹で蛹になったもの。

f0031682_22370406.jpg

細い枝先で蛹になったもの。

f0031682_22370172.jpg

ベンチの下で蛹になったもの。

f0031682_22370163.jpg

他にもいくつか見つけているけど、寄生されているのでそれらは除外。

モンキチョウの新成虫が飛ぶのが例年だと2月中旬
それまではこれらの無事を確認するのが仕事になりそうだ。



by dandara2 | 2016-12-31 06:00 | 越冬 | Comments(8)
2016年 12月 08日

小畔川便り(ムラサキツバメにお客さん:2016/12/2.4)

12月2日は天気も良く穏やかな日だった。

公園に行ってみると思ったより蝶の数は少なかったけど、紅葉したヒイラギナンテンの葉にムラサキシジミのメスが止まっていた。

f0031682_10473476.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


公園は落ち葉が掃かれて、それを家庭菜園の堆肥にするのか近所の人がよく取りに来ている。
けれどイチョウの葉は堆肥にならないので、そのままになっている。

木の葉がきれいなうちにムラサキシジミが来てくれないかと狙っているのだけどなかなか来てくれない。

ところがこの日は一頭のメスが飛んできてイチョウの葉の近くの石にとまった。

f0031682_10473533.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


撮影していたらふっと飛んでイチョウの葉に止まってくれた。

f0031682_10473520.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


翅を開かないかと思って待っているけど開いてくれない。

待ちくたびれて、だめもとでそっと飛ばしたら、うれしいことに今度はイチョウの葉の間にとまって翅を開いてくれた。

f0031682_10474122.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


その後はサザンカの花にきてくれるのを待つ。

吸蜜はしてくれなかったけど、花の近くで翅を開いて日光浴をしたので、それはそれでうれしく撮影。

f0031682_10473461.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


花の咲いた間にとまって翅を開いてくれた。
f0031682_10472889.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


青空と花の入る位置に止まってくれた良い子。

f0031682_10472971.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


なんと翅まで開いてくれた。

f0031682_10472974.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


きれいなオスだ。

ムラサキツバメも花に来たけど、込み入った場所の花で写真にならない。
そのうち翅を開いてくれた。

f0031682_10473048.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


そこに浅間の煙さんがお見えになった。

春先にコツバメの撮影をしにご自宅近くの公園には良く行くけど、まさかこちらにお出でになるとは思っていなかったのでびっくり。

ムラサキツバメを撮影に見えたということなので、2頭が並んで吸汁しているところをお教えする。

f0031682_10472847.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


ヒイラギナンテンの葉にもムラサキツバメのメスがとまって翅を開いたというので一安心。

この日はムラサキツバメはあまり出てきてくれなくて、ムラサキシジミばかりがポーズをとってくれた。

f0031682_10542163.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


f0031682_10542060.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150

f0031682_10542196.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


それでも最後に家内が見つけた、マテバシイで越冬する小集団を撮影していただいてお別れをした。

f0031682_10542199.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


12月4日には新潟からsekiteleさんが息子さんをお連れになってこちらにいらした。
浅間の煙さんから、ムラサキツバメの撮影ならここに行ってはどうかということでお見えになったようだ。


合流してすぐに先日のムラサキツバメの小集団の越冬を見つけられたので、"おおー、流石だな"と感心する。

ただこの日は雲が多く、蝶がほとんど出てこない。

きれいなムラサキシジミが翅を開いていたけど、声をかけた時には飛んでしまった。

f0031682_10435595.jpg
ニコンD500 シグマアポマクロ150


実はこの日は我々には別の目的があって、家内に新しいレンズを購入したので、その試し撮りをした。

家内の使っている55-200も良いレンズだけど、最短撮影距離が1.1mというのは、シジミ類の撮影では少し物足りない。

最近は蝶の姿が小さくて迫力に欠ける写真が多くなっていた。

トリミングでそれなりの大きさにしてはいるけど、何か良いレンズはないかと思って探すけど、ニコンのレンズには適当なものがない。

ニコン以外のレンズもネットで探してみると、何本かのレンズが見つかった。

その中で、小型で軽く、最短撮影距離の短いもの、それに値段なども勘案してシグマの18-250に決定する。

自宅で試してみると、250mmとはいうけど、最近のレンズはみんなインナーフォーカスなので、蝶の撮影距離程度だと実質170mmくらいの感じ。

ただ18-250mmの全域で35㎝まで近づけるので、今までの1.1mに比べれば格段に使い勝手は良い。

問題は写り。

この日は蝶が少なかったのであまり撮影はできなかったけど、それでも撮影できた写真を見ると、趣味で楽しむ分には十分すぎる性能があるようだ。

f0031682_10435648.jpg
家内撮影 ニコンD5500 シグマ18-250


今までは撮れなかった広角写真も撮れるようになって喜んでいた。

f0031682_10435442.jpg
家内撮影 ニコンD5500 シグマ18-250


banyanさんも途中で来られて一緒に撮影する。
条件が悪いながらsekiteleさんたちにはムラサキツバメの開翅なども撮影されて、喜んで帰られたのでほっとした。





by dandara2 | 2016-12-08 11:03 | 越冬 | Comments(20)
2016年 11月 03日

小畔川便り(ムラサキシジミの産卵環境:2016/10/24.26)

10月24日、ムラサキシジミの様子を見に行く。

アブラムシの汁を吸っている個体が何個体かいた。

f0031682_14492432.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵場所に行ってみると、ムラサキシジミが上から下りてきて、日光浴をしながら芽の様子を見ている。

f0031682_14492478.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


翅の傷の様子から、この前から産卵している個体のようだ。

そのうち下唇鬚で芽の様子を探り出した。

f0031682_14492419.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


気に入らなかったのかその上の芽の様子も探っている。

f0031682_14492528.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


これも気に入らなかったのか産卵せずに飛び去ってしまった。

f0031682_14492334.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


26日はムラサキシジミの産卵場所の様子を記録しておこうと思って出かける。

メス個体は出てこなかったけど、産卵した場所はアラカシ林の南向きの林縁で、朝から夕方までよく日が当たっている場所だ。

f0031682_14490724.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


アラカシの新芽も結構伸びている。
f0031682_14491528.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


新芽に幼虫でもいないかと探してみたけど、食痕らしいものはなかったので幼虫はいないようだ。

f0031682_14491613.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


もっとも幼虫探しは得意ではないので、もっとよく探せば見つかったかもしれない。

先日産卵された卵のすぐ横にもう一卵見つけた。

f0031682_14491482.jpg
オリンパスTG-4


産卵を撮影した時にはここには産卵しなかったので、その前か後に産まれたものだろう。

卵表面の様子が少し違うような気がするけど、この時期にアラカシの芽にこんな卵を産む種類に心当たりはない。

ムラサキシジミの卵で間違いないと思う。

この日はムラサキシジミ以外にムラサキツバメも確認できた。

f0031682_14490119.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ムラサキシジミ同様アブラムシの排泄した汁を吸汁に来たようだ。

f0031682_14490177.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ほんの一瞬だけど翅表も見せてくれた。

f0031682_14490833.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


アブラムシの汁にはウラギンシジミも吸汁にきていた。

f0031682_14490839.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


非越冬個体が吸汁しているところに、越冬個体が飛んできて並んで吸汁を始めた。

f0031682_14490256.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


非越冬個体でも冬を乗り切る場合もあるようだけど、この個体は冬を乗り切るのは難しいような気がする。

ネムの幼木(だと思う)にはキタキチョウが来ていた。

f0031682_14490152.jpg
ニコン1V3 ニッコール10.5

手前に生け垣があり、手をいっぱい伸ばしても少し距離があったので、慣れない望遠ズームで撮影。
f0031682_14490702.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


頭を少し傾けて、葉の裏の様子を見ているようだ。

この木には蛹の殻や若齢幼虫が付いていた。

メスはマメグンバイナズナ ? に産卵していたが、ここで育つのは難しそう。

f0031682_14491525.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


産卵していたムラサキシジミは別の場所に移動したのか、とうとう見られなくなってしまった。



by dandara2 | 2016-11-03 15:06 | 産卵 | Comments(10)
2016年 09月 30日

秋の蝶3種とうれしいおまけ(2016/9/25)

9月25日はシルビアシジミを探しに出かける。

ここ数年シルビアシジミに関してはあまり良い状況ではないので、今年はどうかなと思いながら、できれば一か所でミヤマシジミとツマグロキチョウも撮影できそうなところに行く。

現地に着くと、数人の方がカメラを構えてかがんでいるのが見えたので、ああいるのかなと思いながら車を止める。

よく見るとbanyanさん、ヘムレンさん、dragonbutterさん、それにみき♂さんたちだった。

挨拶をして、シルビアはどうかと聞くと何頭かいますよということで一安心。

ミヤコグサで吸蜜している個体がいたのでカメラを向けると別の個体が飛んできた。

f0031682_09540610.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


とりあえず撮影して、でもちょっと変だなと思って確認すると、最初に吸蜜していた個体はヤマトシジミだった。

ミヤコグサの花はあまり咲いていなくて、吸蜜写真は良いものが撮れなかった。
ここは草刈りが多すぎる感じがする。

f0031682_09540759.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


家内は、メスのシルビアにオスが求愛するシーンを撮影していた。

f0031682_09540629.jpg
家内撮影 ニッコール55-200


産卵シーンは、見つけて近づく前に飛ばれて苦戦した。

f0031682_09540322.jpg
家内撮影 ニッコール55-200


それでもある程度撮影できたので、広角でも撮影する。

f0031682_09540303.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


banyanさんたちは、ツマグロキチョウなどを撮影しに移動するという。

我々は、ここでミヤマシジミやツマグロキチョウがまだいるかどうかが気になったので、そちらを確認することにしてお別れした。

歩き始めたらウラナミシジミがミヤコグサに産卵しようとしている。

f0031682_09535919.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


確かにマメ科だから不思議ではないのかもしれないけど、ここにも産卵するんだーという感じだった。
f0031682_09540313.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ウラナミシジミは、少し湿った地面で3頭も吸水していた。

f0031682_09535973.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ミヤマシジミのポイントでは、昨年ちょっと立ち寄った時には見つけられなかったので、まだ残っているのかが気になっていた。

小さなコマツナギの株はたくさんあるけれど、発生の中心にあった大きな株が元気がなくなっている。

最初に交尾個体を見つけたので、オオっと思ったらツバメシジミだった。

f0031682_09535915.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


まあなんにしても交尾個体を撮影できるのはうれしい。

注意してみていると、何頭かのミヤマシジミも見つかった。

f0031682_09535924.jpg
家内撮影 ニッコール55-200

f0031682_09535379.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


飛び立つときにきれいな翅表を見せてくれる。
f0031682_09535313.jpg
家内撮影 ニッコール55-200


あまり新鮮な個体はいなかったけど、それでもオスが翅を開いてくれた。
f0031682_09535312.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


まあまあ新鮮なメスも見つかった。
f0031682_09534873.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


無事発生が継続されていて、環境も大丈夫そうなので一安心。

ツマグロキチョウを探しに行く。

もともとここにはそう多くの個体はいなかったけど、まだ生き残っているのだろうか。

歩いていたら家内が「アー」という。
何かと思って立ち止まって一歩動いたら、「アアー」という悲鳴(でもないか)。

足元を見るとウラギンシジミの集団があった。

一頭飛んできて全部で10頭の集団になった。

f0031682_09534861.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


ウラギンシジミのこんな集団は初めて見た。

地面が少し盛り上がっているので、獣糞か何かがあるのだろうか。

f0031682_09534882.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


枯葉でおおわれて、あまり見苦しくないのがいい。
f0031682_09534266.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


これがこの日の一番うれしい出会いだったかな。

近くにはアサマイチモンジもいた。

f0031682_09534281.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


見ると産卵しそうな気配。

家内が撮った写真には、2卵が産み付けられていた。

f0031682_09534288.jpg
家内撮影 ニッコール55-200


私は産卵の瞬間を撮ったつもりだったのに、後で見ると、飛び上がった後翅と産卵された卵だけが写っていた。

f0031682_10162743.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200



ここには目的のツマグロキチョウもいた。
f0031682_09534388.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


周囲の草がやや茂り始めていて、カワラケツメイもよくわからない。

f0031682_09534211.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


それでも何頭かが飛んでいたので、とりあえずの確認が出来て安心して帰ることが出来た。



by dandara2 | 2016-09-30 10:20 | 吸汁 | Comments(18)
2015年 12月 27日

小畔川便り(ムラサキツバメ越冬集団:2015/12/20)

12月18.19日と終日冷たい北風が吹いていた。
20日になってようやく風が収まってきたので10時半過ぎに公園に出かける。
気温は10℃位と寒い。

すぐにウラギンシジミの雌が飛んできて日光浴を始めた。
f0031682_1646270.jpg


この時期だとウラギンシジミは越冬態勢に入って多少気温が高い位では動かないのだけど、まだ越冬に入っていなかった個体だろうか。

1ニッコールの70-300のレンズの描写が今一つ納得がいかないことが多かったので、昨日は外に出られないこともあって、部屋の中でカメラを三脚に固定してどのくらい絞れば納得いく描写になるのかテストした。

その結果だと、f8まで絞ればかなり良くなることが分かった。
ただそれだとシャッタースピードが遅くなって、ぶれてしまいそう。
その心配があって今まではここまで絞ることはしなかった。

1V3のテストレポートを調べると、ISO800まではほとんどノイズが増えないことが分かったので、この日はその設定での実戦撮影。
f0031682_16464147.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300(204㎜:35㎜換算552㎜) 1/2000 f8 ISO800


結果はほぼ納得いく写りだった。

ついでに、マクロ85㎜のテストもして、こちらはf5.6でほぼ大丈夫だろうと思ったのでその値で撮影。
f0031682_16481288.jpg
ニコン1V3 マイクロニッコール85 1/1600 f5.6 ISO400

ムラサキシジミの越冬個体を見ると無事そのまま越冬中。
f0031682_16492034.jpg


頭上でちらっと動いたので見るとクヌギの枯葉の間にムラサキシジミが止まって翅を開いた。

4m位の高さなのでどうかなと思ったけど、70-300での写りを試すチャンスかもしれないと思って撮影。
f0031682_16493523.jpg


結果はかなり像が甘い。
ただ、木の葉の間からの撮影なので、AFにはちょっと厳しい条件だったかもしれない。

撮影して上を見上げていると、その上の葉に何となく違和感を感じた。

目を凝らしてよく見ると、ムラサキツバメの越冬集団があるようだ。
ムラサキシジミよりさらに60㎝位上なのでどうかなと思ったけどとりあえず撮影。
f0031682_16495747.jpg


6頭の集団のようだ。

banyanさんにも連絡する。

banyanさんがお見えになった時点で、車に脚立があるか聞いたらあるというので、それを持ってきていただいて一番上におっかなびっくり乗ってマクロで撮影。
f0031682_16501243.jpg


さすがにマクロの方が写りが良かった。
撮影距離が近いというのも大きいだろうけど。

by dandara2 | 2015-12-27 16:51 | 越冬 | Comments(16)