「ほっ」と。キャンペーン

タグ:アサマシジミ ( 4 ) タグの人気記事


2015年 06月 14日

アサマシジミと奥多摩の蝶

6月13日は霧島緑さんの案内で、山梨のアサマシジミ、奥多摩の蝶を撮影してきた。

山梨は家内の実家だけれど、中継点として使うことが多く、実家のある甲府周辺以外はあまりよく知らない。

今回のアサマシジミのポイントは、結果からいうと知っていた場所ではあるけど、アサマシジミを撮影に行ったことはなかった。

ポイントに行く前に、何か所かのポイントを案内していただくけど、なかなか思うような成果が上がらない。

アサマシジミが撮れればいいやと思ってポイントに着いたら、ネットマンの姿が…
これはやばいかなと思ったら、案の定アサマシジミの姿が見られない。

ヤマトスジグロシロチョウが産卵植物を探していたけど、カメラを向ける気になれない。

それでも気持ちにムチ打って撮影する。
f0031682_2249880.jpg


結果からいうと、ヤマトスジグロシロチョウの産卵は初撮影。

カメラを向けて良かったという感じだった。
産卵した卵も少し写っていた。

ただ、テンションが上がっていないので、卵を撮影するところまでは思い至らなかった。

必死で探すこと小一時間、ようやく一頭のアサマの雌を霧島緑さんが見つけてくれた。

最近ヒメシジミしか見ていないせいか、すごく大きくて、存在感がある雌だった。
f0031682_22481341.jpg

ハルジオンの花と比べてもらえれば、その大きさが分かるけど、ヒメウラナミジャノメ位ある感じだった。

その後飛んでしまったけど、霧島緑さんが人家の花に来ているのを見つけてくれて激写。
f0031682_22495617.jpg

f0031682_22501181.jpg


しばらくして、雄も現れてくれた。
こちらは見慣れた大きさの感じ。
f0031682_22503347.jpg

翅表を見せてはくれなかった…気温が高すぎたかな。

近くでは、ウラギンヒョウモンもいた。
f0031682_22511933.jpg


この場所は標高500メートルくらい。
特徴からサトウラギンヒョウモンに見えるがどうだろう。

ヒメウラナミジャノメが交尾していた。
f0031682_22513541.jpg



アサマシジミ撮影後は奥多摩に移動。

案内された場所にはフタスジチョウがいた。
f0031682_22515991.jpg


この時期にフタスジチョウと言うのは予想していなかったのでびっくり。
なかなか止まらないけど、うっかり飛翔用のカメラを用意していなかった。
止まってくれと念じて、ようやく証拠写真をゲット。

帰りに寄った場所ではミスジチョウも吸水していた。
f0031682_22521838.jpg

フタスジチョウもミスジチョウも写真のストックが少ないのでうれしかった。
f0031682_22523364.jpg


ウラクロシジミを探して歩くけど、ちらっと姿を見たのみで写真は撮れず。

霧島緑さん、土地勘のない奥多摩を案内していただき、大変有意義な一日でした。
ありがとうございました。

by dandara2 | 2015-06-14 22:53 | 産卵 | Comments(8)
2010年 07月 29日

久しぶりの上高地(2010/7/27)

7月27日は虫林さんと上高地に出かける。
狙いはオオイチモンジの産卵、アサマシジミの本州中部高山帯亜種(以下ヤリガタケシジミ)の撮影。
上高地にはいるのは2006年以来になる。
今までは7月中は夏期講習があったりしてなかなか自由な時間が取れなかった。
いつものオオイチのポイントに着いたけど、適当な吸汁源もなく♂を1頭見かけたのみ。
f0031682_2213030.jpg

ここではコムラサキ
f0031682_22132075.jpg

シータテハをそれぞれ撮影する。
f0031682_22134446.jpg

今年の上高地はすべての蝶が個体数が少ない。
いつもだとうんざりする位いるヤマキマダラヒカゲもほとんど姿を見かけなかった。

まだ8時30分と時間的にも少し早く、もう少し粘れば良い写真を追加できたかも知れないけど、今日の狙いは別の所にあるので先を急ぐことにする。
オオイチのポイントに着く寸前にはツマジロウラジャノメもいて、久しぶりに撮影できた。
この時は♀もいたのだけれど、止まることなく風に吹かれて飛んでいってしまった。
f0031682_2215892.jpg

オオイチの産卵場所と目される場所に着くがまだ時間的には少し早いようだ。
その間ヤリガタケシジミの撮影を行う。
ここのところアサマシジミはあまり撮影したことがないので、最初は飛んでいるとヒメシジミと区別が付かない。
f0031682_22154548.jpg

数的にもヒメシジミの方が多い。
こちらはヒメシジミの♂の翅表。
f0031682_22161192.jpg

こちらは吸蜜中のヒメシジミの♀。軽い斑紋異常がある。
f0031682_22163650.jpg

ようやくヤリガタケシジミとわかる個体が止まって翅を開いた。
低地のアサマシジミよりもブルーの部分が広く、色も青くてきれいだ。
f0031682_2217253.jpg

個体数は少ないが、それでも複数の個体がいて、翅表の輝きも個体差があるようだ。
もちろん、光線の加減も大きいだろうけど、これはかなり青い個体。
f0031682_221724100.jpg

食草のタイツリオウギで吸蜜している♂。
f0031682_22174943.jpg

♀もいて、こちらもタイツリオウギで吸蜜していた。
残念ながら産卵シーンは撮影できなかった。
f0031682_2218995.jpg

飛翔にもチャレンジする。
こちらは300mmで飛びあがるところを連写で狙う。
飛びあがる寸前は動きでわかるので、秒7駒でもうまく撮影できることがある。
f0031682_2218378.jpg

こちらはFH100でのパスト連写。背景とか難しいことを考えなければ比較的簡単だ。
f0031682_2219013.jpg

オオイチモンジの♀はチラッと一度だけ姿を見せたけれど、産卵シーンは撮影できなかった。
あきらめて帰る途中で、カラスアゲハ♀の吸蜜シーンに遭遇。
f0031682_2219318.jpg

飛翔シーンも撮れたけど、日陰だったのでぶれてしまった。
f0031682_22195427.jpg

目的のひとつのオオイチの産卵は撮影できなかったけど、ヤマトシジミでも産卵シーン狙いで出掛けてうまく撮れる保証はないから、ちょっと目標設定が高すぎたような気がする。
そのうちには撮影しよう。
虫林さんには今回も色々お世話になりました。ありがとうございます。
なお、ヤリガタケシジミの撮影場所については、申しわけありませんがお答えできません。

by dandara2 | 2010-07-29 22:24 | 飛翔 | Comments(26)
2007年 07月 16日

白馬のジョウザンミドリ

天候が怪しかったが、「蝶と里山の浪漫紀行」の蝶狂人さんから「安曇野の蝶と自然」のkmkurobeさんが見つけられた林道の情報をいただき見に行ってきた。
現地に着いてみると霧雨が降っており空振りかなと思ったが、今日はフィールドの様子が見られればいいやという気持もあったので車を置いてゆっくり歩き始める。
歩き始めてすぐに目の前のイタドリで翅を広げているジョウザンミドリを発見。止まっている場所が微妙に高いので取りあえず背伸びをしながら撮影し、その後家内にイタドリをそっと引き寄せてもらって撮影する。
f0031682_9343811.jpg

多少翅が痛んでいるようだが、それでもきれいな輝きを見せてくれた。
その後霧雨も上がり空が明るくなると開けた空間に多数のジョウザンミドリが飛び交いはじめるが、こうなると静止をしても短時間で、なかなか思い通りの写真が撮れない。
活動時間帯やテリ張りの位置からジョウザンミドリとは思うのだが、やはり裏面の写真も押さえておきたいのだが、なかなか思うようなポーズを取ってくれない。しかし後で見ると家内の撮った写真に理想的な写真があってジョウザンミドリと確認できた。
ウーン素晴らしい。
f0031682_9351024.jpg
たくさんのジョウザンが飛び回っている中に1頭、明らかに翅色が金緑色をした、たぶんアイノと思われる個体が飛んでいたが、テリ張り位置が藪の中の2m位の高さの枝先、しかもこちらからは陰になって見えない。
どうしようかと思ったが、ぐしょぬれになって藪こぎをしても撮影できそうもないので諦めてその素晴らしい輝きを眺めるのみだった。
ここではやや痛んでいるがアサマシジミも見かける。♂もいて翅表も見せてくれた。
f0031682_936460.jpg

11時をすぎるとぱたりと姿を見せなくなったので別の場所に移動することにする。
移動途中はヒョウモン類が多く、シシウドの花には群がるようにメスグロヒョウモン、ミドリヒョウモンが吸蜜に来ていた。
f0031682_936331.jpg
また、ここではミドリヒョウモンが配偶行動をしていたが、その気のない♀の気を引こうと♂が一生懸命♀の前を飛んでいる様子がそれなりに表現出来て、ピントは甘いものの気に入った写真になった。
f0031682_1740360.jpg

林縁なので他の草原性の蝶はほとんど見かけないが、1頭ギンボシヒョウモンも来ていた。
この時期メスグロヒョウモンが多く、追飛をしていたペアを見つけてとっさにマクロレンズのピントリングを回して手動に切り替えて撮影したが、何とかうまく撮影できた。
こんな時にはピントリングを回すだけで何の前操作なしでマニュアルフォーカスに切り替えられるレンズはありがたい。
f0031682_9365589.jpg
ウラクロシジミを期待して移動した場所はガスの中で、林道がふさがれていて中に入れないので諦めるが、道端をヒメシジミが飛んでいた。
f0031682_9371682.jpg

余談になるが、家内がジョウザンを撮影中に体がゆらっと揺れて、地震かと思ったが木も電信柱も揺れていないので、立ちくらみかと思ってちゃんと健康診断に行こうと思ったそうだ。
帰りの高速に乗ったら深度6強の地震で日本海側の上信越道が不通になっていて、関越道をサイレンを点滅させた車両が何台も新潟方面に走っていった。
家でテレビを見たら死者まで出る大変な地震が起きたとのことで驚いた。
貴重な情報を教えていただいた「蝶狂人」さん、ありがとうございました。

by dandara2 | 2007-07-16 23:32 | 配偶行動 | Comments(26)
2007年 07月 01日

実家近くのアサマシジミ

土曜日は所用があったので、帰りが遅くなり19時30分に家内の実家の甲府に向けて出かける。
先週の土曜日(23日)に圏央道が中央高速とつながったので、それを利用していくが随分楽になった。
笹子のあたりはかなりの雨で、暗いこともあって慎重に運転して途中食事をして21時30分頃に着いた。忙しかったので少々疲れた。
日曜の朝は6時に起きると雨が降っていたが、9時過ぎには上がったので近くにクロヒカゲモドキを探しに行くが見つからなかった。まだ早いのかも知れない。
薮の中ではヘリグロチャバネセセリを見かける。
f0031682_18241533.jpg
また、ツマグロヒョウモンの配偶行動を撮影するがすっかり定着して何の違和感もない。
f0031682_025588.jpg
オオムラサキはいくつか新鮮なものを見かけるが樹液の出ている適当な木が見つからなかった。
日が射すようになったのでどうしようかと思ったが、ここで粘ってもたいしたものは期待出来そうにないので、アサマシジミを探しに移動することにする。
ところがいざポイントに着いてみるとガスの中。アサマシジミの姿は見えない。
ヒョウモンチョウは朱色の翅がよく目だって静止しているものをいくつか見つけることが出来た。
f0031682_18252690.jpg
ガスが巻いてくると翅を閉じて静止するがじっくり見るとなかなかきれいな色合いをしている。
f0031682_033822.jpg

アサマシジミを探してゆっくり歩くとようやく草の間に静止する♀を見つけることが出来た。やれやれと一安心。
f0031682_035531.jpg
さらにゆっくり探していてる、ススキの葉の裏に蛹のようなものが見える。最初はジャノメの蛹かと思ったが近づいてよく見ると金色に光る突起が見える。
全ての突起が金色に光っているので、ヒョウモンチョウの蛹のようだ。初めて見る蛹だが、色合いも薄く何か品があるように感じた。
f0031682_041411.jpg

草の間にはアヤメがいくつか咲いていて、そこにヒメキマダラセセリが吸蜜に来ていた。横から吸蜜するので受粉の手助けをするわけでもなく、完全な蜜泥棒と言った感じだ。
f0031682_044488.jpg
そうこうしているうちに明るくなってきた。日が射すまでには行かないが活動する昆虫の姿が多くなってきたと思ったらチラッと動く影。待望のアサマシジミの♂だ。
あまり活発ではないので、広角で撮影してみる。少し翅を開いたので良い感じになった。
f0031682_0561.jpg

少し離れた所ではもう一頭の♂が翅を開いている。ようやく目的の写真が撮れてほっとするが、結局♂を見かけたのはこの2頭のみだった。
f0031682_18263920.jpg
またガスが上がってきたので帰ることにする。

by dandara2 | 2007-07-01 23:59 | | Comments(26)