「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ウラキンシジミ ( 6 ) タグの人気記事


2016年 06月 22日

ヒサマツミドリシジミ(2016/6/18)

6月18日は蝶友のお誘いでヒサマツミドリシジミの撮影に行ってきた。

今までも気になっていた場所ではあったけど、ちょっと大変そうな場所のようなので、家内を連れていくのには二の足を踏んでいた。
この日は家族で一緒に食事をすることになっていたけど、せっかくの機会だし、みんなが了解してくれたので大喜びで参加させてもらう。

今年はゼフ全般にあまり芳しくないような状況で心配だったけど、予想通りというかなんというか、蝶友が長竿でぺしべしやっても全く何も出てこない。

まあ、はじめての場所なので、テリハリ場所などを教えていただきながら、その特徴を考えたりしていたので退屈はしなかった。
それにしてもすごい場所でした。

そうこうするうちに、ようやく蝶の姿が・・・
もしかして!! と期待するけど、ウラキンシジミだった。

f0031682_05435857.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

ウラキンシジミも久しぶりなので、撮影できてうれしいけど、ヒサマツかもと喜んだ後なので、やったーというわけにはいかなかった。

ウツギの木のところで何かが動いたので見るとトラフシジミ。
夏型だけどかなり傷んだ個体。
見ていると産卵行動をしているようだ。

f0031682_05435898.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200

何回かポイント周辺を歩き回って、そろそろテリハリ場所を絞って待機することにして、よく来るという場所に行く。

待っていると、ホシミスジが飛んできた。

f0031682_05435875.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


こちらも久しぶり。

その後、ヒサマツらしい個体が飛んできたけどテリハリすることなく姿を消してしまった。

むなしく時間だけが過ぎてゆく。

太陽が動いて、その場所の雰囲気も何か違うなという気がしてきた。
広大な発生地の林の上を飛んできたヒサマツが、この場所をテリハリに適した場所として認識するだろうかと考えると、ちょっと違うような。

自分がヒサマツだったらここには来ないなという気がしてきた。
少し木が成長してしまっているようだ。

ここで粘っていてもだめだなと思ったので、移動することにした。

今日一日案内していただいた場所の特徴から、何がヒサマツのテリハリ場所として適した条件なのか少し解ったような気がしたので、それに合致した場所はないかと探しながら歩く。

そうこうするうちに、ここが良さそうだなと思った場所に来たので、上を見上げるとゼフが飛び出した。

f0031682_05435829.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


カメラを向けるが、こういう時には、1V3のフォーカスの遅さがもどかしい。
すぐにあきらめて、像が小さいけどD500でとりあえず撮影。

モニターで拡大してみると、ヒサマツに間違いないようだ。
f0031682_05435783.jpg

後翅のV字がうれしい。

少し遅れて蝶友たちも合流して撮影会が始まった。

f0031682_05435209.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


なかなか思い通りの位置には来てくれないけど、開翅もしてくれた。

f0031682_05435245.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300

f0031682_05435235.jpg
ニコン1V3 1ニッコール70-300


色合いは、肉眼で見てもこんな感じだった。

やれやれこれで何とか撮影できたという安堵感が広がる。

帰りの時間になったので、現地でご一緒した皆さんに挨拶して帰ることにする。

途中ミヤマカラスアゲハが1頭路上で吸水していた。

自分が運転していたら、まっいいかと思ってそのまま通り過ぎてしまったかもしれないけど、車を止めて撮影開始。
うーんやっぱりこうでなくてはいけないなと、妙なところで感心したりした。

f0031682_05435243.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


きれいな個体だった。

f0031682_05435260.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


なかなか落ち着かず、吸水場所を探して飛び回るところも写っていた。
f0031682_05434574.jpg
ニコンD500 ニッコール70-200


この日ここまでに切ったシャッターの倍くらいをここで撮影する。

皆さんの撮影が一段落したところで、近づいて広角撮影。

f0031682_05434560.jpg
ニコン1J5 1ニッコール10-30


ところが暗くて大半が手ぶれ。

自宅に帰って確認後、早速カメラの設定を見直した。

念願だったヒサマツの渓谷を訪れることが出来、無事撮影までできたのは、声をかけてくれた蝶友のおかげだ。
有難うございました。

それに現地でご一緒した皆さん、楽しい時間をありがとうございました。



by dandara2 | 2016-06-22 06:14 | 産卵 | Comments(26)
2013年 07月 13日

ウラクロシジミリベンジ(2013/7/11)

7月11日は定期試験の後で勤め先は休み。
この前ウラクロシジミを見ることが出来なかったので、その確認のために再度白馬に出かける。
先日とは打って変わって天気も良く気温も高い。
ポイントに着いて、今日は自分一人なので長竿を使って叩き出し。
一通り叩いて、ウラクロと思われる個体が何頭か飛び出したけど、撮影可能な場所には降りてこない。
ここは駄目とあきらめて移動することにした。

その途中で、先日ジョウザンの卍飛翔をとった場所で、再度卍飛翔を撮影する。
時間はやや早いけど、ピーカンの天気の関係か個体数は少なくて、卍もあまりやっていない。
少ないチャンスにシャッターを押して、モニターで確認。
f0031682_9491193.jpg
二コン1V2 タムロン10-24

なぜか露出オーバー
設定を見直してみるけど、特に問題ない。
飛翔撮影の時には時々こんなことがある。
RAW撮影だから、後の処理で何とか救えたけど、それでもかなり不自然な感じになってしまった。

もう1ヶ所、先日ウラキンを撮影した場所に移動。
長竿でべしべしやっていると、ちらっと動く影。
やった~ようやくウラクロ発見。
雌のようで、藪の間のマンサクの葉の陰に止まった。
f0031682_9505025.jpg
二コンD800 シグマアポマクロ150

前翅に少しオレンジ紋が入ったおしゃれな個体だった。
尻尾が切れているけど、ここにいることが自分の目で確認できて良かった。

その後ウラキンも発見する。
葉の陰になって全身を撮影できない。
良いアングルを求めて藪の中に入ってみると、葉の間から全身が見える位置を発見、取りあえず1V2の望遠で撮影。
f0031682_9522149.jpg
二コン1V2 二コン55-200

前回よりは多少動きのある感じの写真が撮れた。
D800のマクロに変えようと思ったら飛ばれてしまった。

ここにもジョウザンミドリシジミがいたけどやや飛び古した個体が多い。
比較的新鮮な個体がいたけど、やや静止位置が高く、デジイチでは上から撮影できない。
コンデジで上から撮影してみる。
f0031682_9534461.jpg
カシオZR1000

この後どうしようかと思ったけど、取りあえずクロツバメシジミとミヤマシジミを押さえて、その様子によってどこに行くか決めることにする。

クロツバメシジミはたくさん発生していたけど、気温が高くてなかなか止まらない。
f0031682_9545845.jpg
二コン1V2 タムロン10-24

様子を見ていると、交尾個体を見つける。
f0031682_9554454.jpg
二コンD800 シグマアポマクロ150

雄は胸の所にダニがついているようだ。
止まる位置が悪く良い写真が撮れる前に離れてしまった。

ここにはミヤマシジミもいて、クロツバメシジミの交尾を撮影後10分もしないうちにミヤマシジミの交尾も見つける。
f0031682_9563839.jpg
二コンD800 シグマアポマクロ150

このペアは多少落ち着いていてくれたので、魚露目でも撮影することが出来た。
f0031682_957103.jpg
二コン1V1 二コン18-55+魚露目

時計を見ると10時を回っている。
移動するならもう時間だけど、飛び回っていて納得のいく写真が撮れた気がしない。
欲をかかずに納得いく写真を撮ることに注力することにする。
朝3時に家を出て、ここまで食事も水も摂っていなかったので、木陰で休みながら両種の様子を見る。
11時近くなるとようやく吸蜜する個体が増えてきた。
f0031682_9581378.jpg
二コンD800 シグマアポマクロ150

クロツバメシジミはやや鮮度が悪く、せっかく吸蜜しても納得のいく写真にはならない。
f0031682_9585521.jpg
二コンD800 シグマアポマクロ150

f0031682_1011956.jpg
二コン1V1 二コン18-55+魚露目

ミヤマシジミはクロツバメシジミに比べれば個体数は少ないけど鮮度はまあまあだ。
f0031682_1031736.jpg
二コンD800 シグマアポマクロ150

f0031682_10143083.jpg
二コン1V1 二コン18-55+魚露目

この雌は尾端を曲げて産卵していたようだけど、カメラを向けたときにはその気はなくなってしまっていた。
f0031682_1034494.jpg
二コンD800 シグマアポマクロ150

飛翔も速いけど、クロツバメシジミに比べれば、体が大きい分多少は速度が遅く、コースが読みやすい。
f0031682_1041495.jpg
二コン1V2 タムロン10-24

その内、カメラを持つ手がこわばってきて指が痙る。
歩くと足も痙り始める。
ここに来る前に水を飲まなかったのがいけなかったのか。
今日は一人なので、自宅へ帰る長い運転中に何かあってはいけないので、昼の時点で帰ることにする。
帰りは左の足が痙って痛かったけど、幸い右足はそれほどひどく痙らなかったので何とか運転は出来た。
途中横川のSAに寄って、マンゴー入りのソフトクリームを食べて一息つく。(普段あまりソフトクリームは食べないけど、この時はおいしかった)
ついでに夕食用に峠の釜飯も購入。
この休憩で足の痙りも直って、ほっとしながら渋滞もなく15時頃には帰宅することが出来た。
最近、水をきちんと飲まないと時々こんなことが起こるようになった。気をつけないと。

by dandara2 | 2013-07-13 10:16 | 交尾 | Comments(12)
2013年 07月 09日

信州のゼフィルス(2013/7/7)

7月7日の日曜日は、「Nature Diary」の虫林さんと信州に行ってきた。
狙いはもちろんゼフィルス。
6日には関東は梅雨も明けたし、長野の天気予報も曇り時々晴れで、天気については何も心配していなかった。
現地に着く頃に、外を見ると山にはガスがかかっていて、車のフロントガラスにはぽつぽつと雨が当たる。
「こんなガスの時には午後から晴れるんだよね~」とのんきなことを言いながら「安曇野の蝶と自然」のkmkurobeさん、「ネイチャーKENDAMARUの歳時記」のネイチャーKENDAMARUさんと合流。

お話を聞くと、我々が着く前にウラクロシジミの様子を見に行き、開翅も撮影されたとか。
この日の我々の目標もウラクロだったので、やったねこれで開翅が撮れると喜び勇んで現地へ。
ついてみたら雨、マンサクの近くを叩くとメスアカミドリシジミが出てきた。
f0031682_89867.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

kmkurobeさんがウスイロオナガを見つけて教えてくれた。
f0031682_895030.jpg
ニコン1V1 ニコン18-55+魚露目

その後は叩いても叩いても(私は見ているだけですが)何も出てこない。
ただ、アサマシジミがそこそこの数いて、この個体は橙色斑列の丈が高くて鮮やかな個体だった。
f0031682_810860.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

その後雨がひどくなってきたので、kmkurobeさん行きつけの喫茶店でコーを飲み軽く食事。
久しぶりに皆さんと楽しい蝶談義が出来た。

空が明るくなってきたようなので、再度同じ場所に行くけど、途中kmkurobeさんらは別の場所の様子を見に行く。
私と虫林さんは同じ場所に行くけど、着いたらまた雨が降ってきた。
そのうち、kmkurobeさんから、ジョウザンミドリシジミが交尾しているとの連絡。
大急ぎで駆けつけてみると、草の上にぽつんとカップルが止まっていた。
f0031682_10355133.jpg
カシオZr1000

雌雄で色が違っているのが面白い。
f0031682_10362960.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

反対側からも撮影。
f0031682_10371798.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

時々卍飛翔もするので撮影するけど、うっかりズームレンズを最大焦点距離の方にしてしまったのでカップルではなく単独の飛翔写真になってしまった。
f0031682_10375113.jpg
ニコン1V2 タムロン10-24
f0031682_1039791.jpg

空が明るくなると、あちこちで開翅が始まる。
強い陰も出ない条件なので、翅表はとろけるような感じで、微妙なグラデーションも出て素晴らしい。
f0031682_10391770.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

その後キマルリを撮りに行くというお二人と別れて、我々は別の場所に再度ウラクロの様子を見に行く。
木を叩いていると、時々ミズイロオナガシジミが飛び出してどきりとさせられた。
f0031682_10401153.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

アイノミドリも叩き出されたけど、不活発でこの後草の下に隠れてしまった。
f0031682_10403950.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

ウスイロオナガも飛び出して、同じように葉の下に隠れる。
f0031682_10412741.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

いつもだとうれしい収穫のはずだけど、ウラクロの姿も見れていないので喜びも半分以下。
その内明るいオレンジの蝶が飛び出した。
見ると羽化直後と思われるウラキンシジミ。
f0031682_10531522.jpg
ニコンD800 シグマアポマクロ150

なかなか狙って撮れる蝶ではないので、これはうれしい収穫。
じっくり何枚も撮影した。

結局、この場所ではまだウラクロは出ていないと言う結論に達し、雨もひどくなってきたので撤収する。
ウラクロは残念だったけど、発生していないものは仕方ない。
それよりも雨の中を貴重なジョウザンミドリシジミの交尾や新鮮なウラキンなどを含め、6種のゼフが撮影できてかなり満足して帰宅することが出来た。
お世話になった皆さん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2013-07-09 10:46 | 交尾 | Comments(20)
2011年 05月 24日

秩父のウラキン幼虫観察(2011/5/22)

5月22日の日曜日は、秩父の蝶に詳しいISさんにウラキンの落下傘幼虫の観察に連れて行ってもらった。
落下傘幼虫ってなんだろって言う人のために簡単に説明すると、シオジの高所で生活していたウラキンシジミの終齢幼虫は、蛹化するときに食樹の幹を下ってくるのではなく、食樹の葉の根元を噛み切って葉と一緒にひらひらと落下傘のように地上に落下して蛹化するそうです。
ISさんはこの生態について調べていて、近々鱗翅学会の方に報告予定だそうです。
この日は午後から雨の予定だけど、午前中は天気が持ちそうなので、ISさんに会う前に近くの黒系アゲハのポイントを覗いてみました。
ツツジには少し遅かったようで、いたんだ花が大半でしたが、何頭かのカラスアゲハやオナガアゲハが吸蜜に来ていました。
f0031682_19284829.jpg

ここでのアゲハの撮影はあまり来たことがなかったけれど、ブログ仲間が成果を上げているので来年以降はこの時期に少し通ってみようかと思います。
f0031682_1929691.jpg

ウラキンシジミの幼虫についてISさんが観察している場所では、先週がパラシュート落下のピークだったそうだ。
落ちてきた葉は鮮度が落ちるし幼虫も蛹化のために移動してしまったりするので、今日は少し標高の高いところを探索をしたけれど、まだ早かったのか幼虫は見られなかった。
そのうち雨がかなり激しく降り出したので、標高を下げて継続観察中の幼虫を見せていただくことにした。
f0031682_19311881.jpg

最初に、シャーレの中で観察中の幼虫を見せていただいた。
近くには温度計などを設置してデータをとられているとのことでした。
f0031682_19313998.jpg

その後野外の幼虫を探しますが、昨日幼虫がいたという葉には幼虫はいませんでした。
かなり食痕が見られるけど、その後蛹化のために移動したのでしょうか。
f0031682_19315895.jpg

当てにしていた幼虫が見つからないので、今度は本腰を入れて野外の幼虫探索を始めることになりました。
環境はこんな場所です。
f0031682_19323570.jpg

食樹のシオジが群生している場所で探していたISさんが「いましたー」と呼ぶので駆けつけると、特徴的な3枚の葉が地面に落ちています。
f0031682_1933590.jpg

最初に見たときには気がつかなかったのですが、葉の丸まったところに幼虫がついているようです。
上から見るとこんな感じです。
f0031682_19333275.jpg

この幼虫、葉を摂食していたようです。
f0031682_19335548.jpg

夢中で撮影していると、さらに探索していたISさんが戻ってきて、もう一つ幼虫のいる葉があるというのでそちらに移動しました。
こちらの葉は先ほどのものに比べるとまだあまりしおれていなくて、落下してからそれほど経っていないようです。
f0031682_19371051.jpg

葉をひっくり返してみると、真ん中の葉を少し丸めてその中に幼虫がいました。
f0031682_1937311.jpg

これでようやく一安心して戻り始めましたが、途中でもう一つ落下傘を見つけました。
葉がかなり食べられていて、これはという感じです。
f0031682_19375120.jpg

裏返してみるとまるまると太った終礼幼虫が見つかりました。
f0031682_1938174.jpg

いつも成虫ばかり追いかけているので、野外での幼虫観察というのは初めての経験でしたが、色々勉強になることが多く有意義な時間でした。
また、他のチョウのポイントも幾つか教えていただき、成虫の時期が楽しみです。
ISさん、お世話になりありがとうございました。
またよろしくお願いします。 m(__)m

※ご本人からは本名での掲載を許可されていたのですが、やはり万が一のことを考えて変更することにしました。ISさん、ご了解ください。

by dandara2 | 2011-05-24 19:40 | 幼虫 | Comments(24)
2010年 06月 14日

ベニモンカラスとウラキンシジミ(2010/6/13)

昨年の今頃はベニモンカラスの撮影に行ったけど、週末の日曜日は天気も難しそうでどうしようかなと思っていたら、虫林さんからどうしますかと問い合わせをいただいた。
ちょうど甲府の実家にも家内が所用があったりしたので、家内を送りがてら虫林さんと出かけることにした。
朝3時半に起きて、4時に家を出て5時半に甲府に着く。
こんなに早く来たのは、ベニカラに行く前にクロミドリシジミの様子も見ておこうかという算段だったが、結論から言うと何頭かは見かけたものの、叩き出した個体を見失ってしまい撮影は出来なかった。
かわりといっては何だが、撮影できたのはウラキンシジミ。
意外と確実に撮影できる場所というのがない蝶だ。
f0031682_22373231.jpg

昔は家内の実家近くの山でたくさん卵が見つかって、産卵位置の高さや方角などを調べてレポートしたこともあるけど、最近では木が育ちすぎて日当たりが悪くなり、卵も見つからなくなっていた。
すぐに擦れて汚い感じになりやすいので、比較的新鮮な個体の写真が撮れてよかった。
f0031682_22384693.jpg

その後ベニカラ狙いで移動。
天気も心配なのでさっさと撮って早く帰ろうと思ったけど、残念ながらそれほど甘くはなくて、近くに咲く白い花を見て回るけど姿はなかった。
そうこうする内に、kenkenさんも見えて3人で探す。
前日に比べると気温が低いとかで、予報では15時には雨が降り始めるようなので、これでは活動しないうちに雨になるかもしれないと不安がよぎる。
kenkenさんは、こんな天気なのですこし活動時間が早まるかもしれないと言う。
そのうち、SAさんもお見えになり4人で探す。
虫林さんと話をしていると、携帯が鳴ってベニモンカラスが見つかったという。
時計を見るとちょうど12時なので、やはり活動時間が早まったのかと喜び、大急ぎで駆けつけるが、やや距離がある上に止まる位置的にもなかなか難しい。
とりあえず撮影して見るが、あまり良い写真は撮れなかった。
f0031682_22414533.jpg

撮影しているうちに、kmkurobeさんや春日井のSEさんがお見えになった。
また、「池田蝶日記」のシャクガ君親子もお見えになった。
その後はまたしばらく姿が見えなくて、午後の活動時間帯になってようやく吸蜜している個体が見つかった。
ちょっと距離があって逆光なので難しかったけど、とにかくシャッターを押せれば良しとしよう。
f0031682_22423898.jpg

皆さんが言うには白紋流れという、低温による異常型と言うことだったがこの付近で現れることが多いと言うことだった。
この地域の気候条件によるのか、影響を受けやすい遺伝的形質によるのか知らないが、異常な低温が繰り返し起きた今年ならではの写真だろうか。
f0031682_22435338.jpg

その後SEさんに案内していただいて別のポイントも見に行く。
ここで撮影できた個体も軽微な白紋流れの傾向が認められるようだ。
f0031682_2246326.jpg

それまで何とか持ちこたえていた天気も15時30分を過ぎて雨が降りはじめた。
何とか目的の蝶が撮れて満足して帰路についた。
皆さんありがとうございました。

**そうそう、撮影ポイントで一脚を見つけました。前日撮影されたどなたかが忘れたものでしょうか。
私のところにありますので連絡ください。***

by dandara2 | 2010-06-14 22:53 | 吸蜜 | Comments(28)
2007年 08月 01日

フジミドリシジミのリベンジ

ようやくしばらく夏休みだ。
8月1日は10日ほど前にフライングしてしまった岐阜のフジミドリのリベンジ。ここには家族旅行で6日にも来る予定だけど、ゼフがボロになってしまうかも知れないので、時間がとれた今日行ってみることにする。
天気も時期も申し分ないはずなので、あとは高所で生活するフジミドリが目論見通り低所に吸水に降りてきてくれるかどうかが問題。
朝3時45分に家を出て4時少し前にICに入り、7時50分に目的地に着く。
林道を歩き始めて30分ほど、最初に出迎えてくれたのがウラキンシジミ。路上で吸水していた。
f0031682_1159684.jpg
ウラキンもここで撮影したかった蝶なので喜んで撮影していると、小振りの褐色のゼフィルスが路上に降りてきた。
やったー、アイノミドリと思って撮影するが、何となく雰囲気が違う。他に褐色のゼフはと思って考えるが思い至らず???のまま撮影を続ける。
f0031682_11594942.jpg
そして、ふと目を上げると小さめのゼフがゆっくりと降りてきて同じように地面に止まった。飛んでいる時からもしやと思って、近づいて見るとやはりフジミドリシジミ。
f0031682_1204379.jpg

目的のブナ林まではまだかなりあるのでちょっと信じられなかったが、近くの崖の上の方にでもあるんだろう。
ちょこちょこ動きながら吸水場所を探しているようだ。ゆっくり静止しないのでなかなか思うような写真が撮れない。
崖からお尻を突き出すようにして低いアングルをとって撮影するが、この時に新しいデジカメが石にごりごりと擦られてレンズに小さな傷が付いてしまった。(;>_<;)ビェェン 
f0031682_1213981.jpg
それでもようやく落ち着いて小石の上に止まってくれたので何とか無事撮影出来た。
f0031682_1223237.jpg

やったーこれでウラキンもフジミドリも撮れたし、時間はまだ9時前。これで終わりにして女房のご機嫌取りに高山まで観光に足を伸ばして、明日はオオイチ狙いで上高地に行こうかなと思ったけど、最初に狙いをつけたポイントの様子を見ておかなければとさらに林道を歩くことにした。
途中、ちょっと開けた場所は朝日が射してとてもいい感じ。立ち止まってみるとチラチラとゼフが飛んでいる。
そのうち撮影出来る位置にまで降りてきたので、まず何の蝶だろうと思って見てみる。色合いからフェボ系に間違いないので、ジョウザンかなと思うけど、後翅肛角の橙斑が一部完全にないようだ。
f0031682_1242583.jpg

今年はジョウザンばっかり撮影しているので、ハヤシを期待したい所だけど環境的にカシワはない。長野ではミズナラ食いのハヤシの記録もあるようなので期待半分で撮影を続ける。
そのうち、小振りの褐色のゼフが降りてきて、先ほどと同じように吸水をはじめた。ファィンダーで見るとアイノにしては何となく違う。
よーく見てみるとジョウザンの♀のようだ。と言うことは♂もジョウザンに間違いなさそうだ、ちょっとガックリ。
f0031682_1253245.jpg
しばらく撮影していると、別の個体が少し先に止まった。見たとたんに思わず声が出てしまった、「オオゴマだー」
ちょっとは期待していたけど、今年は発生が遅れ気味なのでまだ見られないだろうと思っていた。ただ、すぐに飛んでいってしまったのでこれが精一杯。
f0031682_1261950.jpg
またここでは新鮮なウラキンが葉の上から吸汁していた。朝露かアブラムシの排泄物を吸汁していたのだろうか。
f0031682_1263910.jpg

予定したフジミドリのポイント着くと、林道上をチラチラ飛ぶフジミドリを見つける。予定通り湿った路上で吸水をしてくれた。
f0031682_127091.jpg

小石でごつごつ痛いけど、かがんだだけではピントがうまく合わないので地面にべったり這いつくばって撮影する。
手前の小石がどうにも邪魔で、ある程度撮影したあとそっと手でどけようとするとさすがに飛ばれてしまった。
f0031682_1272445.jpg

帰りもゼフを探しながら歩くが、時間的に活動時間が終わったのかほとんど姿を見かけることはなかった。
ただ、羽化したばかりのウラキンの♀を何頭も見かけたのでちょうど♀の発生期に入ったようだ。
f0031682_1275942.jpg

翌日は台風が心配だったので、高山観光に出かけることにして今日の宿にはいる

by dandara2 | 2007-08-01 23:58 | 吸水 | Comments(20)