「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ウスバキチョウ ( 1 ) タグの人気記事


2014年 07月 07日

40数年ぶりの北海道旅行3(ウスバキチョウ:2014/6/29)

オオイチの撮影を終えてから、大急ぎで大雪山の登山口に向かう。
歩き始めて少しすると大きな雪渓が見えてきた。

f0031682_08470872.jpg
昔来た時には7月下旬だったからこんな大きな雪渓はなかったけど、今回はなれない雪渓をトラバースしなくてはいけないだろうということで、安全を考えて軽アイゼンを持ってきた。
ほとんどの人はそんなことをしないでそのまま歩いていたようだ。

最初のうちはこわごわ歩いていた家内も、帰りに撮影した時には大分安定した歩き方ができるようになっていた。
f0031682_08470879.jpg
それでもかなりの傾斜で、結構スリルがあった。

軽アイゼンのつけはずしや、慣れない雪渓のトラバースでかなり遅れてしまったけど、ようやくNoreenさんと合流した。
携帯も通じないので、途中の雪渓で事故にでもあったのではないかとかなり心配をかけてしまったようだ。
申し訳ありませんでした。

それまでは気温が低くて、ウスバキチョウは飛びださず、我々が付く直前に飛び始めたということだった。

早速コマクサの近くにウスバキが飛んできたのでカメラを向ける。

f0031682_08464939.jpg
どうも尾端を石の間に突っ込んで産卵をしているようだ。

すぐに飛びあがったけど、少し遅れてカメラを向けた家内は、ちょうど飛び立ったところが撮れていた。
f0031682_08470099.jpg
家内撮影

ウスバキチョウはかなりの数が飛んでいたけど、距離があって望遠でも小さくしか撮影できない。
たまに近くに止まっても破損していたり、色があせていたりしている。

f0031682_08512434.jpg
それでも、撮影できるということ自体がうれしいことだけど。

そのうち団体が下りてきた。
その数m先にウスバキが止まったので、思わず「ちょっと待ってください」と声を出してそこに駆け付けた。
団体の先頭の方も快く待ってくれたので、ようやく少し新鮮な個体を撮影することができた。

f0031682_08464993.jpg

この個体は吸水しているようだ。一つ上の写真も吸水しているけど、そのいずれもが雌だった。
雄は雌を探すのに忙しいのか、飛んでばかり。

この日は吸蜜している写真は撮れなかった。

ウスバキチョウが何とか撮影できたので、同じ場所にいるダイセツタカネヒカゲにも目を向けるゆとりが出てきた。
こちらも活発に飛んでいるけど、すぐに地面に止まるので、多少はチャンスが多い。

f0031682_08470043.jpg

岩にとまったこの個体はかなりの間じっとしていてくれて、これでダイセツタカネヒカゲもちゃんと撮影できたなと安心した。
f0031682_08470060.jpg

家内の撮影したこの個体は、前後の写真から尾端を曲げているので、産卵体制をとっているようだ。
f0031682_08470044.jpg
家内撮影

産卵したかどうかはよくわからないけど。

遠くで雌雄が絡んでいるように見えたので、だめもとでシャッターを押したら何枚かピントの合ったのが撮れた。

f0031682_08470802.jpg
f0031682_08470805.jpg
f0031682_08470880.jpg

そこで撮影していた皆さんが同じ方向にカメラを向けているので何かと思ったら、ギンザンマシコと言う鳥がいるという。
近くに飛んできて止まったのでアップで撮影することができた。

f0031682_08470077.jpg

猫に小判と言うフレーズが思わず口から出てしまったけど…

そろそろ帰ろうかと言う話になって、昼食を摂っていたら、ウスバキチョウが飛んできてコマクサのところに止まった。
尾端を曲げて産卵しているようだ。
f0031682_08464994.jpg
交尾嚢が白く見えている。

自宅に帰って写真を見直したら、何枚か飛びあがったところが撮れていた。

f0031682_08464986.jpg
家内撮影

これなんかかなり良いと思うけど、飛び上がった分ピントが甘いのが残念だ。

f0031682_09220900.jpg


次の機会には雪渓を背景にしたウスバキの飛翔にチャレンジしよう。

大雪の蝶ではアサヒヒョウモンが撮影できなかった。
少し遅れ気味で登ってきた家内がそれらしいのを見かけたらしいけど、シャッターを押すまでにはいかなかったようだ。

少し宿題が残った方がまた登る気になっていいのかもしれない。

今回の旅行はNoreenさんには忙しい仕事の合間にお付き合いいただいて、いろいろな場所を案内していただきました。
気候が少し異常気味で、発生期がいつもとは少し違ったりして残念な点もあったけど、右も左もわからない40数年ぶりの北海道旅行でいろいろな蝶の写真を撮影することができました。

本当にありがとうございました。



by dandara2 | 2014-07-07 09:08 | Comments(29)